ゼクシィBaby みんなの体験記


産院は千差万別。出産を終えた今だから分かる「ここを重視したかった」こと

f:id:akasuguedi:20160316134332j:plain

妻の妊娠が発覚して2人でとっても喜びました。

結婚してから3年程、2人だけの生活が続きました。

それはそれでもちろん楽しかったんですが、だんだんと子供がいない事で何となく肩身が狭く感じるようになってきました。

特に私の両親は孫の顔を見たそうでした。

子作りに本腰を入れてみると、本当に幸運なことにすぐに妊娠できました。

妊娠中に妻が風邪をひいたり、胃痙攣を起こしてしまったりと色々と大変な事はありましたが、何とか順調に進んで行ったのです。

 

妊娠から半年くらいが経過した頃だったと思います。

出産をする産婦人科を決める時期がきました。

私たちは政令指定都市の中心部に住んでいるので、産婦人科は沢山あります。

調べてみると色々なタイプの産婦人科があるのが解りました。

昔ながらの助産院で産婆さんのような人に取り上げてもらうところ。

そうかと思えば大病院で全て管理された中で産むところ。

生まれた後に母子同室のところとそうでないところ。

実に色々でした。

 

妻も私も、結局近くにある大病院が安心だろうと思って、そこを選択しました。

もちろん、何かあっても様々な科があるので安心というのを第一優先にしたのです。

しかし、生まれた直後から赤ちゃんはまとめて大部屋で管理され、ミルクの時間になると母親が一斉に起こされて同時に授乳をする、まるで軍隊のようなシステムだったらしいんです。

しかも生まれるから入院をする事になった妻を送り届け、私は生まれる直前に連絡を貰えると思って家で待機していたら、

「生まれましたからおいで下さい」

との電話が。

何だか拍子抜けしてしまいました。

 大きな病院というのはそんなものでしょうかね。

生まれるのを今か今かと廊下のソファーで待っているということはできませんでした。

 

妻はいまだに、

「母子同室で辛くてもいいから、生まれた直後の我が子と一緒に過ごしたかった」

と言います。

産院を選ぶ際には夫婦でよく話し合って、ママが望むような形をとってくれるところを探してみてもいいかもしれません。

f:id:akasuguedi:20160316134413j:plain

著者:ともたろう
年齢:40歳
子どもの年齢:10ヶ月

最近戸建てを購入した中年サラリーマン。小さな子供と妻と一緒に幸せにくらしています。やっぱりマンションから戸建てに引っ越してよかったとつくづく実感しています。小さな子供がいるとマンションの下の階に気をつかうから家は絶対戸建!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。