読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


夫のいないゴールデンウィーク。2歳の息子とはじめての一泊旅行へ!

小さい子どもがいると、大型連休も一日一日をどう過ごすか、頭を悩ます母親でいっぱいだと思います。私自身も子どもが二歳の頃、約1週間もあるゴールデンウィークに何をしようかというのが悩みの種でした。 というのも、夫は土日祝日が勤務の仕事なので、ゴ…

最悪の状態で逃げ出さないために…。心の余裕を取り戻す「逃げアラーム&カード」 by うだひろえ

前回エピソード:ママの最重要ミッションを朝イチにクリア!「ラブラブ起こし」のすすめ by うだひろえ 私だって、最初から余裕がないわけじゃないんです。心の余裕ゲージ、前日までの疲れを引きずってることもありますけど、大体の朝は、満タンなんです。 …

レントゲンでも見つけにくい幼児の骨折。大丈夫と言われたけど母の勘はやっぱり当たる!

ひとくちに「骨折」と言っても、幼児の骨はまだ軟らかく大人の骨折とは少し異なります。そのため、レントゲンを撮っても見落とされてしまうことがあります。私の息子がまさにそうでした。 私には息子が2人います。 下の子はお兄ちゃんを見ているので、「お兄…

やんちゃ盛り2歳児といざ出陣!さてどうなる?ゴールド免許更新への道(…出発前から試練あり) by ゆむい

運転免許保有歴9年、 無事故無違反でも 妊娠中の特別処置制度「更新期限前の更新手続き」により、 ブルー免許のままだった私。(詳細は前回エピソード参照) 先日、ついに「金色」と記載された更新通知ハガキが届きました。 前回エピソード:無事故無違反で…

一歩ずつ兄ちゃんに

2歳4ヶ月差で2人目が誕生しました。兄ちゃんもまだ2歳なので自分で出来る事も限られ、突然現れた妹に、戸惑う毎日。徐々に妹の存在を受け入れつつ葛藤する日々でした。 1番嫌だったのが、授乳中。 ある日突然、自分もおっぱいを吸いたいとついに口にしました…

セックスレス?

実は、妊娠8カ月くらいまでは、ちょこちょこエッチもしてた。 でも、産後、まぁ1歳になるくらいまでは、あまりお互い余裕もなくて、2カ月や3か月に1度となってしまい。。 やっと落ち着いてきたかな?って2歳すぎ。 私が仲良くしたいタイミング、夫が仲良くし…

二度の熱性痙攣

初めての子供は男の子。 両方の両親は協力出来る状態ではなかったため(私の母は癌治療中)、慣れない土地で夫婦二人三脚で歩んできました。 幸いとても元気に育ち、私の母乳も2歳になる現在までトラブルなく吹き出す状態であったため、息子もママがいれば安…

初めての子の成長が...。

3歳、1歳、0歳の3人の母親をしています。 初めての子供。もうすぐ4歳の長男の話を。 大きく産まれて大きく育ってはくれたけど、それ以外は、背中スイッチが常に作動していて、手のかかるでした。 そんな長男。周りの同い年の子供たちがお話しできる様になる…

「保活」が厳しい時にはこんな手も。幼稚園の『満三歳児クラス』に通うという選択

私が今住んでいるところは、都会に住む友人たちのように、 「保育園30園申し込んだ。だけど全部ダメだった」 というほどではないですが(そもそもうちの周りにはそんなに保育園の数はないですし)、数が少ないのもあってそれなりに保育園は入りづらいです。 …

帝切だけどたくさん子どもを産みたい

現在2歳と0歳3ヶ月の2人の子どもがいます。 幼い頃から子どもはたくさん欲しいと思っていました。しかし、1人目が逆子で逆子体操や外回転術をしましたが治らず帝王切開…。 帝王切開は2、3人しか産めないと聞いていたためショックでした。 2人目は逆子…

2歳の娘の食事事情

もうすぐ3歳になる娘。 昔は野菜なども沢山食べてくれたのに今は嫌々が激しく米は白米、味噌汁はなめこのみ、野菜はトマトと大根くらいしか好んで食べてくれません。 炭水化物は大好きで、白米の他うどん、パン、パスタは食べてくれますが、それに何か野菜を…

5月は半袖、梅雨には長袖。サイズアウト分は…? 子ども服の衣替えはてんやわんや

子どもの衣替えって難しい! そう感じているママは多いはず。 我が家は8月生まれの女の子。成長が早いベビー期は、衣替えもなにもない。 生まれたてのバブバブ時の夏と、1才になった頃の夏では、全く着られるものが違うのは当然ですね。 ベビー期ほど劇的な…

悪い夢から息子が戻ってこない…? 毎晩、見守る側も恐怖だった「夜驚症」

息子は生まれて一週間弱から、夜ほとんど寝ない子でした。 寝かしつけてもすぐに泣いて起き、おっぱいをあげて寝かしつけ、またすぐに起き、時には吐いて、寝てはまたすぐ起きて泣いて…。 断乳をした1歳4カ月頃まで、そんな夜泣きは続きました。本当に、今考…

好奇心いっぱい! 子どもの「自分でやりたい」は、心ゆくまでやらせて見守りたい

2歳の我が子。成長するにつれて、やりたいこと、やれることがいろいろと増えてきました。 でも、まだ2歳なのでできること、できないこと、やろうという気持ちと行動が伴わないことなど多々あります。だけど、本人はいろいろとやってみたくてしかたがないとい…

やっと寝た…その時、響き渡るドアの音! 絶妙すぎる夫の帰宅タイミングにツッコみたい

育児を始めてから、予想以上に意識するようになったことがあります。 それは、夫の帰宅タイミング。 子どもができる前は、夫婦ともに忙しく働いていたので、家事はゆるい分担制でした。 帰宅時間=「ごはんどうする?」という問題だけだったあの頃……今思うと…

しつけが悪いと責められ、娘を責め続けた2年間、それは精神的虐待でした by なないお

こんにちは。なないおです。 前回まで娘の多動エピソードを書いてきましたが、今回は発達障害の診断にたどりつくまでの道のりのお話です。 前回のエピソード:「育てにくさを感じますか?」 子育てはみんな大変!そう信じて 気付かなかった娘の発達障害 by …

「うちの子可愛いいぃぃぃぃ!!!」産まれてから180度変わった、子どもの価値観 by チカ母

今では、娘にメロメロデレデレの親バカ丸出しお母さんですが 若い頃は、子どもに全っっっっ然!興味がありませんでした。 前回エピソード:思い返せば「過労」以外の何物でもない!新生児期の異常な生活を振り返る by チカ母 嫌いというわけではないのですが…

女の子らしいってなんだろう?知らず知らずに女の子らしさを押し付けてないだろうか byつかさちずる

こんにちは、ちずるです。 前回のエピソード:同じ悩みを共有できる「一人目をお世話するママさん」に会える場所。SNSに救われた私 娘が保育所へ通うようになってから1年がたちました。元気に通園していますが連休明けはたまに嫌がってます。今回は私が保育…

ママの最重要ミッションを朝イチにクリア!「ラブラブ起こし」のすすめ by うだひろえ

「ママはあなたのことが大好きだよ」 そう伝えることで、子どもは安心し、いわゆる「自己肯定感」を持ち、自信を持って社会に出ていけるようになる……。 特に、寝る前に、一緒にお布団に入って、ギュッと抱っこしながら、そんな愛情溢れる言葉をかけると、い…

「誰かに頼る姿」を親が見せてあげること。子どもの今のためにも、将来のためにも

育休が終わり仕事復帰しましたが、こんなに大変だとは思いもしなかったです。 保育園は皆共働きなので、皆平等に大変なはずで、私だけができないないなんてことはないと思い、毎日必死でした。 10ヶ月から預けだし、すぐに病気をして2回の入院。 仕事も主人…

私「育児グッズが欲しい」、夫「いらんやろ」と即却下。モヤモヤが溜まった私が夫に送った反撃メール by 園田花ヨウ

前回エピソード:子どもの好き嫌いが多い=ダメなママ?子どもの味覚について思うこと by 園田花ヨウ 私に必要だったのは、思っていることを夫に冷静に伝える事でした。 子供が生まれるという事はどんどん先々でお金が必要になるので節約はもちろん我が家に…

2度目の流産に涙する私の頭を、そっと撫でた小さな手。2歳の長女が支えてくれた

一人目を出産し、当たり前の様に二人目も授かるだろうと思っていたところ、2度も流産。 流産は他人事の様に感じていたのに、まさか自分が?という感じでした。 2度目は手術が必要とのことで、悲しみと絶望感、そして2度も..という、赤ちゃんへの罪悪感で押し…

ママが唯一、自由に動ける時間。子どものお昼寝時間を死守するための工夫あれこれ

我が子2歳。昼寝をしてほしいのになかなか寝てくれず、大変になってきました。 新生児の頃は午前も午後も何時間か寝てくれたので、私も一緒に昼寝をしたり、家事を進めるなど、少しは自分の時間があったように思います。 しかし月齢や年齢があがって、子ど…

呼んでもお母さんは来ない…娘に悲しい思いをさせないために、母は誓う! by チカ母

すぐに娘の寝ている布団に潜り込み 「お母さんいるよー、大丈夫だよー。」 と、声をかけるとすぐに寝息をたて始めたのですが ふと、こんなことを考えてしまいました。 前回エピソード:え?記憶と違う!? 思い出のつまった素敵な森は…母となった今、ホラーな…

子どもの好き嫌いが多い=ダメなママ?子どもの味覚について思うこと by 園田花ヨウ

子育てしていると何にでもそうなんですが、上手くいかないことが続くとだんだんと、「自分が悪い…?」みたいな思考に行きつくことがあります。 前回エピソード:だから子育てはおもしろい!ママ歴3年目でも「新米ママ」感が抜けないわたし by 園田花ヨウ ま…

集団行動になじめず、お遊戯会に参加できない息子・・・私の胸をえぐった先生の言葉

はじめまして。 保育園に通う3歳の息子を育てています。 息子の通う保育園は人気が高いと評判の園で、見学に行った時も先生達がちゃきちゃきしていて、なんだか頼もしいなという印象でした。 息子が通いだしたのは2歳の時。 慣らし保育が上手くいかず、他の…

昼寝中…ではなく、患者役を演技中?ごっこ遊びの相手役もこなす、子守猫ふーちゃん。 by おたべ

こんにちは、おたべです。2歳児みーちゃんと三毛猫ふうちゃんの日々を綴っています。 前回エピソード:だんだん距離をおかれてる?愛猫との距離感でわかる、我が子の心と体の成長 by おたべ 今回はみーちゃんのお医者さんごっこに付き合う(?)ふうちゃん…

脱・ツーカーの仲!家族内コミュ力を鍛えるための「言わなきゃわかんない警報」発令中~! by うだひろえ

前回エピソード:不思議なほど気持ちが落ち着く!ケンカしてても絶対やる、我が家のあいさつ「10抱っこ」 by うだひろえ 第一子が生まれた時、私と夫は結婚して9年経っていました。 自分で言うのもなんですが、いわゆる『ツーカーの仲』、「アレってさ」「そ…

無事故無違反でもゴールドにならない!?妊婦と運転免許更新の落とし⽳。by ゆむい

前回記事で、出産を理由に運転免許証の更新⽇を、 定められた期間より1ヶ⽉ 前倒しした話を書きました。 「更新期間前の更新⼿続き」というシステムです。 前回エピソード:警察の皆さんから姫扱い!?正産期+産褥期に運転免許の更新期間が丸かぶりした時…

え?記憶と違う!? 思い出のつまった素敵な森は…母となった今、ホラーな場所に!by チカ母

その公園は、近所の友人たちとよく遊んでいた公園で、私の幼少期の思い出の多くはその公園と森で出来ていると言えるほど、記憶に残っている場所でした。 せっかくなので、娘にもお母さんが遊んでいた公園と森で遊ばせてみよう、と思い懐かしさを胸に、その公…

水筒にはホットココアがフィンランド流。ウィンターアウトドアの本場ならではの楽しみ方

マイナス気温はあたり前、雪はパウダースノーが基本で、家の庭でもさらさら雪で遊び放題なフィンランドの冬。 2月になると学校では1週間の「スキー休み」があり、家族でウィンタースポーツを楽しみます。 スキーといっても、起伏がない国。ダウンヒルでは…

動きやすさ、洗いやすさ重視のママ装備。自分だけの好みで鞄を買えるってなんて贅沢! by つかさちずる

皆さんは白い服って着ますか? 私はよごされるのが目に見えているので母子ともに白い服は普段避けているのですが、最近保育所で真っ白なニットを着る3児のママさんを見て「白い服着ていいんだ!」と感動をしました。 前回エピソード:いてくれるだけで、あ…

2歳半になっても言葉が出ない長男。言語リハビリではじめて知った「構音障害」とは?

2語文を話しているはずの2歳半になっても、我が家の長男は単語は1つ、2つほど発する程度でした。しかしすぐにペラペラ話すようになるだろうと大した心配もしていなかったものの、主治医の勧めで言語リハビリに通うことに。そこで知ったのは息子が「構音障害…

産後垂れてしまったおしりは、“子どもと歩きながらヒップアップ作戦”で取り戻せ by チカ母

教育番組風にスタートしてみました。 産後だからなのか年齢的な問題なのかわかりませんが、重力に逆らえなくなってきたこのおしりをどうにか出来ないものかと考えていまして、生活の中にヒップアップの運動を取り入れることに。 前回のエピソード:“揺らす”…

不思議なほど気持ちが落ち着く!ケンカしてても絶対やる、我が家のあいさつ「10抱っこ」 by うだひろえ

前回エピソード:息子&夫への「なんでできないのっ!?」が減る!男脳と女脳の違い by うだひろえ 乳幼児の育児って、「いかにうまいこと、子どもの気持ちを切り替えられるか」にかかっているところがありますよね。 イヤイヤ泣かれても、癇癪起こされても、…

つねる、噛む、引っ掻く…2歳の息子の変化にオロオロ。実は「◯◯」のせいでした!

2人目を出産した時、息子は2歳3カ月。 事情があって、産後は実家ではなく義理両親宅に子供たちと一緒に居候しました。 もともと、義理両親のことが大好きな息子は大喜び。終始テンションが高く大騒ぎの毎日でした。 一週間あまりが過ぎると、大騒ぎする息子…

我が家の中でも一番シンプル!捨て変態の息子のクローゼット大解剖 by ゆるりまい

“自分のものは自分のスペースに”がお約束な我が家。なので、息子のものは息子の部屋に収納しています。とはいえ、“息子の部屋”といっても、まだ家具も何も置いていないただのガラーンとした空き部屋。そこの作り付けの収納に、息子の服などを収納しています…

大好きな保育園

2014年に長男を出産。2015年の4月に子どもを保育園に入園させ、仕事に復帰しました。本当は取得できる最長期間である誕生日前日まで一緒にいたかったのですが、希望の保育園に入所する為に育休を繰り上げました。 子どもと離れるのはとても寂しく、入所から…

菩薩夫に感謝!辛口カレーに胡椒たっぷりラーメン…自分の好きなものが食べられる幸せ by 木下きこ

たまの外食は自分の好きなものが食べたいですよね〜! が、娘に取り分けしなくてはならない時はそうも言ってられません。 そんな時、夫が自然と娘の取り分け係を担当してくれると本当に嬉しいのです! これで私はスパイスのきいたカレーや、胡椒とニンニクた…

ハワイと日本を行ったり来たりのバイリンガル育児。離乳食で娘の「日本人の血」を実感

旦那はイタリア系アメリカ人で私は純日本人。 出会ったのはハワイで、婚約後に妊娠が発覚し、つわりもひどかったのとVISAの関係で即日本に帰国。超アクティブでパパ似の女の子を出産しました。 現在はハワイと日本を約半年ずつ行ったり来たりしながら育児。 …

息子&夫への「なんでできないのっ!?」が減る!男脳と女脳の違い by うだひろえ

「男脳」と「女脳」とは大きな違いがある、なんて、よく子育ての本でも見かけますね。 私なんかも、うちの子達……5歳の息子と3歳の娘を見ていると、「……あるね。」と、思うことが多々あります。 「男脳」は、「獲物を狩る能力」に優れているため、一点集中型…

ファミリーサポートを受けている最中に流血事故が!土下座での謝罪、その時私は… by ゆむい

次男を出産後、里帰り先で訪問型一時預かりで長男みつの保育を依頼する事に。 前回までに書いたように、産後、身動きが取れない私に替わって本当にお世話になりました。頼れる機関が無かった時、こんなものもあるんだ、と思い出して頂ければ幸いです。 前回…

泣き声、ベビーカー、スマホ…。「子育て不寛容な人」に向けて、いま、私ができること by うだひろえ

前回エピソード:苦節5年。これまでの努力っていったい…!? 母を震撼させた息子の一番好きな料理 by うだひろえ 泣き声、ベビーカー、授乳……。 ここ数年、常になにかしら、子育てに対する『不寛容』を目にするようになりました。 それまでは「個々人が心の中…

下の子が生まれる前にトイレトレやっておかなきゃ!焦って始めて後悔したこと by ヒビユウ

念願の2人目を授かったわたし。 先のことを考えては、あれこれ不安になりがちでした。 前回エピソード:思ってもみなかった反応に涙…。絶賛イヤイヤ期の息子に二人目妊娠を伝えてみたら… by ヒビユウ 二人目が生まれる頃にはムスコは3歳。 まわりではオムツ…

宝は戦って勝ち取れ!大量の石(宝物)を持ち帰る娘vs母の戦い by 熊野友紀子

お宝の話です。 子どもっつうのはまあよくガラクタを集めてくるものですが、 大事な物なんだろう、と思うと捨てるのもね…と思っていました。 思ってましたけどね! 限度つうもんがありますよね! 娘は現在5歳ですが、今でもバリバリ現役で石集めに精を出し…

お兄ちゃんになった5歳の息子。まだ小さかった頃の言葉が、今の私を救ってくれた

昔から、とても甘えん坊な息子。 公園に行っても私の手をなかなか離さない。 幼稚園のお友達が出来ても、ママも一緒に!が鉄則だった。 大変だったけれど、ママ大好きな姿に、愛しさもひとしおだった。 そんな息子も5歳になり、念願のお兄ちゃんに。 はじめ…

泣きすぎて息が止まってしまう!? 息子がエビ反りになって失神した「泣き入りひきつけ」とは…

これは、息子が“泣き入りひきつけ”を起こした際の話です。 息子は新生児の頃から泣き声が大きく、長く泣き切るタイプでした。大泣きして顔が真っ赤になり、息が止まったようになることはしょっちゅうでした。 1回目の泣き入りひきつけは2歳9カ月の時。家でか…

少し凝った料理を作るといつも失敗。それでもモチベーションを保てる3つの理由 by いそめしちかこ

こんにちは、少し凝った料理を作ろうとするといつも失敗するいそめしちかこです。 離乳食であった失敗を報告してきたこちらの連載ですが、今回で最終回となりました。 1年間という長いようで短い期間ですが、応援いただいた皆さまありがとうございました。 …

身近な日用品が危険物に!◯◯を足の親指に落として大怪我した娘

「まさか、これで大怪我するなんて・・・!」 2歳の娘が足の指から出血して救急車で運ばれる中、信じられない気持ちと、注意不足だった後悔の気持ちでいっぱいの私でした。 娘が足に大怪我をしたのは、3番目の子の誕生日の前夜のことです。翌日に控えたバー…

この子に何かが起きている!? あわや昏睡寸前だった息子。日常に潜む「ケトン性低血糖症」の危険

ケトン性低血糖症をご存知ですか? あまり聞かない名前ですが、乳幼児期に起こる低血糖症状のひとつです。これは、私の息子がケトン性低血糖症と診断された時の体験談です。 それは5月の大型連休、2日目の朝でした。 息子はいつも通り朝8時前に起床。ぐず…