赤すぐみんなの体験記


私の中の「〇〇であるベキ」には「なんでカナ?そうカナ?」で挑む。母親ストレスを楽にする私の方法 by うだひろえ

前回エピソード:子どもが泣くことに“母の責任”を感じなくていい。『泣かせない』呪縛からの解放 by うだひろえ 子育てするようになってから、自分の中の「理想」や「不寛容さ」に、苦しめられることが増えました。 それに対して、「自分にできること/でき…

ブルーな気持ちで過ごした新生児期。2人目誕生で、今度こそリラックスして過ごしたいと決意!

「赤ちゃんが生まれるときって・・・」そんなことばかり考えて妊娠期を送っていた私ですが、実際、出産してみると「本当にここからが子育ってなんだ」という事実と知らないことが沢山ありました。 特に一人目の時は本当に無我夢中です。自分のやりたい子育て…

「ADHDあるある?知識は豊富なのに何故か片付けられない!!」プロに相談するも苦戦… by志乃

前回のエピソード:段階調整!?栄養バランス!?手間、こだわり…。ワンオペギ ギリなのに離乳食作りなんてムーリー! by志乃 なぜ片付けられないのか、自分でも分からなかった ずっと「片付けられないのは、ただ自分がだらしないからだ」と思っていました。…

里帰りしたものの、自宅軟禁状態で憂鬱な気持ちに。1か月健診までの孤独な時間

つんと寒い秋晴れの日。私は、生まれて数日の息子を抱いて病院を退院しました。 真っ青な晴れた空をみて、これから新しい生活が始まるんだな期待に胸を膨らませていました。 そして、すぐに実家に直行し、初めての育児が始まりました。 実母も協力してくれる…

子どもが泣くことに“母の責任”を感じなくていい。『泣かせない』呪縛からの解放 by うだひろえ

前回のエピソード:道一本隔ててサービスが違うことも!住む場所探しで知っておきたい子育て環境チェックポイント by うだひろえ 乳児期。 ほえーほえーと赤ん坊が泣けば、おっぱい飲ませオムツを替えて抱っこをし、ユラユラ。 「置くと泣くから」という理由…

出産までが大変だと思われがち

妊娠中は急速な体の変化でストレスが尽きないと思いますが、産後も同じです。 出産時の痛みに比べればマシかもしれませんが、子供を産むというのは大変なエネルギーを消費するようで、しばらくは体の不調にも向き合っていかなければなりません。 そんな中で…

知らない土地に嫁いだ

東京で主人と知り合い主人の実家が群馬県だったので群馬県に嫁いできました。 子供がまだその時一歳で周りに知ってる人もいなくて支援センターなどにも行ったんですが連絡先交換してもなかなか次に繋がらず。 思い切ってネットでママ友募集をしました。ネッ…

待望の出産なのに産後2日目から気分がモヤモヤ。涙が止まらないマタニティーブルー

30代後半の結婚。結婚後間も無くして妊娠しました。しかし、その子は妊娠9ヶ月で天に返ってしまったのです。喜びから一挙に逆転。まるでこの世の果てにある地獄へ突き落とされた気持ちで、しばらく暗闇の中を生きているようでした。 流産の悲しみから1年…

わかるー!の一言で心が晴れやかに。欲しかったのは「理解や解決」じゃなくて「共感」でした by ナナハル

子育てが始まって5ヶ月。 子供のことでの相談相手は子育て経験者の母か、夫でした。その都度解決していくのですが、なぜだかいつも私の中にモヤモヤが残っているのを感じました。 前回エピソード:洗濯物に絡まり、家庭内で失踪し、そして落下…。寝返りトラ…

産後うつ

痛い陣痛を耐えてやっと会えた息子。 旦那も泣きながら喜んでくれて凄く幸せ。 病院を退院してお家での生活。 私は「里帰りしなくても大丈夫~」って考えで里帰りせず、 普通の生活をしてました。 しかし旦那が夜勤週の時、 なぜか寂しくなり凄く孤独に感じ …

お祝いのお客さんを頻繁に連れてくる姑。嬉しいはずの出産祝いで産後うつに…

5人目の子を出産後、入院中の病室にも自宅に戻ってからも、お姑さんがお手伝いに来てくれました。なかなかスムーズに身動きができない産後に、上の子のお世話などもしてくれて、いろいろと助かったのですが…お祝いのお客さんも一緒に、しかも頻繁に連れて来…

産後うつに気づかなかった私。「妻が変わった」と感じているパパにお願いしたいこと by 園田花ヨウ

「産後のうつ」になかなか気づかなかったという点は私の体験です。 一番ひどい状態の時は「生きている意味などない…子供が成人するまでは生きるけど…でも自分の存在価値などない…意味などない…」 こんなことしか考えられなかったと記憶しています。 前回エピ…

なんでも「ぼくがやる!」の息子にイライラ…見知らぬおばあさんの一言に救われた by そめた

前回のエピソード:夫婦共に相手が子どもを見ていると思い込み…駅のホームで我が子を見失ってしまった! by そめた お手伝いをしたい気持ちは分かるんですけど、 やらせてあげられる事とダメな事があるわけで… 頑固で譲らないそまに私もイライラが募り、 ど…

「赤ちゃんの面倒は私が見るんだから!」産後のガルガル期、今となっては…本当にすみません by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 孤独な育児に疲れて里帰りしたときのことです。 前回エピソード:「専業主婦だから私がやらなければ」気負い過ぎ疲れ果てたどん底期を救った、環境の変化 by ユーラシア 一人ではとてもやっていけなくて実家を頼ったというのに…

なんでもかんでも 、愛情不足が原因!? “愛”のないアドバイスに耳を貸す必要なし! by ハラユキ

前回、医者に「愛情不足」と言われた妹のエピソードを描きましたが、今回は私の友人とその娘ちゃんについてのエピソードです。 前回エピソード:「これは愛情不足の病気」…息子をたっぷり愛する母に投げつけられたトンチンカンな医者の助言 by ハラユキ ちな…

産後のなんとも言えないアンバランスな心『マタニティーブルー』

女性ホルモンは出産までは妊娠を継続させるために多くなりますが、産後には急激に低下するのでどうしても精神的に不安定になります。 睡眠や食事の基本的な欲求を満たされないことも大きく関わっているとは思いますが、、、 悲しくもないのに話しているだけ…

子育て

子供の喜怒哀楽すべてが素直で、思うがままに出る感情に、はじめは可愛くも、やはり慣れて来たら、自分のしてることを優先させたくなって怒ってしまい、愛するとは、どういうことなのか物凄く悩んでた。 人間、弱い者に対して強くなると聞いたことがあったが…

ずっと泣くなんて、乳首から血が出るなんて、「聞いてないよ」!家庭の中心で流行語大賞を叫ぶ by もものしか

こんにちは、もものしかです。 冬はさぼっていてもバレない無駄毛が、存在感を遺憾なく発揮するシーズンに突入しました。外出先で、気持ちよさそうに風に揺られる毛を見ては、叫びたくなります。 無駄毛のくせに、季節感じてんじゃねーよ、と。 きらめく初夏…

「これは愛情不足の病気」…息子をたっぷり愛する母に投げつけられたトンチンカンな医者の助言 by ハラユキ

「あなたの子育ては愛情不足」と言われたことはありますか? この連載の第1回で、いきなり電車で他人にそう言われたエピソードを描きましたが、今回は、相談した人もしくは身近な人にそう言われたというエピソードについてです。 関連エピソード:「愛情が足…

愛すべき男子のアホさをハッシュタグで共有!「#アホ男子母死亡かるた」 byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 我が家には男児が3人と娘が1人。 上の年子男児が生まれてから幼児期、小学校入学当時は、元気が有り余る2人のお世話に明け暮れる日々が続きました。 今回は、その頃の私を支えてくれた心強い仲間たちのお話。 前回のエピ…

産後ストレス

10月半ば、とっても元気な男の子を帝王切開で出産。 想像通りにいくと思っていた育児が、こんなにも大変で辛いと思っていませんでした。 まずお乳の出が悪く、全く泣き止まない息子。15分ごとにずっと授乳!! でも吸い付きも悪く、全ての保護器を試したかな…

パパ多忙!じじばばなし!わたしの孤独育児!

我が家は長男5歳、次男が生後8ヶ月です。夫は忙しいひとで、ほとんど家にいません。実家はどちらも離れてて、両親は現役で働いているので頼れない状況…。初めての兄弟子育てで、辛い日々が続いていました。おふろに食事に寝かしつけ、長男だけならなんの問題…

「抱き癖がつく」という義母にうんざり…。赤ちゃんの人見知りに思わず感じた優越感

喜怒哀楽がはっきりし始めた生後2か月の楽しみと言えば、あかちゃんとのコミュニケーションでした。 例えばおむつ替え。お腹に息を吹きかけると「キャハハハハ!」と思いっきり笑ってくれます。これが、なんとも言えない可愛さでした。 その反面、急に「ギャ…

体調が悪い→イライラ→子どもにあたる→大後悔…。魔のスパイラルから抜け出したイライラ減対策 by 園田花ヨウ

前回エピソード:私「育児グッズが欲しい」、夫「いらんやろ」と即却下。モヤモヤが溜まった私が夫に送った反撃メール by 園田花ヨウ 私の場合、熱がとても高い時は(39度とか40度)、怒ることもできませんが、それ以外で熱が無くてお腹が痛いとか、頭痛が続…

里帰り後、パパが産後うつに?! ホルモンバランス由来ではないその理由とは

産後うつは、出産後に女性ホルモンが急激に低下することで、多くのお母さんが経験する気持ちの落ち込みです。 女性ホルモンが原因ということで、ママだけの問題かと思いきや、うちの場合はパパも同じような状態になってしまいました。 わたしは里帰り出産で…

眠りながら唸る新生児と気になって眠れない母

息子が生後まもない頃、昼夜問わずほとんどきっちり二時間おきに授乳していました。 飲み終わるまで20~30分ほどかかっていたので、夜間の授乳時は息子が母乳を飲み終わって眠ってから次の授乳まで、うまくいけば私自身、一時間半ほど眠れる時もあったのです…

「育てやすい子」にすら手こずる私は母親劣等生?仕事復帰を決意した日 by tomekko

こんにちは。Tomekkoです。 いよいよ慣らし保育も落ち着いて、この春からお仕事復帰というママも多くいらっしゃるのではないでしょうか。 前回のエピソード:絵本を読むのは何のため?しがらみを捨てたら世界がかわった絵本時間 by tomekko 実はワタシ、今で…

最悪の状態で逃げ出さないために…。心の余裕を取り戻す「逃げアラーム&カード」 by うだひろえ

前回エピソード:ママの最重要ミッションを朝イチにクリア!「ラブラブ起こし」のすすめ by うだひろえ 私だって、最初から余裕がないわけじゃないんです。心の余裕ゲージ、前日までの疲れを引きずってることもありますけど、大体の朝は、満タンなんです。 …

我が子の障害をカミングアウト。友人知人の反応から見えてきた「知らなかった世界」

我が家の第2子の娘・ハナちゃん(仮名)は生後1か月でダウン症の確定診断を貰いました。娘の障害について、友人や知人にも知っておいてほしいという思いがあったので、診断後すぐにSNS上やメールでカミングアウトをしてみました(その時のエピソードはこちら…

トイレすら監視され、食事は“冷製”のオンパレード。母はつらいよ…と思うとき by もものしか

こんにちは。眠たいです。 冬眠明けの熊と、交代で冬眠したいです。 前回エピソード:「また、おかわり?」「気持ち悪い顔やめて」母を突き刺す、3歳児の金言迷言 by もものしか 眠すぎて、とてもネガティヴになってしまいます。 今日はネガティヴなので、私…

待ちに待った我が子との生活

不妊治療で成果が出ず、病院をお休みして2ヶ月経ったころ自然に妊娠発覚し、泣いて喜びました。 辛い悪阻を終え、低置胎盤と診断され36w6dで予定帝王切開に。私のお腹を痛いくらいぐいぐい蹴っていた我が子に会った瞬間は涙と、まだ不思議な気持ちでいっぱい…

大声で怒鳴ったわたしに対して生後6ヶ月の息子は…

初めての育児に翻弄されて5ヶ月頃までは あまり記憶がないのですがこの頃やっと体調も 良くなってきて体が軽くなってきました。 そうなると今度は息子のひとつひとつが気になり始める… 顔を拭いたのにすぐよだれをつける 離乳食を食べてくれない 寝返りを打…

”出産”はスタート!!

無事、出産が終わり、『やっと終わったんだぁ』とゆう思いもつかの間で、育児が始まりました。 退院して、帰ってきてから数日は赤ちゃんの気持ちが分からず、『なんで泣いてるの?どうしたらいいの??』とハテナばかり。苛々してしまう自分が嫌でした。もう…

何かと涙が出てきた新生児期!!3ヶ月頃でちゃんと楽になりましたよ!

無事出産して赤ちゃんとの生活がスタート。出産までのあれこれは色々勉強し想像していましたが、産後の生活が想像以上に辛かったです。産後は大変よ~とは聞いてましたが、こんなに辛かったとは!!聞いてないよ~状態。きっと個人差が大きいので一概に何が…

2歳の娘の食事事情

もうすぐ3歳になる娘。 昔は野菜なども沢山食べてくれたのに今は嫌々が激しく米は白米、味噌汁はなめこのみ、野菜はトマトと大根くらいしか好んで食べてくれません。 炭水化物は大好きで、白米の他うどん、パン、パスタは食べてくれますが、それに何か野菜を…

母親が頑張って育児するのは当然!ほめてくれる人なんていないと思っていたけれど…。 byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 前回のエピソード:エレベーターはない!? ベビーカー移動の私に駅員さんが追いかけてきて一言 記憶も曖昧なヨレヨレの頃 次男がもうすぐ産まれようかという頃、年子の長男は歩き始めて手も目も離せない時期でした。初めて…

あれ、みんなキラキラしてる…!? 予想外の雰囲気で一歩も動けなかった、児童館デビュー by ナナハル

前回エピソード:目ヤニ、湿疹…度重なる子どものトラブル。「私が代わってあげたい!!」その願いが叶って!? by ナナハル 私はお家で過ごすのが大好きです。会社に勤めていた時は休日のスケジュールに「家から一歩も出ない」という『予定』を入れるくらいで…

「菜箸どこ?」「鍋のふたは?」10分おきに起こされる。義母inマイキッチン ー里帰り無し初産 中編ー by肉子

こんにちは、肉子です。 前回のエピソード:初産。里帰りできない&産後の手伝いナシってそんなに無謀なこと!? 前編 初めての産後の過ごし方を決めました。 退院後は自宅アパートに戻り、お義母さんが義実家から通って家事を手伝ってもらうことになりまし…

出産したら「私は赤ちゃんのためだけに生きるマシン…?」絶望から救ってくれたのは… by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 赤ちゃんを無事にこの世に生み出した夜。 本来ならば幸せいっぱい、幸せの絶頂とも言えるはずの時間でしたが、 そう手放しで喜べる気分ではありませんでした。 むしろ、逃げ出したくて、でも逃げ道なんてどこにもないことが分…

今も、私は母に育てられている。里帰り最終日、不安に震える私を抱きしめてくれた母

妊娠が発覚してから妊娠中は胎動を感じたり、エコーで我が子を見る度、生まれてるくるのが楽しみで仕方なかった私。 でも段々お腹も大きくなり普段の生活も大変になってきたり、臨月に入るととにかく早く我が子に逢いたくて、毎日のウォーキングや階段の上り…

「誰かに頼る姿」を親が見せてあげること。子どもの今のためにも、将来のためにも

育休が終わり仕事復帰しましたが、こんなに大変だとは思いもしなかったです。 保育園は皆共働きなので、皆平等に大変なはずで、私だけができないないなんてことはないと思い、毎日必死でした。 10ヶ月から預けだし、すぐに病気をして2回の入院。 仕事も主人…

愛犬や甥姪も、赤ちゃんに病気を移しそうで嫌…。「完璧に」の気持ちが招いた産後うつ

晩婚で婦人科系の疾患を持っていたため、結婚して直ぐに不妊治療を行い、やっと赤ちゃんを授かりました。 出産は家から車で2時間の距離にある実家への里帰りを選択。 私自身が4人姉妹の長女で年の離れた妹の世話をしていたことや、看護師で小児科経験もあっ…

思い返せば「過労」以外の何物でもない!新生児期の異常な生活を振り返る by チカ母

こんな話をしていて、“過労”というワードでふと思い出したのが 前回のエピソード:呼んでもお母さんは来ない…娘に悲しい思いをさせないために、母は誓う! by チカ母 新生児期って、今考えると、何であんなに無理が出来たのだろう。と、不思議でたまりません…

「穏やかなママでいたいのに、怒鳴ってしまう」の悩みに効いた! 今すぐできるあの方法

娘は現在1歳半。 1歳を過ぎた頃からだんだんと自我が芽生えてきたようで、それまでの育児とは少し手のかかり方が変わってきていました。 1歳の誕生日前後のときは、母乳を続けていたこともあり、ご飯はほとんど食べず、イスに座ることすら拒んだり、1口2口で…

知りたいのは「WHY?」の先の答えじゃない。「子育ての理想」に近づくためのキーワード by うだひろえ

前回エピソード:怒っても伝わらないんじゃ意味がない!イライラの感情が爆発した後にできること by うだひろえ 『理想』って、本来ステキなモノのはずなのに、子育てしてると、なんでか苦しめられるんですよね。 いつも笑顔のお母さん。優しくて寛大で時に…

何度も弟を噛む兄に母の怒りは爆発。泣きじゃくる兄をみて、初めて気づいたこと by ぴよととなつき

長男1歳9カ月、次男を出産し1ヶ月検診も終えて東京の自宅に帰ることになりました。 今まで実家に頼り切っていた状態から抜け出し、生活リズムを整えたい!! 里帰り期間中ずっと外食続きだった夫に健康的な食事をしてほしい!! と、育児と家事の両立に意気込…

私の赤ちゃんを取らないで! 親身に手助けしてくれる義母や旦那への、この感情は何?

妊娠8ヶ月から産後1ヶ月くらいまで、自宅から車で6時間かかる義実家にお世話になることになりました。 産まれるギリギリまで吐きつわりがひどかったのもあり、家事はほとんど義母がやってくださり、慣れない環境ながら、周りの人に支えられて無事に息子を出…

「男児母あるあるだよね〜」女の子ママの声に辛かったあの頃の記憶が蘇る byイシゲスズコ

こんにちは。イシゲスズコです。 今日は、子供を育てる中で出会う固定概念のお話。 前回のエピソード:「ママは笑顔で」と言われても…。我慢して無理に笑っていた私が気づいたこと、実践したこと byイシゲスズコ 「ムリ〜」「私には育てられないわ〜」 たま…

同じ悩みを共有できる「一人目をお世話するママさん」に会える場所。SNSに救われた私 by つかさちずる

こんにちは!ちずるです。 前回のエピソード:赤ちゃんは大変で当然、ママはラクをするな…「自分でかけた呪い」に気づいた日 by つかさちずる 今回は娘が0歳のとき「一人目を育てるママさんと話したい!」と思ったお話をします 娘を産んで間もない頃、通り…

ずっとこの生活が続くと思っていた

初めての育児で、いっぱい育児本を読んで予習していたけど、現実は本の通りに行かず、ミルクは吐いてしまうし夜泣きは毎日続くし全ていっぱいいっぱいでした。 仕事も辞めて、社会から切り離された気持ちになったし自分が母親になるのは早かったんじゃないか…