赤すぐみんなの体験記


麻酔の注射さえも辛すぎる…! 痛みにとっても弱い私の、計画無痛分娩の長い長い一日

無痛分娩の計画出産で産みました!

痛みに弱いので怖くて怖くて、産むなら絶対に無痛分娩と決めていました。

私が産んだ病院では、無痛分娩にする場合はプラス10万円とのこと。

安くはないけど、無痛分娩にして本当に良かったと思っています!

 

生まれる日が決まっているので、陣痛に怯えなくてよくてうれしかった~!

37週5日での出産でした。

切迫早産と言われて入院ギリギリでしたが、なんとか予定日までもってくれました。

 

以下、実際の流れをレポートします。

 

ついに入院当日!出産日の前日に入院です。

13時までに食事はすませておかなければいけません。

麻酔をいれるので、水もダメだそうです。

 

16時、明日生まれるのかーとドキドキしながら産科病棟へ。

まずは点滴。針が苦手なので、太めの針でもう既に痛かった笑

 

その後、硬膜外麻酔。これは涙目になるくらい痛い…。思わず声がもれます。

後ろを向いているので、何をされているか全く分からないのですが、背骨にガチンガチンと何かをはめ込まれているような…つめたーい液体が腰に流れ込んでくる感覚があります。

いや~な感じで、とにかく痛かった…。

無痛分娩にしなきゃ良かったと一瞬後悔したほど(笑)

私は本当に痛みに弱いんだなあ…。

 

しかしすぐに麻酔が効いて、下半身の感覚がほとんどなくなりました。

それから分娩室に移動して、ミニメトロ挿入。

感覚がないのでよく分からないまま終了。

ベッドからベッドへ移動するために這うように動くのですが、あまりにも体が言うことを聞かなくて、ちょっと笑えてくるほどでした。

 

19時半に夕食。

思っていたほどお腹はすいていなかったけど、ぐったりしていたのでうれしかった~。

 

食べ終わってからは腰が重くズッシリしていて、体全体がだるくて、何かをする気力一切なし…。

しばらくぼーっとしていました。

一応、歩けるのですが、フラフラでつらかった…。

トイレに行くと、結構血が出ていてびっくり。病院で支給されたパンツが血だらけでした。

でも感覚がほとんどないので痛みはありません。

 

22時に眠剤が運ばれてきて、22時半には寝ていました。

こうして入院1日目は終了しました。

 

午前2時、あまりにお腹が痛くて目が覚めました。

部屋は真っ暗だし眠気もあるので、すぐうとうとするのですが、痛くて痛くて何回も目が覚めます。

 

立ち上がってみたら腰が重く、お腹と腰の鈍痛でふらつきました。

とにかく体が重い…。

そのまま、うとうと、目がさめる、を繰り返しているうちに朝に。

 

6時、麻酔を入れ始めます。

もうここからは産まれるまで水も含め、何も口に入れることはできません。

(固形物は昨日の夕食後から食べられなくなっています)

 

また冷たい液体が腰に…。腰が冷凍されたように冷たくなります。

そして鈍痛…体も重くてだるい…。

 

ここからは赤ちゃんが産まれてくるのを待ちます。

体は重いしだるくて何もすることがないので、ずっとうとうとしていました。

 

8時半、人工破水。あたたかい液体が出てくるのがわかりました。

このくらいから、お腹が痒くて痒くて仕方なかった!

麻酔の影響だそうです。ボリボリかいてた(笑)

 

点滴で水分補給はされているんですが、喉がかわいて…。

うがいはいいですよ、と言われたけど、そんな気力もなく、ずっとうとうと…。

 

10時、陣痛でだんだんお腹が痛くなってきました。

痛いと言ったら麻酔を入れてくれることに。また腰に冷たい液体が広がる感覚。

 

先生が来て内診。

赤ちゃんの頭が降りてきて、もう触れるらしい!

ワクワクしてきます!

もうすぐ会えるんだ~!

(でも、ここからが長かった…)

 

12:45、麻酔で感覚がほとんどなく、体があいかわらずだるくて重いのでずっとうとうとしています。

 

13:10、だんだん痛みを感じるように。

看護師さんに、「限界まで我慢してくださいね!限界になったら教えてください!」と言われ、我慢…。

 

13:50、かなり強めの生理痛くらいの痛み。4分間隔でくるようになりました。

 

14:50、骨盤が砕かれるような痛み。思わず声が出るくらい痛いです。

お腹の中で風船をふくらまされてるような感覚…。

内側からハンマーでガツンガツン叩かれているような痛みと衝撃もあります。

陣痛の度に「ああああ…!うううう…!」と、ひとりでうなっていました。笑

 

15時。もう限界だったので麻酔を入れてもらいました。腰がひんやりして、すぐに痛みが引いていきます。

 

15時半、麻酔が効きすぎる体質みたいで、赤ちゃんの状態があまりよくないとのこと…。

子宮口は8センチ開いてるそうで、麻酔なしでしばらく頑張りましょうと言われました。

 

16:45頃、麻酔が切れてきてまた痛くなってきました。

 

17時半。あまりに痛くて目が覚めました!

脂汗がひどく、体がびしょびしょ…。すごく暑かった。

 

18時、体温がなんと38.7度!(定期的に体温と血圧を計りにきます)

とにかく暑くてだるくて痛い…。

 

あと1時間で産まれそうもなかったら、いったんやめて休んで、明日に仕切り直しとのこと。

 

18時半、激痛!

お腹が痛くて、日が落ちて真っ暗な部屋でひとり唸る…。

真っ暗闇でジタバタ寝返りを打ちまくりながら、ううーううー!と唸っている私…。人に見られなくて良かった。笑

 

19時、もう本当に限界だったので麻酔を入れてもらうことに。

私の場合、麻酔を入れると赤ちゃんが弱ってしまうらしいので、最小限にしましょうと言われました。

 

少しずつ痛みは和らいだけど、完全になくなったわけではなかったです。

 

でも子宮口は8センチから広がってなくて、明日に持ち越しが決まりました。

今日産むつもりだったので悲しかった…。

こんなに痛かったのに、夕方の段階から子宮口が広がってないなんて…。

 

20時。うとうとしていたら、「あれ?!赤ちゃんおりてきてますね!」と定期的に内診にくる助産師さんに言われました!

もしかしたら朝までに産まれるかも、とのこと。

 

痛すぎて、もう本当にはやく産まれてくれ~!と思っていました(笑)

 

20時半。ずっと痛みで悶えていたので、体力が限界でした。

ねむたくてねむたくて…。

麻酔で痛みはかなり和らいでます。

私は動けないので、看護師さん達が体をふいてくれ、シーツも替えてくれました。

汗をかきまくったのでうれしい。

 

21時半。うとうとしていたら、突然看護師さん達が駆け込んできて内診。

赤ちゃんの心拍をずっと測っているので、異常があると駆けつけてくれるみたいです)

 

産まれます!と慌ただしく分娩室へ移動されました!

意識が朦朧としているし、体も思うように動かないので、ガクガクしながら家族へ連絡。

 

麻酔を入れてもらいながら、いきみの練習。

全然力が入らなくて、頑張って!頑張って!と言われ続けていました。

 

麻酔が効いているので痛みはほとんどありません。

無痛分娩でよかった~!!

 

何回もいきんで、だんだん疲れてきたころ…!

(必死すぎて自分の頭で何も考えられなくなってます)

産まれますよ!と言われた瞬間、ぷしゅっとお腹から何かがなくなる感覚が!

22時半、ついに産まれました。

 

すぐにお腹に乗せられた赤ちゃん

ちっちゃい…!とてもちっちゃい…!!

 

スポイトで口の中のものを出してもらった瞬間

オギャーーー!!!!

 

うれしかった~!

感動しました!泣きそうになった!

赤ちゃんもなんだか笑っているように見えた!

お風呂にいれるために連れていかれるのが寂しかったです…。

 

23時、裂けた部分を縫ってもらいます。

麻酔が効いているので痛くはないものの、目の前で縫っているのを見ていると怖いです…。

麻酔が効いてなかったら相当痛いんだろうなあと(笑)

 

分娩予備室に戻って、赤ちゃんを待ちます。

24時を過ぎるまでは水もダメとのこと。

アドレナリンが出ているのか、飲まず食わずなのに欲していませんでした笑

 

しばらくして、綺麗になった赤ちゃん再び!

家族とも対面!

かわいくてかわいくて仕方ない~!!

 30分で連れていかれてしまいましたが。

 

食事を済ませたら、眠くて眠くてすぐ寝てしまった~。

とっても長い1日が終わりました!

著者:みゃあ

0歳児を育てる新米ママです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。