赤すぐみんなの体験記


低体重で産まれたわが子。赤ちゃんの体重を増やすのがこんなに大変だなんて…

上の子が産まれた時の体重は、3700グラムでした。 当時同室の方のお子さんも結構大きい子で、3000グラム当たりだったのですが、それでもかなり大きさに差があるんだなと思ったものでした。 私は去年2人目を出産しましたが、妊娠高血圧症候群の為、…

低酸素状態で生まれ、すぐにNICUに入った息子。初めての抱っこは4日目の朝でした

ずっと欲しかった子供を授かったのは38歳で、妊娠年齢としては高齢となりました。そのため、万が一のことを考えて大学病院で出産することに。 分娩して数時間後、母子同室で一緒に過ごすはずの赤ちゃんは、いつまでたっても私の部屋には来ません。すると先生…

新生児一過性多呼吸でNICUへ

37週0日、予定帝王切開にて2820gの女の子を出産しました。 お腹から出された瞬間、小さく「ほにゃっ」と泣き、小児科医に渡されてからは羊水を機械で吸われながらも「ほにゃあ~、ほにゃっ」と可愛らしい声で泣いていました。 あーよかった、泣いてる。どん…

臍帯卵膜付着と新生児肺気胸

妊娠後期頃から、超音波検査でみる胎児の大きさが小さめだと言われていました。 出産週数は37週4日、2314gで生まれてきました。出産後の胎盤を見て分かったこと、通常胎盤に付くはずのへその緒が卵膜に付着していたとのこと。そのため栄養や血液の循環が悪く…

出産してすぐにNICUへ入院した我が子

妊娠8ヶ月に入り妊娠高血圧症候群になり、浮腫がひどく、血圧も160をこえ、入院してすぐに緊急で帝王切開にて出産しました。 産まれた我が子はなんと1500グラム。 本当に小さくて両手に収まるくらいのサイズでした。 産まれてすぐにNICUに入院することにな…

保育器のまま救急車で運ばれていく我が子。やっと抱っこできた時に震えた手 by のばら

どうもこんにちは。 のばらです。 前回に引き続き 我が家の末っ子長男、モモの 産後の話を聞いてちょうだいな。 前回のエピソード:帝王切開だから、赤ちゃんに苦しい思いをさせた…?産後ナーバスになっていた時の話 by のばら 一過性多呼吸の症状が改善せず…

パパとして初めての仕事

寝ることが大好きな夫が、パパとして初めての仕事に挑んだときの話です。 陣痛中、心音がなくなった娘。 生まれたとき、ちゃんと産声をあげたのですが、呼吸が乱れ、念のためNICUに搬送されることになりました。 産後間もない私は、動けるはずもなく、カンガ…

新生児一過性多呼吸と黄疸

私は計画分娩で予定日に入院をして、予定日の次の日に2660gの女の子を出産しました。 生まれた時は臍の緒が首に絡まってて血色も悪くて脂も異常に多く、助産師さんには、 「週数間違えてたかもね、早かったのかもね、これなら37週数終わるくらいかな」 なん…

初めて抱っこした日

初産でしたが、産婦人科病棟が満床だったため、NICUに近い小児科病棟の入院となりました。 小児科の看護師さんたちは、とても優しくしてくれました。 しかし、オムツ替えや沐浴などよくわからないまま退院。里帰りし、母親に色々教えてもらいました。 今では…

出産命がけ、命の大切さ

32週の時に切迫早産で入院し、入院当日から産まれるまでウテメリンとマグセントを24時間点滴してました。量が結構多かったため、立ち上がることができないくらいキツイ時もありましたが、産まれてきた子どもを見て 一緒に頑張ってよかったと思いました。予…

未熟児だけど元気に育ってくれてありがとう

私は2013年に双子の女の子を出産しました。 妊娠には少し苦労して治療して、子宮外妊娠で一度は右側の卵管切除した後の自然妊娠でしたのでとても嬉しい妊娠でした。 そして妊娠8週で先生の「あれ?」というひとことでまた心臓が締め付けられまたダメだったか…

小さな鼻から胃にチューブを通し…初乳を飲む長男の姿に「代ってあげたい」と涙

早産で産まれた長男はすぐにNICUに入院。小さい長男は、初乳を口から飲むことが出来ず、鼻から胃へチューブを通すことに。長男が苦しむ姿に泣いてしまった私の体験談です。

NICUの息子と初めての添い寝。自宅ケアの予行練習ができる「ファミリールーム」お泊まり体験

NICUに長期入院していた次男の退院のめどが立った時期に、退院後の予行演習としてNICUへの付き添い入院を勧められました。念願の「初添い寝」も!初めて親子水入らずの時間を過ごすことができた、私のNICUお泊まり体験談です。

どうして体重が増えないの?生後1ヶ月を過ぎても退院できず、NICUで奮闘する小さなわが子

私は3年前の冬に、可愛い赤ちゃんを産みました。私の体調が悪化したため、妊娠35週目で帝王切開での出産。そのため、産まれた赤ちゃんは1700グラムの小さな女の子。身体は小さいけれど、彼女の力強い産声を聞いて、新しい家族が増えた喜びとこれからの育児へ…

極低出生体重児で、8か月もの間NICUに入院していた息子。支えてくれたのは看護師さんの「成長ノート」

NICUに入院していた次男に会うため、毎日のように病院に通いつめた私。そんなNICU通いを陰で支えてくれたのは看護師さんたちでした。看護師さんのくれた「成長ノート」を通して、自分の気持ちも少しずつ変わっていった…という体験談です。

3週間早く生まれた娘

36週6日2252g 超安産だったものの、体重がすくなく、生まれてすぐにNICUにいくかとなったけど、なんとかセーフ。 しかし哺乳力がよわく、ほとんどのまず、増えずで、2日目からNICUへ。 黄疸で光線を2日あび、あとは鼻チューブと点滴で栄養補給しながら…

赤ちゃんの顔色がどす黒い!無事に出産、家族でほっとしたのもつかの間…

出産予定日オーバーで陣痛促進剤を使い出産。 出産は長時間にわたったものの、生まれた赤ちゃんは3,000g近くあり元気な女の子。 カンガルーケアも終え母子同室の個室にうつされ、夫とお見舞いに来てくれた義両親と赤ちゃんを囲んでいました。 一通り気が済ん…

「病院だけど、ここで娘は育ってる」生後すぐから1年間に及んだ入院生活。多くの人に支えられて無事退院

生後間もなく病気が発覚した娘は1歳になるまで入院することに。病院での生活はどのようなものだったか、病室でどのように娘とコミュニケーションを取っていったかをお話します。

出生時1,500g、両掌に収まってしまうほど小さなわが子…保育器の中の姿に誓ったこと

早産のため生後すぐに保育器に入れられた次男。すぐにでも抱きしめてあげたいのに、保育器のガラス越しにしか会うことができません。母親なのに一緒にいてあげられず申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、次男の姿を通して気持ちを切り替えることができた体…

やっと会えた赤ちゃんと離ればなれ…帝王切開翌日、NICUへ転院になった我が子

おなかにいる時から、会える日を楽しみにしていた赤ちゃん。やっと会うことができて、これからはずっと一緒だと思っていたのに、突然転院を告げられました。

低体重の双子を後に、一足先に退院。搾乳、搾乳、また搾乳の通院生活スタート! by ぐっちぃ

こまめとのまめはまだ退院するには体重が足りなかったので 私だけ一足お先に退院しました。(NICUのエピソードはこちら) さて、子どももいないし、 退院後はしばらくゆっくりしてられるかしら~ なんて思う余裕もなく 翌日から病院までおっぱいを届けるお仕…

双子ならではのトラブル、双胎間輸血症候群で帝王切開に。NICUの我が子を見て涙 by ぐっちぃ

帝王切開で先にこまめを産み、 せっかくの抱けるチャンスだったのに タイミング悪く、気持ち悪くなってしまい こまめはそのまま行ってしまいました。 「双胎間輸血症候群」とは何か?ですが、 本当に簡単にいうと、うちの双子は胎盤を共有していたのですが、…

「ごめんね」を胸に。妊娠19週からの不安で辛い入院生活、そして泣きながら搾乳して通ったNICU

私の初めての妊娠は双子でした。 喜びも束の間、妊娠19週0日、子宮頸管が19ミリということで急遽入院となりました。 その頃、夫はなんと警察学校にいて、会うことはおろか連絡も出来ない状態でした。 不安を抱えたまま、一人の長い入院生活がスタートしまし…

退院時には寝不足でフラフラ…!NICUでの息子は眠らず泣きっぱなし

息子には生まれる前から、心電図に乱れがあり、生まれた後は24時間モニタリングされていました。 そのため、息子はNICU(新生児集中治療室)暮らし。 母子同室前提の病院でしたが、3時間おきに授乳室で授乳することになりました。 授乳室で母乳を飲ませる前…

2人目は余裕、と考えていた私。無呼吸からのNICU入院にショック

私が2人目を出産したのは40歳の時でした。 高齢出産なので不安ではありましたが、2人目という余裕もありました。 「一人で大丈夫」 と、入院から出産まで全てを自分でやってのけました。 無事に出産を終え、個室のベッドで赤ちゃんとご対面。 おっぱいをあげ…

自然分娩、3100gの健康ベビーだったのに再入院してNICUへ!見逃してしまった我が子のサイン

2人目の息子を出産した時の話です。 息子は3100g弱でとっても健康的に産まれてきました。 母乳で育てたいと思っていたので、ミルクも一日にそんなにあげずに助産院を退院しました。そして実家での生活が始まりました。 上の子供はその時、2歳半と一番手のか…

破水したけど「日曜日なので促進剤は使いません」?そして赤ちゃんが感染症の数値が高くNICU入院

私の出産は破水から始まりました。 破水をすると陣痛が来ていなくてもすぐに入院になります。 感染症の危険性がある、ということでシャワーもダメで、6時間おきに点滴を打つことになります。 この点滴は感染症予防のための点滴と説明を受けました。 破水を…

一過性多呼吸で赤ちゃんがNICUへ。産後一週間にして初めて我が子を抱っこ

息子の誕生は、37週で予定帝王切開でした。 健診時に骨盤の大きさをレントゲンで測り帝王切開になることを告げられ翌日、出産になりました。 手術までの流れは、レントゲンを撮り出産方法を決定。 エコーで赤ちゃんの状態を診て「お腹の中が苦しそう」と。 …

体重2000g未満の双子を出産。NICUってこんなところ!

まさかの双子を妊娠しました。 切迫早産で長期入院し、36週の時に予定帝王切開で男の子二人を出産。 二人とも出生体重はギリギリ2000グラム。 いわゆる低出生体重児です。 更に、出産前に私が受け続けた張り止めの点滴の影響で、二人とも低血糖と診断されま…

7ヶ月での早産。NICU入院中に考えていたこと、そして母としての覚悟

7か月で思いがけずの早産でした。 出産後すぐに、子どもはNICUに入ることになりました。 無事に産まれることも危うい状態でしたが、産まれてからも母子ともに試練が続きました。まず、何日経ったら退院、という指標がNICUの子どもにはありません。 とても不…

生まれてすぐ離ればなれ…我が子がNICUで過ごした日々

子宮内胎児発育遅延を指摘されてきた私の子供は、体重2,000グラム足らずで生まれてきました。 帝王切開手術で取り出した後は、すぐに赤ちゃんはNICUに搬送されたため、ほとんど目にすることはできませんでした。 手術が終わり、麻酔がきれてからすぐにN…