赤すぐみんなの体験記


痛みを受け入れたらお産が進んだ!

第一子を出産したのは、予定日の次の日でした。初産なのでまだまだかなあと思いながら夫と焼肉を食べたり、夫の実家の大掃除を手伝っていましたが、夕飯を食べ終わる頃からなんだかお腹が痛くなり…

よく聞く前駆陣痛かな?と思いつつ、初めてなのでよくわからず陣痛アプリで時間をはかっていると、ゆっくりと間隔が短くなってきている模様。

眠ろうとしたもののお腹が痛く、間隔も15分くらいになっていたので午前2時くらいにとりあえず産院に電話をすると、来てくださいとのこと。夫を起こして産院に向かいました。

 

助産師さんに診てもらうと、子宮口が4センチ開いているということでそのまま入院することに。

痛いとは思っていたものの、普段はテンションが低めであまり大声を出したりすることがないので、痛がったり叫んだりするとこがなんだか恥ずかしく思えてしまい、声を出さずに静かに痛がっていました。

朝になって先生が来たので診てもらうと、まだ5センチしか開いていないと言われ、こんなに痛いのに?と軽く絶望しました。先生曰く、「本陣痛がきたらこんなに普通に話せないはず。この調子だとあと一日くらいかかるかもしれないし、場合によっては促進剤を使うかも」と…

そんなにかかるのは嫌だ!と思い、痛みを我慢するのではなく受け入れて、痛いときは声を出す、という風に考えを変えました。座っているとつらかったので机に手をついて前傾姿勢になり、痛みがきたら夫に腰をさすってもらいながら「うう~~」と唸りました。

 

その甲斐あってか、そこからお産が進み、促進剤を使うことなく夕方には出産することができました。

唸っているときは自分が動物になったような気がしましたが、動物は出産のときに声を出すことを恥ずかしがったりしないはずなので、むしろそうあるべきなのかもしれないなと思ったりしました。

仕事を休んでずっと付き添ってくれた夫が、息子が生まれた瞬間に息子よりも先に大号泣したこともいい思い出です。

著者:あっこ

可愛い息子の頭の匂いが好きです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。