ゼクシィBaby みんなの体験記


いきんだら赤ちゃんじゃなくておしっこが…!先生にかかってしまい、顔から火が出る思い

f:id:akasuguope01:20150917191225j:plain

2人目の息子を出産したときの話です。

出産予定日より2週間ほど早い38週目で破水してしまい、助産院に入院することになりました。

破水してしまったものの、一向に陣痛が来ず、点滴をされながら一晩を過ごしました。

お腹をさすってみても息子は何の反応も示さずに、シーンとしていました。

「これはもしかすると、明日の朝まで産まれないかもなあ」と思いながら一晩を過ごしました。

一時間ごとに先生や助産師さんがやってきて、私の様子を見てくれます。

「寝てくださいね」と言われましたが、ウトウトしかけると誰かがやってきて、なかなか寝つけませんでした。

やがて空が白んで来て、朝ごはんをおいしく頂きました。

するとその直後から、一度経験したことのある腰の痛みがやってきたのです。

「あ、陣痛が始まったかも」これが私の出産のスタートでした。

 

痛みが強くなる前にトイレを済ませておこうとしたのですが、座ってみてもあんまり出ませんでした。

大丈夫なのかな?と思いながらベッドに戻ってくると、途端に陣痛の痛みが増してきました。

陣痛の間隔が短くなり、さらに痛みも強くなってきて「あ~もう産まれてくるんだな~」と思っていると、先生が「そろそろイキミましょうか」と言いました。

痛みで声が出なかったので、必死にうなずいてイキミます。

そばについていてくれた助産師さんも私を励ましてくれました。

「はい、大きく息を吸って~、フー!っと息を吐きましょう」と言われその通りにやると、ジャー!!っと音がしました。今、この瞬間、絶対にしてはいけない音です。

驚いて先生の方を見てみると、先生に私のおしっこがかかってしまっていました。

陣痛が始まる前にトイレに行ったのに、何で!?」と思い、恥ずかしさから「すみません!!」と痛みも忘れて謝っていました。

 

思えば先に破水していて、水分不足になったらいけないと勝手に思い込み、一晩中ちょこちょこお水を飲んでいたのでした。

そのおかげで私の膀胱は満水状態だったんです。

トイレに行っても出なかったのは、ここでイキんではいけないとどこかで思っていたからかもしれません。

その後も、イキむ度におしっこが漏れてしまいそうな気がして、なかなかイキミきれませんでした。

最終的にはおしっこを吸引してもらいました。

心身共にスッキリした私は、その後、無事息子を出産することができたのです。

 

出産してから退院するまで、先生には本当に申し訳なくて、顔を会わせるたびに気まずかったです。

こんな顔から火が出るぐらい恥ずかしいできごとも、出産ならではのエピソードではないかと思っています。

f:id:akasuguope02:20151106233110j:plain

著者:きょう
年齢:34歳
子どもの年齢:4歳と1歳

2人の息子を育児奮闘中の母ちゃんです!毎日、毎日、ドタバタと騒音の中で目が回るような生活を続けております。一体平穏な生活はいつになることやら・・・。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。