ゼクシィBaby みんなの体験記


「最初の成功」までが遠かったトイレトレ ── 暖簾に腕押しの日々から完了までの道のり by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 息子のトイトレは紆余曲折でした。1歳半の夏頃から意識はしていたものの、 やってみる→まだ無理そうで断念……というのを数回繰り返して、日中のオムツが完全に外れたのは3歳を過ぎてから。 >前回エピソード:恥じらいのある人…

恥じらいのある人間だったのに…いつの間にか男児が好きな例の言葉を自然に連呼するように by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 うちの息子は現在3歳で、例によってアレが好きです。男児がみな通る(?)アレ。 ちんちんです。 >前回エピソード:物が見当たらないとき・・・子供を疑う前に、まず一呼吸 by ユーラシア // 子供って何で好きなんでしょうね…

物が見当たらないとき・・・子供を疑う前に、まず一呼吸 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 親からされて嫌だった「無闇に疑われること」 「子供の頃に親からされて嫌だったから、自分は同じことを子供にしたくない」。 こういったことが誰しも多かれ少なかれあるかと思うのですが、 私の場合、それは「無闇に疑われる…

チケット売り場で謎の沈黙・・・身体は大きいけれど、まだ2歳なんです… by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。うちの子はどちらかというと大きめな男児です。と言っても発達曲線の範囲内(上限ギリギリくらい)なので、そんな腰を抜かすほど大きいとか、 町一番のビッグボーイとかでは全然ないんですけど、 年齢を言って「大きいね」と言…

女の子向けのピンクの洋服を選んだ息子。そのとき、私が考えるべきことは…? by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 息子はピンクが好きです。児童館で工作をするとき、好きな色の折り紙を選ぶように言われると 7割くらいピンクを選んできます。 >前回エピソード:「あ!○○まん!」見せていなかったテレビアニメを解禁した街中でのできごと by…

「あ!○○まん!」見せていなかったテレビアニメを解禁した街中でのできごと by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 テレビで子供向けのアニメがたくさんやっていますよね。 私は息子が1歳半を過ぎるまで、ほとんどアニメは見せていませんでした。育児中のテレビとの付き合い方がまだあまり掴めておらず、見せすぎることに抵抗があったし、まだ…

罪悪感はあるように見えるのに、「ごめんなさい」を言わない息子。その真意とは…? by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 前回エピソード:ちょっとそこまで…すっぴんでママ友にばったり!「出かけるとすぐ知り合いに会う」問題発動中 by ユーラシア 息子が2歳4ヶ月くらいの頃のことです。 息子は「ごめんなさい」と謝ることを拒否(黙秘?)するよ…

ちょっとそこまで…すっぴんでママ友にばったり!「出かけるとすぐ知り合いに会う」問題発動中 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 息子が産まれて以来、乳幼児の集まりなどを通して地域に顔見知りが増えてきました。とても心強い反面、困った事態になっています。それは「ちょっと出かけるとすぐに知人に会ってしまう」問題……。 前回エピソード:親も子も逃…

親も子も逃げ場のない、ワンオペ育児。せめて欲しいのは、気持ちをリセットする瞬間… by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 我が家は核家族のため、ご多分に洩れず基本は「ワンオペ」育児をしています。といっても週の半分は家族全員で夕食を取るし、それほど過酷な状況ではありません。 前回エピソード:我が家の歯磨きはまるで格闘技!? できる限り…

我が家の歯磨きはまるで格闘技!? できる限り健康な歯を維持してほしい! by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 赤ちゃんに歯が生えてくるとワクワクしますよね。 口の中に真っ白の小ちゃな歯が見えて、わあ……!と感激したのを覚えています。そこから一本、また一本と歯が増える度に、人間ってすごいなあ、こうやって成長していくんだなあ…

「お母さん張り切っちゃうぞ~!」インドア派な私がGWに珍しく出かけすぎた結果、反省… by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 5月に大型連休がありました。息子が3歳になり、お出かけが一層楽しくなってきた今日この頃。とは言えそもそも私はインドア派なので、連休をどう過ごすか悩んでいました。 前回エピソード:31歳でまさかの四十肩!? 育児って本当…

31歳でまさかの四十肩!? 育児って本当に肉体労働だ… by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 息子が2歳になった頃のことです。ある日、なんだか右肩に違和感が。ビリビリ、ジンジンして、肩の関節がバネになったかのようで、腕を自由に動かすことが出来なくなりました。痛みはその日のうちにどんどん強くなり、食器は洗…

迷い込んだ子育てダンジョンに、HP全回復スポットが出現!? 心に響いた心理士さんの助言 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 個別面談をした言語聴覚士さんからの勧めで、親子教室に参加することになりました。 (ここでいう親子教室とは、保健センターが主催しているもので、児童心理士や理学療法士など専門家が見守る中、親子で遊ぶ教室です。月2回の…

「テレビ、ありがとう!」テレビに助けられた、産後の私の思い出2つ by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 育児をしていると、子供にテレビ番組を見せるのはよくないという意見を見聞きします。確かに朝から晩までノンストップでテレビを見せて話しかけない…なんていうのは まあよくないんだろうな~とは素人ながら思います。 前回エ…

母半泣きで途中退出したリトミックの体験会。落ち着きなく走り回っていた息子だったけれど… by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。息子が1歳11ヶ月の頃。よく利用している児童館で、リトミック体験のイベントがありました。 前回エピソード:「ママ」という響きに憧れ、呼びかけていたのに…息子はあっさり「おかーさん」!? by ユーラシア 息子はピアノの音も…

「ママ」という響きに憧れ、呼びかけていたのに…息子はあっさり「おかーさん」!? by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。私には妊娠中から考えていたことがあります。それは「自分を何と呼ばせるか」問題。一般的には「お母さん」か「ママ」、あるいは「おかん」とか「かーちゃん」もアリ……? 前回エピソード:単語も増えてきて面談終了…と思ってい…

単語も増えてきて面談終了…と思っていたら、次は落ち着き?「見守りだけでなく手助けを」 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。息子が1歳10ヶ月のとき、言語聴覚士さんとの2回目の面談がありました。 関連エピソード:「私一人で悩まなくても大丈夫なんだ」強い安心感をもらえた、言語聴覚士さんとの初面談 by ユーラシア 息子はこの時点でだいぶ単語が増…

大分歩けるようになって楽しくお散歩 ♪ と思っていたけれど…改めて感じた「命の責任」 by ユーラシア 

こんにちは、ユーラシアです。 息子が1歳半になった頃、大分歩けるようになったので、ベビーカーへは乗せずにお散歩に挑戦してみました。子供と一緒に徒歩で散歩なんて、ワクワクするな~楽しいだろうな~と出発。そしてすぐに前言撤回。 前回エピソード:「…

「私一人で悩まなくても大丈夫なんだ」強い安心感をもらえた、言語聴覚士さんとの初面談 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。1歳半でまだ発語がなかった息子は、健診で引っ掛かり、 保健師さんの勧めで言語聴覚士の先生に会うことになりました。 前回エピソード:「あなた、お子さんに言葉を教えてますか? 」1歳半健診で医師に言われた厳しい言葉 by ユ…

「あなた、お子さんに言葉を教えてますか? 」1歳半健診で医師に言われた厳しい言葉 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 息子が1歳半になるとやってくる集団健診。私はこれを何故か非常に楽しみにしていました。 日頃、特段知識のない私が主に一人で育児をしているため、医師や保健師さんからの「元気に成長していますね」というお墨付きが欲しかっ…

土俵をおりても泣き続ける子が続出!?あまりにも怖すぎた泣き相撲…而してその参加料は? by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。息子が1歳を過ぎた頃、地元で「泣き相撲」なるイベントが行われることをチラシで知りました。 前回エピソード:ごめんねー、息子。上目線だったのには理由が…今だから分かる、写真&撮影の盲点3つ by ユーラシア 詳細は地域や…

ごめんねー、息子。上目線だったのには理由が…今だから分かる、写真&撮影の盲点3つ by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。赤ちゃんが産まれると、とにかく写真を撮る機会が格段に増えますよね。可愛くて大事な写真が日に日に増えていく幸せを噛み締める毎日ですが、 写真について「これは盲点だった…」と思ったことがいくつかありました。 前回エピソ…

「え!鯛がない!?」バタバタだったけど夫婦で奮闘した“お食い初め”は達成感あり! by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 育児が始まると同時に様々なイベントが目白押しでやってきます。その中でも特に記憶に残っているのは、生後100日頃に行ったお食い初めでした。お食い初めは子供の健やかな成長を願って行う儀式だそうで、お祝い膳を用意して祖…

親子揃ってロスなし!? ビックリするほどアッサリと完了してしまった…断乳 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 私が断乳を考え始めたのは生後8ヶ月の頃。育児雑誌の断乳特集では「断乳してから三日三晩泣き続けた」「なかなか離れてくれず、おっぱいに絵を描いた」などの苦労エピソードを目にして、「母乳を安定させるために苦労したのに…

将来、野球部に入って坊主になったらどうしよう…! ちょっと気になる愛しい息子の頭の形 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。突然ですが、息子自慢をさせてください。うちの息子は本当に可愛いんです。目は少したれていて、鼻は控え目、上唇がツーンってなってて、肌はピカピカ、顔はぷくぷく、中身はもちろんだけど、見た目だって私には非の打ち所がな…

親切にされることに不慣れだったけど…勇気を出して声をかけてくれた<ヒーロー>に感謝を! byユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。以前育児中は他人からあれこれ口を出される、というような話を書いたのですが、 その一方で、子供を産んでから思わぬ親切を受けることも増えました。 関連エピソード:急に話しかけられて泣いたら、人見知りは可哀想!?…理不尽極…

ママ友の一人も作れないなんて。空回り、焦り、妄想…そしてやっと気付いた、“適度な関係” by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 今や「ママ友」という言葉、聞かない日はないと言っても過言ではないくらい メディアに溢れています。私は元々人付き合いが苦手で、友達もそれほど多くないことから、 「ママ友が作れるかどうか問題」は出産前から不安の種でし…

離乳食開始数日で食べなくなった10倍粥…“押してもダメなら引いてみろ”の精神で無事解決! by ユーラシア 

こんにちは、ユーラシアです。 生後4ヶ月を過ぎた頃から、私達の食事になんとなく興味を示すようになり、5ヶ月ちょうどから離乳食をスタートさせました。 前回エピソード:急に話しかけられて泣いたら、人見知りは可哀想!?…理不尽極まりない、勝手な育児アド…

急に話しかけられて泣いたら、人見知りは可哀想!?…理不尽極まりない、勝手な育児アドバイザー by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 子連れで外出するようになって驚いたのは、とにかく声をかけられまくるということです。私は元々どちらかというと話しかけられやすいタイプなのですが(いわゆる「道を聞かれやすい人」)、それにしてもこんなに知らない人に話…

「…ええい、離婚だ離婚!」整理できない不満、気持ちの余裕ゼロ…まさかの離婚危機に!? byユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 里帰りを終え、0歳育児まっただ中の頃。私と夫は離婚危機に直面していました。言い出したのは私。理由は、夫が私の生活の変化にあまり気付いていなかった(少なくともそう見えた)ことです。 前回エピソード:気分は24時間待機…

気分は24時間待機のビジネスマン!? 不安定な新生児の睡眠「今夜は何時間くらい眠れるだろう…?」 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 育児で大変なことの一つに、「睡眠が取れないこと」がありますよね。私が辛かったのは、「眠れないこと」そのものより、「自分がどのくらい眠れるのか、見当がつかなかったこと」でした。 前回エピソード:「一日中、畳の目を…

「一日中、畳の目を読んでるよ!」息子に言われるそんな将来…これでいいんだろうか、私!? by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 私は現在専業主婦で育児をしています。将来は仕事に就くことを希望しているのですが、保育園の空きがないこともあり、息子が小学校か、少なくとも幼稚園に入るまでは専業の予定です。 前回エピソード:多い荷物!面倒な準備!…

多い荷物!面倒な準備!置き忘れ!…「外出するときの荷物問題」は〇〇〇でクリア! by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 手探りの新生児期をようやく終え、0歳育児が本格的にスタートしたときに 私が難儀したことの一つ、それは「外出するときの荷物問題」でした。 前回エピソード:「大丈夫だよ」日々の不安に優しく勇気をくれる…「ネット」は初め…

「大丈夫だよ」日々の不安に優しく勇気をくれる…「ネット」は初めて育児の心強い味方でした  by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 初めての育児は誰しも手探りだと思いますが、私は何が分からないのかも分からず、というか何もかも分からず、赤ちゃんが動いたり表情を変える度に、「今のは一体!?」「この動きは!?」と、ドキドキしていました。手足を高速…

「赤ちゃんの面倒は私が見るんだから!」産後のガルガル期、今となっては…本当にすみません by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 孤独な育児に疲れて里帰りしたときのことです。 前回エピソード:「専業主婦だから私がやらなければ」気負い過ぎ疲れ果てたどん底期を救った、環境の変化 by ユーラシア 一人ではとてもやっていけなくて実家を頼ったというのに…

「専業主婦だから私がやらなければ」気負い過ぎ疲れ果てたどん底期を救った、環境の変化 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 我が家は夫が休みを取って出産に立ち会いましたが、退院してからは通常の勤務に戻りました。なので日中は私一人で育児しなければならなかったのですが、これが思っていた以上にハードでした。 前回エピソード:退院の日。私と…

退院の日。私と孫を自宅に送ると、父は、玄関先で引き止める間もなく帰宅した… by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 子供を産んで初めて親の気持ちが分かる、なんて言ったりしますが、 私は親になって数日、病院から退院した日だけで、母の苦労がとってもよく分かったような気がしました。それは、父がまったく育児をしてこなかったことが分か…

生後数日にしてビーチで日光浴!? 子育てには「発想の転換がとても大切だ」と学んだこと by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 育児はとにかく心配の連続だということを、産後すぐに思い知りました。 私は心配性で常に最悪の事態を想定して生きてる派なのですが、 育児するにあたって「心配、不安」にぶち当たったとき、 発想の転換がとても大切だと学ぶ…

「まさかあまり出ないなんて…」母乳推奨産院の深刻なプレッシャーに、夜な夜な乳を搾る妖怪に!by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 産後の入院中、赤ちゃんのお世話について色々と学ばなければならないとき、 私はあることにとても悩まされました。 それは母乳。 前回エピソード:出産したら「私は赤ちゃんのためだけに生きるマシン…?」絶望から救ってくれた…

出産したら「私は赤ちゃんのためだけに生きるマシン…?」絶望から救ってくれたのは… by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 赤ちゃんを無事にこの世に生み出した夜。 本来ならば幸せいっぱい、幸せの絶頂とも言えるはずの時間でしたが、 そう手放しで喜べる気分ではありませんでした。 むしろ、逃げ出したくて、でも逃げ道なんてどこにもないことが分…

「オゥルベクプ…」聞こえてきたのは奇妙な産声。…もしや我が子はエイリアン!? by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 長い妊娠生活や壮絶な出産を経てようやく訪れる我が子との初めての対面は、 多くの人にとって感動の一瞬だと思います。 私ももちろん感激はしたのですが…… その前に数分間「我が子がエイリアンじゃないかと錯乱する」というワ…

分娩中に助産師さんがまさかの和痛否定!「先生…追加の麻酔を打ってくれ!」 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 私は和痛分娩を選んだので、「そんなに痛くない、穏やかな出産」をイメージしていましたが、 残念ながらそんな理想通りには行きませんでした。 前回エピソード:激痛を受け流す私を直撃したもの…ラミナリアの恐怖3連発!「先生…

激痛を受け流す私を直撃したもの…ラミナリアの恐怖3連発!「先生ーーー! 血が流れてるの感じるよーーー!」by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 分娩を翌日に控え入院し、硬膜外麻酔のチューブを入れられた私は、一息つく間もなく次はラミナリアを入れられることに。 前回のエピソード:看護師に押さえつけられ、隣室からはうめき声…。恐怖感MAXのなか打たれた無痛分娩前…

看護師に押さえつけられ、隣室からはうめき声…。恐怖感MAXのなか打たれた無痛分娩前の麻酔 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 一般的に出産は陣痛が来たら行うため、予定日は目安でしかありませんよね。 が、私は計画和痛出産という分娩方法を選んだので、あらかじめ分娩日が決められていました。そして陣痛を待つことなく、その前日に入院し、分娩をス…

早生まれってかわいそう?周囲の早生まれの人にリサーチしてわかったこと by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。今回は妊娠中に初めて知った「早生まれ」についてです。 前回エピソード:痛みを感じなければ愛せない…なんて絶対ない!私が計画無痛分娩を選んだ理由 by ユーラシア 私の出産予定日は4月初旬でした。計画分娩を希望していたの…

痛みを感じなければ愛せない…なんて絶対ない!私が計画無痛分娩を選んだ理由 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 妊娠が分かってから、私がずっと恐怖を感じていたことーーそれは、出産の痛みです。 出産を「鼻の穴からスイカ」「ハンマーで骨盤を叩き割られる」など例えることがありますよね。私は当時ただでさえつわりで毎日ギリギリ生き…

カウントダウン?初日の出?乳幼児育児には祝日なんてありません…(涙) by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 前回エピソード:わたしはセレブ?初めて知る超豪華な産院サービス合戦と現実に衝撃が走った日 by ユーラシア 突然ですが、お正月に食べるおせちに日持ちする料理が多いのは、 年始に女性が台所に立たなくていいように、という…

わたしはセレブ?初めて知る超豪華な産院サービス合戦と現実に衝撃が走った日 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 妊娠が分かってから半月が経つ頃、ぼちぼち産院について調べようかなと、自宅・実家の近辺にある病院をリサーチし始めました。 (当初健診に通っていた病院は自宅の最寄りの総合病院だったのですが、里帰りや無痛分娩などを検…

「花ちゃん…あなた、男の子だったの?」夫の言うことは真に受けるまい、と固く誓った日 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 今回は赤ちゃんの性別の話です。 前回エピソード:毎朝、黄緑色の液体を嘔吐し、昼間は唾液地獄。つわりが出産日まで続いた暗黒の十月十日 by ユーラシア 昔の漫画や映画などで、たまに見る場面があります。 それは妻が必死で…

毎朝、黄緑色の液体を嘔吐し、昼間は唾液地獄。つわりが出産日まで続いた暗黒の十月十日 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 いざ妊婦としての日々がスタート。 前回エピソード:「どうか妊娠していませんように…」待ち望んだ赤ちゃんを拒絶してしまった日 byユーラシア 出産を指折り数えたり、赤ちゃんの名前を考えたり、ベビーグッズを揃えたり…… 妊…