ゼクシィBaby みんなの体験記


姉のお産サポート以来、出産が怖い! 二の足を踏む私に勇気をくれた甥姪の可愛さ

結婚4周年目で現在妊娠35週目です。

元々結婚当初から子供を望んでおり、風疹の予防接種もすぐに受け、お金も貯めており、いつ妊娠してもいい状況を作っていました。

 

結婚1年目、先に姉が妊娠しました。

悪阻の生活をサポートしていた際に、妊婦さんはこんなに大変なんだと学びました。

そして出産当日、予定してなかったのですが急遽お産に立ち合う事になりました。

何時間も懸命に痛みに耐える姉を横で見て、とても感動しました。

それと同時に、あまりの壮絶さを目の当たりにし、自分は耐えられるのだろうかという不安が芽生えました。

 

それから2年間、子供が欲しい気持ちは残ったまま、出産に対し恐怖心が起こり、必然的に夫婦生活もなくなり…という生活が続きました。

旦那も「手助けはできても出産するのは女性だから」と私に合わせてくれました。

 

そんな中、姉が2人目を妊娠しました。そして、

「出産の痛みを知ってても、それでもまた妊娠したくなるほど自分の子供は可愛い」

という話をしてくれました。

可愛い姪っ子や甥っ子を見ていたら勇気が湧いてきて、2年越しに妊活を再開することができました。

 

すると妊活開始1ヶ月で妊娠することができました。

赤ちゃんも2年間ずっと待っててくれたんだ!と旦那と話しています。

出産まであと2ヶ月ですが、2年間が嘘のように早く会いたい気持ちばかりが膨らんでいます。

著者:かなちゃん

初マタです。出産まであと2ヶ月

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。