妊娠中の感染症対策は手洗いの徹底から

松本哲哉先生 東京医科大学 微生物学分野 主任教授
免疫(めんえき)力が低下し、いつもより感染症リスクが高まる妊娠期。 おなかの赤ちゃんのためにも、手洗いやマスクでの対策を習慣化しましょう。
妊娠初期 | 1999 view

女性アスリートと妊娠・分娩

久保田俊郎先生 東京共済病院 病院長/東京医科歯科大学 名誉教授
激しいトレーニングを続ける女性アスリートには、妊娠・分娩(ぶんべん)に関して弊害(へいがい)が起こりやすいので、早い時期から産科医と相談を。
妊娠初期 | 2315 view

妊娠中のお肌のケア

対馬ルリ子先生 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座 院長
妊娠中のお肌には、さまざまな変化が起こります。シミや妊娠線には早めのケアがおすすめです。
妊娠初期 | 1374 view

妊婦さんの気がかりQ&A

木戸道子先生 日本赤十字社医療センター 第二産婦人科部長
妊娠すると、日頃なら気にしないちょっとしたことが気になることも。心配なことがあれば、医師や助産師に相談しましょう。
妊娠初期 | 3343 view

歯医者さんとのつき合い方

高柴正悟先生 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 歯周病態学分野 教授
妊娠中は、女性ホルモンの変化やつわりの影響で、虫歯や歯周病になりやすい時期です。歯科にかかるときには、治療と予防の方法やその時期について相談しましょう。
妊娠中期 | 1063 view

薬・サプリとのつき合い方

久保隆彦先生 医療法人社団 シロタクリニック 代田産婦人科 名誉院長
妊娠・授乳期に薬の使用を避ける妊婦さんが多いけれど、実際は多くの薬が使えます。自己判断で服薬を停止せず、産科医と相談して上手に薬や症状とつき合っていきましょう。
妊娠初期 | 1855 view

おっぱいの手入れ

平松祐司先生 岡山市総合医療センター顧問 岡山大学名誉教授
出産後すぐに赤ちゃんへの授乳が始まります。妊娠中期になったら、乳房マッサージや乳頭の手入れをして備えましょう。
妊娠後期 | 2150 view

逆子

山下隆博先生 愛育病院 産婦人科 部長
妊娠初期の逆子(さかご)は、自然に頭位になることも多いです。逆子(さかご)体操は早い時期にはおすすめできません。
妊娠後期 | 1756 view

多胎妊娠

平松祐司先生 岡山市総合医療センター顧問 岡山大学名誉教授
双胎(そうたい)妊娠、いわゆる双子は、妊娠中も分娩(ぶんべん)時もいろいろ大変です。育児も大変になりますから、前もって準備を進めておきましょう。
妊娠初期 | 1193 view

切迫流産・切迫早産といわれたら

平井千裕先生 順天堂大学 産婦人科 准教授
切迫流産(せっぱくりゅうざん)は流産ではなく、「妊娠が継続できる」という診断のこと。切迫早産(せっぱくそうざん)も同じように早産になるとは限りません。
妊娠初期 | 2864 view

妊娠中のお母さんの感染症と予防

岩下光利先生 杏林大学医学部産科婦人科学教室 教授/同付属病院 病院長
感染症の中には、妊娠中に感染すると赤ちゃんに影響を及ぼすものもあります。予防方法を理解し、赤ちゃんを守りましょう。
妊娠初期 | 2317 view

腰痛、冷え性など からだの不調

西ヶ谷順子先生 杏林大学 医学部産科婦人科学教室 学内講師
からだのあちらこちらに軽い痛みをともなうトラブルが発生することも。多くは、出産とともに改善していきますが、ちょっとした工夫で防げる場合もあります。
妊娠後期 | 1139 view

便秘・痔・尿もれ・・・おしもの悩み

西ヶ谷順子先生 杏林大学 医学部産科婦人科学教室 学内講師
妊娠中のマイナートラブルの多くは、多くの妊婦さんが経験する一般的なことです。産科医は慣れていますから、恥ずかしがらずにご相談ください。
妊娠中期 | 1660 view

妊娠糖尿病と妊娠高血圧症候群

平松祐司先生 岡山市総合医療センター顧問 岡山大学名誉教授
妊娠糖尿病と妊娠高血圧症候群は、妊娠中に起こる代表的な合併症(がっぺいしょう)です。どちらもおなかの赤ちゃんに悪い影響があるので、管理・治療が必要です。
妊娠中期 | 2857 view

おなかの張り

平井千裕先生 順天堂大学 産婦人科 准教授
妊娠中に感じることの多い、おなかの張り。安静にしていれば治まるものですが、医師に相談したほうがいいケースもあります。
妊娠中期 | 4547 view
20 件