赤すぐみんなの体験記


ママは戦いごっこが苦手。ヒーロー系の番組を避けていたけど、息子の本心にドキッ! by そめた

前回のエピソード:なんでも「ぼくがやる!」の息子にイライラ…見知らぬおばあさんの一言に救われた by そめた 男の子って、戦いごっこ好きですよねー。 そまは2歳ころ?かな、ヒーロー的決めポーズなんかをするようになりました (どこで覚えたんだろう) …

習い事の教室選び。厳しい先生、優しい先生。良い先生はどっちだろう? byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。今日は娘の習い事のお話。 前回のエピソード:夏休みにじわじわ増える息子の甲虫たち「死なせるの嫌だから増やさないで!」はNG? byイシゲスズコ 「ピアノを習いたいの!」 娘が突然そう言ったのは5歳の頃。 理由はあやふや…

「ADHDあるある?知識は豊富なのに何故か片付けられない!!」プロに相談するも苦戦… by志乃

前回のエピソード:段階調整!?栄養バランス!?手間、こだわり…。ワンオペギ ギリなのに離乳食作りなんてムーリー! by志乃 なぜ片付けられないのか、自分でも分からなかった ずっと「片付けられないのは、ただ自分がだらしないからだ」と思っていました。…

「お姉ちゃんだから」を理由にしない!──きょうだい育児で上の子に気を付けている3つのこと by あね子

こんにちは。あね子です。私のブログ『いっちょまえ姉妹をそだてています』で好評だった、きょうだい育児での上の子への配慮の記事をご紹介します。 ブログでは書いていない、おまけエピソードつきです! 前回エピソード:ありがためいわくから始まった姉妹…

売り場でおっぱい丸出し!? ところ変われば授乳も変わる!スペイン育児見聞録  by ハラユキ

オラ!(スペイン語でこんにちはの意味) なんでいきなりスペイン語からスタートしたかと言えば、夫の仕事の都合で6月からスペインはバルセロナに住みはじめたからです。人生どうなるかわからないもんですね。 てなわけで、今回からはスペインの育児事情ルポ…

息子のサッカーコーチはヤングオーラが眩しい19歳!赤ちゃんとのふれあいを勧めてみたら… by tomekko

こんにちは。tomekkoです。 暑い季節ですが、5歳の長男はサッカーを習っています。おっとり長男的には楽しいんだかどうなんだかわかりませんが、できるだけチームスポーツを経験させておきたい、という夫の希望で続けています。 前回は特に赤ちゃん期に子ど…

「おともだちとあそばない!!」夜中に起き上がり泣き叫ぶ娘。突然はじまった夜驚症 by なないお

前回のエピソード:3歳半健診の視力検査にひっかかった娘。じっとしていられず眼科を追い返されてしまった! by なないお 幼稚園が終わった後の園庭開放のことでした。 娘「母さん、これしてあそぼ!」 母「お友達と一緒にあそんでおいで。ほら、あそこで長…

「チューリップはピーマンなの?」自由な発想にほっこり(時にがっくり!?)する子どもたちの迷言集 by グラハム子

こんにちは。去年の日焼けのシミが消えていないのに今年も更に日焼けをしているグラハム子です。 皆さんは子どもの何気ない発言でクスッと笑ってしまったことはありませんか?今回はそんな子どもらしくて可愛いうちの子たちの迷言集を描いていきたいと思いま…

子どもが泣くことに“母の責任”を感じなくていい。『泣かせない』呪縛からの解放 by うだひろえ

前回のエピソード:道一本隔ててサービスが違うことも!住む場所探しで知っておきたい子育て環境チェックポイント by うだひろえ 乳児期。 ほえーほえーと赤ん坊が泣けば、おっぱい飲ませオムツを替えて抱っこをし、ユラユラ。 「置くと泣くから」という理由…

夏休みにじわじわ増える息子の甲虫たち「死なせるの嫌だから増やさないで!」はNG? byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 前回のエピソード:叩く!ける!かみつく!「きつく叱ってやめさせなければ」と思っていたけれど…。byイシゲスズコ 夏になりましたね〜。今回は毎年我が家にやって来る、虫や生き物たちのお話です。 どんどん増えていく虫ケ…

「私にカ〇ピス作ってくれたこと、あったっけ!?」子どもが産まれて驚くほど変わった、父(と私)by きのかんち

その表情、いままでどこに隠してたのーー!? 前回エピソード:ゲップが上手にできず、うなされる長女。上から出なければ<下>から!! by きのかんち 小さいころからドライな関係だった私と父。特に嫌いなわけでもなく、顔を合わせると普通に話はしていた…

ワーママと専業ママの垣根は必要? 私の身近にいる、尊敬できるとてもステキな専業ママ by ハラユキ

育児をしていて出会ういろんな人々、面白い人やむかついた人などを紹介してきましたが、今回は私がとてもお世話になったご近所の先輩ママについてです。 前回エピソード:なんでもかんでも 、愛情不足が原因!? “愛”のないアドバイスに耳を貸す必要なし! b…

知らない土地に嫁いだ

東京で主人と知り合い主人の実家が群馬県だったので群馬県に嫁いできました。 子供がまだその時一歳で周りに知ってる人もいなくて支援センターなどにも行ったんですが連絡先交換してもなかなか次に繋がらず。 思い切ってネットでママ友募集をしました。ネッ…

マイナス2SD以下

二人目のこどもは生まれたときから小さかった。 生まれた後も、飲むより寝てる方が好きって子で、無理やり起こしても、飲んでる端から寝てた。 親の自分としては心配ながらも、ラッキーと思って家事や自分の事をしてた。 だって、一人目は、すっごいおっぱい…

二人目まではすぐに妊娠したのに三人目が出来なかった

二人目までは順調だった妊娠。 三人目も、すぐに、授かるだろうと思っていたのに、なかなか授からず、保育園に通う娘には、まだかまだかとせがまれ、仕事の忙しさと、下の子の願いをかなえてあげたい思いで不妊治療を試みるもののなかなか授からず、二人の保…

子供に合わせた卒乳

産まれたとき乳吐きが酷く授乳回数もとても多かったです。 その後乳吐きは落ち着いたものの、精神安定剤でもあるおっぱいがまったくやめられませんでした。一歳前にはベビーサインでおっぱい欲しいを教えると、それを何度もしていました。 離乳食を少し食べ…

子育てに楽はない。母の言葉を胸に、我が子たちを盛り上げる合コン相づち作戦 by もものしか

こんにちは、もものしかです。 前回エピソード:雨上がりの空をみて「おかあちゃん、ひじが出てる!」母がたじろぐ3歳児の言い間違い by もものしか 季節は夏まっさかり。 今年新入生のお子さん達も、すっかり新生活に慣れたことと思います。我が家の長男タ…

道一本隔ててサービスが違うことも!住む場所探しで知っておきたい子育て環境チェックポイント by うだひろえ

子どもが生まれ、子育て当事者になり、早5年。 その間、「そんなの知らなかった!」と驚くこと、いろいろありました。 前回のエピソード:「かかりつけ医」が決められない!ゴールもルートも毎回違う、子どもの病院ラビリンス by うだひろえ その1つに、「子…

3歳半健診の視力検査にひっかかった娘。じっとしていられず眼科を追い返されてしまった! by なないお

3歳半健診では簡単な視力検査を行うところが多いと思います。 うちの娘も視力検査でひっかかり、眼科に行って検査を受けるよう紹介状をもらってきました。早速近所の眼科に連れて行きました。 前回のエピソード:ママが乳がんになってしまった!発達障害を持…

叩く!ける!かみつく!「きつく叱ってやめさせなければ」と思っていたけれど…。byイシゲスズコ

今回は、息子たちが園児だった頃のお話。 前回のエピソード:お知らせ、チラシ、宿題、テストのプリント…、学校から押し寄せるプリント物の整理整頓法 byイシゲスズコ 「ケンカの果てに…」 園にお迎えに行くとばんそうこうを貼った息子、申し訳なさそうな先…

ママ会にぴったり!動き回る子どもにも、財布にも優しい…いいことずくめの「〇〇〇〇」とは? by ぴよととなつき 

ある日、都内に遊びに来た友人からランチに誘われました。なかなか会えない友人なので喜んで誘いにのったのですが、約束の日は平日…。 前回エピソード:同性きょうだいなのにお下がりできない!? ふたり目のベビー服、まさかの盲点 by ぴよととなつき 子ども…

深夜、熱が急激に上がり体ガタガタ、足バタバタ。これは予防接種の副反応!?

娘が3歳になり、日本脳炎の予防接種の推奨年齢に達したので、早速小児科に予約を入れました。 日本脳炎の注射は午後2時頃に打ってもらい、その後自宅に帰り、普段通り一人遊びしたり、ご飯を食べたりしました。 そして、20時過ぎには布団に入りました。 …

なんでも「ぼくがやる!」の息子にイライラ…見知らぬおばあさんの一言に救われた by そめた

前回のエピソード:夫婦共に相手が子どもを見ていると思い込み…駅のホームで我が子を見失ってしまった! by そめた お手伝いをしたい気持ちは分かるんですけど、 やらせてあげられる事とダメな事があるわけで… 頑固で譲らないそまに私もイライラが募り、 ど…

今日もどこかでその惨状が…母たち、怒?泣?「雨の日の子どもの“傘”あるある」 by ちちかわえみぞう

皆さんこんにちは、朝起きた時に肌ついてる服のシワのあとが、午後になってもまったく取れないちちかわです。 前回エピソード:親子の大切な試練!くじけず頑張ればいつかきっと!!「幼稚園登園あるある」 by ちちかわえみぞう ジメッとして暑かったり寒かっ…

「こんなにかわいかったのになんでイライラしたんだろ」娘のアルバムを見返し悔しい気持ちに byつかさちずる

こんにちは!ちずるです。 前回のエピソード:夜泣きシーンがトラウマに!育児の全てがいい思い出になるのはいつだろう? by つかさちずる こんにちは!友人の生後6ヶ月の赤ちゃんに会うと親戚のおばさんのようになってしまうちずるです。 普段お世話せずに…

雨上がりの空をみて「おかあちゃん、ひじが出てる!」母がたじろぐ3歳児の言い間違い by もものしか

こんにちは、もものしかです。 私の主人は無添加、無着色、無香料のオーガニックな天然です。 そして、横文字に弱く、言い間違いが多いです。 そして、私は昔から聞き間違いが多いです。例えるなら映画の感動的なシーンで〈おたすけ〉と〈ぬかづけ〉を聞き間…

“この人になら全てを託せる”、そんな旦那様に「ありがとう。」

よく、「子どもを産んだら母になるから、旦那さんへの愛情が薄れてしまう」という話を聞きます。 実際に、私の周りにも「旦那なんて後回し」、「ケンカばかりで嫌になる」といった内容の愚痴を話すママは沢山います。そして私自身も、そんな気持ちを抱いたこ…

お知らせ、チラシ、宿題、テストのプリント…、学校から押し寄せるプリント物の整理整頓法 byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 今日は入園入学とともに押し寄せてくるたくさんのおたよりと戦う日々のお話。 前回のエピソード:愛すべき男子のアホさをハッシュタグで共有!「#アホ男子母死亡かるた」 byイシゲスズコ 便利そうなアプリも色々出ていますが…

ママが乳がんになってしまった!発達障害を持つ小学生の子どもたちに、なんて話そう? by なないお

前回のエピソード:多目的トイレの悲惨な思い出。イヤイヤは「言い換え」で乗り切ろう! by なないお ちょうど一年前、乳がんであると告げられました。 以前から小さなしこりがあり経過をみていたのですが、問題はないということで数年間検診もせず、ある日…

先が見えなくて、しんどかったあの頃の自分へ。育児のひと山を越えた今の私が伝えたいこと by うだひろえ

前回のエピソード:2度の出産を経て増えた体重15kg!多忙な育児中でもできる「ちょこちょこ運動ダイエット」by うだひろえ 上の子が3歳で年少さんになった時にも、「あ~ひと山越えたな~」とは思ったんですけど。 その時は下の子1歳でしたから、まだまだ大…

初めての陣痛体験…過呼吸や吸引分娩。

出産の日の3日前から少し生理痛のようなものが始まり、義母さんに「陣痛ちゃうか?」と言われ、病院に行きました。 が、微弱な陣痛でその時は帰宅。 まだだな?とのんびり過ごして、出産予定日の40週5月1日の朝、普通に起きて私の運転で主人と2人で家族分の朝…

だいすきパイパイ。さよなら出来ない…

初めての子ども、 初めての育児、 初めてのパイパイ。 断乳って難しい。 保育士だった私は1歳越えた子がパイパイを飲んでいることが不思議だった。 もう、2歳になったら飲まないでしょうと思っていた。 ところがうちの娘…3歳3ヶ月…。 夜のパイパイがバイバ…

朝起きたらいきなり破水

37週0日に午前中に妊婦健診で異常なし。でも少し赤ちゃん小さめですねと言われました。 午後は運動も兼ねてショッピングモールで買い物したり、いつもより少し多めに歩いたと思います。 その日はお腹の張りも無く調子も良かったのですが、次の日の朝起き上が…

愛すべき男子のアホさをハッシュタグで共有!「#アホ男子母死亡かるた」 byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 我が家には男児が3人と娘が1人。 上の年子男児が生まれてから幼児期、小学校入学当時は、元気が有り余る2人のお世話に明け暮れる日々が続きました。 今回は、その頃の私を支えてくれた心強い仲間たちのお話。 前回のエピ…

2度の出産を経て増えた体重15kg!多忙な育児中でもできる「ちょこちょこ運動ダイエット」by うだひろえ

前回のエピソード:うまく言えなかった母の日の「ありがとう」。我が子を見て思う、私も、伝えなきゃ by うだひろえ 40歳を機に、しっかりと人間ドックを受診しました。 5歳と3歳の二児の母。 まだまだ、仕事家事育児、がんばらないといけませんものね。 診…

「ママ友作りに焦る必要なんてなかった」と気づいた矢先の転勤! でも…きっと大丈夫。by志乃

この春から、主人の転勤が決まり、年長の娘を連れて、仙台から東京へ引っ越して来ました。 前回のエピソード:流産のつらさを救ってくれたのは、同じ経験者の「共感」でした by志乃 子連れでの引っ越しは、これで二度目。前回は、イヤイヤ期真っ最中でした。…

急に!

早生まれの息子。 2歳の夏は2人目の出産と重なりトイレトレーニングが全然できませんでした。 里帰りを終え、家に戻り、トイレに誘うことを始めました。補助便座を使い座ることは座るんですが、出ません。たまたま出ることを願いましたがなかなか…。 下の子…

「かわいそう??」そんな時もあるけれど、年子育児はとても楽しい! by グラハム子

うちの子たちは現在3歳3ヶ月と1歳8ヶ月。 2人を連れて歩いていると、よく聞かれることがあります。 関連記事:泣き声で心音が聞こえない…。1歳児との妊婦検診は想像以上に大変だ!? by グラハム子 うちの子たちは1歳7ヶ月差。 でも4月を挟むので学年…

親子の大切な試練!くじけず頑張ればいつかきっと!!「幼稚園登園あるある」 by ちちかわえみぞう

皆さんこんにちは、久々に引っ張り出した夏服の、袖が微妙にキツいけど気がつかないフリをしているちちかわです! 前回エピソード:「写真を撮るのってここまで困難?!」こどもの写真あるある(保育園・幼稚園編) by ちちかわえみぞう 風薫るさわやかな季節…

うまく言えなかった母の日の「ありがとう」。我が子を見て思う、私も、伝えなきゃ by うだひろえ

前回のエピソード:最悪の状態で逃げ出さないために…。心の余裕を取り戻す「逃げアラーム&カード」 by うだひろえ 去年のもの、一昨年のもの。 私の机の周りには、うちの子たちがくれた、母の日のプレゼントが飾ってあります。 園で作ってきた創作物。これ…

全身全霊であやす兄とMAXな笑いでこたえる妹。母には立ち入れない兄妹関係 by カフカヤマモト

こんにちは、カフカヤマモトです。 平凡な家族(我が家)の日常を描いた著書『家族ほど笑えるものはない』から抜粋してお届けしているこの連載も、いよいよ最終回です。 最後は、兄妹関係の変遷がわかる、兄妹シーン5連発です。 前回エピソード:居眠り中で…

「早くしなさい!」「早くして!」の連呼から脱出したい…!試行中の我が家の工夫 by ゆむい

私自身、子供の頃から母に「早くしなさい!」と朝から晩まで急かされ続け、「早くすることはそんなに偉いのか!?」と 変な方向へ反発してしまいました。急かされることが気持ちのいいものではないと、身を以て知っているはずなのに、我が子にも同じようにし…

長男誕生から三男入園までの7年半。憧れ続けた“ひとり時間”にひたすらやっていること by マルサイ

三男が入園しました。次男と同じ幼稚園の2歳児クラスです。 7年半続いた未就園児のいる暮らしが、これで終わりました。 三男の初登園の日、バスを見送ったその足でスーパーに行きました。 追っかけたり待ったり催促したりなだめたり。子どもの手をひき40分以…

カナダの幼稚園事情、幼稚園で留年あり?留年3条件が揃った長男の場合

長男は現在4歳4ヶ月、去年の9月から日本でいう年中組に通っています。月から木曜日までの午前のクラスに通ってます。 カナダの幼稚園は、基本トイレトレーニングを終えたことと、その年にその対象年齢になること(9月から新学期だけど、その年に5歳になるの…

忘れられない授乳室での話、そして今「この子が可愛い」。ダウン症の娘との3年半

第二子の娘を出産後、退院直前に「ダウン症の疑い」があるという診断を貰いました。 確定診断が出るまでの1か月間、それはほぼ新生児期と同じだったのですが、その間に私が辛かったのは 「せっかく生まれてきてくれた赤ちゃんを、手放しで可愛いとは思えない…

「いつかは子ども部屋に…のつもりが物置部屋」を防ぐ、未来を見越した部屋作り

今では片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは7年前の1人目妊娠の時。 以前は汚部屋暮らしでした。 産後は汚部屋から脱却して快適…

「写真を撮るのってここまで困難?!」こどもの写真あるある(保育園・幼稚園編) by ちちかわえみぞう

皆さんこんにちは、 次男の入園式のために美容院へ行ったら、 微妙な白髪を隠す髪用ファンデーションなるものを買わされたちちかわです。 春真っ盛り、新しい生活にとまどう頃でもありますが、いかがお過ごしでしょうか。 今回は前の記事に引き続き、子ども…

「何やっとんねん!」雨粒と戦い、服を下から脱ぎ、お尻を出す…。母が青ざめる5歳男児の奇行 by カフカヤマモト

こんにちはカフカヤマモトです。 平凡な家族(我が家)の日常を描いた著書『家族ほど笑えるものはない』から選りすぐりのシーンを紹介しています。 今回は5歳の息子編です。 前回エピソード:困惑、拒絶、譲歩、容認。顔で語る、「初めての梨・四段活用」 b…

お兄ちゃんになってくれてる

長男は初めての育児で、周りに親兄弟や親戚、友人といった支援者のいないなか、子育ては大変でした。情報が少ない中で手探りだけでやってきてしまったうえ、幼い時期から保育園という集団生活。 三歳の夏、妹ができてお兄ちゃんになりました。 まだママに甘…

「お母さんの好きなもの」が入った息子からのプレゼント。その、えげつない中身とは? by 熊野友紀子

当時は子どもたちと一緒に古代生物に入れ込んでいて、恐竜のソフビ人形や化石や本を集めていて、「好きなもの」といえばそれが思い浮かぶような状況だったはずなんですが、真っ先にお金がでてくるとは思いませんでしたね…。 古代生物愛をしのぐほどの欲がに…