読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤すぐみんなの体験記


生クリーム・バター不使用!授乳中でも罪悪感ナシ☆精進料理的バレンタインスイーツ2選 by 麻生怜菜

産後・育児 ママ 母乳・おっぱいトラブル 育児0歳 編集部 麻生怜菜

f:id:akasuguope02:20160212104716j:plain

授乳中には、生クリームやバターなどの動物性脂肪分を気にされている方も多いのではないでしょうか?

けれどバレンタインのこの時期、街にこれだけチョコレートが並んでいると、いつもに増してスイーツがほしくなる・・ということもありますよね。そんな時は、簡単に低カロリーでヘルシーなスイーツを作ってしまいましょう!

精進料理では、殺生の考え方から動物性の食材を使いませんが、言い換えるとヘルシーな植物性の材料のみを使うので、カロリーや油脂分を気にされる方にはオススメです。 

 

【豆乳で作る、生チョコレート】

f:id:akasuguope02:20160211180849j:plain

まず1品目は、生クリームの代わりに、豆乳を使った生チョコレートの作り方を紹介します。一般の生チョコは、動物性脂肪の生クリームが約10~15%配合されていますので、これを豆乳に変更するだけで、カロリーも約30%ほどカットされるんですよ!

【材料】

f:id:akasuguope02:20160211215556j:plain

・チョコレート(カカオ分55%を使用) 200g

・無調整豆乳 80ml

・ココアパウダー 大さじ1

【作り方】

1 チョコレートは湯煎で溶かす

f:id:akasuguope02:20160211220534j:plain

2 豆乳は電子レンジで人肌程度に温め(600w30秒)、①のチョコレートに少しずつ混ぜ合わせる

3 型にラップを敷き、②を流しいれる

4 冷蔵庫で固める(60分程)

5 お好みの大きさに切り分け、ココアパウダーをまぶして完成!

包丁を湯にくぐらせて、布巾で拭いてからチョコレートを切るとキレイに切れますよ!

 

お野菜の甘みを生かしたお菓子なら、さらに罪悪感なく食べられるかも。

次にご紹介するのは、生クリームも砂糖も使わないチョコレートトリュフ風スイーツです!

【さつま芋でつくるチョコレートトリュフ】

f:id:akasuguope02:20160211181517j:plain

【材料】

f:id:akasuguope02:20160211220437j:plain

・さつま芋(今回は紫芋を使用) 100g<皮を剥いて1㎝幅に切る>

・胡桃 20g<粗みじん切り>

・ココアパウダー 大さじ1.5

【作り方】

1 さつま芋を蒸し器に入れ、竹串がすっと通るまで蒸す(ラップに包み、竹串がすっと通るまで電子レンジで加でもOK)

2 ボウルに1と胡桃を入れてよく混ぜ、一口大に丸める

f:id:akasuguope02:20160211220708j:plain

3 ココアパウダーをまぶして完成!

南瓜や栗などのぽっくり甘みのあるお野菜で作ってみてくださいね。

胡桃にはn3系脂肪酸のα-リノレン酸とn6系脂肪酸のリノール酸という必須脂肪酸が含まれているので、良質な植物性油で全体をまとめて食べごたえもでてきます。

甘みを追加したい時はメープルシロップを追加したり、味にバリエーションをつけたい時はシナモンなどのスパイスを使うと良いですよ!

 

授乳中は、おっぱいが詰まってしまわないかと、カロリーや油脂の多い料理やお菓子を我慢しなければならないこともありますが、全て我慢ではストレスが溜まってしまいます。

適度に甘いものを食べながら子育てを楽しんでくださいね!

f:id:akasuguope02:20151206223203j:plain

著者:麻生怜菜
年齢:33歳
子どもの年齢:1歳

長崎県生まれ。全国を転々とした幼少時代を過ごし、旅行好きの両親の影響もあり47都道府県全ての地域食材、郷土料理を食べて成長する。
大学卒業後、営業職を経験。結婚後、旦那さんの実家がお寺であったことをきっかけに、お寺行事食に関わり、伝統的な和食に興味をもつ。
日本の伝統食、特に精進料理の考え方や調理法、食材などに感銘を受け、伝統的な調理法や食材を、現代のトレンドと融合した食文化の発信する場として、2011年より「あそれい精進料理教室」を主宰。

2015年より料理教室応援サイト「 #FunCookingLab in the Kitchen」代表。 

・HP
あそれい精進料理教室 
#FunCookingLab in the Kitchen 

・ブログ
麻生怜菜オフィシャルブログ「寺嫁ごはん」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

 

akasugu.fcart.jp