赤すぐみんなの体験記


「生理痛かな?」くらいの痛みなのに「子宮口全開」! 超スピード初産の一部始終

「なぁんか、お腹が痛いかも…?」

 

妊娠39週4日で迎えた私のスピード出産は、生理痛のような痛みから始まりました。

痛みがあるかな?と感じてから約4時間、病院に着いてからは1時間半で終えた、私の陣痛~出産を時系列に沿ってお伝えします。

 

出産2日前

39週の妊娠検診へ。内診をしてもらうと「まだ指一本分。初産だし、まだまだかかるかもね」とのこと。

40週目の検診後、産まれることがなければ誘発分娩の案内をする旨を伝えられました。

さすがに焦り始め、その日からお腹の赤ちゃんに「そろそろ出てきて良いよ~」と言い聞かせを始めました。

 

出産当日

AM 0時。

里帰り出産だったため、遠方にいる旦那に「おやすみ」電話をし、就寝準備。

以前から仰向けで寝るとなんとなくお腹がはることはあったのですが、この日もそんな感じで、特におしるし等はなく「まだ産まれないかな~」と思っていました。

 

AM 2時頃

臨月で頻尿気味だったためトイレに。ふと思い立って陣痛を促進するツボ(三陰交)を押してみたり、お腹の子に「そろそろ出てきてみる?会いたいよ~だっこしたいよ~」と呟いてみたり。

その後、ベッドでゴロゴロしながら先輩ママさん達の出産体験記を読んだりしていました。お腹の調子は、若干の違和感~生理痛の痛み程度でした。

 

AM 3時頃

生理痛のような痛みを感じるが、まだ我慢できる程度。アプリで陣痛間隔を計ってみる。

そうすると、なんだか不規則だし、次の痛みまで3分を切る勢い。「これが噂の前駆陣痛か!」と思い、ネットで情報収集。

徐々に、胎動を感じる余裕よりお腹の痛みが勝ってきました。

 

だんだん痛くなってきたので(ベッドでゴロゴロしながら「うーん」と悶えるくらい)、病院に電話をかけてみる。

胎動があるかどうか聞かれたり、何分間隔か聞かれたりした後、「とりあえず来てみてください」とのことで、病院に向かうことに。この時点でまだおしるしは来ていません。

 

AM 4時頃。

両親を起こし、お腹が痛いことと前駆陣痛かもしれないこと、病院に連絡したことを伝える。

経験者の母いわく「まだかかるやろうし、朝まで待ったら?」とのことで、私も納得して「じゃあ一眠りしよかな」なんて呑気なことを言い、トイレにいくとおしるしが!

すぐ父母に伝えると「とりあえず病院いくか」と父。母は「まだまだやで~ここから大変やで~」なんて言いつつ、髪の毛を整え始める。

その頃私は、さすがに立つのが辛く「痛い痛い…」としゃがみこむレベルに。前駆陣痛で一時帰宅になるのを覚悟して向かいました。

 

AM 4時半頃、病院に到着。

痛みは「頑張れば歩けるけど、出来れば歩きたくない」程度。

「歩いた方がお産が進むんだけどね~」なんて言われつつ、助産師さんに車椅子を出してもらう。そのまま内診室へ。

内診をしてもらうと「子宮口全開だね」。

……え???全開???思わず黙ってしまったので「聞こえてるー?」と内診台のカーテン越しに確認されました…(笑)

 

分娩室にそのまま直行。「朝の6時には産まれると思います」と助産師さん。

母仰天。父硬直。

この時点で、立ち会い予定だった遠方の旦那は間に合わないことが確定しました…。

 

AM 5時半頃、分娩室でちらっと時計を見る。

破水すればもっとお産進むからね」

しばらくした後、

赤ちゃん降りてきたよー!……あれ??破水してたっけ??」

どうやら、気づかぬうちに破水していた!どこで?!私も記憶になく、ちょっと和む(笑)

 

しかし、この頃の陣痛はとにかく痛い!内臓を下の穴から無理矢理引きずり出される感覚でした。

が、助産師さんはやはりプロで、私が「痛たたた…」と言い出すと、すかさずおしりの方をぐっと上に持ち上げる形で押さえてくれました。これをしてもらうだけで本当に楽!とっても助かりましたし、心強かったです。

 

「次のいきみで赤ちゃん出るよー!」

立ち会いしていた母が「え?!もう?!」とびっくり!

その後、2、3回いきむと赤ちゃんの頭が!!

 

AM 6:05、2,982gの元気な女の子を出産しました。

 

後処置中

助産師さん「おめでとうございます。頑張りましたね。経産婦さんより早かったですよ(笑)」

ただ、スピード出産だったために出血量が少し多く、会陰も割けてしまったので、超安産!とは言えませんが、明け方に病院に来たのにかかわらず、朝ごはんをペロッと間食出来るくらいは、体力が残っていました(笑)

まとめ

・私のお産は前駆陣痛(?)→おしるし→本陣痛破水(?)→出産という流れで進みました。これらが全て4時間以内に起こったのだから、我ながらびっくりです…(笑)

・よく言われる出産のジンクス。陣痛が起きたのは新月の2日前でした。やはり、なにか関係があるのかも…?

・臨月に入ってから毎晩行っていた「おっぱいマッサージ」。陣痛が起きた日の数時間前には今まで透明に近い液体が滲んでいたのが、黄色く変化しました。出産の前兆だったのかもしれません。

 

今から出産を迎えるママさん達。とっっっても不安だと思いますが、赤ちゃんと助産師さんを信じて乗りきってください。

もしかしたら「そろそろ産まれておいで~」とお腹に声をかけてあげると、応えてくれるかも?しれません。頑張ってください!

著者:のもこ

24歳OL。娘が産まれました。現在産休中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。