読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


脱・ツーカーの仲!家族内コミュ力を鍛えるための「言わなきゃわかんない警報」発令中~! by うだひろえ

前回エピソード:不思議なほど気持ちが落ち着く!ケンカしてても絶対やる、我が家のあいさつ「10抱っこ」 by うだひろえ 第一子が生まれた時、私と夫は結婚して9年経っていました。 自分で言うのもなんですが、いわゆる『ツーカーの仲』、「アレってさ」「そ…

これが本物の「ひとり時間」なのか!本当に欲しかったのは、罪悪感や不安のない「身軽な時間」でした byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 我が家の4人の子どもたち、末っ子の来年春の入学を控え、我が家もいよいよ「幼児のいない家」になりつつあります。 今日はそんな我が家の子どもたちがまだ小さかった頃のお話。 前回のエピソード:「ママは笑顔で」と言われ…

合計6700gを予定日超過で自然分娩!?安産体質な母の奇跡のような双子出産体験記 by水谷さるころ

さて、前回はうちの母が「驚異の安産体質」であることをお話しました。 「陣痛がない」というのはすごい体質だと思うのですが、私自身の出産エピソードも中々すごいのです。 私は双子です。 二卵性双生児で、弟と一緒に産まれてきました。 前回のエピソード…

“サンタさんへ” 楽しみは手紙を書くところから。本場フィンランドのクリスマス

サンタさんの住む国・フィンランドに引っ越し、初めてのクリスマスを迎えようとしていた頃のことです。 職場でふと投函前の郵便物が入った箱を見た時、明らかに社用でない雰囲気の封筒が目にとまりました。子供の字で「サンタクロース 耳山 99999」と書…

堂々巡りで話が通じない4歳児に母は悶々。でも、本当に大事なことって? byちゅいたんママ

やんちゃ3兄弟との育児生活をつづっているブログ「Kosodatefulな毎日」。 書籍発売を記念して、著者のちゅいたんママさんとこちらに出張掲載させていただきました^^(KADOKAWA編集部) 「3人兄弟との生活ってこんな感じなんです!!!ぜひ笑って元気になっ…

BBAのパンツがあわや丸見えに!変態兄弟vs母の決死の攻防戦 byちゅいたんママ

やんちゃ3兄弟との育児生活をつづっているブログ「Kosodatefulな毎日」。 書籍発売を記念して、著者のちゅいたんママさんとこちらに出張掲載させていただきました^^(KADOKAWA編集部) 前回エピソード:なんで今やねんっ!!母を泣かせる、最悪なタイミン…

怒鳴るより、「無言」の方が効果アリ?子どもへの声かけの理想と限界 by うだひろえ

前回エピソード:0歳期、私たちはただ祈った「寝ててくれ」と…。涙の子連れ外食クロニカル(年代記) by うだひろえ 育児本なんかを読みますと、よく書かれているのが、「ネガティブな言葉はNG!ポジティブな言葉がけを心がけて!」ということ。 うん、そう…

昔から女子の集団で浮いていたわたし。今、三姉妹の母として娘たちに教えられることとは…?byさとえみ

前回エピソード「女の子だから育てるのがラク?三姉妹の母が思う、女の子育児のいい面&わるい面 byさとえみ」からの続き… そもそも小学生の頃から女子の集団で浮いていたサトウ。 今後起こるであろう「女同士の軋轢」的ないざこざがあった場合、うまく対処…

無いものねだりでなく、あるもの満足を。名刺大のハゲができて学んだ、ゆる育児のすすめ byマルサイ

今でこそお気軽に鼻歌まじりでユルユルと育児をネタにし楽しんでいる私にも、育児について眉間にシワ寄せ真剣に悩んでいた時代があります。 今回はそんな悩みの尽きなかった、長男2歳〜3歳頃のお話をしたいと思います。(ちなみにその頃は次男も生まれダブル…

女の子だから育てるのがラク?三姉妹の母が思う、女の子育児のいい面&わるい面 byさとえみ

ベルギーで三姉妹を育てています。 日本でもベルギーでも三姉妹は珍しいらしく、そしてよく「いいわね〜」と言われたり「女の子を生む秘訣は」とか聞かれたりします。 さらにいうとちょうど2歳差になるように3人立て続けに産まれたので(現在7歳5歳3歳)、「…

おみやげのラッピングに四苦八苦!器用でセンスのいいママ友に囲まれて…

うちの子が行っている保育園のクラスはわりとママたち同士が仲が良く、遊びに行ったり、ご飯を食べに行ったりしています。 子育ての悩みやストレスをわかってくれる仲間がいることはとても心強く助かっているんですが、どこか観光地へ行った時などに買ってく…