読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


知りたいのは「WHY?」の先の答えじゃない。「子育ての理想」に近づくためのキーワード by うだひろえ

前回エピソード:怒っても伝わらないんじゃ意味がない!イライラの感情が爆発した後にできること by うだひろえ 『理想』って、本来ステキなモノのはずなのに、子育てしてると、なんでか苦しめられるんですよね。 いつも笑顔のお母さん。優しくて寛大で時に…

おっぱいをうまく吸えない赤ちゃん。ミルクを足しながらの、不安だらけの授乳

2580gとやや小さめでうまれた娘。出産後5日間の入院中は、なかなか母乳をうまく飲ませることができませんでした。とにかく赤ちゃんの口が小さく、吸う力も弱く、飲ませようとしても、ほとんど飲まずにすぐ寝てしまうという状態でした。 「3時間ごとに授乳を…

初産。里帰りできない&産後の手伝いナシってそんなに無謀なこと!? 前編 by肉子

こんにちは、肉子です。 前回のエピソード:待ち望んでいた言葉がやっと聞けた!! 低グレードの卵子だけど妊娠できました by 肉子 高度不妊治療を経て妊娠したわたしですが、産後の大きな不安がありました。 それは 里帰りできず、産後の手伝いをしてくれる…

産後の骨盤ケアは重要!ケアを怠った私に突然襲ってきた激しい腰痛

出産がゴールだと思っていた私は、長女の産後、自分の骨盤ケアについて全く考えていませんでした。「体重が減っているから大丈夫」と、自分の骨盤についてケアしなかったのです。そんな日々を過ごしていたある日、急に激しい腰痛に襲われて日常生活もままな…

何度も弟を噛む兄に母の怒りは爆発。泣きじゃくる兄をみて、初めて気づいたこと by ぴよととなつき

長男1歳9カ月、次男を出産し1ヶ月検診も終えて東京の自宅に帰ることになりました。 今まで実家に頼り切っていた状態から抜け出し、生活リズムを整えたい!! 里帰り期間中ずっと外食続きだった夫に健康的な食事をしてほしい!! と、育児と家事の両立に意気込…

私の赤ちゃんを取らないで! 親身に手助けしてくれる義母や旦那への、この感情は何?

妊娠8ヶ月から産後1ヶ月くらいまで、自宅から車で6時間かかる義実家にお世話になることになりました。 産まれるギリギリまで吐きつわりがひどかったのもあり、家事はほとんど義母がやってくださり、慣れない環境ながら、周りの人に支えられて無事に息子を出…

「男児母あるあるだよね〜」女の子ママの声に辛かったあの頃の記憶が蘇る byイシゲスズコ

こんにちは。イシゲスズコです。 今日は、子供を育てる中で出会う固定概念のお話。 前回のエピソード:「ママは笑顔で」と言われても…。我慢して無理に笑っていた私が気づいたこと、実践したこと byイシゲスズコ 「ムリ〜」「私には育てられないわ〜」 たま…

同じ悩みを共有できる「一人目をお世話するママさん」に会える場所。SNSに救われた私 by つかさちずる

こんにちは!ちずるです。 前回のエピソード:赤ちゃんは大変で当然、ママはラクをするな…「自分でかけた呪い」に気づいた日 by つかさちずる 今回は娘が0歳のとき「一人目を育てるママさんと話したい!」と思ったお話をします 娘を産んで間もない頃、通り…

自分で乗り越えなきゃ!と強がりすぎて相談せず、助産師さんにも心配された初授乳

初産で母乳についての知識は全くなく、乳首が黒くなるだの伸びるだの…そんな情報程度でした。 初産婦向けに産婦人科が行っていた母乳学級を受け、母乳の仕組みを知り、乳頭チェックまでしてもらいました。 習った乳頭マッサージを自宅で行うも、初心者には痛…

怒っても伝わらないんじゃ意味がない!イライラの感情が爆発した後にできること by うだひろえ

家事育児に追われる日々は、自分の「感情」との戦いの日々、でもあります。以前の記事で、「イライラ感情の見える化」をするようになったこと、書きました。 過去記事:このイライラを何とかしたい!!「ママのイライラ図」で感情を見える化してみたら… byう…

2人目はマタニティブルーにならないと思ってたのに…。実母の気まぐれに翻弄され涙

第1子を出産した時は産後の知識がほとんどなかったので、赤ちゃんが生まれてきたら毎日がHAPPYになるものだとばかり思っていた私。 「マタニティブルー」という言葉を聞いたことはあったけれど、“マタニティー=妊婦”のことだと思っていたので、産後は…

「実は、うちの子…」ダウン症児ママのカミングアウトに役立った“ワンクッション”

「うちの子、障害があるの」――こうしたインパクトの強い話を切り出されたら、どうしたって受け取り手は驚き、戸惑ってしまうのではないでしょうか。 我が家の第2子である娘は、生後1か月でダウン症の確定診断を貰いました。娘の障害に関して、親戚や友人への…

呼んでもお母さんは来ない…娘に悲しい思いをさせないために、母は誓う! by チカ母

すぐに娘の寝ている布団に潜り込み 「お母さんいるよー、大丈夫だよー。」 と、声をかけるとすぐに寝息をたて始めたのですが ふと、こんなことを考えてしまいました。 前回エピソード:え?記憶と違う!? 思い出のつまった素敵な森は…母となった今、ホラーな…

膣壁下垂?!何か挟まってる、、、

初産の妊娠後期に初めて経験した、《おまたに何か挟まってる?!》感覚、、、 立ち仕事をしていたから、足も陰部も静脈瘤でボコボコ。そのせいで鬱血でもしてるのかなぁ。と、思っていて、出産すると次第にその挟まってる感覚もなくなっていきました。 とこ…

おっぱいトラブルだらけ、4回も乳腺炎に!

妊娠中におっぱいマッサージをしたりして母乳がすぐに出始めました。あー、母乳が出てよかった。と思っていたら出るわ出るわ、入院中からおっぱいはかちかち、鎖骨の下まで余ったおっぱいでぱんぱんで寝返りも打てない程でした。生まれたばかりの娘は飲んで…

どんなに食べてもママの体重が減っていく。とにかくお腹が空きまくった母乳育児

第一子である娘を出産したとき、生後6ヶ月の時期まではミルクとの混合育児でした。混合といっても、ほとんど母乳は出ていませんでしたのでミルク中心でした。娘が生後1ヶ月に満たない時期は、外出することもなく、実家に戻っていたので、家の中で動き回るこ…

帰宅早々、早くも乳枯れでピンチ!すごく飲む&眠らない、ダンスィ乳児とのワンオペ育児 by まきりえこ

今回はついに、わくわく退院の日のお話、のはずが…。 おかしい…。赤ちゃんを産むのが楽しみな記事を書くつもりがどんどん怖い方向へ…。 前回エピソード:赤ちゃんて無力な存在じゃなかったの!? 活きが良すぎる新生児爆誕で「ダンスィ母ライフ」開幕! by ま…

「またどうせ休むんでしょ」産後に職場で言われショック…でも後輩のためにも辞めない!

産後1年、子供の1歳の誕生日を迎えて職場復帰をしました。 保育園、病児保育やファミリーサポート、近所のママ友などに根回しをして事前の準備は万端!(の、つもりでした) 意気揚々と「お仕事がんばるぞ!」と復職した矢先に言われたのが、タイトルである …

ビッグベビーの次男に限界まで吸い尽くされてげっそり…。身を削って育てた授乳の思い出 by tomekko

こんにちは。Tomekkoです。 前回に引き続き、授乳期と卒乳のお話、次男編です。 前回のエピソード:巨乳でスリムなプロポーションを手にいれた授乳期。卒乳とともに魔法が解けた母体の運命は… by tomekko 長男から4年空き、母34歳。 やはり加齢によるものな…

ママ友たちと合同で1歳の誕生日会!それぞれの得意分野発揮でチームワークの良さに感服! by ぐっちぃ

こまめのまめが1歳になろうとしている頃、2つのグループから「誕生会をやりましょう」とお誘いがきたんです。 前回のエピソード:すさまじい量の荷物、真夜中の嘔吐…!てんやわんやの双子連れ大所帯旅行 by ぐっちぃ 最初は同じ病院で生まれた12月生まれのお…

赤ちゃんは大変で当然、ママはラクをするな…「自分でかけた呪い」に気づいた日 by つかさちずる

こんにちはちずるです! 今回は友人の赤ちゃんを見に行って、夜泣きの話をしたときのことです。 前回のエピソード: 動きやすさ、洗いやすさ重視のママ装備。自分だけの好みで鞄を買えるってなんて贅沢! 私と友人には共通の友人Aさん(子どもがいない)がい…

ストレスとの向き合い方について

私が、辛いなあと思ったときのことを書き記すと 周りの人間は、当事者ではないので、辛さがわからないこと そして、お互い人間で、一生懸命生活しているということ 余裕がないと、他人を思いやることが、難しい時です。 ただひとつ、私が思うのは、自分を責…

便秘からの痔

まさか、帝王切開の私が痔になるとは思っていませんでした。 出産して2週間が経った時のことです。夜中、眠い目をこすりながら授乳をしていました。突然、尾てい骨の辺りが猛烈に痛くなり、座ってられなくなりました。早々に授乳を切り上げ、赤ちゃんを寝か…

人気ブロガーYokoさんが対談!ママになっても“女”を諦めない『私らしい美しさ』

妊娠・出産・育児と目まぐるしく変化する日々の中で、「美しくなりたい」という気持ちをどこかに置き去りにしていませんか?おしゃれなプチプラコーデを提案する人気ブロガーYokoさんと、女性の「美しくなりたい」気持ちに寄り添い続けるワコールの「Date.」…

おっぱいトラブル!ガチガチおっぱいの治し方。

娘が6ヶ月になり可愛い歯が生えてきました。喜んでいたのも束の間、おっぱいを噛まれて傷ができてしまいました。3ヶ月頃からミルクを嫌がるようになり完母になっていたので、傷ができたからといってミルクを飲んでくれるはずもなくベビーバーユを塗りラッ…

胃が痛い!全身がボロボロに!

産後、1か月半経ったある夜、突然、胃の辺りが痛み出し、救急搬送されてしまいました。 診断は、胃痙攣。点滴で薬を投与され、痛みが治まったため深夜に帰宅。しかし翌朝も同様に胃痙攣に。 原因は?もしかして悪い病気??内科に行き、エコー、胃カメラ、…

抜け毛

産後3ヶ月くらい経ってから抜け毛が目立つようになりました。もともと毛量が多かった私は、最初はそこまで気にしていませんでした。いきなりと言うよりは、徐々に抜ける量が増えてきた感じです。 産後3ヶ月くらいの入浴の際、シャンプーをしていると手にもの…

母乳の出が悪く

産後3日目から少し母乳が出始めました。 でも赤ちゃんは、吸わせようとするとギャン泣き 生まれたらすぐ飲んでくれるものだと思っていたのですごい心が折れました。 退院後、搾乳してあたえていたのですが、頑なに母乳を嫌がり、搾乳しても少ししか出ずその…

出産直後、来ないはずの義両親がなぜか目の前に!私の気持ちを優先してほしかった…

私は30歳で初めて妊娠しました。妊娠が発覚した時は、嬉しさと不安とが入り混じった気持ちでしたが、早く我が子に会いたいと高ぶる気持ちが大きかったです。 それは、私の両親や夫の両親も同じでした。特に夫の両親は初孫ということもあって、大変な喜びよう…

無事故無違反でもゴールドにならない!?妊婦と運転免許更新の落とし⽳。by ゆむい

前回記事で、出産を理由に運転免許証の更新⽇を、 定められた期間より1ヶ⽉ 前倒しした話を書きました。 「更新期間前の更新⼿続き」というシステムです。 前回エピソード:警察の皆さんから姫扱い!?正産期+産褥期に運転免許の更新期間が丸かぶりした時…

引っぱる、転がる、ぐるぐる回る…巷であるある!!『子ぐずり百景』 by ちちかわえみぞう

皆様こんにちは、愛用の冬用レギンスが、着回しすぎて穴だらけになってきたちちかわです。 前回エピソード:クリスマス目前!『踏んだらイヤなおもちゃ』ランキング。1位は定番のアレ by ちちかわえみぞう 子どもと言えば 皆ひとえに泣くもの、ぐずるもの。 …

え?記憶と違う!? 思い出のつまった素敵な森は…母となった今、ホラーな場所に!by チカ母

その公園は、近所の友人たちとよく遊んでいた公園で、私の幼少期の思い出の多くはその公園と森で出来ていると言えるほど、記憶に残っている場所でした。 せっかくなので、娘にもお母さんが遊んでいた公園と森で遊ばせてみよう、と思い懐かしさを胸に、その公…

怒鳴ってしまう罪悪感、子育てが怖い…。誰にも言えなかった心を助けてくれたのは

我が家は授かり婚で、妊娠も出産も子育ても、結婚生活すら初心者という、何もかもが不安だらけのスタートでした。 ですが思ったより2時間おきの授乳も、夜泣きも、子育てに関することはまったく辛くありませんでした。辛さよりもずっと我が子の可愛さが勝っ…

泣いてる赤子を見るや光の速さで構ってしまう!パブロフの犬的おばちゃん勢の正体は… by 熊野友紀子

なんでしょう、パブロフの犬っていうんでしょうか、 電車などで泣いてる乳幼児さんがいると どうした!眠いか!などとものすごく気になって 声かけてしまうんですよ…。 泣いちゃったらと思うと電車などには乗りにくい、と 思われる親御さんもいらっしゃるか…

脱・不安→ストレス→しこり…の悪循環。相談先を多く持って、母乳の悩みを乗り切る!

産後すぐに両胸に白斑ができてしまい、初っ端から痛くて辛い授乳続きでした。 妊娠中は血糖値が高かったため食事に気をつけていて、産後は少し自由に食べられると楽しみにしていたのに…。 産後のおっぱいがこんなに痛いなんて知らなかった!!と、半泣きでし…

三人目ともなると育児は「できて当たり前」!? 保健師さんの一言に思わず溢れた涙 by 育田花

三男が産まれた時の心配事。それは次男の赤ちゃん返りです!次男が産まれた時に1ヶ月ほど長男が赤ちゃん返りをして、いつもよりぺったりくっついてなかなか大変だった記憶が残っていたのです。 しかし実際に三男が産まれたら・・・ 長男がまさかの赤ちゃん返…

忘れられない3月11日。渋谷のど真ん中で地震に遭遇。5時間歩き通して保育園の息子のもとへ

「もしも子どもに何かあったら・・・」と、ママは不安に考えがち。でも、「心配しすぎたね」って後から笑える方が、断然いい。震災に遭い、そんな不安を目の当たりにしたママの体験談をご紹介します。

里帰り明けにぶつかった食事問題

産後約二ヶ月、実家にたっぷりお世話になった後、じぶんの家に戻ったときにぶち当たった問題です。 里帰りをしている間は赤ちゃんが泣いていても親があやしてくれて、 「ごはん食べちゃいなさい」 と三食用意された食事を食べていたのですが、里帰り後は夫が…

カフェインは気になるけどコーヒーが好きすぎる!そんな夫婦のリラックスタイムのお供は… by のばら

どうもこんにちは、のばらです。三児の母頑張ってます。 さて、同じく絶賛育児中のパパママさん、子どもたちを寝かし付けたあとのほっと一息できる時間どんな風に過ごしてますか?我が家は夫婦で1日の出来事を話したり、借りてきた映画のDVD鑑賞したり。…

力みすぎていた私の初めての「手抜き育児」。産後の出血が教えてくれたこと by ナナハル

前回エピソード:自宅から1時間圏内&両親フルタイム勤務の実家。里帰り出産する?しない?悩んだ結果 by ナナハル 退院して3日目、ちょうど生後1週間がたった日のことでした。 産後の悪露は子宮内に残った胎盤や卵膜、血液などが混ざり排出されるものな…

乳首にできた血豆にゾッ!激痛おっぱいで授乳の時間が怖くてしかたない…

2人目を出産して2日目。右側の乳首に血豆が出来ました。 授乳の度に激痛がはしり、一生懸命おっぱいを飲む赤ちゃんを見て幸せな気持ちになるはずの授乳の時間が、怖くて仕方ありませんでした。 1人目の時にも授乳の際に乳首が裂けて出血し、痛くて痛くて何度…

大好きなミニスカが…

最初にダイエットの話とかではないんですが 私は妊娠する前までは、寒くてもファッションに足を出すのが普通だ!って思ってました。 ミニスカも短パンもばりばり履いてました。 むしろスキニーやタイツなどを持っていませんでした。 妊娠初期は悪阻で5キロ…

資格を取って就職した直後に2人目妊娠。職場に迷惑…と悩む私に「辞めたらダメ!」

一人目妊娠と同時に仕事を辞めた私。 生まれてしばらくは、慣れない育児にてんてこ舞いで、仕事復帰なんて考えられませんでした。 でも、育児が落ち着いて来ると、『私、こんなことしていていいのかな?何か、社会の役に立ちたい!仕事したい!』という欲が…

乳歯がはえてからが地獄の始まり!噛まれて引っ張られて…授乳のたびに悲鳴!

第一子である娘は、産後から離乳食が始まる6ヶ月前までは、母乳の出が悪かったのでミルクとの混合育児でした。離乳食が始まり一回食の時は、離乳食以外をミルクで補っていましたが、離乳食の量も増えるにつれ母乳の出も良くなっていったので、気づいたら母乳…

巨乳でスリムなプロポーションを手にいれた授乳期。卒乳とともに魔法が解けた母体の運命は… by tomekko

こんにちは。先日、図らずも次男に卒乳していかれて複雑な心境のtomekkoです。 前回エピソード:抱っこ&おんぶを楽にする鍵は「高さと密着度」だった!万能抱っこひもを求めて… by tomekko 普段更新しているinstagramの方でも卒乳の報告をした際、100を超え…

動きやすさ、洗いやすさ重視のママ装備。自分だけの好みで鞄を買えるってなんて贅沢! by つかさちずる

皆さんは白い服って着ますか? 私はよごされるのが目に見えているので母子ともに白い服は普段避けているのですが、最近保育所で真っ白なニットを着る3児のママさんを見て「白い服着ていいんだ!」と感動をしました。 前回エピソード:いてくれるだけで、あ…

私ははミルク頼りのダメな母…? 実母たちの体験談がプレッシャーだった母乳育児

出産したらおっぱいは当たり前の様に出るものだと思っていた私。 出産してすぐ、カンガルーケアの際、助産師さんが娘におっぱいを吸わせてみよう、と言い、娘に吸ってもらったらすごく吸い付いてきて… 「あーちゃんと出てるんやーーー」 と嬉しかったのを今…

産後垂れてしまったおしりは、“子どもと歩きながらヒップアップ作戦”で取り戻せ by チカ母

教育番組風にスタートしてみました。 産後だからなのか年齢的な問題なのかわかりませんが、重力に逆らえなくなってきたこのおしりをどうにか出来ないものかと考えていまして、生活の中にヒップアップの運動を取り入れることに。 前回のエピソード:“揺らす”…

おっぱいは出るけど…授乳がうまくいかず鬱に。新生児期を楽しめなかった私が思うこと

私は、産後すぐから、母乳がいっぱい出ました。 母乳の悩みは、母乳が出るか出ないかしかないと思っていたので、安心していました。 ですが、そこからが地獄の始まりでした。 私の子供は、小さく産まれた事もあるし、さらに、口が小さい、そして、緊急帝王切…

孤独な日々よ、さようなら。「うちの子がスミマセン~!」攻撃 でママ友の輪に飛び込んだ日 by ぴよととなつき

はじめまして!インスタグラムで育児絵日記を描いています「ぴよとと なつき」といいます。夫は仕事が忙しく、平日は朝早く会社へ行き終電で帰ってくる…という生活をしています。さらに夫の転勤により、長男が1歳の頃に地元の関西を離れ東京にやってきた私た…