ゼクシィBaby みんなの体験記


2017-09-21から1日間の記事一覧

排卵日2週間後からの体調の変化。子宮近辺の痛みと食欲不振

妊婦を4回経験し、帝王切開も3回と、もう何も怖いことはないと思っていた5回目の妊娠。 1年半の不妊治療(AIH)の末にやっとできた赤ちゃんです。この子を妊娠した時、検査薬で陽性が出る2週間前から起こった体の異変から「これはもしかしてデキたかも?」と…

何をしても治らなかった逆子。帝王切開決定直後ギリギリで回転した!

妊娠6ヶ月頃から、赤ちゃんが逆子になる事が多くなり、7ヶ月からは頭が下になる事がほとんどなく、ずっと逆子という状態が始まりました。担当の先生からは「まだ大丈夫なので、あまり神経質にならないでねー」と言われていたので、そのうち下になるだろうと…

妊娠中の不快症状。地味だけどストレスフルな「むずむず脚症候群」

妊娠中、女性の体は目まぐるしく、そして驚くほど変わるものです。もちろん、自分は健康だ!と胸を張っていえる人でも妊娠中は思いがけないトラブルに遭遇したりするものですよね。 かくいう私も健康優良児そのものと自負しておりましたが、ひとたび妊娠した…

「便秘」なんて私の辞書にはなかったのに…それは妊娠中の夏、突然やってきた

「便秘って何?それって何でなるん?どういう感じ?」 子供を授かるまでの私は、正直こんなことを言うくらい、「便秘」とは無縁の生活を25年間おくっていました。ですが、便秘がいかに辛いものなのかを「妊娠」という人生のビッグイベントが学ばせてくれまし…

お祝いのおもちゃそっちのけ!石や葉っぱが一番好きな遊び道具

赤ちゃんや小さなお子様がいらっしゃるご自宅にお邪魔すると必ずあるもの、それは子供のおもちゃではないでしょうか。 私は、おもちゃはあまり大量にあっても遊ばないだろうし、片付けも大変だと思い、購入するつもりはありませんでした。先輩ママでも、おも…

男の子にピンクのバレーシューズ?勘違いなのかセンスなのか、困惑した出産祝い

これは、初めて男の子を出産した時の話です。関西の私立大学を卒業し、ほとんどの友人は東京や大阪に残ってキャリアを積んでいく中で、私の25歳での出産は友人たちの中ではとても早い方でした。周りは結婚はもちろんのこと出産もまだ。 職場の人のお祝いには…

離乳食はだし取りいらず。かつお節をそのまま使って、時短&うま味アップ!

毎日の離乳食は、できるだけ自然のうま味が効いたおいしいものを食べさせてあげたい一方、日頃の家事もあるので手間はかけたくないと悩みは尽きません。 特に、子供の味覚は小さい頃から作られると聞くので、私は、味が濃すぎない、だしの効いた離乳食を作る…

しっかり引き継ぎ円満退社。職場の状況と私の子作りタイミング

就職難の時に何社も面接を受けて、やっと就職出来た会社でした。特別待遇が良い訳でもなく、自分が本当にやりたいと思っていた仕事に就いた訳でもありません。 しかし、1年、2年と仕事を続けていくうちに、気付けば職場での自分のポジションが確立されていま…

[劔樹人さん&犬山紙子さん夫婦対談 第1回目]「育児をしてみて、どうですか?」フリーランス夫婦、ツーオペ育児の悲喜交々

2014年に結婚、2017年1月に女の子を出産した犬山紙子さんと劔樹人さん。今年6月には、「私、子ども欲しいかもしれない。妊娠・出産・育児の〝どうしよう〟をとことん考えてみました」(平凡社)、「今日も妻のくつ下は-片方ない-妻のほうが稼ぐので僕が主…

人工授精を3回するも妊娠ならず…。子どもを授かることの難しさを痛感 by shin

前回の記事:はじめての人工授精に望みをかけて。期待に胸を膨らませ結果を待っていたけれど… by shin 不妊治療を始めて一般不妊治療では妊娠出来なかった僕たちは、人工授精に望みを託したのですが、それでも願いは叶いませんでした。 もちろん人工授精も一…

初めての経験だらけだった産後の数日間。入院生活の思い出あれこれ by こたき

入院生活もあっという間に過ぎていよいよ退院です。 前回の記事:人体の神秘を感じる!オムツを開けて驚いた、女の赤ちゃん特有の生理現象とは!? by こたき ちなみに私の産院では入院中は赤ちゃんの沐浴を一度も行わず、退院の日に指導をかねて沐浴を実施す…

上の前歯より下の前歯が出ている「反対咬合」。小さいうちに治してあげたいけど

「反対咬合」という言葉を知っていますか?私は最近になってこの言葉を知りました。「反対咬合」とは、上の前歯より下の前歯が出ている状態のことで、‘うけ口’とも呼ばれるそうです。私がなぜこの言葉を知ったかというと、息子の噛み合わせが悪く気になり、…

ヘビースモーカーだったのに急にタバコの煙が嫌に。私が体験した妊娠初期症状

私が妊娠したのは結婚1年目の時。当時は就職活動をしていたこともあって、子供は新しい職場に慣れた数年後かなと思っていたので、まさかの妊娠でした。 結婚を機に退職後、職業訓練学校で学びながら就職活動をし、いよいよ学校も卒業するといった時期に私は…