赤すぐみんなの体験記


陣痛開始2晩目。夢に現れた「バイトの西川君」に指導された◯◯法とは… by 水谷さるころ

さて、前回からの続きです。


陣痛は始まりつつ、お産の進みがゆっくりで自宅で陣痛が10分間隔になってから9時間待って入院したものの…入院してからも「後12時間かかる」と宣告され、陣痛室で痛い痛いといい続けることに。


足を温めてもらったり、病院の階段を登って降りるを繰り返したりしましたが、一向に陣痛の間隔は短くなりません。

お昼ごはんを食べて、夜ごはんを食べて、予想された「夜21時くらい」がやってきても状況は変わらず…。

辛い…。全然お産が進まない。

予想と全然違う。
全然違うじゃないか〜〜と思いました。

 

予想その1・母親の驚異の安産体質が遺伝し、全く痛くない上にするっと産まれる。
予想その2・空手仲間や先生がみんな「空手をしていると安産」「呼吸法痛みが和らぐ」と言っていたので、なんとかなるはず。

 

予想その1はまあ、そんなケースは稀だとしても、
予想その2はイケるかな〜と思っていたんですよ。
私の前に出産した空手友達は産気づいてから3時間くらいで出産し
「さるちゃんもずっと空手やってるから大丈夫だよ!」
と、言っていました。

私も常々「空手万能説」を唱えており、空手の「力の使い方」「力を使うための考え方」「体の使い方」「呼吸法」等などが大体日常生活のイザというときに役に立つ…と言っていたので「陣痛もなんとかなる」と思っていたんですよね…。

でも私は夜の21時くらいになってもお産は進まないけどずっと陣痛…という時点になってやっと気が付くのです。

空手で12時間とか、24時間とか、戦わないじゃん…。
戦ったこと…ないじゃん…。
もう完全に心折れる長さじゃん…。

と…。

f:id:akasuguedi:20170308150515j:plain

そしてまた再び0時がやってきて、看護師さんは言いました。
「もう朝までお産はないと思うんで、寝ちゃってください」

ね、ね、寝られるかーーっっ!
と思うんですが、こっちも2晩目なので基本へとへとです。
眠いけど痛い。
夫も長期戦を覚悟したまま、陣痛室で一緒にお泊まりです。
私がトイレに行くたびにトイレから「うう…ああああ」とうめき声がするのに怯えていました。
陣痛中のトイレ…す、すごく痛かった…)

 

あと余談なんですが「子宮口のチェック」を何度もやられて気が付いたんですけど
子宮口のチェックって…手で計って…ますよね?
こんなに医療が進んでるのに「そこ調べるのは指なんだ……プリミティブ!!!」と思いました。

 

さて…1晩目には「イケメン舞踏集団」が出てきて私に「陣痛痛みを取るワークショップ」をしてくれましたが、2晩目はどうなったかというと…。

 

呼吸法の指導士・バイトの西川君」
という人が現れました。
もちろん、夢です!

寝ようと思っても痛いので、半分寝ていて、半分起きてるような状態。なので、夢は「陣痛中」の設定のまま進みます。

 

陣痛痛みを和らげる呼吸法の指導をします〜。バイトの西川です〜」と病室に若い白衣の男性が入って来ました。

f:id:akasuguedi:20161229004848j:plain

そして、ベッドの柵にしがみついて唸っている私の顔の前に来て
「もう今さら無痛とかできないですし、うちの病院無痛やってないですし、このまま行くしか無いんですよね〜」
「長く息を吐くのがコツなんですけど、痛みの始まりの前くらいからやらないとダメですよ」
痛みがピークになってからじゃ遅いんです」
と、具体的に指導をしてくれました。
私はなるほど! と思い、繰り返す痛みの起こりくらいから深く息を吸って、長く息を吐く。ということを繰り返しました。


夢の中だけでなく、実際の私もベッドの柵にしがみついて

「シュ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ」と長く息を吐いていました…。

 

f:id:akasuguedi:20161229004858j:plain

そして朝になり、また看護師さんがやってきて

「眠れましたか〜?」と聞かれました。

いや、まあ眠れたような。眠れなかったような…と思いつつ
「夢の中に『呼吸法の指導士・バイトの西川君』が出てきて、痛みを取る指導をしてくれました」
「昨日は夢で『イケメン舞踏集団』が痛みを取るポーズを教えてくれましたよ」
という話を世間話的にしたのですが
陣痛中にそういう夢を見た人の話は初めて聞いたわ〜」と言われました。
私も夢の中に「痛みを取る方法を教えてくれる人」が二晩続けて出てくるとは思ってませんでした!

で、痛みに耐えて子宮口は…「5センチ」開いていました。
入院してから24時間で2センチしか開いてないのお〜〜〜〜〜っ!
と、絶望的な気持ちになりました。
そして、朝になって先生が来たので「陣痛促進剤入れましょう」となるのです。

続きます!

 

f:id:akasuguedi:20160725095654j:plain

著者:水谷さるころ
年齢:40歳
子どもの年齢:2歳

1976年生まれ。イラストレーター・マンガ家。女子美術短期大学卒。「30日間世界一周!(全3巻)」「35日間世界一周!!(全5巻)」「世界ボンクラ2人旅! タイ・ベトナム(全2巻)」発売中。×イチ同士の再婚で現在は事実婚。2014年に出産し男児の母。ブログ「マイル日記」を平日毎日更新中。空手弐段。

【新刊情報】結婚をして離婚。そして再婚に事実婚を選んだ、26歳から36歳までの体験を描いたエッセイコミック「結婚さえできればいいと思っていたけど」(幻冬舎)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。