ゼクシィBaby みんなの体験記


悪阻で入院。出産より悪阻の方が何倍も辛い。

f:id:akasuguedi:20160716220034p:plain

5週頃から悪阻が始まり、少し食べては吐くを繰り返していました。

仕事をしていたのですが、仕事中は気を張っているからか症状が比較的我慢できる状態で、帰宅した途端に吐き気に襲われ、夜中はトイレから出ることができず、精神的にも参ってしまい泣いてばかりの日々でした。

10週に入り水すら受け付けなくなり、一週間程入院して点滴治療を受けました。

必ずしも入院しなくても、点滴に通って自宅安静という手もあったのですが、病院の先生から入院のメリットとして、夜中や休日も点滴を受けられるので安心ですよと言っていただいたのと(ちょうどピークの時は休日前だったので)、体調が良くなってきて食べられるようになったらいつでも帰りたいって言っていいよと言っていただき、入院することに決めました。

11週の終わり頃にはだんだんと食べられるようになり、15週頃には、ひどい吐き悪阻だったのが嘘のように食欲が増し、何でも美味しいと感じられ食事を楽しめるようになりました。

 

その後無事に第一子を出産し、現在第二子を妊娠中で悪阻真っ只中です。

悪阻には必ず終わりが来ます。とは言っても悪阻の時期には響かない言葉ですよね。

ネットで同じ悪阻に苦しんでいる方の体験談を読んだり、自分と同じ時期の胎児エコー写真や成長の様子を検索して、悪阻があるってことは赤ちゃんは元気に成長してるんだと自分に言い聞かせてやり過ごしていました。

皆さんの赤ちゃんもこうしているうちに着実に成長しています。無事に元気な赤ちゃんに会えますように。

著者:chiyo

現在 第二子妊婦中です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。