ゼクシィBaby みんなの体験記


突如あふれ出した涙に「限界がきた!」 何をしても泣き止まない新生児と4時間二人きり

f:id:akasuguedi:20160705232627j:plain

新生児期の長男は、昼も夜もとにかくまとまって寝ないタイプでした。

1時間続けて寝てくれればこちらがびっくりするほど。

それ以外はおっぱい→うとうと→大泣き→おっぱい→うとうと→大泣き…の繰り返し。

最初はしばらく辛いよ!でもいつか終わるよ!とは何度も聞いていたものの、実際にその真っ只中にいると、このぐるぐるループには終わりがないように思えました。

 

根っこが生えるんじゃないかと思うくらいにずっとソファの同じところに座り、息子をおっぱいにぶらさげたまま過ごす毎日。

心の支えは友人から借りた日本のドラマのDVDでした。

今となってはドラマの内容は覚えていませんが、うっすらと日が差すリビングで、どんよりと授乳しながらドラマを見ている自分の様子ははっきりと思い出す事ができます…。

 

そんな毎日を重ねてちょうど生後一ヶ月になった頃、午前中の30分の間に息子が4回もうんちをしたことがありました。

フィンランドではうんちのおむつ替えの時にはおしりふきで終わらせず、洗面台などでお尻をゆすいであげるように指導されます(産後の病室にも専用シンクが設置されています)。

確かにおかげで肌トラブルなどは少ないのですが、慣れるまでは結構大変。

立て続けに4回繰り返した後は心身ともに相当ぐったりしました。

 

その後もいつも通りにちょっと飲んでは寝るを繰り返していたのですが、次第に何をしても泣き止まない状態に。

思いつくことをいろいろとやってはみたものの、ひたすら泣き続ける長男。

何かが辛くて泣いているはずなのに、それをわかってあげられないのがこっちも辛い。

途中で病院に電話をするも、新生児にはよくあります、熱がないならそのまま様子をみてくださいとのアドバイス。

そのあとは夕方に向かって外が暗くなる中、泣いている息子を抱っこしたまま、もうどうしたらいいのかわからず窓の外をぼんやり見ていました。

 

すると、勝手に涙がぶわーっ!とあふれ出てきたのです。

そんな事は人生で初めてだったので本当に驚きました。

今となっては、これこそ産後のホルモンバランスの乱れだな、と冷静に振り返れますが、その時はそんな風に思う余裕はなし。

これはもうだめだ、限界がきた!と感じて、とっさに仕事中の主人に電話をしてしまいました。

「何をしても泣き止まない。どうしていいのかわからない。帰ってきてほしい」と。

 

普段、仕事中に電話をかける事はないのに、泣きながら帰ってきてくれとまで言う様子がさすがに尋常ではなかったのでしょう。

主人は仕事を切り上げて早く帰ってきてくれました。

帰宅時にもまだ息子は泣いていましたが(結局4時間泣きっぱなし)、一人じゃなくなったと思った瞬間に本当にほっとしました。

 

その後まもなく泣き止んだ息子、どうやらお腹にガスがたまっていたのが一因のようでした。

子育てって自分の頑張りだけでどうにかなるものじゃないんだ、そのことを思い知らされて、そこから少し開き直れました。

大変な時はどんどんまわりに助けを求めよう。

そして頼れる人がいることのありがたさも改めて感じられた出来事でした。

f:id:akasuguope02:20150719211356j:plain

著者:はちたろう
年齢:41歳
子どもの年齢:9歳4ヶ月、6歳9ヶ月

2、3年住んでみようかと夫婦で引っ越したフィンランドが気に入ってしまい、子供も2人産まれて気づけば10年経過。2014年に帰国し、日本とフィンランドの子育て事情の違いを新鮮に受け止める日々。 長男は鉄ちゃん、次男の頭の中は消防士と忍者でいっぱい。方向が違いすぎて休日のお出かけ先チョイスが最近の悩みの種。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。