読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


四肢も器用になる!? 双子親からみて『双子で良かった!』と感じる8つのこと by pika

f:id:akasuguedi:20160607021425p:plain

こんにちはpikaです。2歳になる双子の親をしています。

 

前回の記事で「双子には双子の良さがある」と書きました。今回はその良さについて漫画にしてみたいと思います。 

 

 まず双子の良さは、何といっても可愛いこと!一人でも可愛いはずの赤ちゃんが、おんなじ顔をして横に並んでいるのです。道行く人にも、たびたび声をかけられます。

おんなじ寝相で横になるその姿はまるで、シンクロでも見ているかのよう。

 

そして可愛いだけじゃありません。同じペースで育つ二人は、お互いの食べ物や飲み物を共有することが出来ます。

その分、倍にお金がかかることも事実ですが、離乳食~幼児食では余ったお皿を相方に片づけてもらったりなど。シェアできることの利点がとてもあります!

 

f:id:akasuguedi:20160607021503p:plain

 

双子育児をしていると、様々な状況への対応を同時に求められるということがたびたび起こります。

同時に愚図ったり、片方をオムツ替え中に片方が戻したり、といった具合に。

 

片方にミルクを与えながらもう片方のオムツを替えたり、右手で絵本を読みながら左手で「おままごと」をしたりなど。

様々な要求に答えるうち、四肢がどんどん器用になります。

 

双子が1歳半くらいを過ぎると二人で遊ぶようになり、気持ちのうえですこし楽に。

 

そして何よりも、『双子』ということで優しくしてもらったり、温かい言葉をかけてもらったりすることがよくあります。

 

いろんな人に優しくしてもらうたび、気遣いへのありがたさや双子が運んで来てくれる様々な縁への感謝を感じることができるのもまた、双子育児の醍醐味だと思います。

 

f:id:akasuguedi:20160513105630p:plain

著者:pika
子どもの年齢:2歳双子

1981年生まれ。2012年、妊活の記録のため「ピカ待ちブログ」を開始。その後、体外受精を経て一卵性双胎を授かり、2014年5月に双子を出産。双胎妊娠・出産の記録である「続ピカ待ち☆MD twin DIARY」を経て現在はブログ「続々ピカ待ち☆ふたご絵日記」で双子育児の様子を漫画にしてお送りしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。