読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


日本とこんなに違って、こんなに自由! アメリカでのマタニティライフから退院まで

初めての出産はアメリカでドキドキしたけれど、妊娠中も“Enjyo your マタニティーライフ!”と声をたくさん掛けてもらうほど。 大きなお腹にスイカや地球のペイントをしてフォトを撮ったり、ベビーシャワーという出産前のお祝いをして女子会のように華やかに…

1Lの輸血で気分爽快~♪ 命がけの出産を乗り越え、子のために噛み締めたもの2つ…!<貧血完結編>by さとえみ

貧血で倒れてから一夜が明けた。 1度目の輸血の量は1リットル。 目がさめると気分も良く、昨夜の騒動がウソのようであった。 朝日を浴びて改めて出産した達成感と幸福感に包まれていたら、キラキラ産婦人科医が回診にやってきた。 前回エピソード:出産した…

出産したその夜に激しい貧血→失神…そして再び聞こえた不吉な「ビチャビチャ」 by さとえみ

前回エピソード:胎盤一本釣りからの「ビチャビチャ」という不吉な音。医師やナースの手厚いケアの裏側は…? by さとえみ からのつづき… 長女を産んだその夜、それまでは元気だったのに突然立っていられなくなるほどのめまいを感じて私は四つん這いになった…

胎盤一本釣りからの「ビチャビチャ」という不吉な音。医師やナースの手厚いケアの裏側は…? by さとえみ

出産エピソード「気絶級の痛みを終わらせてくれてありがとうー!! 我が子が天使に見えた壮絶なお産 by さとえみ」からのつづき… 赤ちゃんを産んだ後出すものがあります。 そう、それは胎盤。英語で言うとプラセンタ。ベルギー病院での後産もダイナミックでし…

美食大国ベルギーの「産後のお祝い膳」は、まさかの食パン2切れ!? 衝撃の産後食5連発  by さとえみ

前回エピソード:気絶級の痛みを終わらせてくれてありがとうー!! 我が子が天使に見えた壮絶なお産 by さとえみ みなさんは…産後に出てくる食事、楽しみでしたか? さとうは…産後に脳内から出てくる汁のせいもあって世界の全てが光り輝き自分を祝福してくれて…

カナダでの出産は驚きの連続。産後25時間で赤ちゃんと荷物を抱え、歩いて退院?!

私はカナダで暮らしています。旦那様はモロッコ人。 出産を日本でするかカナダでするか悩んだ末、カナダで出産することにしました。それは、妊娠から出産、入院費用まですべて無料だったからです(入院費用の料金は病院によって異なります)。 それに、無痛…

産まれたばかりの下の子、尿の色がおかしい! 退院数日で上の子を置いて入院生活に

現在三人目の38週目妊婦です。カナダの田舎町で四人暮らしプラス柴犬の生活をしてます。 二人目の出産退院後の入院経験についてです。 無事に5時間で2,900gの息子を出産し、翌々日に退院(カナダでは産後母子共に問題なければ24時間で退院が多い)。 当時2歳…

3人目の出産はその夜産みたくてスクワットで破水、陣痛、無痛分娩の4時間半

カナダで三児の母になりました。今回は去年生まれた3人目のお話です。 4年ぶりの妊娠発覚にびっくりしたのが2月、8月末まで働き9月からは予定日の11月までゆっくりしようと計画しました。 2人目の長男は8日早く生まれたし、産休に入っても上の子達の世話やと…

気絶級の痛みを終わらせてくれてありがとうー!! 我が子が天使に見えた壮絶なお産 by さとえみ

前回までのあらすじ> 無事に子宮口が全開になったものの上手くお産が進まず焦るさとう… そこへ来ないと思っていたキラキラ担当医が現れたのであったー 前回エピソード:あれ?麻酔で力が入らない・・・!イキめずパニックになりかけた、無痛分娩出産記 by …

オーストラリアでの出産

初めての出産をオーストラリアのパースで経験した。 オーストラリアに来て約8年、イギリス人のパートナーとの子供を妊娠。 仕事をしていた、パートナーと離れるのも嫌だった為、パースでの出産を決意。 まわりにパースで出産を経験した知り合いはほぼいなく…

あれ?麻酔で力が入らない・・・!イキめずパニックになりかけた、無痛分娩出産記 by さとえみ

前回エピソード「無痛分娩のはずが…!陣痛の痛みMAXなのに麻酔医が今来られないって、どういうこと!? byさとえみ」の続き… 無痛分娩の麻酔のおかげで、その後はなんとか子宮口が赤子の頭を通過できるくらいまで平和に時が過ぎるのを待つことが出来、その頃に…

「今のいきみ方良かったよ!グレート!」アメリカでの初出産はカルチャーショックの連続

私の妊娠がわかったのは、夫の赴任先アメリカに来て10ヶ月経った頃。 ようやく生活に慣れてきて、買い物や運転が楽しくなってきた頃でした。 アメリカは広いので、州によってお産事情も異なると思いますが、私の通った病院ではエコー写真は最初の妊娠確認と…

無痛分娩のはずが…!陣痛の痛みMAXなのに麻酔医が今来られないって、どういうこと!?  byさとえみ

前回までのざっくりとしたあらすじ… キラキラ産婦人科医:「麻酔はどうしても痛みに耐えられなくなった時に打つもの」 「予約をしなくても麻酔は打ってもらえる(麻酔科医は常駐している?)」 「心配すんな」 初産なワタクシ:「ま、まじでそんなに適当でえ…

とりあえず無痛で?予約不要?費用は知る必要なし?不安だらけのベルギーの無痛分娩事情 byさとえみ

まいど!ベルギーに住むナニワの似顔絵師さとえみです。 今日は無痛分娩の話です。 私はベルギーで三姉妹を3回とも無痛分娩で出産しました。 ベルギーでは助産師による自宅出産も多いですが、こだわりのない人は病院で無痛分娩というのがセオリーのようです…

頼る人もいない異国の地で出産。今も忘れられない看護師キャロルとの出会い

私は2人の子供をカナダで出産しました。 2回とも、私の両親も主人の両親もいない状態での妊娠・出産・子育てでした。 当時私は、カナダの大学に通う大学生。移民ではなかったため州発行の健康保険はなく、学生用のプライベート健康保険に加入していました。 …

出産費用を全額自己負担?! 留学先カナダでの妊娠、保険の落とし穴にショック

私が初めて妊娠出産をした地は日本ではなく海外。 大学留学のために渡ったカナダで、イギリス人の主人と出会いました。 それまでの私は、日本で生まれ育ち海外生活とは縁のない人生を送ってきました。でもあるとき、やっぱり英語を話せるようになりたい、そ…

エコーは全部で2回だけ、手帳は夫婦名義&体調管理は自己責任?! オランダ流の妊婦検診

オランダでは、「妊娠したかな?」と思ったら、薬局で売っている妊娠検査薬を使って自分で検査します。 もし陽性が出たら、Verloskundigeと呼ばれる助産院(助産師さんがいて、妊婦検診で訪れる場所)へ連絡します。助産院で初めて予約がとれるのは赤ちゃん…

オーストラリアでの帝王切開の様子とその後

オーストラリアでは帝王切開でもパートナーの立ち会いができます。手術中、ずっと夫が手を握ってくれていて、とても心強かったです。 ただ、病院の決まりで、ビデオカメラの持ち込みは禁止だったため、産声等を記録することができませんでした。また、写真撮…

バースプラン

イギリスでは、妊娠検査薬で陽性反応がでると…まず、かかりつけのお医者さん(GP)に予約、そこで産婦人科のある病院を紹介してもらう。病院は、住んでいる地域の中から選ぶことができる。 水中出産希望だったので、バースプールがある病院に迷わず決めた。 …

5分遅れただけで!?ベルギーの合理的な予約システムに泣かされた臨月の検診日… byさとえみ

さとうが妊娠出産のために通っていたのはベルギーのとある総合病院。 ホームドクターの予約システムもなかなかの合理主義で好きなのですが、総合病院もそれに輪がかかっていたので紹介します。 さとえみさんの前回記事:30分圏内でテロ発生。「子どもが」と…

ストレスフルな入院生活in香港

予定日は2月14日、バレンタインデー。 でも私の思惑では5日に産む予定で、まぁ近くに産まれてくれました、というか、強い意志をもって産みました!笑 というのは、母親が3日に来港して1か月滞在してくれるのと、旧正月中に夫と共に育児を学んで軌道に乗りた…

かなりスパイシーなベルギー医療の洗礼!?キラッキラの医師が告げた不安な真実 by さとえみ

さとえみのドタバタベルギー出産、 今回は産院選び〜初診編です! 前回のエピソード:体質?環境?あまりに違いすぎてカルチャーショックの、ベルギー人妊娠事情 ベルギーに来て比較的早めに妊娠した佐藤…。 現地語であるオランダ語はもとより産婦人科につい…

「外国人は面倒」初めての出産、探して選んだ女医さんなのに冷たい言葉にショック!

私は国際結婚をして、海外に住んでいます。 海外に住んで間もなく、妊娠しました。 初めての妊娠で、産婦人科なんて産まれてから行った事がなかったので、 「男の先生よりは女の先生の方が恥ずかしくないかな」 と思って、主人に病院の予約を入れてもらう時…

妊娠後期、お腹が痒い!!眠っているのに飛び起きるくらいの猛烈な痒みに悩まされる

妊娠後期に入り、9ヶ月になると、お腹がますます大きくなって、前にも突き出るようになりました。 それまでは、コートを着る時期のせいもあるのか、あまり妊婦だと気づかれないこともありましたが、急にお腹が出てつっぱる感じに。 これまでなんとか大丈夫だ…

医師が雑談しながら帝王切開、ミルクを頼んでも拒否…ベルギーでの辛かった出産

私はベルギー人の主人と結婚して、ベルギーに移り住み、そして直ぐに妊娠しました。 そして、ベルギーでの妊娠生活を経て、いざ出産。 妊婦生活中は、私の担当の産婦人科医が私が外国人であるせいか、まともに対応してもらえませんでした。 私は当時ベルギー…

妊婦検診は2回だけ、分娩台で2時間放置…常識破り?!イタリアでの出産

結婚して1年、新しい生活に慣れてきた頃に、突然夫のローマへの転勤が決まりました。 出発寸前に妊娠が発覚して、飛行機は危ないと夫に言われ、安定期まで急遽実家で生活してからイタリアへ引っ越しました。 日本のように頻繁に検診がないと聞いていましたが…

郵便局主導のイベントは、キスマークが切手代わり!オランダのバレンタイン事情

オランダでの「バレンタイン」と聞いて、どんな想像をしますか? 「きっとヨーロッパだから、ロマンチックにお祝いするはず。」とか、「男性から愛のこもった花束やプレゼントをもらえるのかな。」なんて想像しませんか? 実は私も、オランダ人の主人と付き…

赤ちゃんの性別、やっぱり気になる!何週で分かる?何が見えた?

妊娠したからには、やっぱり早くから赤ちゃんの性別は気になります。 家族や友達とも性別の話題になることが多く、まだどちらかとはわからない3ヶ月頃から、つわりがひどいから男の子だとか、女の子だとか、私の顔つきが険しくないから女の子だとか、お腹の…

股にも唇があるみたい…。トイレも苦痛な、静脈瘤による外陰部の腫れ

妊娠7ヶ月に入ったころから、急に外陰部・膣のあたりが、ひりひりするような痛みを感じるようになりました。 トイレで用を済ませた後にトイレットペーパーでふこうとすると、特にひりひりするので、トイレットペーパーで拭くというよりは、股にあてるように…

話題のフィンランドのマタニティパッケージ、中身は衣類から避妊具まで実に40点!こんな感じでした♪

日本でも最近話題になる機会が多い、フィンランドのマタニティパッケージ。 産後しばらく必要なものがぎっしりつまった段ボール箱が、出産前に国から届くのです。 たまたまフィンランドで出産することになった私も、ありがたいことにこちらをいただきました…

体質?環境?あまりに違いすぎてカルチャーショックの、ベルギー人妊娠事情 by さとえみ

まいど!ベルギー在住大阪人のさとえみです。 今回は私の周囲の妊娠事情編! ベルギーは母親の約9割が仕事につき、妊娠出産による離職率がほとんどない国。 やはり体がゴツい人が多いけど、そういう人たちの妊娠はどんなもんなのか…! 半径数キロ以内ですが…

早産しかけているのに「何しに来たの?」、お風呂場で尿管を抜かれる…産前も産後も、ベルギーでの出産は散々だった

初めての出産をベルギーで体験しました。 結婚して直ぐに妊娠をしたので、里帰りもしないでベルギーで産む事になりました。 妊娠していた頃から掛かり付けの産婦人科の先生の対応は悪く、外国人という事でベルギー人より、物凄く適当に見られていました。 一…

産後、半日足らずで退院!?文化の違いと疲労で涙の毎日…オランダでの初めての妊娠・出産記

初めての妊娠・出産では、不安なことがたくさん!私の場合、最も不安だったことは母国の日本を離れ、現在生活しているオランダで人生初めての妊娠・出産を迎えることでした。 基本的な英語は通じることが多いオランダですが、妊娠中の定期検診は全てオランダ…

無痛分娩でよかった!!3600gのビッグベビー出産体験記 in オーストラリア

オーストラリアに移住して10年、国際結婚を経て、妊娠しました。 妊娠が判明してから、色々病院選びには戸惑いました。 オーストラリアでは、永住権 、市民権を持ってる人は 国が経営している病院は全て無償になりますが、反面、予約をして長い期間待たなけ…

日本?海外?私たちが海外で産むことを選択した理由 ~メリットとデメリット~

元々海外で産むつもりで渡航していない限り、海外で妊娠した場合、現地で産むか里帰りして産むかは、悩むところである。 私の子供二人とも、オーストラリア生まれだ。 一般的なメリット・デメリット、また私たちが現地で産むことを選択した理由、それと良か…

分娩室から自室へ帰るのも、授乳も、何もかも!「なんでも自分で!」の入院生活 in フィンランド

フィンランドで妊娠・出産した私。 予定日1カ月前に、出産する病院で見学ツアーがありました。 分娩室の説明を受けた後、本当にもうすぐなんだなあ、と少し緊張してきた矢先、廊下の向こうからゆっくりとキャスター付きの新生児用ベッドを押して歩く女性の…

海外出産 IN シンガポール! ローカル病院で驚きの出産体験

第二子が欲しいと思ってから早3年が過ぎ、主人の仕事で駐在しているシンガポールでやっと授かりました。 しかしながら、日系の私立病院だとその高額な出産費用にびっくり!順調な自然分娩ですら、トータルで1万5000ドル(1ドル80円換算で120万円)はかかると…

[フィンランド出産体験記] 私のおまた、どうなっちゃったの?無痛分娩のはずがとんでもなく痛いことに!

マイナス20度にもなる極寒の中、私は第一子の予定日を迎えました。 外で破水したらどうなるんだろう、タイツごと羊水が凍ってしまうのか。。。などとドキドキしながら近所のスーパーまで散歩がてら出かける日々。 そして予定日から5日後、その時がやって…

国際結婚、そしてベルギーへ。異国の地なのに夫は頼れず、泣きながらの妊娠・出産に・・・

ベルギー人の夫と国際結婚をして数ヶ月で妊娠発覚! せめて半年ぐらいは新婚生活を楽しんでからと思っていたのに子供を欲しがっていた主人のせいでかあっという間に妊娠をしてしまいました。 妊娠が分かってからは主人も喜んでくれていたのですが、それから…