読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


知りたいのは「WHY?」の先の答えじゃない。「子育ての理想」に近づくためのキーワード by うだひろえ

前回エピソード:怒っても伝わらないんじゃ意味がない!イライラの感情が爆発した後にできること by うだひろえ 『理想』って、本来ステキなモノのはずなのに、子育てしてると、なんでか苦しめられるんですよね。 いつも笑顔のお母さん。優しくて寛大で時に…

何度も弟を噛む兄に母の怒りは爆発。泣きじゃくる兄をみて、初めて気づいたこと by ぴよととなつき

長男1歳9カ月、次男を出産し1ヶ月検診も終えて東京の自宅に帰ることになりました。 今まで実家に頼り切っていた状態から抜け出し、生活リズムを整えたい!! 里帰り期間中ずっと外食続きだった夫に健康的な食事をしてほしい!! と、育児と家事の両立に意気込…

私の赤ちゃんを取らないで! 親身に手助けしてくれる義母や旦那への、この感情は何?

妊娠8ヶ月から産後1ヶ月くらいまで、自宅から車で6時間かかる義実家にお世話になることになりました。 産まれるギリギリまで吐きつわりがひどかったのもあり、家事はほとんど義母がやってくださり、慣れない環境ながら、周りの人に支えられて無事に息子を出…

「男児母あるあるだよね〜」女の子ママの声に辛かったあの頃の記憶が蘇る byイシゲスズコ

こんにちは。イシゲスズコです。 今日は、子供を育てる中で出会う固定概念のお話。 前回のエピソード:「ママは笑顔で」と言われても…。我慢して無理に笑っていた私が気づいたこと、実践したこと byイシゲスズコ 「ムリ〜」「私には育てられないわ〜」 たま…

同じ悩みを共有できる「一人目をお世話するママさん」に会える場所。SNSに救われた私 by つかさちずる

こんにちは!ちずるです。 前回のエピソード:赤ちゃんは大変で当然、ママはラクをするな…「自分でかけた呪い」に気づいた日 by つかさちずる 今回は娘が0歳のとき「一人目を育てるママさんと話したい!」と思ったお話をします 娘を産んで間もない頃、通り…

怒っても伝わらないんじゃ意味がない!イライラの感情が爆発した後にできること by うだひろえ

家事育児に追われる日々は、自分の「感情」との戦いの日々、でもあります。以前の記事で、「イライラ感情の見える化」をするようになったこと、書きました。 過去記事:このイライラを何とかしたい!!「ママのイライラ図」で感情を見える化してみたら… byう…

2人目はマタニティブルーにならないと思ってたのに…。実母の気まぐれに翻弄され涙

第1子を出産した時は産後の知識がほとんどなかったので、赤ちゃんが生まれてきたら毎日がHAPPYになるものだとばかり思っていた私。 「マタニティブルー」という言葉を聞いたことはあったけれど、“マタニティー=妊婦”のことだと思っていたので、産後は…

赤ちゃんは大変で当然、ママはラクをするな…「自分でかけた呪い」に気づいた日 by つかさちずる

こんにちはちずるです! 今回は友人の赤ちゃんを見に行って、夜泣きの話をしたときのことです。 前回のエピソード: 動きやすさ、洗いやすさ重視のママ装備。自分だけの好みで鞄を買えるってなんて贅沢! 私と友人には共通の友人Aさん(子どもがいない)がい…

ストレスとの向き合い方について

私が、辛いなあと思ったときのことを書き記すと 周りの人間は、当事者ではないので、辛さがわからないこと そして、お互い人間で、一生懸命生活しているということ 余裕がないと、他人を思いやることが、難しい時です。 ただひとつ、私が思うのは、自分を責…

出産直後、来ないはずの義両親がなぜか目の前に!私の気持ちを優先してほしかった…

私は30歳で初めて妊娠しました。妊娠が発覚した時は、嬉しさと不安とが入り混じった気持ちでしたが、早く我が子に会いたいと高ぶる気持ちが大きかったです。 それは、私の両親や夫の両親も同じでした。特に夫の両親は初孫ということもあって、大変な喜びよう…

怒鳴ってしまう罪悪感、子育てが怖い…。誰にも言えなかった心を助けてくれたのは

我が家は授かり婚で、妊娠も出産も子育ても、結婚生活すら初心者という、何もかもが不安だらけのスタートでした。 ですが思ったより2時間おきの授乳も、夜泣きも、子育てに関することはまったく辛くありませんでした。辛さよりもずっと我が子の可愛さが勝っ…

初産で何もかもわからなかったけど周りのサポートで乗り越えられた

初産ということもあり、心拍数と酸素濃度(この病院では全赤ちゃん装着)のモニターのアラーム音と赤ちゃんの泣き声でパニックで、泣いてる理由もわからなくてイライラするし悲しいという状況で個室で過ごしていました。 我が子と二人きりで過ごす時間が長く…

ストレス

二人目の出産を終えて、急に可愛かったお兄ちゃんが嫌になり、イライラが多くなりました。 罪悪感があり検索してみると「上の子が可愛くない症候群」があると知り、私だけじゃないんだと少し安心しました。 ずっとイライラ、ストレス治らず、今は漢方薬に頼…

勝手にわが子を連れて行かないで!義母が憎くて仕方がなかったマタニティブルー期

初めての産後は実家で1カ月間過ごしました。気兼ねなく過ごせる実家は、とても居心地がよかったです。赤ちゃんのお世話や私の食事など、一生懸命に協力してくれる両親の姿。改めて親は本当に有り難い存在だなと感じていました。 実家での生活も終わり、私が…

1ヶ月以内に2度の高熱ダウン!もしかしてインフル!?

第二児の妊娠中にヨウレンキンを発症した私(長男も)。 1月の高熱はヨウレンキンかと思いきや検査クリア。 とりあえず抗生物質や鎮痛剤をいただき帰宅。 薬を1日飲んで次の日には下がってたので気にならなかったけど、まさかの1ヶ月以内に再度の高熱。 そ…

「責任が取れるのか」「覚悟はあるのか」。ADHDママが第2子妊娠について考えた by 志乃

前回のエピソード:ひとりっ子で寂しいから?4歳娘に“見えないお友達”が!「イマジナリーフレンド」に悩んだ話 by 志乃 子どもに寂しい思いはさせたくない 多少、余裕をなくしてしまったとしても、兄弟がいた方がいいのか。 余裕を大切にし、QOL向上を目指す…

ごめんね、本当にごめん…。言ってはいけないことを言ってしまったあの日のこと by 中島めめ

日々の慌ただしい生活の中で、体調が悪かったり気持ちが落ち込んでいる時など自分に余裕がなくなってしまう事があります。 やるべき事が終わってないのに時間ばかりが過ぎ、誰に急かされるわけでもないのに一人で焦って空回りして・・・。 そんな時に子供た…

育児は苦楽の綱渡り。先輩ママの衝撃発言「楽になりたかった」が教えてくれたこと

結婚も育児もほぼ考えていなかった、気楽な独身時代。そんな時に、赤ちゃん育児真っ最中の先輩から聞いたとある話が印象深く、心の片隅に残っていました。 それから時が経ち、私も育児をすることとなりました。初めての育児生活には言葉では言い尽くせないほ…

早く自宅に戻りたい!産後の里帰りで10年以上ぶりに過ごす実家が苦痛だった…

出産後に実家へ里帰りをし、実母や妹に甘え休養しながら赤ちゃんとの生活を始める予定でした。しかし、実の母や妹のやり方に不満を抱いてしまい、本来くつろげるはずの実家での生活が苦痛でたまらなくなってしまったのです。

早生まれってかわいそう?周囲の早生まれの人にリサーチしてわかったこと by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。今回は妊娠中に初めて知った「早生まれ」についてです。 前回エピソード:痛みを感じなければ愛せない…なんて絶対ない!私が計画無痛分娩を選んだ理由 by ユーラシア 私の出産予定日は4月初旬でした。計画分娩を希望していたの…

ひとりっ子で寂しいから?4歳娘に“見えないお友達”が!「イマジナリーフレンド」に悩んだ話 by 志乃 

「魔の2歳児」、「悪魔の3歳児」ときて、4歳児は「天使の4歳児」と言われたり「不思議の国の4歳児」と呼ばれたりします。もうすぐ5歳児になる娘はまさしくそうで、天使かつ、不思議な4歳児でした。 前回のエピソード:エンドレスリピート、理不尽ルール..「…

片付けては引っ張り出され…エンドレスお片付けにうんざり!親の気持ちが楽になる発想の転換 by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 前回のエピソード:子どもと一緒にいる時間が辛くて辛くてたまらない。そうだった私が今伝えたいこと いきなりですが、みなさん、子どもがおもちゃを出してきてひとしきり遊んだ後、おもちゃを放置するので、それを仕方なく片…

泣き声、ベビーカー、スマホ…。「子育て不寛容な人」に向けて、いま、私ができること by うだひろえ

前回エピソード:苦節5年。これまでの努力っていったい…!? 母を震撼させた息子の一番好きな料理 by うだひろえ 泣き声、ベビーカー、授乳……。 ここ数年、常になにかしら、子育てに対する『不寛容』を目にするようになりました。 それまでは「個々人が心の中…

『成人した未来のお兄ちゃんへ』3歳児を怒鳴ってばかりの育児に悩んで書いた手紙

息子3歳 娘0歳 母32歳 この中で一番成長してないのは… 32歳。 そう思わずにはいられない息子の涙を見てしまった。 息子が誕生日を迎えたその月に、妹が産まれた。 パパは仕事のため、息子がばぁばと一緒に立ち会って手を握ってくれていた。妹が出てき…

前置胎盤で涙の出血。早産で産んでごめんね

一人目は逆子で帝王切開。 二人目は帝王切開すると確率が上がる前置胎盤。 出血が多くなりやすく、子宮摘出などもあり得る前置胎盤なので、7ヶ月で出血し、そのまま入院しました。 一人目と離れる辛さと、出血の恐怖で1日が長く、毎日時計とにらめっこ。 …

初めての母子同室、授乳も寝かしつけもうまくいかない! 不安と疲れで夫に涙の電話

初産で女の子を出産したばかりの新米母ちゃんです。 出産して2日目…母子同室スタート。 授乳、ミルクについて教えられたものの、まず、上手く授乳が出来ません。 上手く出来ないから娘はギャン泣き。上手く出来ないから乳首激痛。 それでもやるしかなくて必…

やることなすこと何もかもイヤ!絶賛イヤイヤ期の息子を意のままに操る、わたしの裏ワザ by 横峰沙弥香

こんにちは、横峰沙弥香です。 「魔の2歳児」という言葉がありますね。 いわゆるイヤイヤ期のことですが、どうやら息子は1歳9か月にして本格的にイヤイヤ期に突入してしまったようです。 前回エピソード:親バカ万歳!育児疲れで疲弊した私を奮い立たせる「…

産後2日目。ミルクや痛み止め、理想と違う育児のスタートに落ち込む私を救ったのは…

逆子だったため帝王切開でのお産でした。 入院も帝王切開自体も全て順調でしたが、手術の直後、身体の免疫反応から高熱が出て、後陣痛なのか熱の後遺症なのか、身体がとにかく痛くてフラフラ。 でも検査結果も問題なく、熱はよくある反応なので、それが引け…

「世の中みんな敵!」とピリピリしていた産後の私。後になって知ったその原因は…?

産後の入院中から、ちょっとした言葉にイラっとしたりしてしまっていました。 もうそれはひどくて、看護師さんや助産師さんにまで… その時は「産院の対応が悪い!」ぐらいにしか思っていなかったのですが、退院すると全てのことにイライラ、(世の中みんな敵…

ただ、休みたかっただけ。体調不良時の育児にイライラも爆発。

私が子供にはじめて声をあげた日は、子供が1歳3ヶ月の頃だった。 いや、はじめてではないかもしれない。確か子供が3ヶ月や4ヶ月頃、お腹を空かせているはずなのにおっぱいを飲んでくれなくて、ギャーギャー泣いていた時も、なんでなんでとイライラして、ああ…

叩かれて育った私は、我が子を愛せる…? 1歳の誕生日、幼い日の自分に伝えたいこと

私は妊娠中からずっと不安なことがありました。 本当に子供を育てられるのか。叩いたり蹴ったりしたらどうしよう‥と。そんなことばかり考えていました。 何故、そんなことばかり考えていたかというと、私は幼い頃、実の母親から虐待を受けていたからです。 …

「異所性蒙古斑」はママの産み方が下手だったせい?意地悪な義祖母に反撃してくれたのは…

みなさんは「異所性蒙古斑」をご存じですか? 「蒙古斑」なら赤ちゃんのお尻にある青いアザだとご存じの方も多いかと思いますが、「異所性蒙古斑」はお尻以外の皮膚にできる蒙古斑のことです。 私が息子の異所性蒙古斑に気付いたのは出産後1日が過ぎ、助産師…

一人目は出産より辛かった便秘…二人目は便秘にならないように…

元から便秘だったが、妊娠してから一週間出ないとか当たり前。 さすがにまずいと思い、マグミットを処方してもらい、2日~3日に一回は出るように。 そして、3日出ないまま長男を出産。 出産は辛かったけど、子供が出てくる喜びで痛みを忘れ、すぐ二人目欲し…

「ママは笑顔で」と言われても…。我慢して無理に笑っていた私が気づいたこと、実践したこと byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 今日は、お母さんのセルフメンテナンスのこと。 前回のエピソード:なぜ眠ってるの?!なぜやってくれないの? 理想の夫と現実の夫、苛立つ私が見ていたのは… byイシゲスズコ 「ママは笑顔で」と言われても… 初めての子供を…

理不尽な相手はせめて妄想で斬る…! 私流、“かわいそう攻撃”の受け流し方 by カワハラユキコ

前回のつづきです。 前回のエピソード:保育園なんて、一人っ子なんてかわいそう!?おなじみの“かわいそう攻撃”への対処法 子どもに対して勝手に「かわいそう」と決めつけてくるおばあさん(おばさんもいるけど、おばあさんが圧倒的に多くないですか?)に…

「なぜカートに乗せずに抱っこしてるんだろう?」とか思っててすみません!イヤイヤ期の娘とのお出かけ by くりこ

前回のエピソード:じぃじばぁば、かわいがりすぎ注意!?義実家への遠出旅は夜泣きの始まり 娘のひなは1歳半頃から自己主張やイヤイヤが始まるようになりました。 いま2歳4ヶ月ですが、現在進行形でまだまだ困らせてくれています。 お手て繋がない!お買い…

私はもう「お母さん」なんだ。産後に襲った喪失感、赤ちゃんをお腹に戻したい…と涙

「出産してお腹が空っぽになったら寂しくなるよー」 臨月の時、マタニティヨガに通っていた私にヨガの先生は言いました。 正直、私は胎動が激しくて常に膀胱や肋骨が痛かったし、早く赤ちゃんの顔が見たかったのでピンと来ない言葉でした。 「そういう人もい…

保育園なんて、一人っ子なんてかわいそう!?おなじみの“かわいそう攻撃”への対処法 by カワハラユキコ

これまで敵だったり謎だったりのいろんな「育児をめぐる人々」を紹介してきましたが、今回はおなじみ(?)のあの人々を紹介します。 前回のエピソード:「リアル」は伝えたい!でも…。妊娠・出産・育児経験者が、ママ予備軍に伝えられること このときは本当…

待ち望んでいたはずが…「この手を離したい」。疲労に支配された私を救った実父の声

保育士として沢山の子どもたちと触れ合い楽しい時間を過ごしてきました。 でも、やはり自分の赤ちゃんが欲しくて欲しくてたまらない。 そう思って、今の主人と出会い結婚しました。 もとから、かなりの生理不順で、年齢にもタイムリミットがあったので、結婚…

「わたしの魔法は効果バツグンなのだ…」 母を転がす、まほうつかいのむすめ by つかさちずる

前回エピソード:V系バンド「IYAIYAKI」の絶叫ワンマンライブと思え!深夜のイヤイヤを乗り切る方法 by つかさちずる 部屋をちらかしたり、着替えさせようとすると逃げたり、急に泣き出したり……、好き放題の娘に「そんなに私を困らせたいの?」「いたずらば…

混同しやすい「産後うつ」と「マタニティブルー」。症状の違いは? ~産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと~

こんにちは、産婦人科医のきゅーと申します。 前回は、「帝王切開」についてお話しさせていただきました。 今回のテーマは「産後うつ」。 前回同様、「とにかくわかりやすく信頼できる妊娠情報」をモットーに説明したいと思います。 前回のお話:自然分娩>…

マタニティーブルーで涙に暮れないために。私が実践した3つのこと

生まれたばかりのかわいいわが子。産後の母子同室でお世話を頑張っていました。 しかし、私の気分は出産後高揚したまま。赤ちゃんはすやすやと寝ているのに、なんだか得体のしれない不安が襲ってきて寝付けません。 かわいい赤ちゃんが近くにいるのがどうし…

エンドレスリピート、理不尽ルール..「子どもとの遊びがツライ!!」を発想の転換で解決 by志乃

義務感からであったり「やらされている」と感じるとストレスに それでなくとも、色々とやりたいことがあって、「遊んでる場合じゃないのに」「…あー、いつまで続くのかなぁコレ…」と、考え事で頭がいっぱい。たまっている洗い物、散らかった部屋、終わりの見…

産むことより産んだ後がこんなに辛いとは。

初めての出産だったので「妊娠、出産」に関することは携帯で調べたり、本を読んだりして知識を結構つけていました。 マタニティクラスに参加したりもしました。 無痛、和痛のことなどもするか悩んでいたのでメリットデメリットを調べたり…。 出産が近づくに…

子どもと一緒にいる時間が辛くて辛くてたまらない。そうだった私が今伝えたいこと by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 我が家ではワンオペで子どもを見るなど子どもとの付き合い方は色々作戦を練っています。 関連記事:「自分だけ大変」を防ぐ!パパママの精神的疲労を軽くする、ポジティブな"ワンオペ"のススメ by 斗比主閲子 こんなことをやる…

見知らぬ土地で初めての子育て。電車でかけられた一言で涙!

出産後3ヶ月で夫の転勤の為、生まれて初めて地元を離れることになりました。 家族も友達も知り合いが全くおらず、夫も月の半分は出張で不在…。 そんな中での初めての子育てはとても心細く、悩みの尽きない毎日を送っていました。 息子も6ヶ月になり、新しい…

夜泣き対応に疲れ果てていた私。辛い気持ちを分かってくれるプロはデパートにいた?!

産後、夜泣きが始まったのが6ヶ月頃。 当時の私は主人を起こしてはいけないと思い、息子と二人で寝ていました。 夜泣きが始まり、抱っこしてもおっぱいをあげても泣き止まない…。 いつになったら終わるんだろ、どうしたら泣き止むんだろう…と途方にくれ、私…

怒鳴るより、「無言」の方が効果アリ?子どもへの声かけの理想と限界 by うだひろえ

前回エピソード:0歳期、私たちはただ祈った「寝ててくれ」と…。涙の子連れ外食クロニカル(年代記) by うだひろえ 育児本なんかを読みますと、よく書かれているのが、「ネガティブな言葉はNG!ポジティブな言葉がけを心がけて!」ということ。 うん、そう…

仕事も育児も完璧に!と張りつめていた心。思いがけず認めてもらえた言葉に涙が…

息子が1歳3~4か月頃に田舎に帰った際、宿泊したホテルのでの出来事です。 食事が終わって部屋の中で過ごすことに飽きてしまった子供と、お土産屋さんやロビーで時間つぶしをしていました。 主人は疲れたのか部屋で眠っており、子供と二人気づけば2時間近く…

私が「怒るお手本」だった…? 2歳の息子との約束、「ゆびきりげんまん」は魔法の言葉

魔の2歳児と言われ始めた頃から、まさに毎日「どうしたらいいんだろう…。」と、悩み、自分を責める毎日が始まりました。 その頃、主人の仕事はホテルの料理人。早朝から深夜までの長時間労働。 しかも引っ越してきたばかりで親も親戚も、そして友達すらもい…