赤すぐみんなの体験記


あっという間の2人目出産のはずが、胎盤が癒着。緊急手術で子宮を取るかもしれない?!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

39週と4日、その日はなんとなく下腹にどっしりした感じがあった。

それでも長男、母親と買い物に出かけ、夕飯をすませお風呂にも入った。

主人が21時頃に帰ってきて夕飯を済ませた後、お腹が急に痛くなり、だんだん間隔も短くなったので、病院へ連絡して向かうことになった。その間、息子は母親に来てもらい一緒に過ごしてもらった。

 

0時5分頃。産婦人科に到着し、内診してもらうと、すぐ分娩室へ行くように言われた。

分娩用の洋服に着替えることが痛くてできず、着ていた部屋着での出産となった。

病院に着いて30分も経たないうちに生まれた第二子。なんて母親思いの子なんでしょう。

…と、そこまでは順調だった。

 

が、胎盤がなかなか出てこない!

お腹を押さえられ、胎盤を出そうとするが、血液しかでてこない。なかなかでてこないので、胎盤を、かき出しはじめた。

超スピード出産だったので、胎盤をだすのがめちゃくちゃ痛く、長く感じた。

「痛い!痛い!」と言っていた。

担当医と助産師さんだけでは対応できず、産婦人科の当直の先生も呼び、途中モニターを見たり、かき出したりしながら一生懸命してくれるのがわかる。

でもなかなか全部取れないので、今日仕事ではない副院長先生に電話して来てもらうことになった。

でもすぐには来られないので、それまでに何をするか指示を受けたりしている様子。

そして先生から子どもは何人いるか聞かれ、2人だと答えると、

「子宮に胎盤が癒着しているみたいだから子宮を取るかもしれない」

と言われた。

そうなったら嫌だなという思いと、仕方ないという思いで涙がでてきた。

 

また出血量が増えてきて、輸血が必要だという話になる。

輸血には了承がいるので、主人が言われるままサインをしたようだ。

次にMRIで胎盤と子宮をみるためにストレッチャーで移動した。

気分が悪くなったら声を出すように言われた。

初めてのMRI。最初はよかったが、グルグル身体がまわりなんだか気分が悪くなくってきた。でも大きな声を出す力もない。

なんとかそれが終わった後、先生たちが私の顔色が悪いから気分が悪いのかときかれ、頷いた覚えがある。

また分娩室に戻る。待っていた主人によると、私は真っ青で戻ってきたらしい。

 

副院長先生も来てくれ「手術室で今から胎盤を取ります。癒着して取れなかったら子宮をとります」と伝えられ全身麻酔。

目が覚めた時はICUで色々管が繋がれていたり、太ももの付け根に輸血のための管のようなものもついていた。心拍数などのモニターもたくさんつけられていた。

出血量が多いのでしはらくICUで過ごし、その間は食事介助や清拭などしてもらった。

 

出血量が3800くらいあり輸血をしたそうだ。そしてなんとか子宮をとることはまぬがれた。手術室で、先生たち3人がかりで胎盤を出したらしい。

その日の夕方くらいには一般病棟にもどった。

我が子にも会えたが、母子同室はその日は止めてもらい、次の日から子育てがはじまった。

早く元気になりたいという思いで食事なども普通にとり、みんなと同じ日数の入院で退院することができた。輸血したので、3ヶ月後に血液検査をして病気がないか調べたが、特に異常もなかった。

総合病院を選んでいて本当によかった。個人病院だと危なかったかもと、先生にも言われた。

著者:ぷー

二人の子育て中の専業主婦です。毎日バタバタ1日が過ぎています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。