妊娠中期のむくみ

妊娠中期のむくみ

妊娠中期のむくみ、原因は?

妊娠後期(末期)のトラブルとして多くの妊婦さんが経験するむくみですが、最近は冷え症の妊婦さん、ワーキング妊婦さんが増えたせいか、妊娠中期でもむくみを症状として感じる方が多くいます。医学的に浮腫(ふしゅ=むくみのこと)というのは、身体の皮下組織などに余分な水分が貯留した状態の事を言います。妊娠すると、母体の体重が増加する、胎児の血液を確保するという理由で、血漿量(液体成分)と赤血球量をあわせた血液量がアップします。そのため、腎臓の働きが追いつかないことが、妊娠中のむくみの原因の一つとしてあげられます。

しかも、エストロゲンの作用で皮下組織により水分を溜め込む作用が働き、また、日々大きくなる胎児で骨盤内は圧迫されるため、下半身の血流が心臓の方に戻りにくくなり、より下半身がむくむというわけです。

予防法は、塩分の取りすぎに注意し、疲れをためないということ。同じ姿勢を続けず、軽く動かす、マッサージするのもおすすめ。足のむくみ対策には、寝るときに足を高くして寝る、弾性ストッキング(足を圧迫するための特殊な編み方でつくられた医療用ストッキングで、下肢静脈の血液還流を促進する働きがあり、静脈瘤やリンパ浮腫の治療の際などに使用されます)または、着圧ソックスなどを利用するなどしましょう。

みんなどうしてた? 妊娠中期の「むくみ」の予防法、体験談

カルシウムやむくみ防止でワカメを食べるようにしていました。(33歳)

むくみ防止のためにグレープフルーツをよく食べていました。(28歳)

むくみやすかったのと、体重コントロールのため、ごぼうなどの食物繊維豊富な食材をとるよう心がけました。(32歳)

むくみに効くと聞いたので、すいかをよく食べました。(27歳)

むくみの予防に煮小豆を食べた。また、ドライプルーンとヨーグルト、オリゴ糖を便秘予防のためにとりました。(30歳)

むくみがひどかったため、バナナときゅうりを食べるよう気をつけました。(32歳)

むくみがひどかったので、塩分を抑えた料理を食べました。(32歳)

健診で足のむくみを訴えても、「仕方がない」で終わってしまいました。

普段全くむくまない体質なのにむくみ、体質の増加もあったのに特に何も指示がなく、体重増加に気を付けてのみ。結局妊娠高血圧症候群になりました。

両下肢のむくみがすごくなって、静脈血栓予防に弾性ストッキングを履いた方がいいのか尋ねたところ、あなたの好きでいいですよって言われ、どういうこと?と思いました。結局履かないで無事に何事もなく出産できました。

妊娠中、太りすぎとむくみで今まで履いていたブーツが履けなくなっていてショックでした。(25歳)

むくみ防止と葉酸摂取のため、バナナと納豆を意識して食べるようにしていました。(34歳)

むくみがひどかったので、塩分を抑えた料理を食べました。(32歳)

瓜系の野菜と果物をむくみ防止のために摂っていました。(32歳)

カリウムが多く含まれる夏野菜・梨・バナナをむくみ防止に食べていました。(26歳)

静脈留ができて足がボコボコになり、むくみも出て足首のくびれがなくなり、妊婦でお腹が大きい上に、足が人形のようにストンとなりました。鼠径ヘルニア(脱腸)も出てきて、出産後に手術しなければいけないかもと怯えて過ごしましたが、産後はどちらも治まりました。(35歳)

むくみが半端でなく、歩くのも大変でした。「怪獣」の足と言われていました。(24歳)

こんなにも太くパンパンになるのかと思うほど足首から下がむくみ、足の甲が腫れて痛くて正座ができませんでした。(34歳)

私が悲しんでいると力強い胎動を感じ、涙が出るほど嬉しくて、とても励まされていました。身体の変化では妊娠中足がすごくむくみ、ムーミンのような足になったのがかなり衝撃的でした。(29歳)

通っていた産婦人科には沢山の先生がいらっしゃったのですが、その中に1人受け付けない先生がいました。体重増加に特に気を付けていたのに「太りすぎ」と言われ、むくみが気になって相談したら「食事管理がなってない」言われたりと、とにかく感じの悪い先生でした。母体に良くないのでその先生の居ない日を選んで妊婦健診に行きました。(32歳)

妊娠6ヶ月までは、ヨーグルトや納豆で便秘はなかったですが、6ヶ月を過ぎると足の冷えやむくみも重なり便もかたくなりました。下剤をもらったり朝一番に水を飲んだりしています。

便秘やむくみがひどくなり、体重が増えた。薬を処方してもらって少しは改善したが、産むまで良くなったり悪くなったりを繰り返した。

むくみは気にしなくていいとのことでしたが、足がパンパンだったため気になって仕方なかったです。(31歳)

ルイボスティーを体に良さそうだから飲み、ドライフルーツを鉄分やビタミン摂取の為に食べ、野菜ジュースをむくみ解消に飲みました。(31歳)

バナナ、納豆 をむくみ防止と葉酸摂取のために食べました。(31歳)

ごぼうなどの食物繊維豊富な食材は、むくみやすかったためと体重コントロールのために食べました。(32歳)

夏野菜、梨、バナナはカリウムが多く含まれるのでむくみ防止に食べました。(26歳)

プルーン入りヨーグルトは、便秘にならないように、またトマトはむくみ防止のため、小松菜はカルシウムを摂取するために食べました。(33歳)

バナナ、きゅうりは、むくみがひどかったため食べました。(32歳)

バナナは、むくみを改善したかったので食べました。(22歳)

すいかは、むくみに利くと聞きました。(27歳)

妊婦の時、自分では足のむくみがすごくて大変だったが、医師からは特に異常数値ではないので特に薬を出されることもなく、自分で対処しなくてはならないのですごく困りました。何を試してもむくみが解消されることはありませんでした。

7ヶ月半くらいから安定してきたので、運動も兼ねて床拭きでカラ拭きから水拭きを一日一部屋ずつ順番でしています。一気に全部の部屋をするのはしんどいので順番にしています。前期は気持ち悪くなってお風呂に浸かれなかったけど、7ヶ月後半からむくみ対策も兼ねてお風呂に浸かってつぼ押しなどして温まります。入れないときは足湯だけでも入るようにしています。

髪の毛を洗うのが面倒になり、短くした。今まで2プッシュ使っていたシャンプーが1プッシュで充分になった上に、洗ってそのままでもいいので楽ちん。自炊することが多くなった。それまでは外食が惣菜購入が多かった。むくみ防止に簡単なストレッチをするようになった。仕事をする際、意識的に気持ちにゆとりを持つようになった。便秘対策ヨーグルトや食物繊維摂取をするようになった。

安定期は毎日寝る前にむくみ対策の足マッサージをしました。妊娠後期は切迫気味だったため、足と二の腕のマッサージのみにしました。正期産1日数回、スクワットと股関節、肩のストレッチ、足マッサージ、息をゆっくり吐く練習も行いました。

足浴を冷え・むくみ対策として7か月頃からやりました。

マタニティ・ベビー・キッズのお得な通販情報

子供服 | ベビー用品 | マタニティ | 授乳服 | ロンパース | 子供靴

ベビーカー | マザーズバッグ | 母子手帳ケース | 授乳ケープ | 内祝い | 出産祝い

妊婦さんの10人に1人が登録♪
マタニティ・ベビー専門誌の赤すぐが妊娠期の悩みにこたえる情報を毎週無料でお届け!

▼簡単♪空メールで登録ができます▼

お子様の誕生予定日

出産予定日が正確にわからない場合は
大体の予定日を入力して下さい。

利用規約プライバシーポリシー

【妊婦さんに問題】

妊娠中に避けた方が良い食べ物は次のうちどれ?

  1. ツナ缶
  2. スモークサーモン
  3. プロセスチーズ

正解と解説はこちら

妊娠中期の気になること