読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


「産後の晩御飯問題クリア!」快適だった宅食ライフは夫の愚痴で強制終了 by肉子

こんにちは、肉子です。 前回のエピソード:「菜箸どこ?」「鍋のふたは?」10分おきに起こされる。義母inマイキッチン ー里帰り無し初産 中編ー 初産の時は、お姑さんに家へ来てもらい産後の家事を手伝ってもらったのですが、二人目出産後は夫婦だけで乗り…

「かわいそう??」そんな時もあるけれど、年子育児はとても楽しい! by グラハム子

うちの子たちは現在3歳3ヶ月と1歳8ヶ月。 2人を連れて歩いていると、よく聞かれることがあります。 関連記事:泣き声で心音が聞こえない…。1歳児との妊婦検診は想像以上に大変だ!? by グラハム子 うちの子たちは1歳7ヶ月差。 でも4月を挟むので学年…

親子の大切な試練!くじけず頑張ればいつかきっと!!「幼稚園登園あるある」 by ちちかわえみぞう

皆さんこんにちは、久々に引っ張り出した夏服の、袖が微妙にキツいけど気がつかないフリをしているちちかわです! 前回エピソード:「写真を撮るのってここまで困難?!」こどもの写真あるある(保育園・幼稚園編) by ちちかわえみぞう 風薫るさわやかな季節…

「早くしなさい!」「早くして!」の連呼から脱出したい…!試行中の我が家の工夫 by ゆむい

私自身、子供の頃から母に「早くしなさい!」と朝から晩まで急かされ続け、「早くすることはそんなに偉いのか!?」と 変な方向へ反発してしまいました。急かされることが気持ちのいいものではないと、身を以て知っているはずなのに、我が子にも同じようにし…

長男誕生から三男入園までの7年半。憧れ続けた“ひとり時間”にひたすらやっていること by マルサイ

三男が入園しました。次男と同じ幼稚園の2歳児クラスです。 7年半続いた未就園児のいる暮らしが、これで終わりました。 三男の初登園の日、バスを見送ったその足でスーパーに行きました。 追っかけたり待ったり催促したりなだめたり。子どもの手をひき40分以…

「いつかは子ども部屋に…のつもりが物置部屋」を防ぐ、未来を見越した部屋作り

今では片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは7年前の1人目妊娠の時。 以前は汚部屋暮らしでした。 産後は汚部屋から脱却して快適…

使い終わったマタニティ&ベビーグッズ、どこまで残す?捨て魔が決めた「残すルール」 by ゆるりまい

周りのママ友と話をすると、度々話題になるのが『使い終わったマタニティ&ベビーグッズはどうするか』。また出産を希望しているかどうかにもよりますが、どこまで取っておくかは悩みどころではないでしょうか? 前回エピソード:兜飾り、いる…?捨て変態でも…

仕事の予定変更で、私だけ5日間も延泊! 1歳0か月の長男と初めてはなればなれに

自宅は関西、職場は東京、という環境で育児をスタートした私。 仕事は、月に1度は上京し、残りの作業は在宅で、という形で続けています。 息子が0歳のうちは、基本的に日帰りか1泊で東京へ。 ごく稀に夫か母と一緒に上京できる時のみ、息子同伴で連泊する形…

やんちゃ盛り2歳児といざ出陣!さてどうなる?ゴールド免許更新への道(…出発前から試練あり) by ゆむい

運転免許保有歴9年、 無事故無違反でも 妊娠中の特別処置制度「更新期限前の更新手続き」により、 ブルー免許のままだった私。(詳細は前回エピソード参照) 先日、ついに「金色」と記載された更新通知ハガキが届きました。 前回エピソード:無事故無違反で…

「何やっとんねん!」雨粒と戦い、服を下から脱ぎ、お尻を出す…。母が青ざめる5歳男児の奇行 by カフカヤマモト

こんにちはカフカヤマモトです。 平凡な家族(我が家)の日常を描いた著書『家族ほど笑えるものはない』から選りすぐりのシーンを紹介しています。 今回は5歳の息子編です。 前回エピソード:困惑、拒絶、譲歩、容認。顔で語る、「初めての梨・四段活用」 b…

「お母さんの好きなもの」が入った息子からのプレゼント。その、えげつない中身とは? by 熊野友紀子

当時は子どもたちと一緒に古代生物に入れ込んでいて、恐竜のソフビ人形や化石や本を集めていて、「好きなもの」といえばそれが思い浮かぶような状況だったはずなんですが、真っ先にお金がでてくるとは思いませんでしたね…。 古代生物愛をしのぐほどの欲がに…

「うちの子可愛いいぃぃぃぃ!!!」産まれてから180度変わった、子どもの価値観 by チカ母

今では、娘にメロメロデレデレの親バカ丸出しお母さんですが 若い頃は、子どもに全っっっっ然!興味がありませんでした。 前回エピソード:思い返せば「過労」以外の何物でもない!新生児期の異常な生活を振り返る by チカ母 嫌いというわけではないのですが…

女の子らしいってなんだろう?知らず知らずに女の子らしさを押し付けてないだろうか byつかさちずる

こんにちは、ちずるです。 前回のエピソード:同じ悩みを共有できる「一人目をお世話するママさん」に会える場所。SNSに救われた私 娘が保育所へ通うようになってから1年がたちました。元気に通園していますが連休明けはたまに嫌がってます。今回は私が保育…

呼んでもお母さんは来ない…娘に悲しい思いをさせないために、母は誓う! by チカ母

すぐに娘の寝ている布団に潜り込み 「お母さんいるよー、大丈夫だよー。」 と、声をかけるとすぐに寝息をたて始めたのですが ふと、こんなことを考えてしまいました。 前回エピソード:え?記憶と違う!? 思い出のつまった素敵な森は…母となった今、ホラーな…

無事故無違反でもゴールドにならない!?妊婦と運転免許更新の落とし⽳。by ゆむい

前回記事で、出産を理由に運転免許証の更新⽇を、 定められた期間より1ヶ⽉ 前倒しした話を書きました。 「更新期間前の更新⼿続き」というシステムです。 前回エピソード:警察の皆さんから姫扱い!?正産期+産褥期に運転免許の更新期間が丸かぶりした時…

引っぱる、転がる、ぐるぐる回る…巷であるある!!『子ぐずり百景』 by ちちかわえみぞう

皆様こんにちは、愛用の冬用レギンスが、着回しすぎて穴だらけになってきたちちかわです。 前回エピソード:クリスマス目前!『踏んだらイヤなおもちゃ』ランキング。1位は定番のアレ by ちちかわえみぞう 子どもと言えば 皆ひとえに泣くもの、ぐずるもの。 …

え?記憶と違う!? 思い出のつまった素敵な森は…母となった今、ホラーな場所に!by チカ母

その公園は、近所の友人たちとよく遊んでいた公園で、私の幼少期の思い出の多くはその公園と森で出来ていると言えるほど、記憶に残っている場所でした。 せっかくなので、娘にもお母さんが遊んでいた公園と森で遊ばせてみよう、と思い懐かしさを胸に、その公…

泣いてる赤子を見るや光の速さで構ってしまう!パブロフの犬的おばちゃん勢の正体は… by 熊野友紀子

なんでしょう、パブロフの犬っていうんでしょうか、 電車などで泣いてる乳幼児さんがいると どうした!眠いか!などとものすごく気になって 声かけてしまうんですよ…。 泣いちゃったらと思うと電車などには乗りにくい、と 思われる親御さんもいらっしゃるか…

三人目ともなると育児は「できて当たり前」!? 保健師さんの一言に思わず溢れた涙 by 育田花

三男が産まれた時の心配事。それは次男の赤ちゃん返りです!次男が産まれた時に1ヶ月ほど長男が赤ちゃん返りをして、いつもよりぺったりくっついてなかなか大変だった記憶が残っていたのです。 しかし実際に三男が産まれたら・・・ 長男がまさかの赤ちゃん返…

忘れられない3月11日。渋谷のど真ん中で地震に遭遇。5時間歩き通して保育園の息子のもとへ

「もしも子どもに何かあったら・・・」と、ママは不安に考えがち。でも、「心配しすぎたね」って後から笑える方が、断然いい。震災に遭い、そんな不安を目の当たりにしたママの体験談をご紹介します。

里帰り明けにぶつかった食事問題

産後約二ヶ月、実家にたっぷりお世話になった後、じぶんの家に戻ったときにぶち当たった問題です。 里帰りをしている間は赤ちゃんが泣いていても親があやしてくれて、 「ごはん食べちゃいなさい」 と三食用意された食事を食べていたのですが、里帰り後は夫が…

カフェインは気になるけどコーヒーが好きすぎる!そんな夫婦のリラックスタイムのお供は… by のばら

どうもこんにちは、のばらです。三児の母頑張ってます。 さて、同じく絶賛育児中のパパママさん、子どもたちを寝かし付けたあとのほっと一息できる時間どんな風に過ごしてますか?我が家は夫婦で1日の出来事を話したり、借りてきた映画のDVD鑑賞したり。…

「あれはどこ?」の探し物パニックにさよなら。家族にも収納場所がわかる片付け術

今では片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは7年前の1人目妊娠の時。 以前は汚部屋暮らしでした。 産後は汚部屋から脱却して快適…

2人目にして汚部屋

子供の頃、小さな子供がいるおうちや子供の数が多い家に遊びに行くと、おもちゃやゴミが散らかしっぱなしだったことがありました。 自分の家がこんなんだと嫌だなーと人ごとのように思っていましたが、2人目ができた今、殆ど毎日、自分の家が汚部屋になって…

我が家の中でも一番シンプル!捨て変態の息子のクローゼット大解剖 by ゆるりまい

“自分のものは自分のスペースに”がお約束な我が家。なので、息子のものは息子の部屋に収納しています。とはいえ、“息子の部屋”といっても、まだ家具も何も置いていないただのガラーンとした空き部屋。そこの作り付けの収納に、息子の服などを収納しています…

産褥期に手を洗ったりシャワーした直後身体がガタガタと震えて驚いた体験

1人目を産んで退院したその日は雪が多く積もった1月の寒い日でした。 お手洗いを済ませ手を洗い部屋に戻ろうとすると、自分の意思とは関係なく身体全体がガタガタと震え始めました。 鏡に映った自分の顔は血の気がなく真っ白に。 おどろいてこたつの中に潜…

「お母さん」…って私のことか! 今までなじみのなかった育児用語は新鮮な響き

出産して、初めての育児生活をスタートさせてからの日々は、カルチャーショックの連続。 その中には、これまで縁のなかった言葉との出会いもありました。 まずは、産院で。 息子を出産した当日から、小児科の先生から「お母さん」、助産師さんから「ママ」と…

いてくれるだけで、ありがたい。家族関係をまるくする娘の力  by つかさちずる

3歳になり2歳のイヤイヤ期とはまた違った感じで拒否や自己主張の爆発を日々起こしています。親子ケンカのような衝突が続きぐったりしているところ(私が)なので、あえて今回は娘がいてよかったと思う瞬間をお話します 娘の存在のありがたいところを思い出し…

「新品だけどけっこうボロいな…」 だんだんやり辛くなる、姉妹のお下がり事情 by 中島めめ

前回のエピソード:「かわいいってほんとうに?」「ちゃんとおかねくださいよ?」ニヒルなおっさん系3歳児の心配事 by 中島めめ こういうのは次女の宿命ですね…。 最近は長女に新しい服を買う時に次女の分だけ買わないでいるとチェックが入るので、結局いつ…

外の世界はまるでジャングル!忘れられない思い出になった「母性丸出しのガルガル期」 by ナナハル

前回エピソード:会陰縫合は抜糸も痛~~い!不意打ちでやってきた、強烈な痛みに悶絶 by ナナハル 入院生活は最初こそ苦労したものの、同じように思う初産ママさんとの交流や、先輩ママさんからのアドバイス、助産師さんの助けがありすぐに慣れることができ…

脱・プリントの地層!「いつ捨てれば?」を解決する、ママならではのEvernote活用術

毎日幼稚園や保育園、小学校から届く保護者向けの書類。気づけば家のなかにプリントの地層が…なんてこと、ありませんか? そんなときに頼りになるのがデジタルノートです。 今回は、家事、料理、家計簿、子育て、それぞれのテーマで達人25人のノートを紹介…

とにかくかわいい!

9ヶ月になった息子、とにかく毎日かわいさ更新中。こんなにかわいいなら早く教えてよ神さまという気持ちです。 自分の髪はボサボサ(10ヶ月美容院へ行っていません!)洋服はダルダルですが、息子にはかわいいものを着せたい。 高齢出産でしたが、本当に生ん…

育児のイライラやゲッソリも笑いに変える!インスタで人気、カフカヤマモトさんのノート術

「家事に追われて、今日も全然時間が足りない!」 「また子どもにイライラ。あとになって自己嫌悪……」 毎日続くたくさんの「家しごと」。こんなふうにイライラしたり、ときに落ち込んだりすることもありますよね。 ところが、ノートを上手に使っている人たち…

ママだって少しは遊びたい! 年に一度のお楽しみ、夢のリフレッシュ時間をくれた義姉

先日、一歳になった我が子を連れて実家に帰省しました。 娘と2人で飛行機旅、娘は初めての飛行機でしたので、不安と緊張でいっぱいでしたがなんなくクリア。機内からは虹も見えて、幸先良いスタートだと思ってルンルンな気分で実家に到着しました。 里帰り出…

来客前の一瞬でお部屋すっきり! 散らかりアイテムには「逃げ場」を確保すべし

今では片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは6年前の1人目妊娠の時。 以前は汚部屋暮らしでした。 産後は汚部屋から脱却して快適な…

ありがためいわくから始まった姉妹愛も、今では…。4歳差姉妹の関係性の変化 by あね子

こんにちは!あね子です。 赤すぐさんでの短期連載はとりあえず今回が最後。ということで、姉妹になりたて~現在までの関係の変化をご紹介します。 前回のエピソード:役割分担しないと終わらない!働きっぱなし!奥ゆかしい妻が鬼軍曹と化した理由 ねんねの…

だから子育てはおもしろい!ママ歴3年目でも「新米ママ」感が抜けないわたし by 園田花ヨウ

子供が生まれてすぐ辺りは「今はこんなでもだんだんと子育てに慣れていくんだろう…そして家事にも余裕が出てくるんだろう」と思っていました。 前回エピソード:ママが楽をするって大事!「お惣菜を買うこと」がもたらした5つのメリット by園田花ヨウ そし…

ノートを使えば頭もスッキリ♪ インスタやブログで大人気の3人のレシピ管理術を大公開!

「家事に追われて、今日も全然時間が足りない!」「また子どもにイライラ。あとになって自己嫌悪……」「毎日似たような料理ばかり作っているみたい」 毎日続くたくさんの「家しごと」。こんなふうにイライラしたり、ときに落ち込んだりすることもありますよね…

浅尾美和さんが第二子男児を出産!2学年差男子の育児、超大変・・・の実態とは

元プロビーチバレー選手の浅尾美和さんが第二子となる男の子を出産されましたね。 2学年差の男の子の兄弟か・・・我が家と一緒だな・・・と思いながらニュースを見ていました。 我が家に次男が産まれた時、長男はまだ1歳8カ月。 特に言葉が遅い子でしたので…

子どもが同時に寝たらハイタッチ! ママたちの夢、大人のおしゃべりタイムを作る方法

育児をしているとなかなか持てない、夢の時間。 その1つが、友達とゆっくり話す時間ではないでしょうか。 独身時代には、女子会や飲み会で思う存分、友達とのおしゃべりを楽しんできた私。 出産したのは30代半ば、「もう充分でしょ!」とツッコまれそうでは…

新幹線のデッキで会った中年のおじさま天使

息子が9ヶ月になった時、初めて新幹線で3時間くらいの実家に帰ることにしました。 行きは旦那と3人だったので、新幹線の2席を使ってなんとか無事帰省できたのですが、帰りは息子と2人での移動でした。 その頃2人目の妊娠がわかり、つわりが始まった時で体調…

嬉しい…でも、キツイ。誰か教えて?妊娠中の寝かしつけ方法

うちには二人のママを大好きと言ってくれる息子がいる。 男の子は可愛いとよく周りから聞いてはいたけど、子供が苦手な私がこんなに息子を溺愛するとは親戚も、ましてや私の実の母も思わなかったと思う。 そして、見事にママを大好きになってくれた二人の息…

予定帝王切開での出産とマタニティヨガ仲間の自然分娩

38歳で初産。 逆子ちゃんのため予定帝王切開術にて無事に女の子を出産。 我が子に会えた喜びはたまらなく、産声と産まれたばかりの赤ちゃんを見たら自然に涙が溢れてきました。 術後の傷の痛みと授乳とおむつ替え…あっという間の入院生活。 退院前日に、マタ…

「赤ちゃんは化物です」院長先生に言われた強烈な言葉を実感した新生児期 by くりこ

私の育児は、とても印象的な産院の先生の言葉から始まりました。 「赤ちゃんは化け物です! 『スヤスヤぐっすりおやすみ、さらさらの赤ちゃん肌』なんて嘘! 赤ちゃんモデルはフォトショ(加工写真)です! 赤ちゃんはすぐ肌荒れします!赤ちゃんはすぐ泣き…

“捨て変態”参上!三度の飯よりモノを捨てることが好き、そんな私ができるまで by ゆるりまい

はじめまして、ゆるりまいです。 三度の飯よりモノを捨てることが好きな変態…そう“捨て変態”です(鼻息荒く)! 捨て変態ですから、家には無駄なものがありません。それゆえに家は結構シンプルだと思います。 いや、うーん、シンプルを通り越して殺風景かも……

ママだし授乳中だけど、ひとり遠征! 思い切って確保した趣味の時間は、育児の支えに

私の場合それは、第1子の生後7ヶ月の時でした。 学生時代から長年ファンをやっている、とあるロックバンド(バンドAとします)の全国ツアーが発表され、色々な予定を考え合わせると「初日の埼玉公演にどうしても行きたい!」と思うようになったのです。 この…

ママが楽をするって大事!「お惣菜を買うこと」がもたらした5つのメリット by園田花ヨウ

前回エピソード:その手があったか!家事に集中したい夕飯前、絶賛ママっ子の息子がパパに提案したこと by 園田花ヨウ 夫が外で一生懸命働いているのに私が家で夕飯をつくらないでお惣菜ですますというのはなんだか「楽」しているようで罪悪感があり妊娠中や…

三人揃って緑色…!? ペットボトルの飲み物でも、かき氷のあの現象が! by ちちかわえみぞう

皆様こんにちは、ちちかわです。 今回は、前のテーマ「食べこぼし」の記事に入り切らなかった小ネタを、番外編として4コママンガにしてみました。 前回のエピソード:乳幼児の食事あるある!?悲惨な食べこぼしランキングベスト5! 緑色の炭酸飲料。 砂糖の量…

1歳児連れの引っ越しは準備が肝心! 入居2日で片付けきるための事前&当日の動き方

今では片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは6年前の1人目妊娠の時。 以前は汚部屋暮らしでした。 産後は汚部屋から脱却して快適な…

楽しいご飯の時間が「戦場」になる前に…子連れでの外食は離乳食前に行っておくべき!

子どもが生まれて離乳食が始まるまでの外食は、今思えばとても静かな時間でした。 離乳食前なので大人の食べているものに興味を示すこともなく、私たちはゆっくりと自分が食べたいものを食べることができました。 離乳食が始まると、子どもも食べられるもの…