読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


こんな風景が近くにあったなんて!妊娠中、安定期から始めたウォーキング

胎盤が完成して流産の危険性が減る安定期。体調が良い状態が続いたため、妊娠16週ごろからウォーキングを開始しました。安産にはウォーキングがよいという話をよく聞きます。歩くことでお産に必要な体力がつくうえ、体重管理にも役立つというのです。食欲が…

「なんか背中が痛い…」妊娠中のマイナートラブルかと思いきや、危険な病気のサイン!

妊娠7ヶ月も終わりを迎えようとしていた頃。 お腹が大きくなってきて、腰や背中に負担がかかるようになってきたときでもありました。 「お腹大きくなってきたね!胃も圧迫されるでしょう?」 「腰とか背中は痛くならない?」 と、周りの人達からも言われるよ…

妊娠中の夫婦旅行♪ 付き合い始めた頃の気持ちがよみがえり幸せな思い出に

妊娠16週に入り、体調も安定してきたころ。妊娠中でしか体験できないことをしたいなと考えていました。そこで思いついたのが夫婦旅行です。赤ちゃんが産まれると、2人でゆっくり旅行なんてできないはず。安定期の今だからこそ出かけやすいと思った私は、1泊2…

「どうしよう…さみしいっ!」出産のためイタリアから日本へ。夫の見送りで思わず大号泣

イタリアから日本への里帰り出産。夫に見送られてウキウキの日本帰国のはずが、空港に着いて大号泣!妊娠、出産への不安と夫がいないさみしさに、涙はなかなか止まってくれませんでした。

妊娠7ヶ月、交通事故で複数の骨折! 手術の麻酔や痛み止め、赤ちゃんへの影響は…?

お正月が明けて間もなく、その日私は買い物に行く途中でした。 妊娠中期でしたが、住んでいる地区が街から離れているため、ネットスーパーや出前を頼めず、いつものように家の近くのスーパーへ夕飯の買い物をしに行きました。 雪も降り地面が凍結しているた…

病院スタッフが「お帰り〜」と。切迫早産で入院後、今度は妊娠高血圧症に!

妊娠初期から何度か出血があったものの、順調に安定期を迎えることができました。 しかし妊娠6ヶ月の健診で、子宮頸管が30mmしかないこと(35mm以上が理想)が分かり、張り止めを服用してできるだけ安静に過ごすように言われました。 それからというもの、イ…

「言いたい、けど言えない…」不安が先立つ、40歳での妊娠報告タイミング。ついに言ったきっかけは… byもづこ

高齢出産が確定してから悩んだのが「まわりにいつ言うか」でした。 前回のエピソード:胎教に稲川淳二、若大将…!?好きなものを選んだらこうなった、高齢夫婦のカオスな胎教 by もづこ 親やきょうだいには報告したものの、友人や仕事先の人達にはいつ言うべ…

妊娠掻痒症!とりあえず、痒い!

双子のため、妊娠中期より急激にお腹が出てくる! 保湿クリーム塗って問題なく過ごしてたのに…。 7ヶ月ごろより突然、夜も寝れないほどの痒み。見た目はなんともないのに!!! あーーー、妊娠掻痒症! (人によって、発疹が出る方もいるみたいです) 保湿ク…

お腹の中にしゃくとり虫がいる!? 胎動とともに感じ始めた胎児のしゃっくりにびっくり!

29歳の頃に初めて妊娠し、ワクワク感と不安をごたまぜに感じながら妊婦生活をおくっていました。その頃から食の安全や、いわゆる無農薬野菜に興味を持ち始めて今にいたるのは、他ならないお腹の中の息子のおかげだったと思います。 と言うのも、私は当時結婚…

妊婦 vs 風邪!発熱、おう吐、咳……続々襲われても、私負けない!

妊婦は風邪を引きやすいといいます。私の二人目の妊娠生活は、しつこく次々に襲ってくる風邪との闘いでした。闘いに疲れた私は徐々に異様なテンションになっていきました。

口唇口蓋裂の我が子。産まれてすぐに出てきたのは、ただただ愛おしいという感情でした

我が家は口唇口蓋裂(唇、口内の形成が不完全な状態)の形成不全の状態で産まれて来た子供がいます。発覚時から出産までの妻とのやり取りや感情の移り変わりの記録です。

甘い誘惑

甘い物、おやつ大好きな私。 それでもつわりの時は、さすがの私も今まで食べていたものが美味しく感じなくなり、食べても吐いてしまう怖さであまり食べられなくなっていました。 でも、徐々にまた美味しいかもっと思うようになり、食べられる時に食べれるも…

お腹の赤ちゃんへの話しかけ。この胎動はお返事? でも、どうにも気恥ずかしくて…

今年で2歳になった我が子がまだお腹にいる時に、初めての妊娠でもあったので妊娠・出産に関するアドバイスが掲載された本やネットをよく読んでいました。 その中に「胎児に話しかけてみましょう」というものがあったんですが、これがとにかくできなかった。 …

「ママ安心して、パパがんばって」熊本地震の日、お腹の中から励ましてくれた胎動

流産を経て、結婚7年目にやっと妊娠中期まで経過した時期でした。 いつ胎動ってわかるんだろうね、なんて夫と話す日々を送っていました。 遅めの夕食を終えたとき、「ズン」っという音と同時に、自分も食器も跳び上がるような強い下からの衝撃を感じました…

出血続き

妊娠初期から出血が続いており、仕事をしていたのと毎朝4階まで階段を使わないといけない職場環境のせいかと思っていましたが、仕事をやめてからも続いて、量が1度にドバッと出ては次の日にはもう止まっているを繰り返していました。 とうとう28週で見たこと…

情緒不安定な日々

妊娠をきっかけに仕事を辞め、朝から晩まで1人で過ごす日々。 最初は、自由な時間を楽しんでいましたが、妊娠中期にもなると外に出るのも面倒で、家にこもることが増えました。 旦那が帰宅するまで誰とも話さない日が続くと、意味もなく悲しくなりました。 …

婦人科から産婦人科への移行、里帰り出産院探しまで

結婚に伴い、ブライダルチェックを夫婦で受けました。 友人に勧められた、女医さんのいる婦人科クリニックで、婦人科系の診察ははじめての自分も、安心して受診できました。 そのまま、妊活のアドバイス(タイミング療法)も受け、無事妊娠! その後、クリニ…

安定期の国内旅行

8月のお盆明け、旦那さんの企画で、夫婦としての思い出づくりの北海道旅行(4泊5日)へ行くことにしました。 妊婦の私に負担無いよう、レンタカーで移動、そして、いざというときの心強さに、旦那さんの地元の親友も同行(笑)で3人の旅行となりました。 …

年末の仕事と家事の両立

わたしたち夫婦は共働きで12月は仕事も忙しく、お互い帰りも遅くなったり、朝も寒くなってきてギリギリまでお布団から出たくない。 でも私は洗濯、掃除、食事にお弁当。 旦那はスヤスヤ寝てるのに洗濯をし、休みの日は掃除。移動手段が妊娠してからは徒歩で…

私のつわりは地味な上り坂

妊娠がわかってから徐々に始まった悪阻。 初期はやたら天ぷらや揚げ物が食べたくて、お惣菜を買って食べたり自分で作っていました。ここで体重一気に3キロ増! そのあとは食べたいものやダメなものがコロコロと変わりました。 赤ちゃんが大きくなるにつれて…

私の胎動の感じ方

私が初めて確信して胎動を確信したのは、 16週に入った日の午前中でした! なんだか、小ぶりな魚が狭いビニール袋の中でぐにょ~ん!と体の向きを変えた様な感じで、初めはビックリしました! 3回程、ぐにょ~んとお腹の中で動いているのがわかりました。 …

赤ちゃんらしい、人間らしい。

胎動かな?と思うものはあるものの、そんなに激しくもなく、短い時間のため、エコーで赤ちゃんの姿を見るのがとっても楽しみな時期。 それにしてもなかなかお顔を見せてくれないわが子、今回のエコーでも斜め後ろ姿でした。でも、この間までエイリアンか?と…

双子の妊娠の喜びと切なさ

半年の妊活を経て、タイミング法で一卵性の双子ちゃんを妊娠しました。不安はありましたがエコーに写る2人が可愛くて毎日幸せを感じていました。しかし、5ヶ月に入った所で双胎間輸血症候群(TTTS)と診断され緊急入院・手術をすることに…。診断後毎日ネットで…

不妊治療の末、まさかの妊娠糖尿病に!!

不妊治療の末の待望の妊娠でした。 嬉しさ溢れる一方で、30代にして、ようやく授かった赤ちゃんが無事に成長するか、ただただ心配する毎日でした。 そんな私が妊娠6か月の時の血液検査で『妊娠糖尿病』であることが発覚! 妊娠したことで血糖の分解が上手く…

へとへと山登り

安定期に入り、天気も良かったのでよし歩こう!と思い、一人で近所の小さい山に登ってみることにしました。秋の空気や町の景色は気持ち良かったのですが、頂上まではうねうねの階段と砂利道、どんどん息が上がってしまい、休憩しながら30分以上かかりました…

好みの変化

妊娠したら好みが変わるというのはよく聞いていましたが、本当に経験してびっくりしました。 妊娠するまでは毎日のようにお酒を飲み煙草も吸っていました。 そして甘い物が大嫌いでした。 子供が欲しいと旦那と相談したと同時に飲酒喫煙をやめました。 運よ…

切迫早産

妊娠初期に切迫流産で寝たきりになり、何度か回復を繰り返しながら、23週を迎え、切迫早産になりました。(日本では23週からは産まれても生きることができるという医療レベルがあり、22週までは切迫流産、23週からは切迫早産と診断されます。) 理由は、切迫流…

エコーで見た赤ちゃんの動き!!

現在妊娠6ヶ月(22週)のプレママです。 妊娠6ヶ月に入った頃の検診でエコーをした際に赤ちゃんがお腹の中で手足をバタバタしている姿を見ました。それまではお腹の中からトントン、ドンドンなど叩かれているのかな?これは胎動かな?なんていう感覚はありまし…

妊娠中の突然の大量出血

接客業をしている妊娠です。 妊娠中期の前半の夜、突然お腹が張り違和感を感じたので、トイレに駆け込むと真っ赤な血がパンツ一面に広がっていました。 あまりの衝撃に、悲鳴をあげるように主人を呼び、病院に連絡をしました。 とりあえず、来てくださいとの…

母親学級に夫婦で参加したかったのに…。夫とすれ違ってばかりだった妊娠期間

第1子の妊娠が分かった時、仕事と妊娠の両立に戸惑いを隠せなかった私と違って、真っ先に喜んだのは夫でした。夫が素直に喜んでくれたことが嬉しく、妊娠8ヶ月まで仕事を続けることにして、初めての妊婦生活が始まりました。 安定期に入るまでは直属の上司以…

自覚症状ゼロ!まさかの切迫早産…!

仕事をしながらのマタニティ生活。 メインは外回り営業で毎日バリバリ仕事をしていたのですが、妊娠が発覚してからは職場の方々に助けてもらいながら、負担が少ない形で仕事を続けていました。 安定期に入ってからは特に不調もなかったので、7ヶ月に入り予定…

腹痛に苦しむ妊婦を救ってくれた、見知らぬ人々。

不妊治療の末、40歳目前でようやく授かった第一子。高齢だったこともあり、安定期に入るまでは毎日気が休まりませんでした。 妊娠5ヶ月に入りようやく安定期かな、というころ、通勤途中に突然の腹痛に見舞われました…。 いつもと違う下腹部の痛みにビックリ…

私の辛さも持って行ってくれたの…? 15年間一緒に生きてきたパートナーとのお別れ

私は今妊娠9ヶ月の初マタです。昨日、彼が久しぶりに夢に出てきたので、書かせてください。 これは妊娠6ヶ月頃のお話です。 私には中学生の頃から飼っていた15歳のオスの犬がいました。 老犬ですが、これまで大きな病気をしたこともなく、足腰は弱ってきてい…

切迫早産と診断され...

現在妊娠33週の初マタです。 初期は何事もなく普段と変わらず仕事をしていました。つわりの時期は職場が繁忙期だったため、嘔吐などはありましたが忙しさで気が紛れていました。 中期に入るとお腹の張りがひどくなり、立ち仕事のせいか足のむくみもひどく、…

妊娠するとやたらアドバイスされまくる

妊娠したことを先輩ママなどに話すと、プチアドバイスを聞くことがよくあると思うんですが、私は人に聞くアドバイスに惑わされまくりでした。 初めての妊娠で自分はひとりっ子だったし、身近で妊娠をしてる人を見たりする機会はほぼなかったので、人から聞く…

胎動早すぎ!!

初めて胎動を感じたのは妊娠15週のとき。初産の人の胎動はだいたい20週くらいと聞いていたからびっくり!!ハッキリとかんじたから胎動なのは確かでした。妊娠したときからこの子は男の子!って言い続けていて、この元気な胎動でまたこの子は男の子だなぁっ…

キャリアのある女性が取る育休のメリット

妊娠が発覚した際、住んでいるエリアが幼稚園等入園の激戦区だと知り、はじめは会社を退職して、育児を行いながら自分のペースで働けるようにと、自宅で出来る仕事を考えていました。 しかし、約9年にわたり営業職をしており、役職もついていた為、1度育児休…

食欲の増加!食べても食べても…

妊娠中のつわりは、少し食べづわりがある程度でしたが、初期にはそこまで体重の変化はありませんでした。 が!!!中期に入り、つわりが全くなくなった頃、お腹が減って減って仕方がない!!! 妊娠してからも仕事を続けていましたが、朝おにぎり3個、昼は弁…

初妊娠 初手術

「帝王切開の可能性も考えて下さい。」 そう先生から言われたのは 安定期に入った頃でした。 私には元々 左の卵巣に嚢腫があります。 サイズも小さかった為、経過観察ということで特に処置はされずにそのまま妊娠に至りました。 妊娠がわかってからも サイズ…

安静の大切さ

安定期に入り、よし運動するぞ!っと思い、散歩やショッピングをたくさんしていました。そのせいか分かりませんが、安定期に入ってからの健診で子宮頸管が短いと言われました。便秘の影響でお腹が変な感じなのかなと思っていたくらいで、あまり深く考えてい…

出血してるけど

検診までまだ日にちがある中、少量ですが出血が。 おなか痛いような痛くないような。何かあれば病院来てくださいねとは言われてるけど、病院行くまででもないかなあとか、何もなかっても迷惑やろうしとか考えて、なかなか病院に行く気が。しかも産婦人科って…

切迫早産で自宅安静と言われた二人目妊娠

二人目の妊娠が分かったのは長男が2歳になったばかりで走り回る日々でした。 毎日忙しく過ごしていましたが、20週の検診で頸管長が24だから入院してほしいと言われました。 しかし、子供の保育園のこともあり、世話を頼める人がまわりにいない。という事で入…

妊娠20週で胎児が小さすぎることが発覚!不安にとらわれていた私が決めた覚悟

「あれ?小さいな…」 医師がそうつぶやいたのは、妊娠20週の妊婦健診の時でした。これが胎児があるべき大きさになれない「子宮内胎児発育不全」の始まりでした。私の子どもは同じ週数の赤ちゃん100人の中で3番目以下の小ささとのことでした。 かかりつけの病…

夫から見た、妊娠〜出産まで。妻を支えるためにできることとは?

妻は妊娠中で、予定日まであと3ヶ月。ちょうど家の引っ越しも済んで、あとは長男が生まれてくるのを待つばかりでした。 出産前の事前準備として僕が行ったのは、まずは出産予定日前後に公休を集めるようにしたこと。お互いの親は離れていたため、僕がいない…

なんと24週まで妊娠に気づかなかった私。初検診でいきなり長期入院生活へ突入!

今まで3回妊娠・出産の経験があるのですが、3回目の妊娠はなんと24週まで気が付きませんでした。仕事が忙しく自分のことを気にかけておらず、なんとなく「最近太ってきたなぁ」と思っていただけだったのです。 ある日、「お腹の中で何か動いてる!」とい…

安定期なのに…? 27週で早産に! 予想もしなかった「仕事休んで」からの急展開

俗に言う『安定期』。 悪阻もなかったし、お腹の張りを指摘される以外は順調にきていた。 24週ラスト、お医者様から言われた言葉は、『仕事、休んでください』だった。 確かにお腹は張ってはいたが辛いわけでもなく、子宮けい管の長さも短いながらも 無理を…

「どうぞ座ってください!」職場でのマタハラで人間不信だった私に向けられた優しさ

私はウェディングドレスを扱う仕事をしています。職場は女性オンリー。 華やかなイメージかと思いますが、実は重い重いドレスを何着も持ち、高いところへかけたりバタバタと動き回る重労働。 初産でなおかつ初期に出血があった私には、とても不安な仕事内容…

「ぽこっぽこっ」とお腹の中で空気が出ているような感覚。初めての胎動記念日

妊娠初期は、赤ちゃんが本当にお腹の中にいるのかどうか、正直わからなくてとても不安でした。産婦人科での妊婦検診のエコーで確認できたり、つわりの症状で間接的にわかったりしたのですが…。 その為、胎動を感じるのを心待ちにしておりました。 しかし初め…

昔ながらの「岩田帯」に挑戦!巻くのは面倒だけど、歩く姿勢が良くなりました

第3子が妊娠7ヶ月に入りました。「性別分かった?」などと、みんな気にしてくれますが前回のエコーでは、赤ちゃんが隠してたので次回のお楽しみです。 実は、長女のときからお世話になっている産院は地元でも1、2位を争うほど、体重管理の厳しい病院。私…

ぽんぽん!

今は妊娠後期で、出産まであと3週間です。 妊娠初期は胎動などもなく、検診のたびに赤ちゃんの鼓動や写真を感じ安心していました。旦那さんも膨らんできたお腹を愛おしそうにはしていましたが、お互いまだ赤ちゃんの実感はなかったように感じます。 妊娠中期…