読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


ひとりっ子で寂しいから?4歳娘に“見えないお友達”が!「イマジナリーフレンド」に悩んだ話 by 志乃 

産後 育児 ママ ストレス・悩み 育児3歳以上 初産 志乃 編集部

「魔の2歳児」、「悪魔の3歳児」ときて、4歳児は「天使の4歳児」と言われたり「不思議の国の4歳児」と呼ばれたりします。もうすぐ5歳児になる娘はまさしくそうで、天使かつ、不思議な4歳児でした。

f:id:akasuguedi:20170118214003j:plain

 私のせいかも? 負い目から感じる不安…。

前回まで書いてきたように、私は諸々の理由から、自分のことを「赤点ママ」だと自己嫌悪する毎日でした。娘に対しても、強い負い目を感じているところへ、この「イマジナリーフレンド」の出現。「寂しい思いをさせている」ことを証明する、決定的証拠のように感じました。本当に情けなくて、SNSに曝け出す勇気もなかったです。

 

「普通」じゃなくても、いいのに

なぜ私は、「な~んだ、欧米では普通のことなのか。正常なことで、何も心配要らないんだ、良かった。ゆっくり見守ろう」とはならずに、ここまで悩んでしまったのか。

それは、「普通じゃない」ということに、私自身がとても恐怖心と、コンプレックスを感じているからかもしれません。

「日本では、みんなと同じじゃないとダメなんだ、孤立してしまう」。

私自身が子どものころから悩み、生きづらさを感じ、追い込まれた原因が常にそこにあったので、「普通でなければならない」という長年の思い込みが、自分に染みついてしまっていました。それを無意識のうちに娘にも求めてしまっていたんでしょうね。

 

必要だから存在している

親として心配なこともあるけれど、それが娘にとって必要なものなら、認めてあげたい。

娘の寂しさを埋めてくれているかもしれない、大事なお友達を否定するようなこともしたくないと思い、娘が話すイマジナリーフレンドの話を、実在の人物のつもりで、「当たり前(=普通)のこと」として聞いてあげるよう、心がけました。

それにプラスして、欧米の子育てを参考に、毎日スキンシップを多めにとったり、「あなたのことが大好きだよ」というメッセージを、自分なりに伝え続けるようにしました。

そうしているうちに少しずつ、彼らの話を口にする回数が減っていったように思います。

 

最後に

イマジナリーフレンドに対して、私は過剰に反応してしまいましたが、海外のみならず、日本でもそう珍しくないことで、空想と現実の境界が曖昧な幼児にとって、よくあることだそうです。

f:id:akasuguedi:20170118214111j:plain

これからも、スキンシップを続けていこうと思います。

 

>>>次回のエピソード:「責任が取れるのか」「覚悟はあるのか」。ADHDママが第2子妊娠について考えた by 志乃

 

f:id:akasuguedi:20160825083600p:plain

著者:志乃
年齢:35歳
子どもの年齢:長女4歳

宮城県出身。ADHD当事者ママとして、日々の考察&生活術ブログ「ひびわれたまご」を運営。イラストレーター・デザイナー・似顔絵師として活動しながら、ゾンビのように子育て中。著書に、陣痛中の実況ツイートをまとめた、イラストエッセイ本「陣痛なう」がある。 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。