赤すぐみんなの体験記


あれ?思ってたのと違う、、、(笑)

現在、1歳5ヶ月になる娘のことです。 当時の私は産休から育休に入り、だらだらとマイペースなお気楽育児生活を送っていました。帝王切開だったこともあり、産まれたときからミルクと母乳の混合で育てていました。娘がある程度大きくなってからの夜中の授乳は…

みんなのやさしさ

出産してみてわかったこと。 それは周囲の方々のやさしさです。 子供の泣き声に対する嫌がらせや心無い言葉をかけられたなどのネガティヴな情報ばかり耳にしていたので、公共交通機関を利用する際はいつも緊張していましたが、実際利用してみると席を譲って…

てんやわんやの1ヶ月、逞しくなる(?)10ヶ月 ── 子も母も成長を感じられる、健診へ行こう♪  by ユキミ

ユキミです。 1歳半の息子に日々振り回される、新米母さんです。 今回は世のお母さん達みんなが通る試練、健診についてのお話です。1ヶ月健診は産院で受けるということもあり、なんだか安心感がありませんか?馴染みの先生、助産師さん、何があっても大丈…

離乳食ではじめての「卵白」を試してみたら…まさかのアレルギー反応にパニック!

息子が10ヶ月の頃の話です。 息子は離乳食を始めた当初からよく食べるタイプだったので、段階もかなり順調に進んでいました。また、主人も私も食物アレルギーがないことから、初めての食材もあまり恐怖心なくどんどん食べさせていました。 それでも“卵アレル…

友人宅で突然起こった熱性けいれん。焦る気持ちを抑えて行った対処法とは

「熱性けいれん」誰もが一度は耳にしたことのある病名ではないでしょうか? 子どもの10人に1人ぐらいの割合で起こす、比較的メジャーな病気のようです。私自身も幼少時代に熱性けいれんを起こしたことがあり、実母から「熱性けいれんを起こしたことのある親…

ハイハイ

10ヶ月の男の子のママです。 うちは寝返りも他の子より少し遅く、成長がとてもゆっくりでした。 他の子がハイハイ、つかまり立ちをしてる中、うちの子はひたすらずり這い...支援センターなどで他の子と遊ぶ時もずっとずり這いでした。(匍匐前進が得意で自衛…

親心子知らず!? 素敵なおもちゃを用意しても、1番のお気に入りは「ゴミ」なのね

妊娠中に仲良しの先輩ママとカフェへ。そこで先輩ママのあかちゃんがひたすら遊んでいたのは玩具ではなくて、なんとゴミ!?そんなこともあるんだと軽く考えていた私ですが、子どもが生まれてびっくり!うちの子も…。

ちょっと早い断乳

娘が10ヶ月の時に2人目の妊娠が発覚しました。 なのでこれを機に離乳食もよく食べていたし、断乳する事を決めました。 主人に協力してもらう事になり、日にちは主人が連休の日にする事にしました。 その日までに母乳を夜だけにし、当日にその夜も母乳を与え…

レジャーシートにハチが寄ってきてパニック!赤ちゃんとママ友と初めてのお花見

息子が10カ月を迎えた春、ママ友親子2組と、近場の広い公園にお花見に行くことになりました。両親学級で知り合ったママ友達で、月に1~2回遊ぶ仲。首もすっかり座っている息子ですが、レジャーシートの上といえど屋外で自由にズリ這いさせるのは初めてだった…

お座り完成!と思ったら、ガラケー並の二つ折り。赤ちゃんの柔らかさに驚愕 by 眉屋まゆこ

こんにちは。眉屋まゆこです。コミックエッセイ本『すくすくそらまめ』から厳選した四コマご紹介記事第四弾です。 前回のエピソード:スリーパー着せたら四角い我が子♪ 赤ちゃんの衣類のグッとくるポイントBEST3 by 眉屋まゆこ 赤ちゃんの体は本当に柔らかい…

これって破水!?

予定日を1週間すぎてもなんの兆候も無い妊娠生活に変化が起きたのは、予定日から9日過ぎのこと。 少し遠くまで主人と一緒に散歩に行きました(45分くらい)。 いつもよりお腹がはってきたなーと思ったその時!じわーっと染みる様な感覚が! そんなに大量では…

長女の離乳食拒否に悩む日々。体重は? 貧血は…? 心配する私を救った女医さん

私は子どもが食べる姿を見るのが大好き! 我が子が生まれてからは、離乳食開始がとにかく楽しみで、随分早くから離乳食の本を読みあさっていました。 いざスタートすると、期待した反応ではないものの、ある程度は口に入れ、ゴックンと飲み込める。 そんなも…

不動の男、ご機嫌斜め!殿のご機嫌取りに明け暮れた、先が見えない辛い日々 by 眉屋まゆこ

以前の記事でも書きましたが、息子は10ヶ月までずりばいもハイハイもしない子でした。 関連記事:不動の男!?我が子はオイルヒーター型。発達で悩んでいたときに救われた姉の言葉 ハイハイをしなくとも寝返りでコロコロ移動したり、おすわりのままお尻で移…

小さな手が指差したもの。 娘の見ている世界は思っていたより広いと気付いた瞬間

娘が生後10ヶ月頃のことです。 やっと指さしができるようになり、何に興味を持っているのか分かりやすくなりました。 娘に色んな物を見せてあげたくて、積極的にベビーカーを押して散歩に出るようにしていました。 言葉が出るのはもう少し先だろうなと思いつ…

帝王切開を満喫、怖くないよ!!むしろバンザイ!!

出産予定日9日超過し、誘発開始。 バルーンも入れたのに 陣痛3日目でも子宮口2センチ。 もう無理です、フラフラですって事で、帝王切開に切り替え!! ホッとひと安心。 私はオペ室の看護師だから、帝王切開が早い事、副作用で低酸素になる事や血圧が下がる…

旦那さんが居るからこそ、息子が存在するのだという事を日々実感

一度流産している事もあり、待望の赤ちゃんだったせいか、本当にウチのパパはイクメンの鏡だと思います! 出産が難産で、立ち合う事も出来ない状況の中、出産時の私の壮絶な叫び声がかなりインパクトがあったようで、出産後のフォローが想像以上で惚れ直しま…

小児救急 or かかりつけ医?深夜、突然の発熱で判断に迷った母は…

小さな赤ちゃんにありがちな、夜間の急な発熱。赤ちゃんが高熱で苦しんでいる中、長い待ち時間覚悟で小児救急に駆け込むか、朝まで自宅で様子を見るかは、究極の選択です。そんな時、迷いに迷ったママの体験記をご紹介します。

出産を機に入った保険のことと、その後の家計のやりくりが大変になった話

出産前からずっと考えていたのが、子どもの学費のこと。 色々調べて、銀行に貯金するよりも、学資保険などを使って貯めた方が、確実で万が一の時にも安心だと思いました。 しかし主人は、何故か保険が嫌い。 結婚した時も、保険を見直そうと言ったら嫌な顔を…

スムーズな卒乳!

卒乳の時期は、自分自身が10ヶ月で断乳だったと聞いていたので、なんとなく10ヶ月に入ったら、しようと思っていました。 その当時、保育園でももうミルクの回数が一回になっていて、(冷凍母乳を持参していました)自分自身でも、だんだん母乳を絞っても出て…

初めて娘と離れて過ごす数時間。母と妹の完全バックアップで親友の結婚式へ

産まれてから片時も離れたことのなかった私と娘。ある日、遠方での結婚式出席が決まりました。初めての遠出、初めての離ればなれ・・・不安なことばかりでした。しかし母と妹の協力や事前の準備のおかげで無事に終わりました。その時のことについてお話しし…

夢の後追いだったのに…

子育てに慣れてきた産後半年。赤ちゃんの成長に日々感動しながら過ごしていました。もう少ししたらあれができるのかな、こういうことができるのかな、とワクワクしていました。その中でも後追いには憧れがあり、自分を必要としてくれているかわいさがある!…

病院に行ってよかった!発症から24時間を超えると命の危機も。イチゴジャムのような血便で発覚した「腸重積」

きっと娘がかからなかったら、知る事のなかった病気『腸重積』。腸が腸の中に入り込み重なってしまう病気です。入り込んだ腸は、自然に元に戻る事はありません。腸が締め付けられる為、激しく痛み、長時間めり込んでいると血流が悪くなる為、腸管組織が壊死…

不動の男!?我が子はオイルヒーター型。発達で悩んでいたときに救われた姉の言葉 by 眉屋まゆこ

はじめまして、眉屋まゆこと申します。 2015年7月生まれの長男・ヒロ坊のゆるい育児漫画をTwitterでアップしております。 今回は10ヶ月検診に行ったときのお話です。 (おお!スタスタ歩いている赤ちゃんがいる!?) 検診会場に入室してすぐ、衝撃をうけま…

40歳で4人目~!?

40歳で4人目を授かりました。 長女12歳、長男11歳、次女3歳の時です。 正直、迷いました。 欲しかったはずなのに、年齢のことやすでにいる3人をきちんと世話できるかな… 何より私は切迫早産になり、長期入院を余儀なくされます。しかも、長男は29週で早産し…

いつも米まみれ…。手づかみ食べ期のおにぎり問題、解決策はコレ! by いそめしちかこ

こんにちは。凝った料理をつくろうとするといつも失敗するいそめしちかこです。 前回に引き続き、今回もムスコが10ヶ月頃に突然起きたハンガーストライキの話です。 前回のエピソード:10ヶ月、突然の離乳食拒否の理由は…?失敗から生まれた鉄板メニューはコ…

部屋で寝ていたはずの次男が消えた!? ハイハイしかできないのに、自分で窓を開けてとんでもないところまで!

子供達を寝かしつけていると、私自身もうたた寝をしてしまいました。ハッと目が覚めると、次男がいない!血の気がサーッと引き、どうしたらいいのかパニックになる私。そこに現れたのは、次男を抱いた同じマンションの男性でした。子供の行動力は侮れないと…

10ヶ月、突然の離乳食拒否の理由は…?失敗から生まれた鉄板メニューはコレ! by いそめしちかこ

こんにちは。凝った料理をつくろうとするといつも失敗するいそめしちかこです。 前回のエピソード:初食材「パプリカ」チャレンジ!”苦味がないのでお子様に大人気!”のはずが…!? 今回はムスコが10ヶ月の頃、全く離乳食を食べなくなったときのお話です。 …

発達の遅れ、"笑いながら噛む"に違和感。もしかしてこの子表情読めない? by モンズースー

はじめまして、モンズースーです。 ADHD当事者で、発達障害グレーゾーンの兄弟の母をやってます。 そんな私のやらかしている日々をコミックエッセイで紹介しています~。 まずは、第1話「うちの子、なんかほかの子とちがう?」を、3ページづつご紹介し…

あれっ?いつの間にこんなところに?

生まれてはや10ヶ月 日々成長をとげる娘 それに伴い、 「強く」 「逞しく」 なっていく嫁‥ 結婚当初は優しく、ふわふわしていた嫁も 今では 足で娘を遊ばせるようになりました 自分も夫として お風呂やおむつ、離乳食 育児に参加しているつもりでも 実際には…

寝ない息子相手に試行錯誤!ようやくたどり着いた、珠玉の寝かしつけ技5選

なかなか寝ない赤ちゃんだった息子。 産まれたばかりの頃から、寝かしつけには苦労しました。 立って・抱っこして・ゆらゆら揺れること1時間、ようやく眠ったと思って布団に置いたら「うぇ~ん」。 また一からやり直して今度は成功したと思っても、1時間経…

the 10ヶ月検診

今日は娘の10ヶ月検診と、経過観察で総合病院へ。 前回が切迫早産だったので、今回も総合病院と決めてはいたけれど、思いもよらない危険な状態で、絶対安静を言い渡され、早く生まれたら保育器のある病院への搬送も懸念されました。 でも何とか管理入院を終…

小麦アレルギーだけど、ハワイde離乳食作り☆ アナフィラキシー既往歴アリの赤ちゃん連れ旅行体験記

まだ固形物が食べられない、離乳期の子供連れの旅行で一番心配なのは、何と言っても食事。 便利なレトルトはたくさんあるけど、それだけで何日も持たせられるの?と心配になりますよね。 それに加えて、我が家の娘はさらにアレルギー持ちのため、かなり不安…

[麻生怜菜の寺嫁ごはん]赤ちゃんにも優しい!美味しい!”お麩”レシピ(離乳食中期~)

離乳食が中期~後期へすすんでいくと、だんだんとバリエーションに困ったりしていませんか? 我が家では、そんな時精進料理でよく使う「お麩」が重宝しました。 フワフワモチモチの麩は、赤ちゃんも大好き! 離乳食のバリエーションの中に、お麩メニューを取…

離乳食、今思えば固執しすぎていたかも…? 食べない我が子との知恵比べ

母乳育児が軌道に乗って安定した頃、離乳食は始まりました。 それまでおっぱいしか口にした事がない赤ちゃんが、生まれて初めて食べ物を口にするのです。 不安や緊張と共に、大きくなっていることを実感する瞬間でもあります。 母親としてはワクワク、ドキド…

ベビー石けんを使わなかったせい!? 赤ちゃんの髪の毛が薄くなってしまった!

あれ?この子こんなに髪薄かったっけ? 2番目の子どもの時ですが、10ヶ月くらいの時に髪が薄くなったかな?と思うようになりました。 薄毛の赤ちゃんはたくさんいますが、家の子たちは2人とも生まれた時からフサフサ。 自慢の髪だったのに、いつの間にか頭皮…

子どもの成長はそれぞれ。分かってはいるけどつい比べて不安になってしまう!

子どもの成長はそれぞれだから、自分の子どもが他の子と比べて遅くても気にしないほうがいい、とは言われてますが、やはり気になるものです。 我が子は首もすわってないのに3ヶ月の時に突然寝返りをし、けっこう早いタイミングで寝返りをしたので運動が得意…

「お母さんありがとう、ごめんね」反省と感謝で涙が止まらない。産後気づいた親への感謝の気持ち

産後しばらくしてから、ふとしたことで涙がでるようになりました。 たとえば、子供の世話をしていて、「私もこんな風にやってもらってたんだろな」と想像するだけで涙がブワーっとでてくるのです。 テレビで親子の感動物語なんかやっている日には、もうとめ…

おっかなびっくり、遅れて始めた離乳食なのに・・・。10ヶ月頃にはなんと梅干しを手づかみ食べ!

私がはじめて離乳食をスタートしたのは、一般より少し遅めの生後7ヶ月頃でした。 普通は6ヶ月に入ると、おもゆからスタートするのが最近の主流らしいですが、その頃ちょうど赤ちゃんが便秘がちになってしまいました。 心配だった私は、消化のよい母乳を中…

ママの妊娠がポイントだった?10ヶ月で 断乳を断念、その後自然に卒乳した話

長女が生後10ヶ月くらいになったときの話です。 出産直後から毎日数回の頻度で続いていた授乳ライフに疲れを感じ、そろそろ辞めた い・・と思うようになりました。 離乳食も順調に進んでいたし、なにより寝かしつけがいつも添い乳になってしまってい たので…

40度超えの発熱、悪寒で救急へ…普通の病院では診断がつかなかった乳腺炎

離乳食も始まり、こどもの栄養源が母乳だけではなくなってくると、ストイックな食生活も緩み始め、乳腺炎もまぁ大丈夫だろう、とケーキも解禁…… のところで、私、乳腺炎になりました!! 離乳食が軌道に乗ってきた頃、というのが、どうやら危ないポイントら…