ゼクシィBaby みんなの体験記


NO睡眠、NON STOP フル稼働!母泣かせな、超低燃費・体力おばけ怪獣 by まつざきしおり

こんにちは、まつざきしおりです。瀬戸内海の小さな島に住む、マンガ家母ちゃんです。 この度育児グラフィティ『3才児みーたんは容赦しない』(KADOKAWA)が発売されました!「いや、育児グラフィティって何やねん。どんな本やねん!?」ということで、数回…

なんで私が!? 驚くほど負の感情が沸いてきた「上の子かわいくない症候群」 by 今じんこ 

今までかわいくて仕方なかったのに、第二子が 生まれてから上の子がかわいいと思えない…「上の子かわいくない症候群」になってしまった時の話です。 関連記事:前例のない育休申請を社長が断固拒否!諦めずに戦ってよかったと感じた理由 by 今じんこ 第二子…

お気の毒…。娘ラブなパパに容赦ない塩対応の娘 by まつざきしおり

こんにちは、まつざきしおりです。瀬戸内海の小さな島に住む、マンガ家母ちゃんです。この度育児グラフィティ『3才児みーたんは容赦しない』(KADOKAWA)が発売されました!「いや、育児グラフィティって何やねん。どんな本やねん!?」ということで、数回…

こんなんあったら、イヤイヤ期でも頑張れるかも。妄想育児グッズ3選 by まつざきしおり

こんにちは、まつざきしおりです。瀬戸内海の小さな島に住む、マンガ家母ちゃんです。 この度育児グラフィティ『3才児みーたんは容赦しない』(KADOKAWA)が発売されました!「いや、育児グラフィティって何やねん。どんな本やねん!?」ということで、数回…

「幼稚園に行きたくない」と訴える理由は?嫌だったことを吐き出せる環境の大切さ by ぴよととなつき

今年の春、長男は年中クラスに進級し次男は同じ幼稚園のプレクラスに入園しました 長男が幼稚園に通い始めた頃は、毎朝起きてきて制服を蹴飛ばし幼稚園に行きたくないとうずくまり…何とか幼稚園に連れて行っても「お母さん帰らないで」と泣き叫ぶ毎日。笑顔…

化粧中に鏡に映る母と娘の違いに愕然!? 女子力溢れるキラキラの3才児  by まつざきしおり

こんにちは、まつざきしおりです。瀬戸内海の小さな島に住む、マンガ家母ちゃんです。 この度育児グラフィティ『3才児みーたんは容赦しない』(KADOKAWA)が発売されました!「いや、育児グラフィティって何やねん。どんな本やねん!?」ということで、数回…

会話の輪にうまく入れないとき。組み合わせの問題、と考えてみる by とけいまわり

小学校から次女が帰って来ると、浮かない顔をしていました。 「どうしたん」と聞くと、「お友達と3人で帰ってきたんだけど、そのうちの2人で盛り上がったりして、そこに入れなくて一緒に歩いてるのつまんなかった」と。 ああ、それは私も経験がある…3人でい…

〇〇は何色?今何時?1日に何度も繰り返される3歳娘からの質問。どう答えればいいのか… by ヤマモト

子どもには、なになに期(なぜなぜ期)があるという話を聞いたことがあります。身の周りの様々なことに対して「これ何?」「なんで?」と聞いてくる…と。 娘の場合は少し違って、3歳に近くなった現在、「何色?」「今何時?」とよく聞いてきます。 前回エピ…

え?ぶたたぬきさんって私のことー!? 3才児は容赦しない! by まつざきしおり

こんにちは、まつざきしおりです。瀬戸内海の小さな島に住む、マンガ家母ちゃんです。 この度育児グラフィティ『3才児みーたんは容赦しない』(KADOKAWA)が発売されました! 「いや、育児グラフィティって何やねん。どんな本やねん!?」ということで、数…

夫と義父の絵本の読み方がそっくり!無意識にあらわれた親の育児 by 内野こめこ

子供に絵本を読み聞かせているときの読み方って、人によってそれぞれ違いがありますよね。 支援センターや図書館などで他のお母さんが読んでいるのを横から聞いていると感情をこめた読み方だったり、ゆっくり優しくて温かい声だったりで素敵なお母さんなんだ…

親の時間的コストも気になる“習い事”。わたしが英会話を選んだ理由 by うだひろえ

前回エピソード:母乳信仰、3歳児神話、手抜き禁止…。次世代に残したくない「育児の呪い」をお焚き上げ! by うだひろえ 幼児教育、ならいごと。今は本当にいろんなものがあって、悩ましいです。 上の子が年長さんになると、あの子は何を習ってる、あの子は…

幼児&乳幼児とのおでかけ。数々の失敗から学んで行き着いたリュックの中身 by マルサイ

毎朝三男を公園脇のバス停まで見送りに行きます。早い時間の公園は誰もいないのでいつも貸切状態で遊びながらバスを待っています。 ところが先日は珍しく先客がいました。抱っこ紐に赤ちゃんを抱えたお母さんと2歳~3歳くらいの男の子です。お母さんは男の子…

家でも電車内でも大人数でもできる!子どもが喜ぶ「サンドイッチごっこ」遊び by ヤマモト

最近よくやっている遊びについてご紹介したいと思います。 その名も「サンドイッチごっこ」!! 母がパンとなって、具である娘を挟みサンドイッチを作るという簡単な遊びです。 前回エピソード:熱中するとテレビに近づきすぎてしまう娘。ひと工夫&声がけを…

ひとりで穴を掘る娘と、ママ友がいない私の“ちょうどよさ” by とけいまわり

長女が小さい頃、保育園のお迎えに行くと、一人で地面に穴を掘っているのをよく見ました。 周りの子ども達が手をつないで走り回っていたり、一緒に滑り台で遊んだりしている声が聞こえると、長女が今どんな気持ちで穴を掘っているのかと思い、胸がキューっと…

成長にともない注射への反応も徐々に変化。一番大変だったのは4歳だった… by 内野こめこ

受けられる予防接種は定期も任意も今のところ受けてきている我が家。 1歳前半で予防接種ラッシュは終わり、そうたびたび注射を打つわけでもなくなりましたが、なされるがままだった0、1歳代とその後では成長に伴い予防接種への反応も変わっていきました……

子どもが泣き止まず困っていた私を何度も救ってくれた“魔法使いさん”。次は私の番ー by うだひろえ

前回エピソード:裁いても裁いても改善されない兄妹喧嘩。必要なことは、ジャッジよりもチェンジ by うだひろえ 送迎の時や、公園や、スーパーなど、外で、子どもがギャン泣きして。泣きやませようとあれこれするものの、万策尽きて、途方に暮れている時。た…

地獄のようだった歯磨きタイムが超快適に!歯磨きイヤイヤ期の救世主あらわる by マルサイ

子どもの歯磨きタイムが憂鬱だった時代があります。どうにもこうにも歯磨きをさせない長男の、「歯磨きイヤイヤ期」です。 毎日プロレス状態で、羽交い締めにしてギャンギャン泣かせながらの歯磨きでした。あんたも辛いけどあたしだってつらいのよ!と、お互…

辛抱強くタイミングを待ち続け、ついに来た!オムツが外れるのは「今だ!」と直感した瞬間 by マルサイ

これまで三男のトイレトレーニングについて数回にわたりレポしてきましたが、この度三男のオムツが完全に外れたことをここに宣言しますっ! 前回エピソード:その日は突然やってきたー長男のオムツが一瞬ではずれた出来事 by マルサイ 共に励まし合い戦って…

患者の顔を見るなり即、注射。傷薬はよだれ…。奇想天外な我が家のお医者さんごっこ by もものしか

こんにちわ、もものしかです。 縄跳び、人形遊び、お絵かき…皆様のお子様は、どんな遊びが好きですか? 我が家の息子タローとジローは、2人とも“ごっこ遊び”が大好きです。毎日毎日飽きることなく、幼稚園の先生、お母さん、お寿司屋さん、服屋さん…暇さえあ…

その日は突然やってきたー長男のオムツが一瞬ではずれた出来事 by マルサイ

三男がもうすぐ3歳を迎えます。3歳というと、長男も次男もオムツが外れた年齢。何とか3歳までには…!と悪戦苦闘していた上の2人ですが、意外にもその日はあっという間にやってきました。 3歳の誕生日を目前に控えた長男の、オムツが外れた瞬間のエピソードで…

遊びに夢中の子をトイレに行かせたい!男児心をくすぐる「怪獣退治大作戦」 by ぴよととなつき

次男は現在2歳6ヶ月。そろそろオムツを外そうかなと思ったのは2歳になるちょっと前のことでした。 この時期次男はオシッコを教えてくれるようになっていました。しかし、テレビを観ていたりおもちゃで遊んでいるとオシッコを教えてくれるのが遅れてしまいち…

電車でスマホをぼーっと見られるなんて!ママ1人のお出かけの身軽さにびっくり! by チカ母

娘が生まれてから、はじめて私ひとりで遊びに行ったときの話です。自分ひとりだけだと、こんなに身軽で自由なのか!と、衝撃を受けることの連続でした。なにより驚いたのが、会話のスムーズさと盛り上がり方の違いでした。いつもならこんなふうに、途中で会…

転んで泣き続ける長男を救急車で搬送!? まさかの事態と痛すぎる代償  by ぴよととなつき

この時期になると思い出す我が家の事件があります…それは「長男が救急車で病院に搬送事件」です。 私はこれまで大きな病気や怪我もなく生きてきたので、救急車に乗るのはこの時初めてでした。 前回エピソード:現役保育士直伝!転んだ後のグズグズ泣きにきく…

ガミガミ怒ってばかりの子育てを変えたい!夫婦で始めた“育児部”ミーティング by マルサイ

長男の2~3歳時代、私は怒ってばかりの母親でした。 自我と自立心に加え好奇心と探究心まで芽生え始めた当時の長男は、何にでも手を出してしょっちゅう大惨事を招いていました。 家事と次男(乳児)のお世話を同時進行でやらなくてはならないうえに余計な仕…

赤ちゃんがいるけどツリーを飾りたい!手軽な材料で子どもと作れる“壁掛けツリー” by 内野こめこ

クリスマスリースなど高いところに飾れるものは飾ったんですが、やはりクリスマスツリーがあったほうがいいとの長男の仰せ。 しかし次男がちょうどあちこち引き出しを出したりする時期なので…普通のクリスマスツリーを床置きで飾ったら大変なことになりそう…

現役保育士直伝!転んだ後のグズグズ泣きにきく、「いたいいたいおにぎり」 by ぴよととなつき

子どもが転んで泣いている時。泣いた子の気を紛らわせるのに使う「いたいいたいのとんでけ」というおまじないは有名ですよね! 子どもたちは転んだ時の痛みや驚きを大人が理解してくれたことに安心し、おまじないを使って痛いのを治そうとする姿を見て落ち着…

私、ちゃんと「大変」だったんだ…!息子に“グレーゾーン”の診断が下り、溢れてきた涙 by ナナハル

ようやく迎えた3歳児健診!・・・・心理士さんによるカウセリング!! 前回エピソード:発語の遅れ、こだわりの強さ、人一倍激しい癇癪…。息子はまわりの子と少し違う…? by ナナハル 心理士さんと少し話をしたのち息子の「テスト」が始まりました。 私はあ…

育児グッズじゃないけど強くオススメしたい!乳幼児ママの強い味方○○バッグ by ぴよととなつき

世の中には便利な育児グッズがたくさんあります。ネットで「育児グッズ」で検索すれば、アイデアの詰まった素敵な商品がたくさん見つかります。 しかし…!!! 育児グッズというカテゴリーに入っていなくとも、子育てママの強い味方となり得るアイテムはたく…

発語の遅れ、こだわりの強さ、人一倍激しい癇癪…。息子はまわりの子と少し違う…? by ナナハル

こちらではまだ10ヶ月~1歳あたりのことをかいていますが、今現在息子は3歳になりまして、いろいろな意味で待ちに待った3歳児健診に行ってまいりました! 前回エピソード:「なんで大変だったねの一言が言えないの?」夫に聞くと意外な答えが。男脳と女…

家にいるより教習所がいい!? 乳幼児育児中の運転免許取得は大正解! by 山本みつ湖

初めまして。山本みつ湖と申します。みんなの体験記にて記事を書かせていただくことになりました。 我が家の子どもたちはだいぶ大きいので、赤ちゃん時代の遠い記憶をなんとか呼び戻して描いていけたらなと思っています、どうぞ宜しくお願いします。 今回は…

ママはお腹が痛いから…。3歳のお兄ちゃんが見せてくれた優しい気遣いと成長

痛いからぎゅうはしないの… 今年、念願の第二子を出産。3歳の長男が緊急帝王切開だったのでふたりめの長女も帝王切開で出産になりました。 予定帝王切開なので手術日の前日から8泊9日の入院。私の唯一の不安はいつも一緒に寝ていた長男のことです。 手伝いに…

まるでハーレムのようにモテモテ?子ども好きのパパが保育園の送迎にいったら… by たきれい

こんにちは。たきれいです。『保育園児くもくんの連絡帳』書籍化企画、最終回の第4弾です!今日は、<パパ・ママとくも編>を紹介をさせていただきます^^ 前回エピソード:陣痛の痛みがないまま分娩室で夫とふたり。やることがないので…とりあえず、寝て…

300回くらい同じことを言い続けた甲斐がやっと…!「3歳過ぎたら理解する!」は本当だった! by チカ母

去年の10月に掲載された記事 の中で“散歩中や買い物中に出会うおばちゃんたちから、「今は叱ったって言うこと聞かないけど、三歳過ぎるとわかるようになるから。」という内容のことを言われていました。”と、書いてあったのを皆さま覚えていますでしょうか?…

「冬眠ごっこ」で5分間爆睡!? 工夫満載!産後母&3歳児との濃密な家遊び、あれこれ by マルサイ

前回エピソード:3人育児は想像以上に大変!「ホコリじゃ死なない」の言葉に救われた、三男の新生児時代 by マルサイ 三男が生まれた時、次男は3歳で入園前でした。 出産前後は週一で一時保育に預けていましたが、その他の日は生後間もない三男の生活に付き…

手作りグッズの品質向上が止まらない…。「手作りは母の愛情」ってこういうこと? by 熊野友紀子

手作りは愛情、みたいな説があまりピンとこなくてぼんやりスルーしてたんですが、 縫い物始めたら止まらなくて人んちの分まで縫い上げる友人や変身グッズの生産をはじめたら止まらなくてだんだん品質が向上していく自分のことを考えると なるほど対象への情…

「つーか、オマエだれ?」ママが何かわからん小さい奴を連れて帰ってきた!3歳児の衝撃 by ヒビユウ

入院生活を終え、家に帰ってきたムスメとわたし。 前回エピソード:ウキウキの入院生活のはずが…こんなに落ち着かないなんて!? 二人目お産入院の誤算 by ヒビユウ ムスコは、わたしが戻ってきて嬉しそうな反面イヤイヤが悪化。そしてウワサには聞いていたヤ…

絵本を読むのは何のため?しがらみを捨てたら世界がかわった絵本時間 by tomekko

こんにちは。Tomekkoです。 前回は長男に英語の超早期教育を独自にやろうとしてあえなく失敗したという、誰の役にも立たなそうな内容でしたが、今回は少しはお役に立てるかも? 前回エピソード:生真面目女の初めて育児。「無駄にバイリンガルな子を目指す」…

知りたいのは「WHY?」の先の答えじゃない。「子育ての理想」に近づくためのキーワード by うだひろえ

前回エピソード:怒っても伝わらないんじゃ意味がない!イライラの感情が爆発した後にできること by うだひろえ 『理想』って、本来ステキなモノのはずなのに、子育てしてると、なんでか苦しめられるんですよね。 いつも笑顔のお母さん。優しくて寛大で時に…

いてくれるだけで、ありがたい。家族関係をまるくする娘の力  by つかさちずる

3歳になり2歳のイヤイヤ期とはまた違った感じで拒否や自己主張の爆発を日々起こしています。親子ケンカのような衝突が続きぐったりしているところ(私が)なので、あえて今回は娘がいてよかったと思う瞬間をお話します 娘の存在のありがたいところを思い出し…

寝ぼけている…とわかっていても、娘と一緒に寝られて「切な嬉しい」パパの想い by あおむろ

子どもが3歳になりました。 我が子は女の子で、遅かれ早かれ思春期には「お父さん大嫌い!」となることは覚悟していたのですが、最近どうも私に対する風当たりが強いのです……。 お母さんに甘えたい気持ちは分かるんです… 分かる… 大いに分かる…… だけど切ね…

3歳なのに、プレ幼稚園なのに? いつもどこでも「ママと一緒に!」の息子に焦りが爆発

赤ちゃんの頃からママにべったりだった息子。 2歳になってもそれは変わらず、児童館でも常に私の半径1メートル以内で遊んでいるような子でした。 そんな息子も3歳を目前に幼稚園のプレに通うことに。 息子の通うプレは親子同伴です。なんとなく予想はしてい…

だから子育てはおもしろい!ママ歴3年目でも「新米ママ」感が抜けないわたし by 園田花ヨウ

子供が生まれてすぐ辺りは「今はこんなでもだんだんと子育てに慣れていくんだろう…そして家事にも余裕が出てくるんだろう」と思っていました。 前回エピソード:ママが楽をするって大事!「お惣菜を買うこと」がもたらした5つのメリット by園田花ヨウ そし…

「抱っこ、ちて」「オッパイちょーだい」息子3歳、遅れてやってきた赤ちゃん帰り by フクミー

下の子が生まれて、上の子のあからさまな赤ちゃん返りはありませんでした。 ”赤ちゃん返りしない子もいるんだなぁ”くらいにしか思ってはいませんでしたが、それは息子が三歳の頃、下の子の生後一年で、遅れてやってきたのです…。 前回のエピソード:あの頃の…

私も仕事を始めたのに、夫は家事も育児もノータッチ。何かひとつでいいから手伝って!

専業主婦だった私は、家事も育児も基本的には全て1人で担ってきました。しかしフリーランスとして仕事を始めるにあたり、家事が行き詰まるように。そこで夫に家事分担を提案しましたが、夫は非協力的です。それでもなんとか夫が担当する家事を、1つだけ増や…

時短勤務に冷たい職場。精神的に追い詰められ、退職することを選びました

仕事と育児の両立は難しいもの。両者の狭間でストレスを抱え、ママが病気になってしまうことだってあるんです。こうして泣く泣く仕事を辞めたママの体験記をご紹介します。

半年ぶりに通う幼稚園。帰りのバスに子どもが乗っていないハプニング!

仕事の都合で子どもに幼稚園を休園させていましたが、半年後再び通うことになりました。しかしまだ2、3歳だったためあまり幼稚園のことは覚えておらず、そのような状況で行った幼稚園初日のハプニングです。

3歳の長男が突然夜泣きするように!赤ちゃん返り中の長男が望んでいたこととは?

長男の赤ちゃん返りに慣れてきた頃、夜泣きが始まりました。ある日の夜に突然、背中をトントンして欲しいと要求してきた長男。私は今まで長男に寝かしつけをしたことがありませんでした。長男がいかに我慢をしてきたか、ストレスを溜めているか…長男の心情に…

「ウチの子におもちゃを貸さなかったのが悪い!」ケガをさせられたのに悪者扱い。まさかの保育園トラブル

保育園に預けている以上、子ども同士のトラブルは避けられません。特に、子どもがケガをしてしまった場合、お互いの親はどのような対応を取るべきか難しいものです。そんな時、相手の母親に言われた心無い一言に涙してしまった体験記です。

「添加物まみれじゃん」他人の食事にまで口出し!オーガニックマニアのママ友にうんざり

長女が3歳頃のこと。ちょっと遠出したい気分になり、普段は行かない隣町の児童館まで足を運んでみました。 娘は初めて見るおもちゃに大はしゃぎ。そこにはちょうど娘と同じくらいの年齢の子が5人ほど遊んでいました。 そのママたちが輪になっておしゃべりし…

もっと早く受診すればよかった!小さな体にできた大量の「水いぼ」。ピンセットで容赦なく潰され親子で大泣き

長男が3歳になったある日、体に水いぼができていることに気がつきました。皮膚科に連れて行くと、全ての水いぼを摘除する必要があると言われ…。必要なこととはいえ、痛々しい処置に長男も私も涙。摘除した水いぼの数は108個にも及んだのでした…。