ゼクシィBaby みんなの体験記


2016-08-31から1日間の記事一覧

旦那の匂いが耐えられない!匂いづわりで旦那と同じ部屋にいるのも苦痛に

つわりは人それぞれと聞いていましたが、1人目の妊娠の時はつわりを全く感じませんでした。しかし、2人目を妊娠してから、つわりがこんなにも辛いんだと実感するできごとがありました。

1ヶ月健診で心音に異常あり…!? 再検査の日まで気が気じゃありませんでした

予定帝王切開で予定日より2週間早く生まれた赤ちゃん。元気にすくすく育っていました。1か月健診の日、我が子の成長にワクワクして病院に行くと、お医者さんから、まさかの要経過観察の通告。心臓の音に違和感があるという診断でした。

混合栄養は楽…じゃない!? 休みなく続く授乳作業。一日中考えるのはおっぱいのことばかり

母乳をなかなか上手く飲むことができなかった長男は、早々に混合栄養になりました。いつかは完全母乳で育てたいという思いが捨てられなかった私は、助産師さんのアドバイスに従い混合栄養を続けることに。でも、その方法はとにかく手間がかかって大変なもの…

想像を超えた出産

私は妊娠中に妊娠高血圧症と妊娠糖尿病になり、予定日より少し早い37週で、促進剤を使っての陣痛を起こしました。 あらかじめ、担当の先生から、赤ちゃんが大きいので緊急帝王切開になるかもしれないと言われていました。 促進剤を朝から使い、おひるごはん…

10年ぶりに会えました!

昨年、初めての出産を経験しました。 普通分娩でわりと安産でしたが、産後、自分の体ががあんなにも大変とは思ってもいませんでした。 体中に原因不明の湿疹ができ、全身赤くなり、すごく痒くてそれだけでもストレスでした。 そして私は陥没乳首のため、初め…

フルコース

2014年6月1日予定日でしたが、まだまだだったので、翌週に入院。 その日の夕方にバルーンを入れ、夜中に陣痛?らしきものがきて陣痛室へ。 朝方に促進剤を入れ飲み物すら口に入れられず、午後に破水! でも結局ダメで、夜には部屋に戻されました。 でもまた…

感動の立会い出産

陣痛がきて2日間。 すごく痛くて叫んで、旦那さんにずっと背中をさすってもらって、気が遠くなるくらい辛くてムリってくらい辛かったのに…。 分娩室ですごくリラックスできて『もうすぐ逢える。だから頑張らないと』って気持ちになって、まるで人が変わった…

亡き祖父母の命日

半年続いた辛いつわりを乗り越え、いよいよ妊婦生活も最後。 振り返ってみると、妊娠が分かったのは祖父の命日。 妊娠が分かってからは頻繁に5、6時間かかる実家へ帰省し、祖父母の仏壇に何度も手を合わせた。 祖父母っ子だった私は迷わず、祖父母のお骨があ…

3歳の長男が突然夜泣きするように!赤ちゃん返り中の長男が望んでいたこととは?

長男の赤ちゃん返りに慣れてきた頃、夜泣きが始まりました。ある日の夜に突然、背中をトントンして欲しいと要求してきた長男。私は今まで長男に寝かしつけをしたことがありませんでした。長男がいかに我慢をしてきたか、ストレスを溜めているか…長男の心情に…

出産日の記録

子供が産まれて10ヶ月。産後のイライラが激しくて、ちょっとしたことで夫に怒ってばかりの日々。いけないと頭では分かっていても抑えられず、何も言わない夫に甘えて感情のまま過ごしていました。 ある日、メモを取るため以前使っていたノートを開くと、夫が…

大人の女性は想像以上に泣いている!? 育児をして初めて知った“疲れ涙”の存在

大人になってから泣いた記憶といえば、思い出すのは親友の結婚式に出た時や心に響く映画を見た時のこと。 もちろん悲しかったり悔しかったりして泣いたこともありますが、私の場合、幸い30代に入ってからの涙はほぼ感動によるものでした。 ……そう、育児を始…

妊活をスタートした二人。ある一本の電話で事態は思わぬ方向に!?~40歳で出産するまで~ by もづこ

いよいよ“妊活”をスタートさせた私達。 ネットで情報を漁りまくり、まずは妊娠しやすいからだと環境づくりから始める事にしました。 前回のエピソード:夫45歳・妻38歳。初めて妊活について真剣に考えた ~40歳で出産するまで~ 生活環境を整える―――――― もう…

有償妊娠コースに突入?!"自然に"へのコンプレックスを抱え不妊治療ステップアップへ by 肉子

みなさまこんにちは、肉子と申します。 「マジメに生きていれば自然に結婚できるはず」 と信じて、彼氏いない歴=年齢を着々と更新していた20代でした。 そして足かけ6年も婚活して、30歳でお見合い結婚しました。 内心では妊娠できるかどうかの不安を抱きつ…

初めて家族みんなで泣いた日

一人目が帝王切開、二人目VBAC(自然分娩)、で今回の三人目もVBACを希望して出産に臨んでいました。けれど、時期的に年末年始と重なっている時だったので予定日を過ぎたら早々に帝王切開の予定を入れる様強く言われました・・・。私は赤ちゃんが自分で選ん…

日常の中にある幸せ

流れるように過ぎていく日々。見慣れているはずの風景に、ふと心を奪われる瞬間がある。昨年、娘が誕生した時に見た朝日もそうだった。大難産の末、急遽、帝王切開することが決まった明け方。分娩室前で一人待つ間、それまでの人生で感じたことのない緊張感…

夢の後追いだったのに…

子育てに慣れてきた産後半年。赤ちゃんの成長に日々感動しながら過ごしていました。もう少ししたらあれができるのかな、こういうことができるのかな、とワクワクしていました。その中でも後追いには憧れがあり、自分を必要としてくれているかわいさがある!…

生命の重さ

妊娠発覚と同時に寝たきりに 初めは不正出血と言われたが 1ヶ月経っても収まらない… 転院し、絨毛膜化血腫 とわかり絶対安静。 毎日流れる大量の出血の度 不安に襲われ 病院へ。 エコーをしてもらい まだ袋はある! まだ頑張ってしがみついてる! 動いてる…

18才の年下旦那と22才の私

私は、18才の年下の旦那との間に子供ができました。 大好きなんで最初はうれしい気持ちでいっぱいでした。でもいざ、私の親に話したら、めっちゃ怒られて断られましたけど、何度もお願いして産める許可いただきました。 条件が一つあって一緒に私の実家で暮…

食べたくて食べたくて

妊娠中、悪阻がほとんどなくとにかく幸せいっぱいな気分で過ごしていました。 ただ、一つ気になることが。 体重増加が半端ない!!! かなり早い段階からどんどん増えていき、中期に入る頃には既に10キロプラス。 検診に行く度に助産師さんにチクチク言われ…

夜中にジャバジャバ破水!しかしまさかの尿漏れ疑惑!?

息子がお腹にいると分かった時、嬉しい反面少し複雑でした。 なぜなら私は3か月前流産していたからです。 心拍を確認し、家族に発表した後の流産はまさに天国から地獄に突き落とされたようでした。 我が子を抱けぬまま失ってしまった悲しみをごまかすように…

痛みの合間、ほんの数秒でも眠りに落ちる…長い長い陣痛の末、体力の限界で出産

私は初産で、周りにもあまり経産婦の友達がいなかったため、出産関連の本やネットでいろいろ調べていました。 でも正直、本で読んで想像していたのとはいろいろ違ったので、これから出産を迎える方の参考に少しでもなればと思います。 陣痛開始から出産まで…