Babyplus編集部

Babyplus編集部

妊婦のウイルス性胃腸炎。母体や胎児への影響は?

Babyplus編集部
ウイルスに感染して起こるウイルス性胃腸炎は、激しい嘔吐や下痢を繰り返し、時には発熱をともなうのが特徴です。妊娠中にかかったときの母体や胎児への影響について、紹介します。
妊娠 | 1189 view

妊婦がインフルエンザにかかったらどうなる?

Babyplus編集部
寒い時期になると毎年流行してしまうインフルエンザ。妊婦さんも決して無縁ではいられません。もし妊娠中にインフルエンザにかかってしまうとどうなるのか、症状や治療について紹介します。
妊娠 | 357 view

溶連菌感染症は妊婦もかかる?妊娠中はどんな影響がある?

Babyplus編集部
溶連菌にはいくつか種類があり、「溶連菌感染症」とは、熱やのどの痛みを起こす細菌性の風邪のことを指すことが多いです。ところが妊婦さんには、もう一つ、無視できないB群溶連菌というのもあります。これら2つの溶連菌感染症について解説します。
妊娠 | 5912 view

ロタウイルス、妊婦が感染したときのリスクと対処法は?

Babyplus編集部
寒い時期に流行するウイルス性胃腸炎のひとつ、ロタウイルス感染症。もしも妊婦さんが感染してしまったら、どのようなリスクがあるのか、また対処法はどうしたらいいのか、詳しく解説します。
妊娠 | 1842 view

風邪薬は飲んでもいい?妊娠中の風邪のひきはじめ対処法

Babyplus編集部
風邪は多くの場合ウイルスによって起こり、それ以外では細菌などの病原体微生物が原因です。妊娠中における風邪のひきはじめはどのような対処をするべきか詳しく解説します。
妊娠 | 329 view

妊娠中に家族がノロウイルスに!対処法は?

Babyplus編集部
激しい嘔吐や下痢を引き起こすノロウイルス感染症は、毎年秋から冬にかけて流行します。非常に感染力が強く、一人が感染すると家族全員に広がってしまう可能性があります。お母さんの感染が胎児に影響したとの報告はありませんが、妊婦さんは感染すると症状が長引くこともあり、とても辛いので十分な感染予防の対策を行いましょう。
妊娠 | 1495 view

妊娠中の発作は胎児に影響ある?薬は?

Babyplus編集部
咳喘息は、風邪ではないのにコンコンという空咳が続くのが特徴です。たとえ妊娠中であってもきちんと診断を受けて治療しなければ悪化しておなかの赤ちゃんの発育に影響することもあり、注意が必要です。
妊娠 | 427 view

インフルエンザワクチンって妊婦は接種すべきなの?

Babyplus編集部
妊婦さんが妊娠中にインフルエンザにかかると重症化しやすいことから、かからないよう予防接種を受けることが推奨されています。その理由について詳しく解説します。
妊娠 | 3178 view

マイコプラズマ肺炎が流行中!妊婦がなったらどんな影響が?治療法は?

Babyplus編集部
気温が下がってくると流行するマイコプラズマ肺炎。なかなか治らないしつこい咳と熱が特徴です。妊婦さんがかかってしまった場合の影響と治療法について詳しく解説します。
妊娠 | 11409 view

妊娠初期・臨月にRSウイルス感染症になったときの胎児への影響は?

Babyplus編集部
赤ちゃんや小さな子どもの間で大流行しているRSウイルス感染症。もしも妊婦さんがかかってしまったら、どうなるのか、詳しく解説します。
妊娠 | 13475 view

妊娠中の虫除け。スプレータイプを使っても大丈夫?

Babyplus編集部
妊娠中に虫よけを使っても大丈夫なのか心配する妊婦さんは多いようです。妊娠中の虫よけ使用についての安全性や、スプレータイプの使い方について詳しく解説します。
妊娠 | 1278 view

妊婦は重症化しやすい?蚊によって媒介するデング熱

Babyplus編集部
近年、気温が上がり蚊が出るシーズンになると流行が騒がれるデング熱。妊婦さんがかかると重症化しやすいのか、どのくらい怖いのかについて解説します。
妊娠 | 298 view

ウイルス性の夏風邪、手足口病は7月に患者数がピークとなります

Babyplus編集部
手足口病は、子どもの間で流行する夏風邪のひとつ。2017年6月現在、西日本中心に流行拡大しています。原因となるウイルスの種類が多いため、子どもから大人にもうつる可能性があります。子どもが手足口病になったらどうしたらいいか詳しく解説します。
妊娠 | 740 view

小児の間で流行するヘルパンギーナ、子どもからの感染に要注意

Babyplus編集部
ヘルパンギーナは子どもの夏風邪として知られている病気です。初夏から急速に患者数が増えていくヘルパンギーナに妊娠初期にかかるとどうなるのか、詳しく解説します。
妊娠 | 677 view

胎児にも感染の可能性がある妊娠中の食中毒について

Babyplus編集部
妊娠中の食中毒は、嘔吐や下痢といった症状そのもののつらさもありますが、場合によっては胎児にも感染して、深刻な影響を及ぼすものもあります。妊娠中の食中毒について解説します。
妊娠 | 8336 view

夏風邪の1つであるプール熱、流行期のピークを迎えます

Babyplus編集部
プール熱は、咽頭結膜熱と言うアデノウイルスによる感染症の通称です。夏に流行することが多く、高い熱やのどの痛み、結膜炎を起こします。妊娠中にかかってしまうとどうすべきか、おなかの赤ちゃんに何か影響が出るのかについて解説します。
妊娠 | 608 view

妊娠中の水疱瘡(水痘)はどんな危険がある?

Babyplus編集部
多くの人が子どもの頃にかかっていて、数ある感染症の中でもありふれた軽い病気のように思われがちな水疱瘡(水痘)。でも妊娠中にかかるとちょっと大変です。妊婦さんが水疱瘡にかかるとどんな危険があるか、詳しく解説します。
妊娠 | 14668 view

はちみつが死亡の原因に?!1歳未満の赤ちゃんに気をつけたい「乳児ボツリヌス病とは?」

Babyplus編集部
都内で、乳児が離乳食としてはちみつを与えられていたことが原因で死亡するという悲しい出来事が起きてしまいました。知らなかったことが死につながる危険性がある乳児ボツリヌス症。はちみつと乳児ボツリヌス症について詳しく紹介していきます。
乳幼児 | 967 view

妊婦が死亡した例も。感染症の「オウム病」について

Babyplus編集部
今日の日本の医療の発達により、日常生活のなかで妊婦さんが死亡するということはほとんど聞かれなくなり、妊娠中や出産で命を落とすというのはどこか遠い世界の話のように感じる人は多いのではないでしょうか。 しかし、年間約100万人が妊娠している中、40~50人の妊婦さんが何らかの理由で命を落としています。そして、その内の7%が『感染症』が原因とされています。 今回は、感染症の1つである「オウム病」について紹介します。
妊娠 | 2988 view

散発的なはしかの流行に気を付けて

Babyplus編集部
はしかは子どもがかかる軽い病気のように思っている人もいますが、それは誤りで、かなり重い症状が現れて長引く感染症です。子どもの頃に予防接種を受けそびれていたり、1回の接種で十分な免疫がついてなかったりする妊婦さんも多いので、注意が必要です。
妊娠 | 693 view

妊娠中におたふくかぜにかかった場合の影響について

Babyplus編集部
子どものかぜと思われがちなおたふくかぜですが、免疫を持っていなければ妊娠中にかかる可能性はあります。妊娠中におたふくかぜにかかるとどんな影響があるのか、詳しく解説します。
妊娠 | 1088 view

ねんねしていた赤ちゃんが突然死ぬ?!「乳幼児突然死症候群」について

Babyplus編集部
乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、何のまえぶれや既往歴がないまま赤ちゃんが突然、死んでしまう病気です。この病気は乳児である赤ちゃんの死亡原因の上位をしめています。また、乳幼児突然死症候群は12月以降の冬に発症する傾向が高くなっています。これまでの研究によりこの病気の発症の危険性を低くする方法がわかっていますので、それらを取り入れてみましょう。
乳幼児 | 10857 view

妊婦はインフルエンザワクチンって接種すべきなの?

Babyplus編集部
気温がぐんと下がり、冬の気配が感じられます。 冬と言えばインフルエンザが心配されますね。インフルエンザの予防法としてはワクチン接種があります。 しかし、「妊婦でもインフルエンザのワクチンを接種していいの?」「赤ちゃんに影響はないの?」と心配される妊婦さんも多いようです。本格的な冬が来る前に妊婦さんが知ってほしいインフルエンザワクチンについて紹介していきます。
妊娠 | 22763 view

リオ五輪で気になるジカ熱。 熱が出ないジカ熱もある、って本当?

Babyplus編集部
いよいよオリンピックが始まりますね。妊婦さんや、妊娠を希望している女性にとって気がかりなのが、開催地のブラジルで流行しているジカ熱です。
妊娠 | 4577 view

妊娠中、ジカ熱に気を付けるべきなのはどの時期? 予防法はある?

Babyplus編集部
オリンピックが行われるブラジルほか、南米を中心に流行している「ジカ熱」。 妊婦さんがジカ熱にかかると、赤ちゃんが「小頭症」という疾患をもって生まれる可能性がとても高いため、妊娠中や、妊娠を希望しているカップルは、特に、ジカ熱に気をつける必要があります。
妊娠 | 1109 view

HBワクチンが10月から定期接種へ。おすすめの接種時期は?

Babyplus編集部
2016年10月からB型肝炎ワクチン(HBワクチン)が任意から定期接種に変わります。接種時期の目安は生後2,3,7~8か月の3回が標準的になります。しかし、4月~7月生まれの赤ちゃんで定期接種タイミングを待つ場合は注意が必要です。
乳幼児 | 6337 view

平成27年より「不妊」の定義が変更しています

Babyplus編集部
男女が妊娠を希望し、ある一定期間避妊することなく性生活を続けているにもかかわらず、妊娠が成立しない場合を「不妊」と言います。従来はその不妊期間が2年程度続くと不妊症とされていましたが、平成28年よりその定義が変更されました。
妊娠 | 4222 view

お腹の赤ちゃんにも感染する?!妊婦さんが知っておきたい伝染性紅斑について

Babyplus編集部
伝染性紅斑は年によって発生に差が見られる疾患ですが、全国的に昨年の秋から過去5年の平均を大きく上回る状況が続いています。
妊娠 | 2429 view

「電磁波ってお腹の赤ちゃんによくないの?」の不安を解決します

Babyplus編集部
「電磁波はお腹の中の赤ちゃんや自分自身のからだによくないの?」と心配する妊婦さんは多いのではないでしょうか?今回は電磁波に関し、妊婦さんの不安を解決していきます。
妊娠 | 4832 view

「ジカ熱ってなに?」「予防法は?」 妊婦さんが赤ちゃんを守るために知りたい6つのこと

Babyplus編集部
最近、ブラジルなどの中南米を中心に「ジカ熱」が流行しています。妊婦さんがジカ熱に感染すると、赤ちゃんの頭が極端に小さくなる、小頭症などの先天性障害を起こす可能性があるとされています。 今、妊婦さんが知っておかなくてはいけない「ジカ熱」について解説します。
妊娠 | 1618 view

「18~26才」が出産適齢期と定義はしていない  正しい情報を知る大切さについて

Babyplus編集部
ある自治体の首長が「出産適齢期を18才~26才」と発言しました。しかし、日本産科婦人科学会はこのような定義をしていません。
妊娠 | 14076 view

「梅毒」の患者が増加中 妊婦さんが気をつけるべきことは

Babyplus編集部
近年、梅毒の患者が増えており、2013年から年々増加傾向にあります。10才代から40才代まで、幅広い女性の年齢層で増えており、今後もさらに増えていく可能性があります。 梅毒は母体に感染すると、胎盤を通してお腹の中の赤ちゃんに影響があります。お腹の中の赤ちゃんを守るために梅毒に関する正しい知識を持ちましょう。
妊娠 | 2584 view

生まれる前に準備したい赤ちゃん用品

Babyplus編集部
赤ちゃんが生まれてすぐ必要なウエアやグッズをリストアップしました。計画的にそろえていきましょう。
妊娠中期 | 2094 view