赤すぐみんなの体験記


母乳とミルク、肩肘張らずにどちらも上手に取り入れたい!

1人目の時には慣れない育児で体調を崩してしまったのもあり、母乳育児を思うようにできず、ミルクと混合での育児となりました。 そして2人目を妊娠。出産準備では混合になることも考えて哺乳瓶などミルクに使うものも必要最低限用意していましたが、1人目の…

2人目出産時にもなかった後陣痛。3人目の出産でついに体験!

出産を終えてひと安心と思いきや、人によっては後陣痛の方が辛かったなんて声を聞きます。後陣痛は誰にでもあるわけではなく、またその痛みの感じ方も人それぞれといわれているそうです。ただ初産婦よりも経産婦の方が後陣痛の痛みが強くなりやすいとのこと…

出産祝いの言葉が「腱鞘炎に気をつけてね」!? その真意がわかったのは数ヶ月後のこと by トキヒロ

こんにちは、トキヒロです。 前回の記事:抱っこのしすぎで腰がピンチ…。ぎっくり腰を回避すべく、腰にやさしい生活を! by トキヒロ 小さい頃、おばあちゃんが「ここが痛い」「あそこが痛い」というのを聞いて 「怪我じゃないのに体痛いって不思議だなぁ」…

ラクと言われる授乳姿勢にチャレンジ。胸が小さすぎて、まさかの「添い乳」ならず!?

私はBカップです。小さい頃は祖母が巨乳だったため、自分も巨乳になると疑いもしなかったのですが、中学時代に僅かに育ってそのままの姿で止まった我が小さき乳房と付き合ってはや20年。 昔はもっと胸が大きくならないものかと少し悩んだこともありましたが…

長女がいない時に次女を愛でているのがバレた時は、もはや二股気分?! by きのかんち

下の子が生まれると、上の子は色々な感情を味わうと思います。私自身長女だったので、妹が生まれた時は嬉しさ可愛さと同時にヤキモチや寂しさも味わいました。そんな実体験もあってか、下の子とイチャイチャするときは特に気を使っていました。基本、上の子…

産後、くしゃみをするたび尿漏れが。骨盤底筋運動で引き締めを実践!

私には現在3歳2ヶ月と1歳8ヶ月になる息子がいます。年子での出産でした。 2人目の出産では、長男の時にはなかった産後の尿漏れがありました。2人目の時は妊娠中から頻尿でしたが、まさか自分が産後に尿漏れになるなんて考えてもいませんでした。 よくくしゃ…

子ども相手に怒って自己嫌悪・・・。そんな時に役立ったのはこれ! by まいこ

育児…特にまだ言葉を理解してくれないほど小さい子を育てている時など、感情的に怒ってしまい自己嫌悪に陥ることってきっと誰もがありますよね。 そのあと、「ママが悪かったね。ごめんね。」などと声をかけてぎゅっとしたり、寝顔を見て涙が出そうになった…

やる気がないのではなく、やり方が分からないだけ…? 休日の過ごし方が変わった、ある出来事 by グラハム子

こんにちは! シンプルに脚が太い!グラハム子です。 さて、今回は息子が3歳、娘が1歳半の時のお話。この頃ちょうど娘が卒乳し、ようやく私も1人で長時間の外出ができるようになりました。 なので夫に「ずっと行きたかったホテルランチに友人と行きたい」と…

母乳があまり出ないと助産師さんに相談!アドバイスの結果・・・ by チッチママ

皆さんこんにちは、チッチママです。産院にもよると思いますが、私がお産した産院では生後1週間健診がありました。そこで助産師さんと育児相談できる時間があったので、1番悩んでいた「母乳の出」について相談した時の事をお話しします。 母乳が出なければ…

せっかくカナダに来たのに寝たきりの毎日。絶望しかなかった、つわり期 by さやえんどう

前回エピソード:逃げ場がない!カナダのりんご園でのつわり地獄。現地の対処法を調べてみると… by さやえんどう せっかくカナダに来たのに、連日寝たきりで消耗するばかり。 「何か食べられるものを・・・」とキッチンをさまよってみるけど食べたいのは「日本…

子どもの仕事に賃金を払い、対等に交渉も。我が家の「おこづかい制」を紹介します! by tomekko

こんにちは。tomekkoです。 少し前になりますが、長男がお正月に6歳になりました。この春からはいよいよ小学一年生です! 前回のエピソード:なんでも邪魔してくる弟に平和主義の兄が初めてのマジ切れ!その衝撃の反撃法は… by tomekko ほんの数年前に、ふに…

「気にしすぎ」と「適当すぎ」の狭間で…親世代に感じる育児のジェネレーションギャップ by こたき

前回、「かわいそう」と言われることについて書きましたが、それに限らず育児中に言われてグサッとくるワードは数多くあります。 前回のエピソード:「かわいそう」って言わないで!生まれつきのアザを指摘され続けるのが辛かった by こたき 特にすべてが初…

怒りと上手につきあえれば、笑顔の時間を増やすことができる。私の“6秒ルール” by うだひろえ

こんにちは、うだひろえです。「赤すぐみんなの体験記」で、妊娠・出産・産後育児の体験記を書かせてもらっている、2児の母です。 今回、『マンガでわかる 怒らない子育て』(著:安藤俊介、長縄史子/永岡書店)という本で、「ママのためのアンガーマネジメン…

ワーキングマザー歴10年。トライ&エラーの日々で学んだ2つのこと

ワーキングマザーになってもうすぐ10年。まだまだトライ&エラーの毎日です。でも失敗をしたからこそみえてきたことやわかったことがいくつかあります。 その中の2つを紹介したいと思います。 まずひとつめに「かかりつけ以外の病院のリサーチ」があります。…

水分不足で母乳が出ない? 1日3リットル目標で水を飲み漁ってみたところ…。 byきたあかり

こんにちは、きたあかりです。 前回エピソード:「あ、これの事かも…」授乳室のドアを開けた瞬間に思い知らされた、看護師さんの過剰な気配り byきたあかり NICUに入ったムスメへおっぱいを届けるため、搾乳を初めて2日目。 3時間おきに搾っていましたが、本…

母乳育児にこだわりすぎていた私。新生児の体重が増えなくて思わず涙

私は30歳の時、第2子を出産しました。産まれてきたわが子は可愛く愛おしい存在でした。 息子は予定日より2週間早く生まれ、2400gの未熟児でした。しかし、体は元気で問題ないとのことで、予定よりたった1日だけの遅れで退院することができました。 ところが…

夫に子どもを預けて久しぶりの自分時間。でも家族連れの姿を見かけると…

子供を授かることができて嬉しい反面、子育ては体力仕事。毎日が時間との戦いで、育児疲れはすさまじいものでした。 そして、もちろん私自身の身なりを気にする暇もありません。育児もして家事もして仕事もして、一体どこに自分のために使える時間があるのか…

乳首を吸われるだけで刺すような痛み。「乳口炎」になりました

私は母乳がよく出る方だったため、完全母乳での育児となりました。完全母乳を目指していたわけではないのですが、ついつい母乳の方がミルクよりも準備も後片付けも楽で、母乳に頼っていたらいつの間にか哺乳瓶を拒否するようになってしまっての、完全母乳で…

現在育休の真っ最中。親子でふれあう有意義な時間を過ごしています

1人目の育休中は、秋から冬というインフルエンザのかかりやすい時期だったということもあり、なかなか外に出られなかった覚えがあります。 ましてや初めての育児で、全てにおいて敏感になっていた私。子供が少しでも鼻水が出たらスグに病院へ連れて行き、完…

抱っこのしすぎで腰がピンチ…。ぎっくり腰を回避すべく、腰にやさしい生活を! by トキヒロ

こんにちはトキヒロです。 前回の記事:産後の貧血で生まれた娘とも会えないまま…またもや寝たきりだった私 by トキヒロ 産後体調不良第2弾、今回は腰痛です。 育児中のトラブルで一番メジャーな気がします。 私も例に漏れず3ヶ月を過ぎ、抱っこの時間が長く…

イヤイヤ期の子どもと楽しくランチしたい。息子の不満の理由に気づき反省

現在2歳3ヶ月になる長男と7ヶ月になる次男を育てています。 長男は次男が産まれてから、私や主人を独り占めできないせいか、次男に焼きもちをやくようになりました。なので、1歳代の長男とたまに時間を作って二人っきりでランチに行ったり、次男を祖父母に預…

娘の側で見守っているだけなのに…「すごく疲れてしまう」のはどうして? byつかさちずる

こんにちは!ちずるです 今日は「娘のことは好きだし娘は何も悪くないのに何故か側にいるだけで消耗してしまう」ことについて考えてみました。 前回のエピソード:保育所に預けるの早かった?来年なら幼稚園も? どの道を選んでも「これで良かったのか」と悩…

産後1ヶ月のとき夫が痔で自宅療養に。全部を背負い込んでキャパオーバーして気づいたこと by ニタヨメ

はじめまして、ニタヨメと申します。小学生2人と2歳の子どもがいる母です! 今回は長女が産まれて間もない頃、初めての育児や環境に戸惑ったことを思い出し記事を書きました。 長女が産まれて1ヶ月。今までとは全く違う環境になり楽しくもあったけど、時々無…

横抱き、縦抱き、斜め抱き。授乳姿勢を変えることで胸の張りもおさまった!

出産を終えて、母として一番最初に我が子にしたのは授乳です。妊娠している頃から、母乳がでやすくなるようにマッサージをしていたからか、母乳は溢れるほどでていました。 初めての授乳は、抱き方が難しくて中々スムーズにいきませんでした。何度も何度もト…

産後のガルガル期!我が家では家族みんながガルガル?! by チッチママ

皆さんこんにちは、チッチママです。チッチを出産してから約1週間が経ち、遂に退院となりました。産院では母子別室でほとんど看護師さんが付いていてくれるし、わからない事があれば助産師さんにすぐ相談できる環境だったため、不安よりも赤ちゃんと過ごす…

危ない!赤ちゃんをおんぶしながら自転車運転。突然めまいに襲われて…

私は3人の子どもの母で、現在4人目を妊娠中です。 一番上は11歳、下は1歳になります。このように子どもが多いと、必然的に赤ちゃんを連れてのお出掛けも増えます。 そんな時は、三男を抱っこ紐でおんぶして自転車に乗ることが多くあります。 初めは、抱っこ…

買って良かった乳頭用クリーム。新生児期の授乳トラブル解決!

初めての出産、初めての育児で、娘が新生児の頃は毎日てんやわんやでした。2時間おきの頻回授乳、おむつ替えに着替え、沐浴に寝かしつけ。 里帰り出産をせず、日曜日以外は1人で娘を見ていたこともあり、毎日いつのまにか1日が終わっているという感じでした…

【医師監修】「腹直筋離開」ってどんな病気?どんな人がなる?産婦人科医の井上裕子先生に聞いてみました

「赤ちゃんを出産後、出べそになってその後痛みが出てなかなか治らなかった」というゆきさんの体験談。 ゆきさん自身が後から調べたところによると「腹直筋離開」というこの耳慣れない病気について、どんな病気なのかを立川市の井上レディースクリニック院長…

ぐじゅ?液体のような音が。産後2ヶ月たっても引っ込まない出ベソを押してみたら‥ by ゆき

妊娠中、出べそになりました。 三人産みましたが、三回とも出べそになり、上の子達の時は産後勝手に引っ込んでいます。 第三子妊娠中も、周りが驚くほど出べそでしたが、産後はまた引っ込むと信じて、全く気にしていませんでした。 前回エピソード:自分が自…

産後の髪、こんなに抜けて大丈夫?掃除しても、掃除をするその頭からハラリと髪が抜け落ちる

妊娠、出産で色々と自分の体調にも変化がありました。 中でも困ったと思ったのは毛髪の状態の変化です。 もともと髪の毛の量が多かった私ですので、普通にしていても抜け毛は多い方でした。 ところが妊娠すると、以前にも増して抜け毛が増えたのです。もとも…

授乳をするたびに乳首に激痛! 母乳専門ナースの思いもよらぬ言動に吹き出しそうに… by さとえみ

まいどおおきにさとえみです。今回は乳首がガラスの十代のようにキレた話です。 前回エピソード:急がなくたっていい! 試行錯誤した私が見つけた産後トレーニングのベストタイミング byさとえみ キレたというか割れたというか裂けたというか…なんだかそれに…

雨の中、ピンポンを我慢して1時間締め出し!? 授乳中の妻に気を使いすぎた夫の悲劇… by ゆむい

長男みつが0歳の頃。夫が家の鍵を一時的に紛失したことがありました。見つかるまでの間、仕事から帰宅する夫を、私が中から鍵を開けて迎え入れることになったのですが… 前回エピソード:「わずらわしさから解放されたはずなのに、なんで寂しいんだろう…」さ…

電車でスマホをぼーっと見られるなんて!ママ1人のお出かけの身軽さにびっくり! by チカ母

娘が生まれてから、はじめて私ひとりで遊びに行ったときの話です。自分ひとりだけだと、こんなに身軽で自由なのか!と、衝撃を受けることの連続でした。なにより驚いたのが、会話のスムーズさと盛り上がり方の違いでした。いつもならこんなふうに、途中で会…

産後の貧血で生まれた娘とも会えないまま…またもや寝たきりだった私 by トキヒロ

これまで切迫流早産での入院に焦点を当てて書かせていただきましたが 今回から産後の体調変化について書かせて頂こうと思います。 前回のエピソード:長期入院のお金はいくらかかる? 保険に入っておけばと後悔した話 by トキヒロ 何でこのテーマかって言う…

ママ同士、何を話すのが『正解』なの? 乳児期のママ付き合いが苦手だったけど… by うだひろえ

「ママづきあい」っていうと、ちょっと身構えてしまう私。 いいイメージも悪いイメージもあるけど……正直、ちょっと怖いな、と思っていました。 前回のエピソード:インスタで見かける素敵ママに憧れる? 比較して自己嫌悪しそうになるけれど… by うだひろえ …

「あ、これの事かも…」授乳室のドアを開けた瞬間に思い知らされた、看護師さんの過剰な気配り byきたあかり

こんにちは、きたあかりです。 前回エピソード:「うわあーなんか出たーー!!」自分の体からホントに出た!数滴の〇〇〇〇にものすごい衝撃…。 byきたあかり 初めての搾乳を終えたあと。 説明を終えて看護師さんが出ていく時、「次回用の搾乳カップと瓶、取…

授乳姿勢のバリエーションの多さにびっくり!色々試してラクな姿勢を見つけよう

母乳育児はある意味いつでもあげられるので楽!という意見と、いつでもどこでもおっぱいを出すのに抵抗があるし、めりはりをつけたい、という意見もあると思います。 実際私は完全母乳で、ぐずったり寝かしつけにはすぐに授乳して赤ちゃんを黙らせる、という…

圧倒的な包容力!身も心も奪われていたマタニティパンツの世界から我に返った日 by ブブ

こんにちは。ブブです。 今回はマタニティパンツに身も心も奪われていた思い出です。 前回エピソード:つわり明けの幸せ絶頂期。出てきたお腹を触られて気づいた大きな勘違い by ブブ 妊娠初期のこの頃、ひどい便秘やつわりで辛かったため、少しでもお腹周り…

体験したからこそ言える「新生児の育児と引越し準備の両立は無理です!」

妊娠4ヶ月の頃、母の大事な人が病気で他界しました。私にも長男にとっても大切な人でした。 そんな事があり、気持ちが落ち込んでしまった母から「同居もいいかもしれないね」との話をされたのが年末。 もともと家が欲しかった夫は、喜んでその話にのって同居…

赤ちゃんを預けて仕事へ。胸が張って痛いと思ったら39度の発熱!

保育園に入園が決まり、生後4ヶ月で保育園に登園することになった次男。 4ヶ月なので、ようやく首がすわったくらいで、正直保育園に預けて働きに出るのは抵抗がありました。まだ小さい赤ちゃん、少しでも一緒にいたかったですし、月齢の低い赤ちゃんはトラブ…

自分の育児で役立ったもの、欲しかったものをプレゼントに♪ 私の<出産祝い>4選 by モチコ

友達や親戚に赤ちゃんが生まれ、とっても嬉しい反面、未だに悩むのが出産祝い。まず本人にリクエストを聞いてそれを贈るようにはするのですが、「何でもいいよ〜」だったり、数人で渡すのに少ない値段のものをリクエストされたりすると、自分で選ぶことに…!…

後ろを振り向いたときのお母さんは…。女の子の笑顔が消えた瞬間、心に突きつけられたもの byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 前回のエピソード:4人目もするっと生まれてくる予定だった…のに「産むたびに楽になるなんて嘘じゃん!!」 byイシゲスズコ 今日は、先日見かけた親子連れのお話。 自分の車での通勤の時、たいてい同じ道を通るのですが、そ…

母乳とミルク、それぞれにあるいいところ。時と場合によって使い分けました

出産後、スーパーなどその場で会っただけの年配の人によく聞かれた「母乳?」という言葉。「どっちでもいいでしょ!」と言いたいところですが、そこはなんとなく笑ってスルーしていました。 母乳が偉いとかミルクは太るとか、そんなこと全くないのでお母さん…

緊急帝王切開で出産。出産後に母乳が思うように出ず、不安に感じた私がやったこと

私は現在、生後8ヶ月の男の子の育児に奮闘中です。 初めての子どもで全てが未経験。吐乳や乳児湿疹など、さまざまなことに日々おろおろしてしまいます。 それでも息子は熱を出すことなくすくすくと育ち、今では体重も9キロ近くに。 「風邪をひかないのは、き…

「たった1時間もまとまって眠れない!」育児疲れが解消されない最大の理由とは

いま思い出してもつらい産後の記憶。 初めての赤ちゃんと出会って幸せいっぱいのはずが、私に笑顔はありませんでした。 授乳やお着替え、おむつ替えなど慣れない育児に戸惑いながらあっという間に時間は過ぎていきます。こうして世の母親は子を育ててきたと…

義実家同居がストレス!妊娠5ヶ月でアパートへの引っ越しを決行!

私は結婚後、旦那の実家で同居し、義理の両親と祖父母、そして旦那、私、長男と7人で暮らしていました。 そしてやはり、同居する中で、ストレスに感じる事がたくさんありました。義母が長男を離さず溺愛したり、同じ箸を使って長男に食べ物をあげること、義…

インスタで見かける素敵ママに憧れる? 比較して自己嫌悪しそうになるけれど… by うだひろえ

前回のエピソード:家事から解放される極楽を追い求めし親たちの冒険。子連れ旅行クロニクル(年代記) by うだひろえ インスタなんかで、ぼんやりと、素敵なママさんの写真を見るのが好きです。 おしゃれなおうちのおしゃれな家具やインテリア。 きれいなマ…

里帰り出産の大誤算!実母と旦那が不仲で産後のストレスMAX!

産後は実家に里帰りをしたり、そのまま夫との住居で赤ちゃんを迎え入れたりと人様々かと思います。私は里帰り出産を選択したのですが、これが大誤算でした。そのときのの体験談を紹介したいと思います。 私が夫と暮らしていた場所は、実家から車で20分ほどの…

「うわあーなんか出たーー!!」自分の体からホントに出た!数滴の〇〇〇〇にものすごい衝撃…。 byきたあかり

こんにちは、きたあかりです。 前回エピソード:どうしてこんなに悲しげなメロディー? 保育器ごしのムスメに人生初の子守唄は…サビで断念 byきたあかり 無事手術が終わったあと。ムスメがNICUに入院した翌日。 おっぱいを届けるため、搾乳を始める事になり…

1日中泣いている我が子のお世話で睡眠は平均たったの2時間。寝れないって本当につらい!

初めての産後をいま思い出してもゾッとします。 赤ちゃんは1日じゅうスヤスヤ眠っているイメージを持っていましたが、現実はまったく異なりました。 頻繁に起きて泣く赤ちゃんを目の当たりにし、育児の大変さを初めて知ったものです。 わが子は1日中、泣い…