読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


発育になんの問題もなかった私の子どもたち。実は「発達障害」でした… by なないお

「発達障害」。近年よく耳にする言葉ではないでしょうか。 こんにちは。なないおです。現在、小学5年生の娘、小学3年生の息子を育てているシングルマザー、乳がんを患い治療中。しかし頭の中はパワフルに生きているアラフィフです。 私の子供たちは二人と…

「これ、パパにくれた!」言い間違いは指摘せず、正しく言い換える。発達障害の息子への伝え方 by アマミモヨリ

はじめて話した言葉がママでもブーブーでもなく、「しんかんせん」というのはやっぱり一般的ではなくて。けれども1歳2か月でやっと迎えた発語に、うちの子はゆっくりタイプなんだと納得していました。 前回のエピソード:叱る回数が激減!「ダメ」ではなく…

「撮るよー」と言うと「ギッ」の顔…。姉妹の自然な日常を切り取る方法 by 中島めめ

写真を撮るといってもいろいろな状況がありますが、やはり記念写真の時などは緊張して表情がかたくなってしまう事が多いです。 子供たちもそうですが、親の私たちも同じでどうしても作り笑顔感がにじみ出てしまいます・・・ 前回のエピソード:ごめんね、本…

「責任が取れるのか」「覚悟はあるのか」。ADHDママが第2子妊娠について考えた by 志乃

前回のエピソード:ひとりっ子で寂しいから?4歳娘に“見えないお友達”が!「イマジナリーフレンド」に悩んだ話 by 志乃 子どもに寂しい思いはさせたくない 多少、余裕をなくしてしまったとしても、兄弟がいた方がいいのか。 余裕を大切にし、QOL向上を目指す…

ごめんね、本当にごめん…。言ってはいけないことを言ってしまったあの日のこと by 中島めめ

日々の慌ただしい生活の中で、体調が悪かったり気持ちが落ち込んでいる時など自分に余裕がなくなってしまう事があります。 やるべき事が終わってないのに時間ばかりが過ぎ、誰に急かされるわけでもないのに一人で焦って空回りして・・・。 そんな時に子供た…

これが本物の「ひとり時間」なのか!本当に欲しかったのは、罪悪感や不安のない「身軽な時間」でした byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 我が家の4人の子どもたち、末っ子の来年春の入学を控え、我が家もいよいよ「幼児のいない家」になりつつあります。 今日はそんな我が家の子どもたちがまだ小さかった頃のお話。 前回のエピソード:「ママは笑顔で」と言われ…

「新品だけどけっこうボロいな…」 だんだんやり辛くなる、姉妹のお下がり事情 by 中島めめ

前回のエピソード:「かわいいってほんとうに?」「ちゃんとおかねくださいよ?」ニヒルなおっさん系3歳児の心配事 by 中島めめ こういうのは次女の宿命ですね…。 最近は長女に新しい服を買う時に次女の分だけ買わないでいるとチェックが入るので、結局いつ…

ひとりっ子で寂しいから?4歳娘に“見えないお友達”が!「イマジナリーフレンド」に悩んだ話 by 志乃 

「魔の2歳児」、「悪魔の3歳児」ときて、4歳児は「天使の4歳児」と言われたり「不思議の国の4歳児」と呼ばれたりします。もうすぐ5歳児になる娘はまさしくそうで、天使かつ、不思議な4歳児でした。 前回のエピソード:エンドレスリピート、理不尽ルール..「…

片付けては引っ張り出され…エンドレスお片付けにうんざり!親の気持ちが楽になる発想の転換 by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 前回のエピソード:子どもと一緒にいる時間が辛くて辛くてたまらない。そうだった私が今伝えたいこと いきなりですが、みなさん、子どもがおもちゃを出してきてひとしきり遊んだ後、おもちゃを放置するので、それを仕方なく片…

『成人した未来のお兄ちゃんへ』3歳児を怒鳴ってばかりの育児に悩んで書いた手紙

息子3歳 娘0歳 母32歳 この中で一番成長してないのは… 32歳。 そう思わずにはいられない息子の涙を見てしまった。 息子が誕生日を迎えたその月に、妹が産まれた。 パパは仕事のため、息子がばぁばと一緒に立ち会って手を握ってくれていた。妹が出てき…

脱・プリントの地層!「いつ捨てれば?」を解決する、ママならではのEvernote活用術

毎日幼稚園や保育園、小学校から届く保護者向けの書類。気づけば家のなかにプリントの地層が…なんてこと、ありませんか? そんなときに頼りになるのがデジタルノートです。 今回は、家事、料理、家計簿、子育て、それぞれのテーマで達人25人のノートを紹介…

息子と娘への態度があからさまに違う義父。同じように可愛がってほしい親心

おとなしくて手のかからない2歳の娘に対して、落ち着きがなく手がかかる5歳の息子がいます。そんな2人に対して義父の態度があからさまに違うのが気になっています。2人とも同じように可愛がって欲しいなど義父について感じていることをお伝えします。

2人目不妊

1人目は28歳で自然妊娠 2人目を30台になってから希望してもなかなかできず、婦人科で「排卵障害」と 内服薬・注射・タイミング療法にて、31歳で授かりました その後、2人目が2歳の時に離婚 その2人目も先月6歳 私は38歳になりました 新しいパートナーと出会…

「かわいいってほんとうに?」「ちゃんとおかねくださいよ?」ニヒルなおっさん系3歳児の心配事 by 中島めめ

前回のエピソード:さんざん悩んでやっと決めたのに、またプレゼントを変更!? サンタも焦るクリスマス 次女は漫画の中でもおっさん系などと書いてある通り、落ち着き払って大人のような皮肉なセリフを言ってきたりするのですが、すごーく怖がりな一面もあり…

夫に感謝した瞬間

育児をするまでは、毎日当たり前の様に自分の生活ペースがあって、当然の様に夫がいて、お互いある程度自由に生活していました。 そこへ娘が生まれ、とにかく必死に娘を最優先に育てなければいけなくなりました。 初めてのオムツ替え、初めての授乳、初めて…

上の子はこんな時期に『お兄ちゃん』になったんだ…。下の子が2歳、2人育児を振り返る

うちの兄妹は、2人とも10月産まれ。今年で4歳と2歳。 娘のイヤイヤ期に突入しながらも、バタバタしながら楽しく毎日を過ごしている。 ふと、誕生日が近づく前。 そういえば、上の子はこのタイミングでお兄ちゃんになったんだな、と思った。 息子はとにかく手…

「ママは笑顔で」と言われても…。我慢して無理に笑っていた私が気づいたこと、実践したこと byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 今日は、お母さんのセルフメンテナンスのこと。 前回のエピソード:なぜ眠ってるの?!なぜやってくれないの? 理想の夫と現実の夫、苛立つ私が見ていたのは… byイシゲスズコ 「ママは笑顔で」と言われても… 初めての子供を…

子の悲しみに近づけない日がやって来る。4歳娘の運動会を見て思ったこと by はなこ

少し前の話になるけれど、秋に娘(4歳)の保育園の運動会が開催されたので、今回は、そのときにわたしが親として感じたことについて書いてみようと思う。 前回のエピソード:いつになったら楽になる?育児の「100日戦争」を戦い抜いたわたしを待っていたもの…

4歳の息子が突然言った「ママたちを選んで来たの」。魔法の言葉が今日も私を勇気づける

私には4歳の息子と、0歳の娘がいます。 息子はとにかく甘えん坊で、どちらかというと手の掛かる子です。 やっと、子育てという息子との生活にも慣れてきた頃、娘を授かりました。 娘を妊娠中の話です。 息子の出産から4年も経っていたので、(新生児って…

あれ、青虫ってかわいい…?子育てで価値観が大シャッフル! by 熊野友紀子

子どもに引っ張られて思い出すことや新しくハマることってありませんか。 私はあります。 子どもの頃はけっこう虫好きだったんですが やっぱり離れているうちに忘れてしまって、 子との生活のなかで思い出して、また好きになったもののひとつです。 子どもと…

保育園に通い始めて1か月で集団生活の洗礼を受けた娘。ロタウィルス感染で大慌て!

長女が3歳5か月のときに経験した、痛苦しい思い。ただ見守ることしかできなかった母の、もどかしかった気持ちをお伝えします。

進行してからの発見は、口惜しい。乳がんは早期発見がカギだからこそ検診が大切! by シェリーカトウ

乳がんを年イチの健康診断で見つけてもらって、手術退院後は3ヶ月〜に1回のペースで乳腺外科を検診診察。 ただそれは乳がんの予後を見るのがメインなので、他の健康チェックのため、変わらず年イチ健康診断は行ってます。 前回のエピソード:手術してがんを…

二人目妊娠中、初めての保育園に行きだした頃自閉症が発覚した。

3歳時検診で担当の方と小児科の先生に言われて、大きな病院に行った事で発覚しました。 自閉症スペクトラム。 初めて聞いて戸惑い、でも大丈夫だと勝手に思ってました。 息子は人見知りがあまりなく活発でおしゃべりが大好き。 集中すると周りの声が聞こえ…

3歳の息子が作ったクリスマスケーキ!「ぼくが40歳になっても一緒にお祝いしようね」

3歳を過ぎたころから息子が料理に興味を持つようになっていたので、クリスマスが近づいてきたころ、今年のケーキはお店で買う?それとも作ってみる?と聞いてみたところ、作りたいということで二人三脚のケーキ作りをしました。完成したあとに息子が言ってく…

「ママと赤ちゃんを守っちゃげる!」4人目の宝物が気づかせてくれた、上の子たちの成長

この度めでたく4人目の赤ちゃんを授かる事ができました。 1人目、2人目を若くして産んだので、2人はもう小学生。 もちろん赤ちゃんがやってきてくれた事に大喜びで、毎日「いつ産まれる?まだ産まれんの?」「男の子かな?女の子かな?」と質問責め。 お腹が…

さんざん悩んでやっと決めたのに、またプレゼントを変更!? サンタも焦るクリスマス by 中島めめ

はじめまして、中島めめと申します。 この度「たくあんムスメたち。」というコミックエッセイを出版するにあたり、こちらで本のエピソードをいくつか紹介させていただく事になりました。 どうぞよろしくお願い致します。 毎年クリスマスが近くなると、子供た…

クリスマス目前!『踏んだらイヤなおもちゃ』ランキング。1位は定番のアレ by ちちかわえみぞう

皆様こんにちは。頭に白髪が混じるのはもう慣れたけど、先日鏡を見ていたら「白髪の眉毛」が一本だけ生えているのを発見して震えているちちかわです。 前回のエピソード:全身キャラ物は序の口だった!?男児の驚愕ファッションセンス4選 さて、時の流れは早い…

ノートを使えば頭もスッキリ♪ インスタやブログで大人気の3人のレシピ管理術を大公開!

「家事に追われて、今日も全然時間が足りない!」「また子どもにイライラ。あとになって自己嫌悪……」「毎日似たような料理ばかり作っているみたい」 毎日続くたくさんの「家しごと」。こんなふうにイライラしたり、ときに落ち込んだりすることもありますよね…

エンドレスリピート、理不尽ルール..「子どもとの遊びがツライ!!」を発想の転換で解決 by志乃

義務感からであったり「やらされている」と感じるとストレスに それでなくとも、色々とやりたいことがあって、「遊んでる場合じゃないのに」「…あー、いつまで続くのかなぁコレ…」と、考え事で頭がいっぱい。たまっている洗い物、散らかった部屋、終わりの見…

“サンタさんへ” 楽しみは手紙を書くところから。本場フィンランドのクリスマス

サンタさんの住む国・フィンランドに引っ越し、初めてのクリスマスを迎えようとしていた頃のことです。 職場でふと投函前の郵便物が入った箱を見た時、明らかに社用でない雰囲気の封筒が目にとまりました。子供の字で「サンタクロース 耳山 99999」と書…

手術してがんを摘出しても終わりじゃない!5年、10年生存率に揺れる心 by シェリーカトウ

前回のエピソード:いざ、乳がん手術&乳房再建!感動の再会は嘔吐、そして陣痛並みの激痛の長い夜 乳がんの手術で入院して知ったことはいくつもあるけど、手術してがんを取っても、摘出したがんを分析した病理結果が出ないとどれくらい進んでるかが判明しな…

赤ちゃん返りは「私を見て!」のサイン。兄姉の訴えに、ママも全身で応えてあげたい

6歳離れた弟がいるお兄ちゃん。5歳離れた弟がいるお姉ちゃん。 弟は可愛いけど、パパとママを取られて悲しい。 そんな事を言えず、ただただ、泣きわめき、喧嘩し、意地焼けてばかりいたお兄ちゃんとお姉ちゃんです。 私は「お兄ちゃんなんだから」「お姉ちゃ…

全身キャラ物は序の口だった!?男児の驚愕ファッションセンス4選 by ちちかわえみぞう

皆さんこんにちは、美容院では前に雑誌どころか「やせるヨガの本」を置かれるちちかわです。 前回の記事で、うちの子が自分で選んだコーディネートを紹介しましたがそちらは主に娘の話だったので、引き続き今回は男児バージョンをご紹介いたします。 前回のエ…

「ママをいじめるなー!」保育園のお迎えがいつもギリギリな理由、娘は知っていました

娘が4歳の時の話です。 娘を産んですぐシングルマザーになった私は実家暮らし。3歳から娘も保育園に通っていました。 正社員で働かせていただいていた私は毎日クタクタで、それでも娘の顔をみると頑張れていました。 毎日保育園のお迎えも時間ギリギリになり…

いざ、乳がん手術&乳房再建!感動の再会は嘔吐、そして陣痛並みの激痛の長い夜 by シェリーカトウ

乳がんと分かり、しかも検査の結果、乳房部分摘出じゃなくて全摘出です、となった時のこと。 かかっていた先生が「形成外科と連動して乳がんの全摘手術の後そのまま再建手術もできますよ」と提案してくれてくれました。 前回のエピソード:私、乳がんでした…

私だけ子育てを楽しめていない…。暗く沈んだ心に差した光、育児仲間と娘の成長

細心の注意を払いながら体に気をつけて、毎回毎回の妊婦検診で喜びを感じながらも、日に日に大きくなっていくお腹とともに、不安も徐々に大きくなっていく中、 「産めさえすれば、幸せ」 だと心のどこかでずっとそう思っていた。 もちろん頭ではそんなに甘く…

BBAのパンツがあわや丸見えに!変態兄弟vs母の決死の攻防戦 byちゅいたんママ

やんちゃ3兄弟との育児生活をつづっているブログ「Kosodatefulな毎日」。 書籍発売を記念して、著者のちゅいたんママさんとこちらに出張掲載させていただきました^^(KADOKAWA編集部) 前回エピソード:なんで今やねんっ!!母を泣かせる、最悪なタイミン…

柄on柄、総水玉、季節感なし・・・小学生女子の珍妙コーディネート集 by ちちかわえみぞう

皆さんこんにちは、最近美容院にて高級育毛剤をオススメされたちちかわです。 一気に寒くなったかと思えば、意外と暑い日もあったりして、子供の服装も何を着せたらいいのか困ってしまう季節ですが、どうせなら季節感のあるおしゃれを楽しみたいですよね。 …

怒鳴るより、「無言」の方が効果アリ?子どもへの声かけの理想と限界 by うだひろえ

前回エピソード:0歳期、私たちはただ祈った「寝ててくれ」と…。涙の子連れ外食クロニカル(年代記) by うだひろえ 育児本なんかを読みますと、よく書かれているのが、「ネガティブな言葉はNG!ポジティブな言葉がけを心がけて!」ということ。 うん、そう…

私、乳がんでした。きっつい組織検査から告知までの、心中ジェットコースターの日々 by シェリーカトウ

前回のエピソード:それって乳がん?乳腺症で再検査、初めてのマンモグラフィーの痛さは… 健康診断で乳腺症の疑いあり、 要再検査E判定をもらい再検査のため病院へ。 乳がん検査といえばマンモグラフィがよく取り上げられるけど、疑わしい組織を直接採って調…

私が「怒るお手本」だった…? 2歳の息子との約束、「ゆびきりげんまん」は魔法の言葉

魔の2歳児と言われ始めた頃から、まさに毎日「どうしたらいいんだろう…。」と、悩み、自分を責める毎日が始まりました。 その頃、主人の仕事はホテルの料理人。早朝から深夜までの長時間労働。 しかも引っ越してきたばかりで親も親戚も、そして友達すらもい…

落ち着きがない息子が発表会で見せた意外な姿。育児に悩んでいる間にも、子供は成長してるんだ

子供は誰でも落ち着きがないもの。そう分かってはいても、私の息子は度合いが違います。テレビを見るときも座っているときも絶えず体を動かすのです。このまま幼稚園へ入園して大丈夫なのかと心配するほど。そんな息子が幼稚園へ入園し、発表会を見に行った…

三人揃って緑色…!? ペットボトルの飲み物でも、かき氷のあの現象が! by ちちかわえみぞう

皆様こんにちは、ちちかわです。 今回は、前のテーマ「食べこぼし」の記事に入り切らなかった小ネタを、番外編として4コママンガにしてみました。 前回のエピソード:乳幼児の食事あるある!?悲惨な食べこぼしランキングベスト5! 緑色の炭酸飲料。 砂糖の量…

「おかあさ~ん!」あれこれ訴えてくる子が一番求めていること 〜あいづちとオウム返しで「聴く」〜 by イシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 今回は、子供との会話のお話。 前回のエピソード:なぜ眠ってるの?!なぜやってくれないの? 理想の夫と現実の夫、苛立つ私が見ていたのは… byイシゲスズコ 「おかあさ〜〜〜〜ん!」 兄弟げんか、学校での嫌なこと…「おか…

それって乳がん?乳腺症で再検査、初めてのマンモグラフィーの痛さは… by シェリーカトウ

年に一回の健康診断はずっと受けていたけど、正直「はい!これから1年、次の検診まで大丈夫!」のパスをもらうためで、病気が見つかるとか、体質改善命令とか、何かNGなことが来るなんて、ぜ〜んぜん思ってなかった。 ずっとオールAだったし、 検診結果にお…

子どもと私で風邪のリレー。病院通いのある日、診療後に「頑張ったね」と声をかけると…

3歳と1歳の子供がいます。主人と私の4人暮らしで、両親は近くに住んでいません。 下の子が1歳になったので、仕事を再開しました。 すると…すぐに二人とも仲良く風邪を引き、私も子供から風邪をもらい、小児科と耳鼻科に通う事に…。 関連記事:「復職直後に高…

好物は「野菜がひとつも入ってない」メニュー。超偏食・野菜嫌い王vs母の食事バトル by ちゅいたんママ

やんちゃ3兄弟との育児生活をつづっているブログ「Kosodatefulな毎日」。 書籍発売を記念して、著者のちゅいたんママさんとこちらに出張掲載させていただきました^^(KADOKAWA編集部) 前回記事:「ママが死ぬほど好きすぎる…」「ママって世界一かわいい」…

0歳期、私たちはただ祈った「寝ててくれ」と…。涙の子連れ外食クロニカル(年代記) by うだひろえ

前回エピソード:兄妹の「できる・できない」の見える化で、子&パパの攻略魂に火をつけろ!by うだひろえ 子連れ外食クロニクル(年代記)……それは親となった者たちのエレジー(哀歌)。 0歳代 おもちゃなどを駆使しても稼げる時間は一時。 ならばと抱っこで歩…

ママがインフルエンザで初ダウン!そんな時、亭主関白夫と4歳の息子はどう出るのか?

10年以上ぶりに私がインフルエンザにかかり、結婚後初めてダウンしてしまいました。丸1日寝込み、家の中がめちゃくちゃになっていると思いきや、家のことは何一つできない亭主関白夫と4歳の息子が協力して家事をしてくれていました。

「ぼくじゃないよ」ハサミでぬいぐるみをチョキーン!3歳児のバレバレの嘘

息子は好奇心旺盛なので、目の前にあるものはすぐにやってみるタイプです。そして、よくしゃべります。3歳になった頃からハサミを使うのが好きで、上の子と使っていました。まだ小さい手で勢いよくチョキチョキするので、紙を持っている手を切ってしまいそう…