赤すぐみんなの体験記


「双子はおっぱい半分でかわいそうなの!」と言われたけど…○○があるから大丈夫! by pika

f:id:akasuguedi:20160513105335p:plain


双子用ベビーカーは目立つためよく話しかけられます。

きっとこのお母さんも悪気があった訳ではなく、「双子はおかあさんを一人占めできないから大変なのよ」ということを子供にわかりやすく伝えるためこう言ったのだと思います。

私はよく祖母に「昔はおっぱいが足りないと山羊を1匹買ってきて、山羊のミルクを飲ませてね…」と聞かされたものですが(笑)いまは良いミルクもあり、おかげさまで双子もすくすくと大きくなりました。

 

双子も、2歳をむかえました。

いま、二人だけで笑いあったり楽しそうに遊ぶ二人を見ていると、あらためて「双子で良かったな。双子には双子の良さがあるな」と感じます。

時には母を一人占めできずに泣くこともあるかもしれません。奪い合いやけんかで泣くこともしょっちゅうです。しかし、それ以上に強い絆が双子にはあるように感じます。

もしいま、一人ずつ充分に手をかけてあげられないことや、ひきこもりがちになってしまうことに悩む双子のお母さんがいたら、「大丈夫だよ。お母さんの愛情があれば、子供は大きくなるんだよ」と伝えたいです。

 

苦労も2倍。喜びも2倍。出費も2倍の双子育児ですが(笑)可愛さは2倍以上。

大きくなってもお互いが心強いパートナーでいられるよう、仲良しの二人に育ってほしいと強く願います。

 

f:id:akasuguedi:20160513105630p:plain

著者:pika
子どもの年齢:2歳双子

1981年生まれ。2012年、妊活の記録のため「ピカ待ちブログ」を開始。その後、体外受精を経て一卵性双胎を授かり、2014年5月に双子を出産。双胎妊娠・出産の記録である「続ピカ待ち☆MD twin DIARY」を経て現在はブログ「続々ピカ待ち☆ふたご絵日記」で双子育児の様子を漫画にしてお送りしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。