産後 肌荒れ

産後の肌荒れ 体験談

産後の肌荒れ改善ではどんなサプリメントがおすすめですか?

ひつじさん

産後は寝不足が続く上に、母乳をあげていると栄養がそちらに取られてしまうため、肌荒れには悩まされました。赤ちゃん優先の生活で自分の食べる物の質などを後回しにしてしまったため、食事から摂る栄養が偏っていたと思います。
そんな時、手軽に不足しがちな栄養素を補うことができるサプリメントは便利で利用していました。粉ミルクメーカーから販売されているお湯を入れて飲むタイプのサプリメントをよく利用していました。授乳中は喉が渇くので、飲むタイプで無理なく栄養補給出来ました。
また、産後は肌の乾燥が時に気になっていたので、コラーゲン含有のサプリメントも飲んでいました。
出来ればバランスの良い食事からビタミンなどの栄養を摂取するのが理想ですが、産後の怒涛の時期にはサプリメントのお世話になりました。

KIKOさん (5ヶ月、1歳8ヶ月児のママ)

産後、スキンケアができない期間もあります。そんな時におすすめなのはサプリメントで肌荒れを改善する方法です。
私は妊娠中から産後にかけて漢方薬を処方してもらっていたのですが、その中で効果を実感したのはコラーゲンサプリメントでした。コラーゲンの顆粒がスティックに入っていて、1日2回、朝と晩の食後に飲んでいました。コラーゲンには子宮を回復させる効果もあるそうで、それを信じて飲み続けていました。妊娠中はもちろん、産後に疲れた子宮を休ませるためにもいいと聞きました。
産後はぐったりして、歩くことも辛いものです。スキンケアも丁寧にできなくて、夜中も授乳があり、生活が不規則になります。そんな時でも、肌がそこまで疲れていなかったのはコラーゲンを毎日飲んでいたからのような気がします。
食事の時にスティックに入ったコラーゲンを飲むだけという、手軽さも続けられた理由だったような気がします。肌の調子を整えるのはもちろん、子宮のためにも効果があったサプリメントで個人的にはお勧めです。

なもさん

産後は、体が正常になるまでに時間がかかり、体の様々なところに不調が現れると聞いていました。私は人よりも体力もある方で健康体質だとの自負があったので、そんな心配はないとたかをくくっていましたが、出産を機に肌荒れにすごく悩まされました。
毎日の慣れない赤ちゃんのお世話や授乳、睡眠不足など体はヘトヘトで気が付けば肌はボロボロになっていました。それでも忙しくて毎日のスキンケアをサボっていたため、赤ちゃんが産まれて3ヶ月位経った時に鏡に映った自分を見て愕然としてしまいました。疑いたくなる位顔が老けていたのです。
これではいけないと思い、お肌に良いサプリメントを探しました。その中でも葉酸とビタミンが豊富に含まれたサプリメントを購入し、決められた分量を毎日きちんと飲むようにしました。もちろん、おっぱいを飲んでいる赤ちゃんにも害がないような自然派のサプリメントです。このサプリメントを毎日続ける事で、乾燥しがちだった肌が少しずつ改善され、いつの間にか肌の状態が落ち着いていました。私と同じように産後の肌荒れでお悩みの方は、葉酸やビタミンなど肌に効果的な成分が含まれたサプリメントを摂る事をお勧めします。

産後の肌荒れが酷いときでも使用できる化粧品はありますか?

ひつじさん

産後しばらくは外出の予定もなく、化粧をせずに過ごすことが多かったです。赤ちゃんに顔を近づけたりもするので、基本的に家の中では化粧をせずにいるほうが安心でした。
基礎化粧品も、ベビー用のものを赤ちゃんと一緒に使うようになりました。産後は乾燥が気になっていたのでとにかく保湿をしっかりと意識していたのですが、赤ちゃんの沐浴のあとにスキンケアをしてあげて、そのついでに自分の顔や手にもベビー用のものを使っていました。赤ちゃん用なのでもちろん低刺激ですし香料や保存料などの添加物も入っていないので大人の肌にも優しくて良かったです。
外出時の化粧で産後変わったことは、ベースメイクは下地にフェイスパウダーのみにした点です。軽い仕上がりですし、時間も短縮できて一石二鳥でした。

KIKOさん (5ヶ月、1歳8ヶ月児のママ)

産後の肌荒れがひどい時に、どの化粧品が使えるかは個人差もあるかとは思います。比較的軽度ではあったものの、肌荒れがあった私の場合をお話します。
混合肌で、季節によって敏感肌だった私。産後も夜中の授乳があったり、スキンケアに時間が取れなくなってしまいました。
夜は赤ちゃんにも使える化粧水や乳液を、お風呂上りに赤ちゃんにケアするのと一緒にパパッと自分にもつけていました。
外出する際には下地+日焼け止め+ファンデーションをBBクリームにして、上からパウダーファンデーションを重ねるくらいで済ませていました。
肌も敏感になる時期でしたし、赤ちゃんが最優先で自分の時間をとることが惜しかったため、手抜きの化粧と言わざるを得ない状況でしたが薄化粧で肌に負担をかけなかったことは、逆に良かったのかとも感じています。

なもさん

私は妊娠中、そして出産後に体質が変わり、肌の状態も最悪な日が続きました。妊娠初期の方ではニキビに悩まされ、出産後はひどい乾燥肌で悩まされました。
肌荒れの時にはいつも使用していたスキンケア用品、化粧品は肌に合わなくなり、かゆみが出たり、赤くなったりしてしまいました。それでも毎日何もしないという訳にはいかないので、無添加のスキンケア用品をいくつか試してみました。他にも肌が弱い方専用の化粧品などを試してみたり、皮膚科で売られている化粧品のテスターをもらって試してみたりと、自分の肌に合うものをそれぞれ選ぶようにしました。
妊娠前には考えていなかった肌荒れに最初はとても戸惑いましたが、その時の肌に合った化粧品などを選ぶ事が大事なんだと勉強になり、産後も生理などで肌に変化が現れた時は化粧品を変えるようにしています。
産後の肌荒れでお悩みの方は、まず今の自分の肌に合う化粧品を見つける事が大切だと思います。

産後の肌荒れを予防する方法はありますか?

ひつじさん

産後の生活はまとまった睡眠が取れないなど肌にとっては過酷なものになりがちですが、肌荒れ予防のために心がけていたことがいくつかあります。
まず一つ目は、眠ることができる時にきちんと眠ることです。赤ちゃんのリズムに合わせる生活になりますが、初めのうちは赤ちゃんが寝たタイミングで自分も一緒に寝るようにして、少しでも多く睡眠時間を取るようにしました。
二つ目に、水分をたくさん取ることです。産後、とくに授乳期間中は水分を母乳に使ってしまうためか全体的に肌がカサカサしたり便秘になったりしてしまいます。便秘は肌にとても悪いため、水分を取って便秘にならないように気を付けました。体を冷やさないために常温か温かい飲み物にしていました。
三つ目に、食事に気を付けることです。凝ったものは作れませんでしたが、ほうれん草のおひたしや電子レンジで作る温野菜など簡単に出来る野菜料理を食べるようにしていました。

KIKOさん (5ヶ月、1歳8ヶ月児のママ)

産後の肌荒れは、人によるのかもしれません。夜中の授乳も辛いので、スキンケアをする時間があれば寝ていたいと感じる場合もあります。
自分のために使う時間が無い中でできることとしては、普段の生活にいかに予防法をとりいれるかです。
私の場合、まず食生活ではビタミンなどの栄養素を意識した食事を心がけていました。栄養バランスのいい食事は母体の回復も促進してくれるので、食事の時間だけは意識的に確保していました。
また、睡眠不足になりがちで、長時間の睡眠をまとめてとることは難しいので、赤ちゃんが寝ている時など時間を合わせて少しでも眠るようにしたり、好きなことをして気分転換をしたり、少しでもストレスをためないように気を遣っていました。
時間が制約されている中で自分なりの美容法を見つけることが楽しみの一つになれば、毎日の励みにもなります。

なもさん

私は一人目の出産と共に肌の状態が大きく変わってしまい、肌荒れが酷くなりました。それでも毎日慣れない育児と睡眠不足の生活の中でスキンケアを丁寧にする時間を見つける事が出来ず、悪化していくばかりで本当に自分の顔が嫌になった事さえあります。
そんな時に同じ月齢の赤ちゃんを持つママ友と食事に行った際に、そのママ友はとても綺麗な肌をしていた事に衝撃を受けました。毎日どうやって手入れしているのかを聞いたところ、特別な事はせず、ただ体調管理に気をつけたり、ストレスを溜めないようにするだけで肌にはいい影響が与えられると教えてもらいました。確かにストレスや不規則な生活のせいで肌荒れが悪化しているような気がしたため、それからの生活をしっかりと見直し、食事、睡眠などを出来る限りきちんと摂るようにしました。
そうする事で自然と肌荒れが治まっていきました。そしてこれを教訓にし、二人目の妊娠が分かった時から、日常生活に気を付け、常に自分の肌の状態を考えて行動するように心がけました。そのおかげか、二人目出産後もひどい肌荒れになることなく、綺麗な状態を保つ事が出来ました。

妊婦さん応援キャンペーン