赤すぐみんなの体験記


薬だと思って口に押し込んでいた、質素&薄味の入院食。産後は…お祝い膳でももう無理! by pika

こんにちは、pikaです。3歳の双子男児を育てています。 双子の妊娠、管理入院中の食事のお話。今回は、入院食にまつわるお話です。 前回エピソード:朝ラウンドに始まり、NST祭り、眠れない長い夜…。双子妊娠・管理入院の1日 by pika 入院中は、「妊産婦食…

妊娠して心配性が加速した私。「トキソプラズマ症がとにかく怖い!!!」病に

これは心配性な私が、妊娠中にトキソプラズマ症の不安と戦った日々の話です。 実際、感染はなく、無事元気な男の子を出産しております。 とにかく心配性な私。妊娠中はお腹の赤ちゃんがちゃんと育っているのか、高位破水していないかなど、常に色々なことを…

超多忙な旦那とつわり、マタニティブルーが重なって涙

妊娠が分かった時は旦那と抱き合って泣きながら喜びました。「大きな大きな楽しみが増えたね。これから頑張らないと」と旦那も言ってくれました。その時は幸せだったのですが、それから間もなくつわりが始まりました。 朝から夜までずーっと気持ち悪くて、旦…

ハイリスク!双子妊娠4ヶ月の腹痛。病院へ急ぐも3時間以上も待たされる

不妊治療の末、一卵性双子を授かりました。ハイリスク妊娠ということで、妊娠4ヶ月で産院から周産期母子医療センターのある急性期病院へ転院、1回目の妊婦検診を終え1週間経った頃でした。 なんてこともない普通の朝。朝が弱い私は「朝だなー」と思いつつも…

今生まれてしまうと流産に…「子宮頚管無力症」で緊急手術!成功率50%で起きた奇跡に感謝

順調だったマタニティライフ。しかし妊娠21週の時、子宮頚管無力症によって子宮口が開き、赤ちゃんを包んでいる膜が内診で見える状態になってしまいました。大学病院に搬送され、成功率50%と言われた子宮頚管縫縮術が無事成功。妊娠出産の奇跡を体当たりで感…

「また来てね~!」 365日フル回転の仕事人間をイクメンパパに変えた長男の一言

「また来てね~!」 これは、長男が2歳のとき玄関先でパパに言った言葉。 夫は、長男が生まれる1年前に飲食店を立ち上げたばかり。 365日、仕事、仕事、仕事…。 夜遅く帰ってきて、子どもの寝顔を眺めながら「かわいいな~、遊びたいな~」と呟く日々で…

赤ちゃんの「元気だよ」が聞きたい!不安を和らげてくれたドップラー心音計

子供ができるって幸せなこと。 だから、不安や苦労はあっても妊娠中ってハッピーで幸せなものだと、なんとなく思っていた私。 初期は本当に幸せだったんです。 ●能天気に考えていた妊婦生活に訪れた転機 ですが、そんな私に二つの試練がやってきて妊婦生活は…