読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


ハーフバースデー……わたしの祝い方!

SNSを開くと、かわいいベビーたちの写真が掲載されています。 最近はハーフバースデーで、着飾ったり、装飾をしたり、と工夫を凝らした写真を目にします。 かわいいな~みんな上手だな~と思いつつも、自分の子どものハーフバースデーが近づくと陰鬱な気持ち…

「1歳の誕生日なのにケーキもプレゼントも不要?」夫の発言に憤慨した初バースデー by ぐっちぃ

誕生日前に2つのお友達グループで誕生会をしたのですがいよいよ本当の「誕生日」が近づいてきました。 前回エピソード:ママ友たちと合同で1歳の誕生日会!それぞれの得意分野発揮でチームワークの良さに感服! by ぐっちぃ たしかにもらってきたけど、あれ…

こんなに大きくなって…。感動の入園式のハズが、気力体力ゼロの結果に by フクミー

お久しぶりです。フクミーです。 桜がチラホラと芽吹き始めてくる季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。 私は子どもが春休みに入り毎日どう過ごすかを考えている毎日です。 前回のエピソード:「抱っこ、ちて」「オッパイちょーだい」息子3歳、遅れてやっ…

兜飾り、いる…?捨て変態でも捨てがたいからこそ困る、節句人形の選び方 by ゆるりまい

こどもが生まれると、一度はみんな悩むんじゃないかと思うもの。それは節句のお祝いに飾るアレ。女の子なら雛人形だし、男の子なら五月人形や兜や鯉のぼりなどなど。うちの場合、男の子なんで後者だったんですが、まぁ迷いました。 まずいるかいらないか(そ…

片道一時間の距離を歩く遠足。甘えん坊の息子が泣き言を言わずに最後まで歩けるのか!?

幼稚園生活に慣れるまでさんざん愚図って毎朝泣いていた息子が、一年間の集大成として向かった年度末の遠足。その遠足を終えた後、成長とたくましさを感じざるを得なかった、子供の発言をご紹介します。

つるし雛の新しい楽しみ方?! ばあばの大作も、娘にとっては「お人形がいっぱい!」

2回目のひな祭りを無事迎えようとしている、1歳半の娘です。 去年はひな人形にほとんど興味がありませんでしたが、今年は、ひな人形を指さして、「◯◯!◯◯!」と自分の名前を連呼するなど、ひな祭りを自分なりに楽しんでいるようです。 初節句のときのエピソ…

直前で予約が取れずオロオロ。当日までドキドキだった初節句の食事会

娘は1月生まれなので、ゆっくりやろうと初節句は1才になってからやりました。初節句といっても大それたことはせず、両家の両親を呼び食事会をひらくという形にさせていただきました。少し楽かとのんびりしていたことで食事会当日までドキドキしていることに…

行事嫌いな私。娘の初節句、こだわり抜いて探したお雛様に添えた願い

唐突ですが、わたしは年中行事が苦手です。 お正月の初詣、2月の節分、3月のひな祭り、花見、お盆のお墓参り、などなど。 挙げたらキリがないですが、そういった日本ならではの風習がものすごく苦手なのです。 しかし、娘の初節句となった昨年の春のこと。 …

薄毛の貫録は、社長クラス!?オリジナリティあふれる0歳児の髪型事情 by 眉屋まゆこ

こんにちは。眉屋まゆこです。コミックエッセイ本『すくすくそらまめ』から厳選した、ご紹介記事第二弾です。 前回のエピソード:次回は絶対に無痛分娩!と思ったけど、喉元過ぎれば…。出産直後の記念写真に思うこと by 眉屋まゆこ うちの子はポワポワの髪が…

節分を知らない息子のためにパパ鬼が登場!ママの背後に逃げながらも果敢に立ち向かうが…

児童館で遊んでいると節分の鬼が登場しました。ところが息子はイマイチの反応。そこでパパに鬼に変装してもらい、息子に豆まきをさせたのですが・・・。息子が鬼と豆まきを認識できた、我が家の節分体験記です。

両親や親戚に囲まれて迎えたはじめてのお正月。自分の家族ができたことを実感しました

子供を出産して、初めて迎えたお正月。切迫流産の危機を乗り越え、無事に産まれてきてくれた我が子と共に迎える事が出来た「家族で迎えた初めてのお正月」、をお伝えします。

さんざん悩んでやっと決めたのに、またプレゼントを変更!? サンタも焦るクリスマス by 中島めめ

はじめまして、中島めめと申します。 この度「たくあんムスメたち。」というコミックエッセイを出版するにあたり、こちらで本のエピソードをいくつか紹介させていただく事になりました。 どうぞよろしくお願い致します。 毎年クリスマスが近くなると、子供た…

親族そろってお食い初め。離乳食もまだなのに、ばーばの手からいきなり固形デビューした息子

息子が生後4か月のころにお食い初めをしました。初めての子のため、妻は雑誌やネットなどを活用してせっせと情報を集めていました。僕はというと、子供のおむつかえはそれなりにできるようになり、ただただ「可愛いな~」とデレデレしているだけでした(夜は…

我が家の双子、1歳の誕生日は「選び取りカード」と「1升餅」でお祝い!後に残ったのは2升分の餅…

もともとイベントごとには興味が薄く、お金ももったいないし、1ヶ月で退院してまもない未熟児だった双子を真冬に外に連れ出す必要があるのか、なにより毎日の授乳、お世話で時間がない…そういう理由から、お宮参りは華麗にスル―しました。 義実家も私の実家…

落ち着きがない息子が発表会で見せた意外な姿。育児に悩んでいる間にも、子供は成長してるんだ

子供は誰でも落ち着きがないもの。そう分かってはいても、私の息子は度合いが違います。テレビを見るときも座っているときも絶えず体を動かすのです。このまま幼稚園へ入園して大丈夫なのかと心配するほど。そんな息子が幼稚園へ入園し、発表会を見に行った…

集団行動が苦手でいつもひとりでいる息子。4歳の発表会で見せた意外な姿に衝撃!

私と一緒に買い物へ行っても、別行動の息子。集団行動が苦手なのか、児童館などへ行っても一人行動。そんな息子が幼稚園に行ってやっていけるのかと心配でした。そこで見せた4歳の発表会には私の知らない息子の姿が。子供の成長に感銘を受けた出来事をお送り…

着替えを持っていくだけでは甘かった。う◯ちに始まりう◯ちに終わったお宮参り

我が家の3人の子供たちは、お宮参りを生後3か月の頃にしていました。 生後3か月頃は、授乳はリズムができつつあり外出の予定も立てやすいのですが、 うんちは量が増えすぐ漏れてしまう時期!1人目、2人目の時の反省を踏まえて挑んだ 3人目のお宮参りをお伝え…

ねんね期を逃すと大変! ハイハイ大好きな10か月の双子を連れて、波乱のお宮参り

海外で出産したため、お宮参りは10ヶ月になったときに行いました。色んなものに興味を示す子供に親は慌てふためき大変!

お宮参りで大物の予感!? 大きな音にも動じず眠り続ける息子に神主さんからのお墨付き!

産後1か月を実家で過ごさせてもらい、家に帰るとお義母さんからお宮参りの話が出ました。初めての子だったし、そういったことはあまりわからなかったのですが、『やっぱり子供のためにやった方がいいんだな』と思い、両家の親を含め近所の神社でご祈祷しても…

甥っ子姪っ子と我が子が一緒に記念撮影。手のかかる3人を一緒に落ち着かせるのは至難の技!

息子が1歳の時に、写真屋さんで写真を撮る機会がありました。姪っ子甥っ子と3人で写真を撮った時のてんやわんやの撮影のエピソードを紹介します。

産後の体にはこたえるけれど…ドタバタもいい思い出になったお宮参り

娘が生まれて初めてのお宮参り。 無事に赤ちゃんが生まれた感謝と健やかな成長を願う行事だそうですが、何をするのかもよくわからず、義母に聞き準備を揃えました。 その中で御紐銭(おひもせん)というものを初めて知りました。親戚などから頂いたお祝儀袋…

いつもどこでも笑顔の三男、なぜかハーフバースデーの記念撮影で号泣大パニックに

我が家には、息子が3人います。小学生の2人の兄と少し年の離れた1歳の三男です。 三男は、2人の兄のおかげかとても活発で、初めての場所や初めてのおもちゃにも笑っているような子に育っていました。 日々みるみる成長する三男を写真に残すため、ちょうど生…

ライバルと張り合う予定だった運動会。大観衆を目の前に、緊張しすぎた息子は…

息子には幼稚園で仲が良いT君がいます。 走り回るのが大好きな2人はいつも一緒です。引っ込み思案だった息子は、T君と出会うことで社交的に変わりました。大人と同じように子どもも人に影響されることを実感します。息子によい影響を与えてくれたT君に感謝で…

同居の義母が用意してくれた生後100日目のお食い初め。出てきた魚に…ア然!

初めての育児は分からないことだらけ。授乳にオムツ替え、それだけでも一苦労です。正直、赤ちゃんのイベントごとを楽しむ余裕すらありませんでした。時間に追われるなかお宮参りも終わり、次に待っていたのは「お食い初め」。あっという間に生後100日目を迎…

1歳の誕生日は盛大に! オランダ&日本の料理やイベントで賑やかにお祝い

息子が一歳になりました。「やっと一歳になった!元気に育ってくれてよかった。」という、ホッとした気持ちです。 去年、生まれた頃には、どうしたら良いのかもわからないまま、毎日精一杯お世話に明け暮れていました。一年たった今の息子は、少しの言葉を理…

お宮参りでう○ち漏れ事件発生!せっかくの着物が大変なことに…

生後100日でのお宮参り。こういった行事はどんなことをするのかあまり知らなかった私は緊張しつつも楽しみにしていました。いざ式が始まり、終わってみると、息子が大変なことに!そんなドタバタを紹介します。

産後疲れで先送りしていたお宮参り。やっぱりやろうと決めてからがドタバタでした

無事に出産してホッとしたのもつかの間、夜も昼も小刻みな睡眠でヘトヘトな中で役所での手続きやお七夜を済ませ、やっと一息ついた頃にはお宮参りについて考える時期になっていました。 我が家は両実家ともしきたりにこだわる方ではなく、義母から夫が赤ちゃ…

お宮参りの主役は義母じゃないのよ!? 大張り切りで息子を離さない義母に嫉妬

息子が生まれて初めての一大イベントである「お宮参り」。そこには初孫のイベントで張り切る義母がいました。ずっと息子を抱っこしたまま離さない義母に嫉妬し、ストレスを感じた体験談をお送りします。

決して豪華ではないけれど。可能な範囲で手作りした我が家なりのお食い初め

夏のはじめに生まれた娘は1か月検診の頃に真夏を迎えるため、一般に生後30日頃に行うというお宮参りを延期していました。しかし漠然と涼しくなってからということしか決めていなかったため、気が付けばすでに3か月になろうとしていました。 華やかなことがあ…

お食い初めは思い出いっぱいのホテルで!プロの手を上手に借りて、家族のいい思い出に

息子が産まれて100日と少し経った頃、お食い初めをすることにしました。 両家の両親も一緒にお祝いを、というところまでは、スムーズに決定。 ただ、身近な親戚や友人に話を聞いてみたところ、私の周りでは自宅でお膳を用意した人が多かったのですが、当時の…

保育園に入って初の、家族ですごす連休!ところが家庭内感染で一家全滅?!

出産以来大きな病気もせず、新年度から保育園に通うことになった息子。 慣らし保育を経て私の復職の目途も経ち、いよいよ息子は集団生活、親は共働き生活に突入することになりました。 そんなバタバタの春、ゴールデンウィークはつかの間の休息ということで…

町のふれあいイベントでヤンキー風高校生をメロメロにした、娘の可愛すぎるお尻ダンス

住んでいる町が企画した、高校生と赤ちゃんのふれあいイベント。参加をお願いされ高校へと向かった私たち親子を待っていたのは、赤ちゃんなんて触ったことがない男子高校生たちでした。緊張した様子の男子高校生たちに娘がとった行動とは?

親が書く、子と描く…七夕の短冊。願い事で振り返る、子どもの成長と日々の育児

子どもを保育園に預けていると、毎年6月末に短冊を渡される。 自分で字を書ける年令になるまでには数年かかるので、必然的に短冊を親が書くことになる。 「0歳さんの願い事とは何か」 最初の年に悩んだのはこれである。 生まれて数ヶ月の我が子が、いったい…

お食い初め当日なのに、鯛がない!近所のスーパーを4件もハシゴして手に入れたのは…

お宮参りの次にやってくる赤ちゃんイベント、お食い初め。その準備中の思いがけない困難と、祝う人の気持ちの大切さについて改めて勉強になった出来事をお話します。

七夕はベビーも甚平でパチリ☆ 赤ちゃんのイベント服は、季節の行事に活用が◎

赤ちゃんの衣類で、そう何度も着る機会はなさそうだけれど買おうかどうか迷うものって、結構ありますよね。 お宮参りやお食い初めの時のためのフォーマルな洋服から、水着や浴衣などのシーズンもの、最近増えているハロウィーンやクリスマス用のコスチューム…

おめでとう1歳!工夫を凝らした離乳食とケーキではじめての誕生日パーティー

子供の最大のイベント「誕生日」は、最愛の息子が産まれた大切な日。はじめての誕生日をむかえる1歳の誕生日は記念すべき日です。今回は我が家の誕生日会の様子から成長の記録をお伝えします。

はりきった息子の「百日祝い」。衣装替え自由な記念写真はついつい何枚も買ってしまいます!

21歳で長男を出産。インターネットやSNSなどで寝相アートや行事の写真がアップされていて、私も産んだら写真をいっぱいとって、お祝いごともきちんとやってあげようと心に決めてました。そんな私の産んでからはじめての行事「100日祝い」までの様子をお伝え…

親だけがしてあげられることとは…?そうだ、ひいおばあちゃんに会いに行こう! byムーチョ

子育てに忙殺される毎日。 ただひたすら、毎日やらなければいけないことに追われて、1日の終わりに鏡を見て、憔悴しきった自分の顔を見て、さらにテンションが下がる、なんてこともよくあります。 前回エピソード:「謝ること」がこんなにストレスだとは!?…

あっという間のハーフバースデー。お金をかけずにお家で楽しくお祝いする方法

自分の子供の成長は、ほんとあっという間です。100日祝いが終わったら、次はハーフバースデーがやってきます。ネットなどでもたくさん取り上げられています。先輩ママの情報を取り入れ、我が家のハーフバースデーのお祝いについて紹介します。

「改めて父親だと気づかせてくれてありがとう…」~娘溺愛おとうちゃんの父の日~ byあおむろ

あおむろさん前回記事:ガン見からの、「あなたは…とても綺麗な瞳をしていますね」 プレパパ教室での赤面体験! by あおむろ あおむろ家出産体験記、本日は「父の日」のお話です。 母の日に渡すプレゼントはわりと難なく決めたりできるんだけど、なんとなく…

一生に一度のお食い初めは記念に残るものを。家族3人でお祝いした心温まる時間

我が家に取って、「初めての記念日」となった、100日目のお食い初め。産まれてきてくれて100日目、この子の人生にたった1度しかない100日目をパパとママの真心を沢山込めて頑張ったので、お伝えしたいと思います。

ママはちょっとさみしいよ…? 極度のパパっ子な娘たちと父の日 by のばら

皆様お久しぶりです。のばらでございます。 前回のエピソード:「あれー? 私の入る余地どーこだ?」 子育てサロンでの”ぽつん体験” さて今年ももうすぐやって参ります、「父の日」が。 私自身、昔から生粋の「お父さん子」でございまして、 そのDNAなの…

予算0円!それでもパパが一番うれしい、とっておきの父の日プレゼントとは? by 丸本チンタ

こんにちは、丸本チンタです。5歳の女の子の父親です。 丸本チンタさんの人気記事:「一人でできるもん」と「おしり拭いて」の狭間で。娘の成長はうれしくてさみしい みなさんのご家庭では、父の日に何かされますでしょうか? 我が家では父の日は毎年、いつ…

親になって初めて知った「お食い初め」、自宅で祝って赤ちゃんもリラックス

親になって初めて「お食い初め」や「歯がため」という行事の存在を知りました。 新生児の生後100日頃に乳歯が生え始めるので、この時期に『一生涯、食べることに困らないように』との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式だそうです。 私は自分がその儀式…

しゃべりまくる5歳児に、女優の才能!?劇の発表会で見た適役は… by 丸本チンタ

前回のエピソード:「おっぱいさわらないで!」4歳女児の羞恥心の芽生えにパパはタジタジ 親の目から見ると、娘は落ち着きがなく本番に弱いので、女優や子役には向いていないんじゃないかなと思っていたんですが、ベテランの先生から何度も女優に向いている…

泣き虫長女の初めての運動会。たくさんの感動と幸せをもらいました

早生まれの長女は幼稚園に入園後も毎日泣いて登園していました。長女はもちろん、母親としても胸が痛い日々でしたが、初めての幼稚園の運動会で長女の成長を感じ、涙しました。今までの悩みや辛さが一気に吹っ飛んで、感動と幸せをもらった体験談です。

立派に成長した運動会に感動!友達を思う長男の優しさに涙腺崩壊

3歳までは運動会も発表会も泣いて戻ってくるのが当たり前だった長男。しかし、4歳になると突然何でも頑張れるようになりました。そんな長男の運動会の成長エピソードを紹介したいと思います。

「あれは限界の顔だ…」双子の写真撮影は至難のワザ!100日のお祝いの話 by ぐっちぃ

「100日」に突入したので、何かせねばならないと思い、お祝いをすることにしました。 前回のエピソード:手首を触るだけで激痛が!まだまだいけると思っていたら、かかってしまった腱鞘炎の話 まず実家にて「お食い初め」をしました。 わたし、こういう儀式…

息子、"選び取り"で空気を読んだ!?両家勢ぞろいの初節句&1歳のお祝い by 内野こめこ

前回に引き続き初節句について。 今回は当日の話です。 誕生日が四月末でちょうど一歳になったところだったので 一歳のお祝いの餅背負いと選び取りも同時にやることにしました。 節句的な要素はこの格好で写真を撮ったのみ(笑) メインイベントは一歳のお祝い…

「誰が買うもの?」初節句をめぐり巻き起こる、少々面倒な『五月人形問題』

もうすぐ子供の日ですね。 男の子の場合、初節句にあわせて購入することが多い五月人形ですが、購入に関して、少々面倒なことが起こることがあるんです。 それは、“誰が買うのか”という認識の相違によって起こります。 私の義弟(妻の弟)の家庭の場合、奥さ…