赤すぐみんなの体験記


厄年に出産がバッティング!それって良いこと?それとも…私が信じた説はコレ

特に気にしていなかったのですが、私は、自分の厄年に出産しました。 正確にいうと前厄になる年だったのですが、前厄・本厄・後厄の3年間は大きな行事は避けた方がいいと言われているそう。 しかし、子供は授かりものです。せっかくお腹に宿ってくれた命にケ…

助産師さんにビクビク!自分から要望をきちんと伝えることは大事! by 笹吉

この記事を書きながら、思い出しモヤモヤに陥りました笑特に完母希望や混合希望などは無かったので、助産師さんに言われるがまま(混合を推してる産院なんだな)と思っていました。同じ時期に入院していたお母さんが完母で頑張りたい派だったらしく、授乳室…

出産祝いでもらって嬉しかった! 赤ちゃんの名前入りグッズ

我が家には3人の子どもがいます。実は3人とも、名前が決まるまでにはかなりの時間を要しました。 3人とも産前には決まらず、上2人の名前は産婦人科の病室で決定。末っ子は産後2週間、出生届提出ギリギリまで決まらなかったほどです。 夫と名前について話し合…

2人目出産時にもなかった後陣痛。3人目の出産でついに体験!

出産を終えてひと安心と思いきや、人によっては後陣痛の方が辛かったなんて声を聞きます。後陣痛は誰にでもあるわけではなく、またその痛みの感じ方も人それぞれといわれているそうです。ただ初産婦よりも経産婦の方が後陣痛の痛みが強くなりやすいとのこと…

凄まじき陣痛祭りが佳境に入る頃、やっと分娩室へ──「これでやっといきめる!」 byさやかわさやこ

前回の『長男出産~陣痛編~』からの続きです。 陣痛のマイベストパートナー《水筒のコップ》と共に必死に格闘していましたが、その後もなかなか赤ちゃんはおりてきませんでした。 前回エピソード:テニスボールよりもいい?いきみ逃し中のベスト尻ポジショ…

悩みに悩んだ我が家の名付け。5歳の長女の一言でついに決定!

出産前に頭を悩ませることのひとつに名づけがありますよね。 子供と深く、長い付き合いになる名前! 子供の人生がよりよい時間になって欲しいからこそ、毎日言葉のシャワーとなり降り注ぐであろう大事な名前を決めるのは、程良いプレッシャーを感じます。 二…

産後、くしゃみをするたび尿漏れが。骨盤底筋運動で引き締めを実践!

私には現在3歳2ヶ月と1歳8ヶ月になる息子がいます。年子での出産でした。 2人目の出産では、長男の時にはなかった産後の尿漏れがありました。2人目の時は妊娠中から頻尿でしたが、まさか自分が産後に尿漏れになるなんて考えてもいませんでした。 よくくしゃ…

3人産んでも毎回が「初めて」!それぞれ経過が違った私の出産体験

私が1人目をお産したときは、陣痛から始まりました。 夜中寝ていると、なんだがお腹が痛いと思い、目が覚めました。その痛みは5分おきの感覚になり、病院へ連絡して向かいました。 病院までは20分のみちのりです。ついた頃には歩けないほどの痛さがありまし…

1人目は長くて辛いお産だったけど。2人目はあっという間のスーパー安産!

私には現在3歳と1歳の年子の兄弟がいます。 1人目の出産の時は、予定より1週間経っても陣痛が来ず、陣痛がきても微弱な陣痛だったため、促進剤を使い27時間かけてやっとで産まれてきました。 1人目の時は、体重がプラス18キロにもなってしまったので、それで…

出産後に感じた寒気は、出血が原因だった!「それなら私の血を…」母の優しさはやんわりと… by ウラク 

帝王切開終了後、処置を済ませて別室に移りました。人生の一大イベントを終えてまず感じたのは、寒さ。寒い。 とにかくすっごい寒い。 前回エピソード:帝王切開開始からおよそ30分…いよいよ双子と対面! 力強い産声に思わず涙… by ウラク ああ、どうりでこ…

母乳育児にこだわりすぎていた私。新生児の体重が増えなくて思わず涙

私は30歳の時、第2子を出産しました。産まれてきたわが子は可愛く愛おしい存在でした。 息子は予定日より2週間早く生まれ、2400gの未熟児でした。しかし、体は元気で問題ないとのことで、予定よりたった1日だけの遅れで退院することができました。 ところが…

「2人目の出産は楽ちん」断じてそんなことありません!私は出産も後陣痛も辛かった…

待望の長男を出産して1年後、予定外ではありましたが、新しい命がお腹の中に宿っていることが判明。男の子の第2子を授かることができました。 両親、友人から、「2人目は楽よ!」「一度経験しているから、痛くもかゆくもないわよ」と言われました。 私も長男…

瞼に傷が!生まれたての赤ちゃんの顔を見てびっくり! by 笹吉

息子が生まれたとき、まず目に入ってきたのが瞼の傷でした。痛々しいひっかき傷がついていて、最初はそれが傷なのかもわからず、「異様に赤い!まさか病気!?」ととても焦りました。助産師さんに声をかけると、指の爪が一本伸びていることに気づいてくれ、…

出産直前、落ち着かず新生児室に立ち寄った夫。かわいさにデレデレになった夫の決意とは by ブブ

こんにちは、ブブです。 今回は出産時の思い出を少し書かせていただきます。 前回エピソード:圧倒的な包容力!身も心も奪われていたマタニティパンツの世界から我に返った日 by ブブ 陣痛が始まり二日目の朝。子宮口が2センチ開き、やっと入院が決定しまし…

【医師監修】帝王切開の人は皆、痛みに耐えて頑張っている。 自分のお産に誇りを持って欲しい 荻田和秀医師(りんくう総合医療センター)に聞きました。

ふつう、出産、と言えば、経腟で産む自然分娩を思い浮かべる人が多いでしょう。 しかし、近年の日本では、帝王切開は増加傾向にあります。5人に1人が帝王切開で分娩する今日。妊娠すればだれもが帝王切開となる可能性はあり、想像以上に身近なことであると…

全精力を使い尽くしてしまった出産。唯一の心残りは… by すがたひかる

初めまして! すがたひかる(ひー)と申します。現在、私ひかると夫のしげあき、そして1歳の息子けーちゃんの3人で暮らしております。 赤すぐみんなの体験記では、妊娠・出産の思い出を漫画にしていきますので、よろしくお願い致します♪今回は、私の出産し…

陣痛中の立ち会い人の役割は、ズバリ奉仕!! 我が家の夫、残念ながら向かないタイプだった… by ユキミ

こんにちは、ユキミです。2歳の息子ユキタに日々振り回されている、新米母さんです。 前回エピソード:コレがあって便利だった! ココは盲点だった… ポイントをおさえて、楽しみたい出産入院準備♡ by ユキミ 皆さんは出産時、どなたかに立ち会ってもらい出…

横抱き、縦抱き、斜め抱き。授乳姿勢を変えることで胸の張りもおさまった!

出産を終えて、母として一番最初に我が子にしたのは授乳です。妊娠している頃から、母乳がでやすくなるようにマッサージをしていたからか、母乳は溢れるほどでていました。 初めての授乳は、抱き方が難しくて中々スムーズにいきませんでした。何度も何度もト…

ベビーベッドは必要?半年間だけレンタルしてみた感想は…

妊娠後期、赤ちゃんを迎える準備をしていた時にとても悩んだものの1つが、ベビーベッドです。赤ちゃん=ベビーベッドで寝るもの というイメージだったのですが、ネットで口コミを見ているとベビーベッドじゃ寝なかったとか、使わなくなると邪魔とか、マイナ…

産後のガルガル期!我が家では家族みんながガルガル?! by チッチママ

皆さんこんにちは、チッチママです。チッチを出産してから約1週間が経ち、遂に退院となりました。産院では母子別室でほとんど看護師さんが付いていてくれるし、わからない事があれば助産師さんにすぐ相談できる環境だったため、不安よりも赤ちゃんと過ごす…

買って良かった乳頭用クリーム。新生児期の授乳トラブル解決!

初めての出産、初めての育児で、娘が新生児の頃は毎日てんやわんやでした。2時間おきの頻回授乳、おむつ替えに着替え、沐浴に寝かしつけ。 里帰り出産をせず、日曜日以外は1人で娘を見ていたこともあり、毎日いつのまにか1日が終わっているという感じでした…

テニスボールよりもいい?いきみ逃し中のベスト尻ポジションにはまったアレ by さやかわさやこ

はじめまして。さやかわさやこと申します。インスタグラムにて育児のこと、育児に全く関係のないことなどを綴っています。 こちらでは妊娠、出産〜2歳くらいまでの育児について綴っていきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。 まずは簡単…

帝王切開の費用が心配だったけど…、払ったお金は自然分娩よりも少し上回る程度でした

妊娠がわかったばかりの頃はまさか自分が帝王切開での出産になるかもしれないなんて想像していませんでした。 ですが、お腹の中にいる娘はずっと逆子で、妊娠後期になってもなかなか戻らなかったのです。私が通っていた病院は逆子でも自然分娩ができるようで…

赤ちゃんの名前はどう決める?他の子とかぶらない名前って難しい!

現在2ヶ月になる赤ちゃんがいます。この子の名前ですが、なかなか決められませんでした。 名前というと一生使うものです。自分で名乗り、人からも生涯呼ばれるもの。本人に喜んでもらえるのが1番ですが、それは名付けの時点ではわかりません。だからこそ親は…

上の子2人+新生児。子どもの数だけ大変になってくるお風呂

私には三人の子どもがいます。 三人目を産んだときは、里帰り出産をしようと思っていた産院がすでに出産予定がいっぱいだったことや、両親は仕事をしているので、結局日中は私が子どもの面倒をみなければならなかったので、里帰りは断念しました。 ですが、…

旦那の実家で里帰り出産。義母が握ってくれたおにぎりと手紙に号泣

「旦那の実家で里帰り出産」……表現だけだとなんだか違和感もありますし、一般的ではありませんよね。実は私は第一子、第二子共に「旦那の実家で里帰り出産」させてもらいました。産前産後の約1ヶ月半、義実家でお世話になったのです。今回は特に印象深い、第…

実母はヘビースモーカー。里帰り出産したいけど正直悩んでしまう…

10ヶ月になる我が子から見て祖母にあたる私の母は喫煙者です。それも、根っからのヘビースモーカー。 なかなかやめてもらえず、妊娠中も里帰りしましたが、その際にも普通にタバコを吸っている始末。私は強く言えず、とても悩んだ記憶があります。 今は喫煙…

分娩台で夫が手を握って励ましてくれて…でも私が感じたのは「これじゃない!これじゃダメ」感だった

私にとって初めての妊娠・出産は31歳の時でした。 「いざ分娩!」となるまで私は病院の母親学級で習った通りの呼吸法や、いきみ逃しをしながらリラクゼーションのための音楽をかけて過ごすものだと考えていました。 そして夫が隣にいて付き添ってもらえるも…

毎日でも食べていたい…入院中のメニュー表が産後の癒し! by 笹吉

産院の食事、本当に最高でした。毎食が素敵なレストランのよう。陣痛の苦しみの中出してもらった朝食、一切食べられませんでしたが、あまりのきらびやかさについ写真を撮ったほどです。そして食べ始めて気づくその量の多さ。3時のおやつ付き。そして数日し…

産後の貧血で生まれた娘とも会えないまま…またもや寝たきりだった私 by トキヒロ

これまで切迫流早産での入院に焦点を当てて書かせていただきましたが 今回から産後の体調変化について書かせて頂こうと思います。 前回のエピソード:長期入院のお金はいくらかかる? 保険に入っておけばと後悔した話 by トキヒロ 何でこのテーマかって言う…

想像以上に大量の悪露。病院のお産パッドでは足りずショーツを汚してしまうことに

入院準備に必要なものとして、お産パッドがあげられます。お産直後から約1ヶ月程ある悪露の対策として、お産パッドは欠かせないアイテムです。しかし、私は長男の時にお産パッドの購入タイミングを失敗した経験があります。 そもそも、私はお産パッドという…

コレがあって便利だった! ココは盲点だった… ポイントをおさえて、楽しみたい出産入院準備♡ by ユキミ

こんにちは、ユキミです。2歳の息子ユキタに日々振り回されている、新米母さんです。 これから出産を控えている皆さん、入院準備はバッチリですかー!? 前回エピソード:サイドボードに大量のおにぎり、息子抱っこでソファに座りっぱなし…そら痩せませんわな…

「あ、これの事かも…」授乳室のドアを開けた瞬間に思い知らされた、看護師さんの過剰な気配り byきたあかり

こんにちは、きたあかりです。 前回エピソード:「うわあーなんか出たーー!!」自分の体からホントに出た!数滴の〇〇〇〇にものすごい衝撃…。 byきたあかり 初めての搾乳を終えたあと。 説明を終えて看護師さんが出ていく時、「次回用の搾乳カップと瓶、取…

帝王切開開始からおよそ30分…いよいよ双子と対面! 力強い産声に思わず涙… by ウラク

帝王切開開始30分後、いよいよ双子との対面の瞬間を迎えます。終盤はとにかくお腹をプッシュ、プッシュ。 猛烈な吐き気に襲われましたが、食べてないので吐くものはない。 前回エピソード:“まな板の上の鯉”がサケに!? ああ~、腹かっさばかれてるなう(痛…

授乳姿勢のバリエーションの多さにびっくり!色々試してラクな姿勢を見つけよう

母乳育児はある意味いつでもあげられるので楽!という意見と、いつでもどこでもおっぱいを出すのに抵抗があるし、めりはりをつけたい、という意見もあると思います。 実際私は完全母乳で、ぐずったり寝かしつけにはすぐに授乳して赤ちゃんを黙らせる、という…

【産後あるある6】”お母さん”スタートのリアル by チッチママ

みなさんこんにちは、チッチママです。前回の記事で無事チッチの出産を迎えたチッチママですが、ここからが「お母さん」スタートになります。産後直後、産院での様子をご紹介したいと思います。1:まだ何か入ってる? 出産を終えれば妊娠前の体重、お腹に戻…

ベビーバスは本当に必要?他のもので代用する手もあったんだ

出産準備品の中に必ずといいほどあがっているベビーバス。 種類も本格的なものから、シンクで使える簡易的なものからたくさんあって、妊娠中とても迷いました。 その中でも私が選んだのは空気で膨らませるタイプのものでした。住んでいたアパートがそれほど…

魔の30代は備えあれば憂いなし!? 厄年に妊娠・出産してみて思ったこと

女の30代は「魔の30代」と言われるくらい、10年の半分以上が厄年に関係している年代です。 私も妊娠したタイミングが数え年で32歳の前厄。年をまたいで出産したのが数えで33歳の大厄でした。 関連記事:厄年は人生の転換期。第二子妊娠でいろいろ大変だった…

使ってよかったのはこれ!フワフワでやわらかい今治製の赤ちゃん用バスタオル

タオルなんてどれも同じだと思っていたのですが、友人から今治製のタオルをもらったのを機に「コレは違う!」と痛烈に感じました。 初めて使ったのはフェイスタオルです。タオルを顔にあてると雲のようなフワフワでやわらかい感触。今まで感じたことがない心…

母乳とミルク、それぞれにあるいいところ。時と場合によって使い分けました

出産後、スーパーなどその場で会っただけの年配の人によく聞かれた「母乳?」という言葉。「どっちでもいいでしょ!」と言いたいところですが、そこはなんとなく笑ってスルーしていました。 母乳が偉いとかミルクは太るとか、そんなこと全くないのでお母さん…

緊急帝王切開で出産。出産後に母乳が思うように出ず、不安に感じた私がやったこと

私は現在、生後8ヶ月の男の子の育児に奮闘中です。 初めての子どもで全てが未経験。吐乳や乳児湿疹など、さまざまなことに日々おろおろしてしまいます。 それでも息子は熱を出すことなくすくすくと育ち、今では体重も9キロ近くに。 「風邪をひかないのは、き…

ベビーバスはビニール製 と プラスチック製、両方使ってみた私のガチな感想とは…

妊娠6ヶ月頃から本格的に赤ちゃんグッズをそろえ始めました。 里帰り出産だったので、ベビーバスはなるべくかさばらない送りやすいものを選ぼうと考えていたのですが、ネットで調べると定番の形、折りたためる形、膨らませるタイプなど思ったよりも種類が多…

ホワホワの新生児を前に、入院中に赤ちゃんの扱い方はマスターしたい!と意気込むものの… by 笹吉

助産師さんからの指導で、出産後(お昼くらい)から夕飯まではベッドで静かに過ごし、夜に授乳した後1人で眠りました。翌日からは母子同室でも別室でも、好きな方を選んで過ごすことができました。生まれたてホヤホヤの息子を前に「退院までの6日間で赤ち…

長期入院のお金はいくらかかる? 保険に入っておけばと後悔した話 by トキヒロ

こんにちは、トキヒロです。 前回、無事36週での退院まで書かせて頂いたんですが、大事なことを書き忘れていたなと… 前回のエピソード:いよいよやってきた退院の日!春先から入院し、外に出た時には夏も終わりかけていた… by トキヒロ 今回は入院中のお金…

産後、子どもの洋服選びが楽しくて止まらない!一方、母の自分の服は... by ぽんぽん

とある育児書にこんなことが書いてありました。 生活のリズムをつけるために、カーテンを開けたり、着替えさせたり…というもの。生後3ヶ月ごろまでは、健診やよほどの用事がない限り外に連れて歩くことがなかったので、着替えは汚れたらする、というくらいで…

里帰り出産の大誤算!実母と旦那が不仲で産後のストレスMAX!

産後は実家に里帰りをしたり、そのまま夫との住居で赤ちゃんを迎え入れたりと人様々かと思います。私は里帰り出産を選択したのですが、これが大誤算でした。そのときのの体験談を紹介したいと思います。 私が夫と暮らしていた場所は、実家から車で20分ほどの…

「うわあーなんか出たーー!!」自分の体からホントに出た!数滴の〇〇〇〇にものすごい衝撃…。 byきたあかり

こんにちは、きたあかりです。 前回エピソード:どうしてこんなに悲しげなメロディー? 保育器ごしのムスメに人生初の子守唄は…サビで断念 byきたあかり 無事手術が終わったあと。ムスメがNICUに入院した翌日。 おっぱいを届けるため、搾乳を始める事になり…

1日中泣いている我が子のお世話で睡眠は平均たったの2時間。寝れないって本当につらい!

初めての産後をいま思い出してもゾッとします。 赤ちゃんは1日じゅうスヤスヤ眠っているイメージを持っていましたが、現実はまったく異なりました。 頻繁に起きて泣く赤ちゃんを目の当たりにし、育児の大変さを初めて知ったものです。 わが子は1日中、泣い…

人体の神秘…?産後すぐの自分の顔に驚愕した事件 by ヤマモト

はじめまして、ヤマモトと申します。東京で夫婦と娘&猫の、3人と1匹家族で暮らしています。 家族の日常や思い出、育児で試行錯誤したことの記録を書いていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。 今回は、出産の時の忘れられない思い出をお話させ…

恐怖だった会陰切開!長時間の陣痛に耐えた私は… by チッチママ

皆さんこんにちは、チッチママです。さて、遂に夢の分娩室へ入ることになりました!ここまで来れば後はいきんで、いきんで、いきむだけ!!やったるでーーーー!!! 「会陰切開」というワードは妊娠中に何度も目にしました。出産で一番恐れていた項目といっ…