赤すぐみんなの体験記


経産婦はお産が早く進むだけじゃなかった!初産とは違った辛さを体験

f:id:akasuguope01:20161031161830j:plain

初産から3年が経過したころ、2人目を妊娠しました。

初産のときは妊娠したときの体の変化に気付かなかったのですが、今回は違いました。生理予定日前ごろから体がっぽく感じ、早い段階で「妊娠したかも!?」と予測することができたんです。見事予想通りに妊娠。一度経験したことが次に生かされることを実感していました。

初産では緊張と不安ばかり感じていましたが、経産婦だと精神的余裕も生まれました。どのような流れで出産するか、準備品なども把握しています。またお腹の張りやおりものの変化など体調の変化にも気付きやすくなり、どういった場合に病院を受診すべきかも判断しやすかったです。

経産婦って、こんなに楽な気持ちで過ごせるんだ。もちろん妊娠と出産は何が起きるか分からないので不安がゼロではありません。しかし初産のときに比べると、びっくりするほど気分が楽でした。

もう一つ感じたのは、初産に比べて妊娠期間があっという間に過ぎたことです。それは子どもの育児をしながら妊娠生活を送っているからだと思いました。自分のことだけでなく子どもの世話もしなければならない。くよくよ悩む暇なんてなかったのです。

そうこうしているうちに妊娠8カ月。順調に妊娠経過が進んでいると思いきや、ある日から恥骨の痛みを感じるようになりました。歩いていると、立っていられないくらいの痛みが襲ってくることも。初産のときは経験しなかった痛みだったので心配で受診をしました。先生の話によると一度出産をしたことで骨盤付近の筋肉が緩み、恥骨あたりに負担がかかりやすくなっているそう。よって負担のかかる動作は禁止。なるべく動きすぎないよう言われました。動くことが大好きな私にとって苦痛なことでした。

妊娠後期は動きたくても動けない状態が続いたものです。恥骨の痛みに加え、股関節の痛みも感じるようになりました。子宮が大きくなることで骨盤の内側に負担がかかり、それが股関節の痛みに繋がるケースもあるとか。痛くて思うように動けないことが、こんなに辛いことだとは・・・。

経産婦ならではの大変さを身に染みて感じていました。

動きづらい日々を乗り越えての出産。分娩所要時間は2時間とスピード出産でした。とても楽なお産で良かったのですが、そのあとの後陣痛が物凄く痛かったです。子宮の回復が早い証拠だそうですが、出産後痛みを戦うようになるとは・・・。

経産婦ならではの良いこともあり、大変なこともある。そして何人産んでも楽な出産はないことを知った経産婦の体験でした。

f:id:akasuguope01:20161031135038j:plain

著者:ビロード
年齢:36
子どもの年齢:3歳、6歳

やんちゃ盛りの6歳男児とおっとりした性格の3歳女児を育てています。子どもが何歳になろうと、育児の悩みは尽きないものだな~と感じる毎日を送っています。2人目の出産直前までフルタイム勤務をしていたため、仕事と育児の両立の大変さも経験。現在は専業主婦であり、働くママと専業主婦両方の大変さを身に染みて感じています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。