赤すぐみんなの体験記


いよいよ時は来た…!分娩室のドアが開き頼りの先生が!と思ったら…「誰だよ」 by 前川さなえ

出産予定日の早朝。

万力で腰を絞め付けられるような痛みで目が覚めた。

いつ産気づいてもいいように数日前からより産院に近い実家に泊まっていた。

時計を見ると午前3時くらい。

臨月に入った頃から前駆陣痛は何度もあったけど今までとは明らかに痛みの質とレベルが違う。

痛みが治まってからトイレに行くと、おりものにうすいピンク色が混じっている。

血?

だとしたらこれがうわさに聞く「おしるし」というものなのか。

じゃあこの痛みは…陣痛

 

陣痛の特徴である、痛みの波もある。激痛のあとフッと全然平気になり、また激しい痛み

部屋に戻り痛みの時間を計ってみると、感覚がきっちり一定だった。その感覚がどんどん短くなっていき痛みも強くなっていく。

5時頃に旦那に電話して実家に来てもらう(車で30分弱の距離)。

 

旦那は「病院行こう!」と言ってくれたが、この時点で痛みは7~8分間隔になっていたが、私はまだ「これはもしかしたら陣痛じゃないかもしれない」と思っていた。

というのも、先輩ママや妊娠出産関連本から仕入れた情報によれば、お産が近づくと赤ちゃん(の頭)が下りてきて骨盤にはまるから、胎動を感じにくくなると聞いていたのだ。

ところがこのものすごい痛みの最中にもお腹の子はポクポク動きまくっていた。痛いわ動くわでどこに力入れて耐えればいいのかよくわからない状態。

そのうち自分の意志とは関係なく下半身がガクガクと震え出した。

 

f:id:akasuguedi:20160625190031p:plain

「まだ早いからって帰されてもいいからとにかく一回診てもらった方がいいよ」と旦那が言うので、先に電話をしてから病院へ向かった。

病院についてさっそく看護師さんに内診してもらうと、3日前の健診ではがっちり閉じていた子宮口が「もう7~8cm開いてますよ、もうこのまま分娩ですね」と言われる。

内診は分娩台の上でしてもらったので、そのまま起き上がることもなく陣痛の強さを見る機械をお腹につけられ、「時を待つ」こととなった。もちろんその間も陣痛はゴンゴン強くなっている。

 

分娩台の上なので、角度はついているものの、ほぼ仰向けに寝ている状態でお腹、腰、あと肛門あたりの痛みに耐えるのはなかなかに困難!今までに味わったことのない激しい痛みの中で、徐々に冷静さを失いかけてきた頃、院長先生が分娩室に様子を見にいらした!個人病院なので妊婦検診はずっと院長先生に診ていただいていたのだ。

先生の顔を見て安心したのか、痛いながらも落ち着きを取り戻した私。院長先生に「いよいよですね、がんばってください」と声をかけていただき、「ハイッ、先生よろしくお願いします!」と痛みに任せて先生の手をぎゅ~っと握った。先生は一旦退室。

 

さらに時間経過。

 

だんだん胎児が「おりてくる」間隔が…そして陣痛もぶっつづけに。

看護師さんの「そろそろかな。先生呼びますね」という声が近くで話しているのに遠く聞こえる。

 

いよいよ時は来た…!

 

分娩室のドアが開き、頼りの先生が…!

 

と思ったら…

 

f:id:akasuguedi:20160625190202p:plain 

なぜか見たことない初対面の医師が入ってきた!!!!

 

「だ…誰ですかーーーーーー!?」

一気に錯乱状態になる私。

 

…この日は祝日だったため、院長先生は休暇を取られており、提携の病院から来た代理の先生が分娩をしてくださるということだった。

 

休みの日だったので、それは全然いいんですが、

院長先生、だったらさっき来てくれた時に、言おうぜ?

>>>次回のエピソード:"痛い"を超越!?熱くてでっかいなにかがおりてきて、もうなにがなんだか!そして感動の対面

f:id:akasuguope02:20150802091657j:plain

著者:前川さなえ
年齢:35歳
子どもの年齢:9歳と6歳

2003年結婚と同時にフリーのイラストレーターに。 長男妊娠時、お腹が日々大きくなっていくのがうれしくて ブログを始め、現在も奮闘真っ只中の育児ネタを発信!

ブログ/ぷにんぷ妊婦~育児編~
書籍/「ぷにんぷにんぷ」(幻冬舎)ぷにんぷかあさん(マイナビ)5歳だって女。(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。