赤すぐみんなの体験記


心も身体もリフレッシュ♪ 音楽に合わせて楽しく動くマタニティビクスで目指せ安産!

食べづわりがひどく、妊娠15週ですでに4㎏の体重増加だった私。つわりがおさまったあとも、大好きな食事を少し多めに食べていました。 しかしあるとき、妊娠情報誌で、体重が増加しすぎると妊娠中毒症になるという記事を読み突然不安になりました。妊娠中毒…

3人目の妊娠…

この度、3人目を妊娠。 幼稚園の年長と年少の長男と長女。 二人を妊娠していた時はまだ定期的にどこかに通うということもなく、自分の体を優先していた私。 体調が良い日は散歩をして、優れない日は家でのんびり、体重管理も気を遣い、自転車はもちろん自動…

転ばない運動なら良いと言われた結果、切迫流産~切迫早産

長年の習慣で、毎朝1時間身体を動かしていました。 筋トレ、ストレッチ、ジョギング、フラフープ、ヨガ等 妊娠発覚後、病院で運動をしても良いか尋ねると「転ばない運動ならいいよ」とのこと。以前のようにみっちり追い込む、意識してお腹周りに刺激を与える…

たかがお風呂!されどお風呂!!

双子妊娠し、中期あたりで既にお腹はポッコリ。 7~8ヶ月になるとレジを通るたびに「もうすぐですか??」と声をかけられるように!! 嬉しい反面、お腹が大きくなればなるほどお風呂での立ち座りや、なんてことないドライヤー、歯磨きがしんどくなってきま…

イメージはバレエレッスンのプリエ。臨月から始めた体操で股関節の筋肉をほぐしたい!

夏真っ只中の8月、私は臨月を迎えました。「初産なんだから安産のために歩きなさい!」と周囲から言われましたが、何しろ外は暑いのです。室内でできる、いい体操はないものかと考えた私は、股関節の筋肉を柔らかくしておけば、きっと赤ちゃんが出てきやすい…

上の子の赤ちゃん返り

娘が二歳の時に2人目を妊娠しました。 2歳になってイヤイヤ期真っ盛りでしたが、出産に近づくにつれ娘自身急速にやれることが増え、自分自身やりたがることも多くなり、夜も読み聞かせが終わったら遅くても22時までには寝てくれるようになりました。 おかげ…

他人と比べない。私は私。

妊娠初期までバリバリ仕事をしていました。 たとえ子供ができても、産休育休を取得し働き続けるだろう。その考えに何の迷いもありませんでした。 しかし、12週の頃切迫流産になり、しばらく休職。 その後、復帰するも思うように仕事ができず自己嫌悪に陥り、…

まさかの妊娠

私の妊娠発覚は人に語れるものではありません。 お付き合いをしていない人との間に出来た子です。 しかも、たった1回での出来事です。 相手の方は結婚できないの一点張りでした。 双方の親とも話し合ったのですが、最終的にはDNA鑑定をした結果、認知する…

基礎体温を見直したら、あれ?高温期が短い…。食生活を見直して体質改善にチャレンジ

妊活を開始すれば、すぐに妊娠できると思っていたのが大間違い。1年以上タイミングをとってきたものの妊娠しません。 結婚をしてすぐに授かる人がとても羨ましかったです。どうして私だけ…と悲観的になるばかり。 なぜ妊娠できないんだろう。生理は毎月規則…

初めての出産はできる限りのことをして挑みたい!安産体操やウォーキングで備えも十分!

初めての出産では、できる限りのことをして挑みたい!という気持ちがいっぱいでした。正直どのような出産になるのかは、本番になってみないと分かりません。 出産だけは本当に同じものがなく十人十色なものです。 陣痛がスムーズに来るのかどうなのか、無事…

辛かったつわり

妊娠がわかった直後から少しずつ食後の気持ち悪さがあり、「これがつわりかなぁ」なんて思っていました。 妊娠7週くらいから食後に吐いてしまうようになり、食欲も激減。所謂吐きづわりです。 感覚としては、食べた直後から車酔いが始まり、それが段々酷くな…

嫌なことだって全部幸せへ変わる不思議な力

幸せいっぱいの、初めての妊娠!! 嬉しくて幸せ!でも、本当にお腹の中に赤ちゃんがいるのかな、元気かなって不安な毎日。 そんな中、体調が崩れたり悪阻が始まったりと身体の変化も感じながら、でも、なんだろう、とっても幸せ!!!食欲が増して体重が増…

いたたまれないはずの10分間が奇跡の時間に<電車の席譲りエピソード前編> by さとえみ 

公共の交通機関である電車の中は ─昔は新聞や雑誌それか編み物、今はスマートフォンで忙しかった。だからとってもうってつけなのである。人間観察の。 前回エピソード:1Lの輸血で気分爽快~♪ 命がけの出産を乗り越え、子のために噛み締めたもの2つ…!<貧血…

こんなに動いていいの! マタニティビクス&アクア体験で運動不足もストレスも解消

現在妊娠7ヶ月で、フルタイムで働いています。 仕事はデスクワークですが、通勤時間は電車を乗り継ぎ1時間、仕事でも徒歩で30分~1時間程度外出することもあるため、まぁまぁ運動は出来ているのかしら?という状況です。 9ヶ月目から産休に入るため、運動量…

お菓子の包み紙、映画のチケット…。当時の記憶が蘇るマタニティダイアリー活用法 by斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 前回のエピソード:「わたしはあなたのママじゃない!」我が家ではお互いをあだ名で呼んでます 赤すぐでの連載は月一程度で、そんなに頻繁ではないのですが、何を書いたらいいか悩むことがあります。 というのも、私の子どもが…

出産は厄落としになる? 厄年続きの30代の妊娠、なにを信じるかは人それぞれ

数え年の32、33、34歳、そして36、37、38歳。6年もある厄年を避けて妊娠・出産するのはなかなか難しい。厄年で出産することになった私の体験記です。

後悔しても遅い!妊娠中は虫歯に要注意!

自治体の助成で妊娠中に無料で受けられる歯の検診があり、お腹が大きくなる前に行っておいてねー、と産婦人科で言われていました。 別に悪い所はないと思うけど、出産後はなかなか行けないだろうし、まぁ無料なら行こうかな、くらいの軽い気持ちでいました。…

妊娠中の不安な気持ちを消し去ってくれた!安産体操でリフレッシュ

妊娠20週に入り、体調の良い日が続いていました。お腹の膨らみも大きくなり、周囲から「妊婦さん」だと認識されるように。夢にまで見ていた妊婦さんです。今自分が妊婦でいることの実感が持て、幸せを感じていました。 その反面、初めて経験することは不安で…

妊娠中の私と夫の温度差が違いすぎる。エコー写真を見せても薄い反応にモヤモヤ

私は現在、妊娠26週の7ヶ月です。ようやく胎動も頻繁に感じることができて嬉しくもあり、また赤ちゃんが生まれてからの子育てに少し不安な気持ちも出てきたところです。 ここまでくるのに色々とありました。なかなか子供を授かれず、不妊治療をおよそ3年間続…

経産婦だからこそ気をつけたい! 4度目の妊婦生活、油断が招いた「むくみ」の危機

経産婦となると、初産婦とは違って知識も豊富ですので妊娠出産に対する安心感はあります。 ですが、経産婦こそ気をつけなくてはいけないことがあると思いました。 それは、周りの「慣れ」と私自身の「慣れ」です。 まず、夫の「妊婦慣れ」です。 1人目の時よ…

妊娠中から始めた夫イクメン化計画!私が夫にお願いした3つのこと

妊娠が判明してから「親になる」と実感するのには、やはり男女差があると思います。女性に比べると男性は圧倒的に変化を感じる機会に乏しいので、なかなか実感は湧きにくいようです。うちの旦那もそうでした。 そこで、私が初めて妊娠したとき、私は旦那に三…

上の子との付き合いかた

私は妊娠25週ごろと妊娠29週ごろに子宮頸管長が短くなり、妊娠29週以降、入院しています。 切迫早産気味になった原因の一つに上の子の抱っこがあります。 これくらい大丈夫…の気持ちで、上の子どもが泣いた時など、すぐに抱っこしていました。 それが自分で…

男性のサポート

男性には、女性が経験するつわりは、どれほど大変なものか実感することはできません。 やる気の低減や、吐き気からなかなか動くこともままならない方もおられると思います。 もちろん男性は一家の大黒柱で、仕事を時には休みなくしていると思います。 しかし…

こんなに運よかったっけ?

妊娠がわかってから、くじ運がとにかくいいんです。 妊娠したら良くなるとは聞いてはいましたがびっくりです。 美容室では、くじで一等のエステ無料券があたり、 いつもフェイシャルエステをしてもらってる所でのくじ引きでは、 一番の目玉はこれだからねー…

妊娠中の優先席での怖い話

これは、第一子妊娠中の通勤電車で起こった話です。私は、その頃あと数日で産休に入る妊娠8ヶ月でお腹もだいぶ目立っていました。 私が利用する路線は、かなり混雑する路線だったため朝のラッシュ時を避け時差通勤をさせてもらっており、その日も私が利用す…

医師からの安静指示で目一杯平穏に過ごした妊婦生活。正産期に入ったとたん、そんな日々が一転!…by そめた

前回エピソード:ママ友付き合いなんて…と思っていたけれど。コミュ障な母の反省と気づき by そめた 持病もあったので余計だったのですが、 先生や看護士さんがとても心配してくれて 仕事も本当なら休むか辞めるかしては…?と言わんばかりの勢いでした。 家…

少しでも楽なお産を目指して!妊娠8か月からはじめた安産体操とウォーキング

雑誌やネットを見ると、安産のために「安定期に入る16週頃から、安産体操をしましょう」と書かれています。私は31歳で初めて妊娠し、体力的に出産に対する不安もあったので、安産のためにできることは何でもしておきたいという気持ちでした。 とはいえ、実際…

ザ・男家系の親戚一同。ふたり目妊娠で「もしも女の子だったら…?」の妄想膨らむ!by ヒビユウ

我が家のムスコ(一人目)は、男の子。夫は、男3兄弟の次男。 お義兄さん(長男)のこどもは男の子2人。 前回のエピソード:下の子が生まれる前にトイレトレやっておかなきゃ!焦って始めて後悔したこと by ヒビユウ 我が家のふたり目も、きっと、男の子だ…

マタニティーヨガで「レモン」を使った呼吸法。分娩室はレモンの香りでいっぱいに

今、世の中にはマタニティー○○と呼ばれる様々な運動プログラムが沢山あります。 でも、妊娠の経過、住んでいる地域、時間があるかないか、自身の気力等々、いろいろな要因で、そういったものに出会う出会わないはあると思います。私は、三人出産していますが…

こんな風景が近くにあったなんて!妊娠中、安定期から始めたウォーキング

胎盤が完成して流産の危険性が減る安定期。体調が良い状態が続いたため、妊娠16週ごろからウォーキングを開始しました。安産にはウォーキングがよいという話をよく聞きます。歩くことでお産に必要な体力がつくうえ、体重管理にも役立つというのです。食欲が…

人生の大きな分かれ道

7月中旬、大学4回生の私は、第一志望の就職先の最終試験を控えていました。その中で妊娠が発覚、どうしていいか分からず1週間ほど泣いていました。 交際2年の彼も学生、お互いの両親にも反対され、私も内定まであと一歩、経済的に見ても育てることは難しい。…

妊娠中の受動喫煙の恐怖!タバコをやめない夫を泣きながら説得した私

ヘビースモーカーだった自分は、つわりのおかげですぐにタバコをやめられました。しかし夫は外で吸っていれば大丈夫と考えていました。受動喫煙の心配はないと思っていた矢先、主治医の一言に反省した出来事です。

最近やけに二日酔いが長引くと思ったら…。えっ!? まさかのつわり!?

二日酔いだと思っていたら、つわり症状でした。妊娠がわかったと同時に気付いて、激しい後悔。結局生まれるまで不安に取り付かれることになりました。

お産するまでの日常

初めての妊娠で、妊娠後期には仕事も辞めてなるべく歩いた方がいいということで毎日1、2時間歩くようにしました。 私の住んでいる所は田舎で緑と山に囲まれているような所です。 出産が5月上旬だったので、桜の木を見たり自然の素晴らしい景色を存分に楽し…

産まれる前からお姉さん

第2子を妊娠して9ヶ月、突然切迫早産の診断がくだり、安静生活を余儀なくされてしまいました。 上の娘は3歳。まだまだ甘えたいし、お外にも遊びにいきたいし、かまってもらえないことがストレスなのか、おねしょが増え、きっと心配して欲しいのに心配しな…

自覚症状もなく、妊娠報告もまだできない。もどかしい気持ちでいっぱいだった妊娠6週

妊娠のことで、よく覚えているのは妊娠6週目のときです。とにかく嬉しいのですが、手放しで喜べるほどでもなく、かと言って何もできることはないし、自覚症状もなく、ただただもどかしい思いをしました。 市販の検査薬で陽性の結果が出たのは妊娠5週目のとき…

年末の仕事と家事の両立

わたしたち夫婦は共働きで12月は仕事も忙しく、お互い帰りも遅くなったり、朝も寒くなってきてギリギリまでお布団から出たくない。 でも私は洗濯、掃除、食事にお弁当。 旦那はスヤスヤ寝てるのに洗濯をし、休みの日は掃除。移動手段が妊娠してからは徒歩で…

昔ながらの「岩田帯」に挑戦!巻くのは面倒だけど、歩く姿勢が良くなりました

第3子が妊娠7ヶ月に入りました。「性別分かった?」などと、みんな気にしてくれますが前回のエコーでは、赤ちゃんが隠してたので次回のお楽しみです。 実は、長女のときからお世話になっている産院は地元でも1、2位を争うほど、体重管理の厳しい病院。私…

つわりでしんどい時の旦那さんの行動

妊娠初期に、初めて旦那さんの前でもどしたときのことです。 最初は恥ずかしくて背中をさすってくれていた旦那さんに「あっち行って…」と冷たく言っていたのですが、もどし終わってしんどい時に、口をゆすげるようにコップに水を入れて一緒におけを持って来…

妊婦でも上の子の育児は休めない!2人目妊娠中のドタバタアクティブ生活

二人目を授かったのは冬でした。 検査薬は使っていなかったけど、お腹にいる確信がありました。「そろそろ2ヶ月目になるだろうし、早めに病院に行こう。パパには次のお休みが来たら打ち明けようかな…」と考えていました。 サービス業で不定休の主人。その頃…

年子の2人のお兄さん

私は2人の小学生のお母さん。 7年前に2人目の男の子を出産し、めまぐるしく忙しい子育て生活を経験しました。 1歳半の年子で、ゆっくり上の子の面倒を見てあげられなく申し訳ないと思いながら、今、2人は8歳と7歳になりました。 最初は年子で危なっかしい2人…

妊婦は当たりやすいは本当

もともと懸賞好きでちょこちょこハガキは出していましたが、当選率はまあまあというところでした。 しかし、妊娠してからメトロの1日切符を皮切りに当たる当たる。 お菓子や缶コーヒー、ビールに酎ハイ、アイスクリームにお洒落なやかんと商品券。大物ではテ…

子どもの感性

3人目の妊娠には生理予定日の前日に(もしかしたら…)という予感があり、翌週には検査薬で確信になりました。 仕事の休みの都合もあり、更に2週間程して病院に初診にいく日の朝、何故かいつもより早く起きてきた長男(当時4歳、年少)。 静かにブロックで遊…

世の中まだまだ捨てたもんじゃないな

第一子を妊娠し、現在8ヶ月です。後期に入りました。 非常勤で働いており、通勤はバスです。自宅は学生もお年寄りも多いエリアなので、通勤では立ったままのこともあります。 仕事は立ち仕事が多く、時間に追われたりバタバタしていることが多いです。連日残…

「お母さん頑張ってますね、これはもう病気です」 身も心も追いつめられた重い悪阻

私達夫婦は結婚して5年目にしてやっと授かりました。 なかなか授からず、不妊治療も行い… やっと妊娠出来た事にびっくりし、ただただ嬉しかったです。 しかし、その時の私は、その後に地獄の日々が待ってるとは思いもしませんでした。 病院で心拍確認まで行…

強要されるあおむけ寝、寝相攻撃からの防御、頻尿…。3人目妊娠後期は慢性睡眠不足 by マルサイ

妊娠後期に入りお腹が大きくなってくると浮上してくる様々な問題点。 今回はそんな「大きいお腹の苦労話代表エピソード」を紹介したいと思います。 前回エピソード:妊婦なのに…!炎天下で5歳&3歳のツーリングを追い続けた、無謀で過酷な3人目妊婦時代 b…

保活は早くにスタートして損はないです!

妊娠後期から保活を始めました。 出産後に職場に復職希望日を提出しなくてはいけなかったので、早めに始めましたが、出産前に動いてよかったと思っています。 市役所で申込みについて聞いたあと、各保育園に見学に行きました。 早めに開始してよかったのは、…

妊婦なのに…!炎天下で5歳&3歳のツーリングを追い続けた、無謀で過酷な3人目妊婦時代 byマルサイ

長男は5歳。 次男は3歳。 季節は夏。 この3つの条件が揃った第三子妊娠5ヶ月の頃。 それはそれはハードな日々でした。 前回エピソード:三人目も男子確定!半端ない「やっぱり感」を吹き飛ばした、「同性きょうだい」の魅力 byマルサイ 猛暑の中、来る日も…

妊娠中の私に助言したい! 子どもを生む前に”本当に”やっておくべきこと byやまもとりえ

前回のエピソード:「漢字きもちわりぃ!!」8週目でピークを迎えた私のつわり、ついには視覚まで… レストランより、旅行より、体力づくりが一番です。。。 >>>次回のエピソード:セレブ産院VS国立病院、チョイスの理由は大好きな○○○でした! 関連記事:…

年の離れた3人目を妊娠。押し寄せる不安を取り払ってくれたのは、家族全員の支えでした

私は10歳、7歳、0歳3か月の子供がいる3児の母です。 初めての出産は19歳のときでした。その2年後に2人目を出産します。一人目は生後6か月の頃、夜泣きがありとても大変でした。二人目の時は、上の子が2歳のやんちゃ盛りで大変だったこともあり、てんてこ舞い…