赤すぐみんなの体験記


「いたい!」「それはイヤ!」「こわい!」何でもかんでも口にする息子の入院で私が学んだこと。 byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 今回は我が家で起こった大事件から学んだ大切なことを。 前回のエピソード:習い事の教室選び。厳しい先生、優しい先生。良い先生はどっちだろう? byイシゲスズコ 大けが!救急搬送!入院! 夏休み中に外出先で起こったトラ…

年の離れた兄たちの真似をする三男にヒヤヒヤ。頭を強打して大きなコブができてしまった!

「子どもに怪我はつきもの」という言葉がありますが、なるべく大きな怪我をさせたくないのが、親心です。 ついこの前まで赤ちゃんだと思っていた息子も生後9ヵ月頃にははいはいを始め、1歳頃にはよちよち歩きを始めました。子どもの成長は嬉しいものですが、…

歩行器の中にいれば安全…ではなかった!棚から垂れ下がるコンセントを引っ張りあわや大惨事に

私には現在1歳5ヶ月になる次男がいます。 次男は長男にしごかれながら、あっという間に成長しました。寝返りは4ヶ月、つかまり立ちは7ヶ月、歩いたのは10ヶ月でした。長男の時と比べると、はるかに早い成長でした。 現在保育園に通っていますが、同じ学年の…

子どもの怪我は歩きだしてからが要注意!転んで血だらけの口に大慌て!

小さい子供には怪我は付きものです。どんなに怪我をしないように注意をしていても、家事の合間などは付きっきりで見ていられません。 ある程度大きくなり、歩行もしっかりしてくると転倒の危険性も減ってきますが、少なくても2歳になるまでは注意が必要だと…

「ゴン!!」と響いた鈍い音。それは2歳の息子が赤ちゃんを抱っこした時に起こりました

思い出すのも恐ろしい出来事がありました。 それは息子が2歳、娘が生後5カ月のころです。初めて自分の妹ができた息子は、妹が可愛くて仕方がない様子でした。娘が泣くと急いで駆け寄り、頭を優しく撫でる息子。積極的に娘のお世話を手伝う息子の姿が微笑まし…

網戸は閉めていたはずだったのに…。2歳の子どもが掃き出し窓からまさかの転落

私には二人の子供がいます。今回は、上の子が5歳、下の子供が2歳前の時に、自宅1階のリビングにある掃き出し窓から庭へ転落してしまったときの話です。 まだまだ気温も高く、夕方になっても窓を開けずにはいられない夏の終わり。その日は、夫が仕事から帰…

水筒でまさかの出血…!「お兄ちゃんの持ち物」に潜む、身近な危険 by ゆむい

長男みつが幼稚園に通うようになり、色々な物が増えました。その中の一つが「水筒」。 前回エピソード:虫が嫌いな息子、その原因は母にあった!? by ゆむい 熟考して選んだ水筒。 長男も大変気に入っていました。 しかし… 水筒が親指に直撃、爪が割れて出…

「お耳見てあげる」3歳の兄が妹の耳に…。育児の自信を失うほどの後悔と学んだこと

3人目で初めて女の子を授かった私は、毎日毎日、娘のことが可愛くて可愛くて、仕方がありませんでした。 娘は耳が弱く、よく中耳炎にかかっていました。 そのため、私は兄2人の前で、よく、娘の耳を触っていました。 娘は耳を触ってもらうのが好きな子で、耳…

ハイハイしていた息子が突然大泣き!「肘内障」って知ってますか?

「肘内障(ちゅうないしょう)」って知っていますか??小さな息子がそう診断された時は、初めて聞く言葉に不安しかありませんでした。肘内障は肘関節の骨と骨をつないでいる輪っか状の靭帯から骨が外れたり、ずれたりした状態を言うそうです。 息子が生後6…

お風呂場で急な立ちくらみ。抱いていた次男ごとひっくり返って落としてしまった!

里帰り出産で次男を産んだ私。わりと3時間ずつきっちりと寝てくれる子で、実家にいるというお気楽さもあり、長男の時よりもずっとお気楽に育児を楽しめていました。この状況にやはりどこか心の油断があったのでしょう。なんと、まだ生後2か月の次男を落っこ…

レントゲンでも見つけにくい幼児の骨折。大丈夫と言われたけど母の勘はやっぱり当たる!

ひとくちに「骨折」と言っても、幼児の骨はまだ軟らかく大人の骨折とは少し異なります。そのため、レントゲンを撮っても見落とされてしまうことがあります。私の息子がまさにそうでした。 私には息子が2人います。 下の子はお兄ちゃんを見ているので、「お兄…

生後5ヶ月の息子がベッドから転落!パパに見ててと言ったのにスマホをいじって見ていなかった…。

息子が生後5ヶ月の時に経験したことです。 夜、息子を寝かせる前にトイレに行こうと思い、旦那に◯◯(息子)を少し見ててね~」と言ってトイレに行きました。部屋を出て行ってトイレに入った瞬間、ゴン!!!っと大きい音がしました。まさか…と思い慌てて部屋に…

1歳半の息子がソファからジャンプ! レントゲンを見てびっくり、まさかの骨折

息子は、やんちゃです。1歳を過ぎた頃から、めきめき歩きが上達し、歩く、走るはお手の物。怖いものなしで、どんどん突き進んでいく子でした。 あっちへウロウロ、こっちへウロウロ歩いていたかと思えば、「あー」と大声を出しながら走っていたり、脚立によ…

言葉も通じない海外で6ヶ月の娘がベッドから落下。大きなたんこぶにパニック!

夫の実家のあるポーランドへ、6ヶ月の娘を連れて初めての里帰り。孫に会えて嬉しくて仕方のない義父と旦那に娘を預け、目を離したすきに娘がベッドから転落!言葉も通じない海外でのケガに、パニックになった体験談です。

1歳5か月の息子の足にポットのお湯がかかって大慌て!猛省のやけど事件

我が家のポットはやかんでお湯を沸かして入れる旧式タイプ。毎朝お湯を沸かして入れ替えます。つまみをスライドさせてロックと解除。ある日、ポットのロックをかけ忘れていたために事件が起きました。息子が1歳5ヶ月、夏に起きた話です。

抱っこ紐が外れ、1ヶ月の息子が落下! 自分を責めて閉じこもる私を救ったのは…

初めての子供である長男を出産し、無事に1カ月検診を終えて数日後。 まだ首の座らない息子と2人、慣れない車での外出でしたが、私は義母との待ち合わせ先に急いでいました。車のチャイルドシートから息子を下ろし、抱っこ紐で息子を抱えて数歩行った、その時…

1歳3ヶ月の娘が果物ナイフの刃を握りしめて大号泣!全身の血の気が引いた話

私の不注意から1歳3ヶ月の子供の手が届くところに果物ナイフを置いてしまい、あわや大惨事。刃物の管理にはもっと慎重にならなくてはと反省した体験記です。

生後3ヶ月の娘がベッドから落下!成長を感じ取る余裕がなかった私の反省点

娘が生後3ヶ月頃の話です。私は娘をベビーベッドに寝かせてトイレに行きました。すると娘の泣き叫ぶ声が聞こえ、「いつもと泣き方が違う!ただ事じゃない!」と思い、すぐ娘の所へ飛んで行きました。 「えっ!!」 私はその光景を見て血の気が引きました。…

CT撮る?撮らない? 赤ちゃんが高さ70cmのテーブルから落下、頭を打った!

完全に親の不注意、悔やんでも悔やみきれないエピソード。 我が家では、娘の離乳食はずっとダイニングテーブルの上で食べさせるのが定番!でした。 赤ちゃん用の椅子に座らせても嫌々をするのに、なぜかテーブルの上に座らせ大人と目線を同じにするとすんな…

身近な日用品が危険物に!◯◯を足の親指に落として大怪我した娘

「まさか、これで大怪我するなんて・・・!」 2歳の娘が足の指から出血して救急車で運ばれる中、信じられない気持ちと、注意不足だった後悔の気持ちでいっぱいの私でした。 娘が足に大怪我をしたのは、3番目の子の誕生日の前夜のことです。翌日に控えたバー…

みんなが「誰か見てくれてるはず」と思ってた。気の緩みが招いた息子の転落事故!

長男が1歳6カ月の頃。夫、私、長男の3人で私の実家へ帰省しました。自宅は、賃貸アパートの1階で階段はありません。すでに歩きはじめ、階段のような段差もよじ登れるくらいに成長していた息子は、実家にある階段を上りたくて仕方なく、階段付近を常にうろち…

「ケガする前に対策を」と思っていたのに…! 子どもの成長にあわせ変化する寝室問題

妊娠中、産後の準備をする中で出てくる悩みの1つが、“赤ちゃんをどこに寝かせるか”ということではないでしょうか。 私も、早々に“寝室問題”に直面しました。 当時、我が家の寝室にあったのは、ダブルベッド1つ。 結婚当初、本当はシングルベッド2つを買いた…

「手をつなぐのイヤ!」イヤイヤ期真っ盛りの2歳児。ひとりでエスカレーターに立たせて思わぬ事故に!

「なんでもイヤ!」のイヤイヤ期真っ只中の2歳の息子。ショッピングセンターに家族で出かけたこの日も、「手をつなぐのイヤ!」と、私の手を振りほどいて、少し前を歩いていました。 上の階のお店へ移動するためエスカレーターに乗った時、一旦は手をつない…

1歳5か月の娘がベッドから転落。まさかの鎖骨骨折でコルセット生活に

長女が1歳5か月のとき、誤ってベッドから転落。泣き止まない長女に違和感を感じ急いで整形外科へ向かいました。最初の病院ではレントゲンすら撮ってもらえず、次の病院で鎖骨骨折と診断されました。そんな体験談です。

親戚の高校生が遊んでくれるのは嬉しいけど…。1歳児への扱いが雑すぎてヒヤヒヤ!

結婚し嫁いだ先が本家にあたるため、行事や何かしらがあるたびに親戚が家に集まります。その日も家に5~6人来ていて、少しドタバタしてる中、1歳1か月の息子は少し興奮気味に自分のおもちゃの車に乗ったり降りたり。1歳を過ぎたころから少しずつ歩くようにな…

子どもが口に入れた◯◯であわや!楽しいはずのママ友会で、あやうく救急車を呼ぶ大事件

娘が1歳になったばかりの頃だったと思います。 私には、出産した病院で知り合った2人のママ友がいて、その日は『ママ友会』と言う名の、楽しい集まりの日でした。テーブルを半分に分け、右半分は子供用のお菓子とジュース、左半分は私たち大人の、という風に…

歩行器に乗っていた息子がいない!? 一瞬の隙に自分で部屋の引き戸を開けてしまい…

7か月の息子は1か月ほど前に歩行器を与えられ、自分で立って移動できることの嬉しさのあまり歩行器を乗り回していました。しかし、一歩部屋から出ると危険な場所はたくさんあるため一人で扉を開けて出ていかないようにということだけは気を付けていました。 …

生後4ヶ月の息子がベッドから転落!イタリアの救急病院で過ごした長い夜

寝返りをし始めた生後4ヶ月の息子が、ある日ベッドから転落!更に大量のおう吐。すぐにイタリアの救急病院で診察を受け、そのまま1泊することになりました。それはそれは長い夜でした。

要注意!歯磨きを嫌がる息子を強引に捕まえた結果、まさかの脱臼!

夕食後の歯磨き。自分で歯ブラシを持ってカミカミするのは楽しいけど、ママにシャカシャカ歯磨きされるのはいやという1歳8か月の息子。でも、虫歯が心配な私は、いやがって泣いて抵抗する息子を押さえつけてでも歯磨きを強行していました。そして、まさかの…

4歳になったお兄ちゃんが久々に泣いたワケ。子どもの「腕が抜けたら」どうすれば?

とある平日の11時過ぎに、息子と娘を預けている保育所から電話がありました。 妹のハナちゃん(2歳の娘。以下、文中の名前はすべて仮名です)が熱でも出しちゃったかな〜と思いながら受けたら、電話口の声は兄のコウくん(4歳の息子)の担任の、新任のエミ先…

血が止まらずパニック! ケガをした1歳の息子に、医師の助言は「◯◯◯を食べさせて」?!

一歳になった息子はどこへでもスタスタ歩いて、片時も目を離せません。 この前は、10センチくらいの隙間にひょろりと入ったけど出られなくなったり、キッチンの脚立に勝手に登ったり、ダメなものばかり見つけては口に入れたがったり、新生児の時とは違う忙し…

育児の慣れや気の緩みが大事故に!ベビーカーのベルトを締めず、我が子を落下させてしまう

育児にも慣れてきた長男8ヶ月の時。気の緩みからベビーカーに乗った長男にベルトを締めませんでした。そこで起きたのは長男がベビーカーから落下する事故。一瞬の気の緩みが、大事故に繋がるのだと教訓になった私の体験記です。

泣きべそも吹き飛ぶ猫ちゃんばんそうこう

息子が1歳9か月のころのことです。 息子はまだよちよち歩きだったので、できるだけ足さばきのよいズボンを はかせようと思い、暑かったこともあり、ほぼ半ズボン生活でした。 そんなある日、道路で転んで、むき出しのすねをすりむいてしまいました。 初めて…

大ショック!つかまり歩きで転倒し、生えたばかりのかわいい乳歯が欠けてしまった…

長男が1歳の頃、転んだ際に前歯をぶつけ、前歯が欠けたり、一部が歯茎に埋もれたりしてしまいました。こうしたケガはその後の歯の健康に大きな影響を及ぼしかねないということを聞かされ、もっと転倒に注意していればよかった…と後悔した体験談です。

毎日がヒヤリハット。子供を抱っこしたまま転倒!つきっきりでいても危険なことばかり

現在1歳半の長男がいる新ママの私がお散歩途中に失敗してしまい、冷や汗をかいて泣きながら病院に行った出来事です。他のママさん達にこのようがないように、私の失敗した体験についてお伝えします。

子どもが万一転倒したら…。「心配しすぎ!」と叱られつつも、病院で教わった観察ポイント

4月から保育園に通い出し、成長著しい我が娘。 やっと寝返りができるようになり、ずりハイで後ろや横に移動しはじめたことが、最近のトップニュースです。 保育園に通って1ヶ月半。その間に娘がどれほど活発になったのか、私の自覚が足りませんでした。 関連…

反対方向へ駆けていく双子を制御しきれず…。ブランコに吹っ飛ばされ口の中が血だらけに!

最初は家の中が全てだった子供たちも、成長するにつれて動きが大きくなってきて、おもちゃだけでは満足してくれなかったり、外に連れ出さないとエネルギーが発散しきれなくて機嫌が悪かったり寝てくれなかったり・・・双子を育児中の私が体験した公園遊びの…

ちょっと目を離した隙に…。ソファーを乗り越え息子が落下!猛省の流血事件

「赤ちゃんが動き出したら、目を離してはいけない」という、当たり前のこと。でも、私はどこか「うちは大丈夫でしょ」と、他人事のように感じていました。そんな時、私が目を離した隙に、息子がソファーから落下するという事件が起きてしまいます。

家の中には危険がいっぱい。同じ場所で2度も繰り返してしまった子どものケガに後悔の嵐

1歳の次男がドアに指を挟んでケガをしてしまいました。気を付けていれば防げたはずなのに...と落ち込む私。ところがその翌日、今度は別のドアでまた指を挟んでしまいました。私の不注意で何度も痛い思いをさせてしまい、今なお自責の念にかられている私の体…

赤ちゃんの落下事故、その時親はどうするべきか。小児科医 森戸やすみ先生に聞く

4月3日に当サイトに掲載した体験記について、読者の方から多くの声をいただきました。その体験記は「ママが留守の間に赤ちゃんをみていたパパが、オムツ替えの時にベッドから転落させてしまい、ママに知られないよう落下事故を隠した」という内容でした。(…

掃き出し窓から外を眺めるのが大好きな娘。うっかり網戸を閉め忘れたある日、悲劇が起こる…

子供にも自分だけの楽しみってありますよね。親には理解できないようなこともたまにはありますが…。我が家の娘の楽しみは、家の前の道路が見える掃き出し窓からの外見学。これは、そんな娘の楽しみがもたらした悲劇の体験談です。

背後から鈍い音、続いて泣き声!…無事でよかったけど肝を冷やした落下事故

こちらの体験記について、読者の方から多くの声をいただきました。 「妻に知らせないことで、その後万が一子供の状態が悪化した場合にとる対応が違ってくる」というご意見も頂戴しております。日々育児をされている読者の皆様に対する配慮に欠けていましたこ…

傷跡を見るたび思い出す…わずかな油断が重なり、痛い思いをさせてしまった日のこと

子どもが上手に歩けるようになってきた時、積極的に考えたいのが散歩や外遊び。元気に走り回ってほしい!だけど、ケガにだけは気をつけてほしい!というのが親の本音。これは、娘がもうすぐで1歳半を迎えるという頃、散歩中に起こった痛々しい体験記です。

頭の傷をホチキス処置…正視できず息子を抱きしめた。一瞬の気の緩みからケガに

子どもが歩き始めたころ。よちよちと歩く姿を見て嬉しさを感じると同時に、転ばないかとはらはらして緊張感もありました。それが子どもが歩き慣れてくると、親の私の緊張感も薄れていきました。そんなとき、自分の不注意を反省する出来事が起こりました。息…

ぶつかる、転ぶ…ケガにヒヤヒヤ!自由に動きたい赤ちゃん、やらせてみたいパパ心

念願の妻の妊娠がわかり小躍りしました。 我が家は妊娠しづらいという体質というわけではお互いなかったようですが、妻がパニック障害を患っておりまして、薬を常用しています。 一般的には妊娠中は薬は飲まない方がいいという事になっていますから、子供に…

娘の耳掃除で大失敗!奥まで綿棒が入り、翌日血が流れてきて…生きた心地がしなかった大晦日

毎日お風呂あがりの日課になっていた、娘の耳掃除。 いつもは大人しく寝転んでくれていたのが、この日は違いました…。 12月30日夜、いつも通り耳掃除。 いきなり娘が頭を動かし、耳の奥の方まで綿棒が入ってしまいました。 普段泣かない娘が物凄い勢いで泣き…

「ドスン!」鈍い音に冷や汗…3ヶ月の赤ちゃんがベッドから落ちた!

里帰りから帰ってきて、2週間ほどたったある日のことでした。 いまだに、あのときのことを思い出すと寒気と鳥肌がたち、息子に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。 私の家には、ベビーベッドと大人用のベッドがあります。 寝かしつけの時はベビーベッド…

母とは生傷の絶えないもの…?!次女の頭突きで真夜中の流血騒動

生後8ヶ月で歩き始めた次女。 次女は何をするのも人よりちょっとだけ早く、赤ちゃん特有のゴロゴロしていてかわいい時期も、あっという間に終わってしまいました。 そんなアクティブな次女は、遊んでいると容赦なくタックルをかましてきます。 タックルをす…

「おい!きてくれ次男デコかち割れた」 旦那からの電話、公園で何が起こった? とても大変だった1歳児の処置…

あれは次男が2歳になる直前の頃、四月で気候もよかったので 旦那さんが近くの広場に兄弟二人を遊びに連れて行ってくれました。 ちょうど長男は4歳で自転車の練習をはじめたばかりでした。 次男は三輪車に乗ってお兄ちゃんの後を一生懸命ついていっていまし…

後悔先に立たず。予想もしない場所で子供が大やけど、不甲斐ない自分に涙

最近よく聞く「ヒヤリハット(意味:突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりするもの)」ですが、我が家庭内では、ある事件を境に、ヒヤリハットに敏感になりました。 上の子は活発な性格で、1歳半頃には、どこでもテクテク歩いては気になるもの…