ゼクシィBaby みんなの体験記


うちには妖精はいない!家事に対して子どもが「ありがとう」の気持ちを持つ環境の作り方 by チカ母

子どもに、「ありがとう」を教えることはとても大切だと思うのですが…

f:id:akasuguedi:20170110115229p:plain

これ、なかなか難しくないですか?

私自身、恥ずかしながら実家にいたころは、帰ってきてご飯があるのが当たり前な生活をしておりました。 ご飯だけでなく、洗濯も掃除もそうでした。

「ありがとう」を言うことが全くなかったわけではないものの、毎日言うわけではありません。当たり前に受け取ってばかりでした。 

f:id:akasuguedi:20170110115340p:plain

実家を出て一人暮らしを始めて、やっとこの当たり前なことに気が付きました。

 

家事への「ありがとう」は、家事に対してだけではなく、してもらうことを当たり前として受け取らない。ということにも繋がっていると思います。

そういう気持ちは娘にも持ってほしいなぁと思うのですが…

f:id:akasuguedi:20170110120155p:plain

言わせたのでは意味がない。

娘が自然に、「ありがとう」の気持ちを持つ環境とは…?

f:id:akasuguedi:20170110120214p:plain

両親がそうしていればいいのだと気付き、当たり前に受け取ってしまうものを意識して「ありがとう」と言うように心がけています。

次回エピソード>>一重?二重?唇の形は…?赤ちゃんを優性・劣性遺伝で娘の顔を予想してみた結果… by チカ母

f:id:akasuguope02:20160124013906p:plain

著者:チカ母
年齢:30歳
子どもの年齢:2歳

2014年6月に娘・チカを出産。同年8月より育児絵日記ブログ「抱っこだ立つんだ揺れるんだ」を開始。抱っこが大好きな娘のお陰で、腕だけやたらとたくましいお母さんです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。